アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年10月

 ライフ  ストーリー

若い時の決定を少しも後悔しなかった人

若い時の決定を少しも後悔しなかった人

わたし   伯父 ニコライ  ドゥボビンスキー  晩年,エホバ   献身  生涯  つい  書き記し まし た。そこ  は,喜ばしい 経験  つらい 経験  含ま    ます。ニコライ  人生  大半 を,禁令  課さ      ソ連  過ごし まし  が,数々  困難  直面    忠実  保ち,非常  意欲   生き方   まし た。自分  経験  若い  たち  聞か  たい,と 常々 言っ   まし   で,少し お話し  たい  思い ます。ニコライ  1926 年,ウクライナ  チェルニウツィー   ある ポドビリフカ   農家  生ま  まし た。

どの よう  真理  見つけ  

ニコライ  こう 書い   ます。「1941   ある 日,兄  イワン が『神  立琴』と『世々  渉る   経綸』,何   の『ものみの塔』誌  小冊子    持ち帰り まし た。それ  全部 読み,世界   問題  原因     なく 悪魔  ある こと  知っ  驚き まし た。それら  出版   一緒  福音   読ん で『真理  見つけ た』と 思い,王国  希望  熱心  伝え まし た。それら  出版   研究   真理  よく 理解 でき   で,エホバ  仕え たい  強く 願う よう  なり まし た。

「信仰 ゆえに 苦しみ  経験 する こと  分かっ   まし た。戦争  最中 でし  が,人  殺す こと など でき ませ ん。前途  試練  備え て,マタイ 10  28   26  52  など  聖句  記憶 する よう   まし た。たとえ 死ぬ こと  なっ   忠実  保と う,と 決め まし た。

「18   なっ  1944   徴兵   まし た。その   初めて,信仰  仲間 たち  会う こと  でき まし た。徴兵 年齢  達し  集め られ  若い 兄弟 たち です。わたしたち が,戦争  参加  ない 決意    役人 たち  伝える と,彼ら  激怒 し,『そんな こと   たら,餓死 か,塹壕 掘り か,銃殺  ぞ』と 脅し まし た。わたしたち  恐れる こと なく,『どうぞ ご自由  なさっ  ください。しかし,どう なろ  と,「殺人     なら ない」と いう   命令  従い ます』と 答え まし た。―出 20:13

「結局,わたし  兄弟 たち 2   ベラルーシ  送ら  まし た。仕事   作業  壊れ    修理 でし た。忘れ られ ない  は,ミンスク 郊外    生々しい 戦争  傷跡 です。道端  木々  焼け焦げ,人間  死体  膨れ上がっ    死骸  水路    散乱    まし た。置き去り  され  荷車,大砲,飛行   残骸  あり まし た。神  命令  従わ なかっ  結果 です。

「戦争  1945   終わり まし  が,兵役  拒否     ため  10     宣告   まし た。最初  3  間,霊的  交わり  霊的 食物   られ  ませ  でし た。数   姉妹 たち   手紙  接触 でき まし  が,その 姉妹 たち  逮捕  れ,強制 収容    25     宣告   まし た。

「その 後,予定 より  早く 1950   釈放  れ,家  戻り まし た。うれしい こと  あり まし た。わたし  刑務   いる  に,母    マリア  エホバ  証人  なっ     です。兄 たち も,聖書 研究  続け   まし た。わたし  熱心  伝道  続け   で,ソ連  KGB(国家 保安 委員 会)は わたし  もう 一度 刑務   送り込も      まし た。それで,業  監督   いる 兄弟 たち から,秘密   出版   印刷 する 仕事  援助  依頼   まし た。24     こと です」。

出版   準備 する

「証人 たち は,『王国    地上  禁じ られ たら,地下  続け よう』と,よく 言っ   まし た。(箴 28:28)その 当時,わたしたち  印刷 作業  ほとんど は,地下  秘密  場所  行なわ    まし た。わたし  最初 の“仕事 部屋”と なっ   は,兄  ドミトリー    地下  です。2 週間 ずっ  そこ から  ない こと  あり まし た。酸素  不足   石油 ランプ    消える と,横  なり,新鮮  空気  部屋  充満 する   待ち まし た。

ニコライ は,この よう    秘密  地下   出版   複製    

「ある   こと,一緒  働い    兄弟 から,『ニコライ,君  バプテスマ  受け  いる の?』と 質問   まし た。わたし  11 年間 エホバ  仕え   まし  が,バプテスマ  まだ でし た。それ  兄弟  話し合い,その     バプテスマ  受け まし た。わたし  26    です。その 3  後,新た  割り当て  いただき,国内 委員   メンバー   なり まし た。当時 は,逮捕    兄弟 たち  代わり に,自由    あっ  兄弟 たち  任命  れ,王国    続け られ   です」。

地下 活動  苦労

「地下   印刷  仕事 は,刑務    生活 より  ずっ  大変 でし た。7  間,KGB    逃れる ため  集会  出席 でき ず,自分  霊性  養う こと  必要 でし た。家族  会う ため   自分 から 出向か なけれ  なら ず,それ  たま  しか でき ませ  でし た。それでも 家族  わたし  状況  理解   くれ   で,それ  励み でし た。この よう  ストレス  続き,用心深さ  必要 だっ   で,気力  体力  奪わ  まし た。あらゆる 事態  備え   なけれ  なり ませ  でし た。例えば,ある   2   警官     まし た。わたし  反対    から 飛び出し,森    逃げ込み まし た。畑 まで    に,ヒューヒュー 不思議     まし た。その   銃声     で,銃弾  空気  切る    分かり まし た。警官       乗っ  わたし  追いかけ,弾  なくなる まで 発砲  続け   です。1   わたし    当たり まし た。5   わたる 逃走  末,森    隠れ  その   しのぐ こと  でき まし た。後  裁判  分かっ   です が,警官 たち  32   発砲     こと です。

「長 期間  わたる 地下 生活  ため,わたし    青白く,何    いる   すぐ  分かっ  しまい ます。それで,できる だけ 日光  浴びる よう   まし た。地下 生活  健康  損なわ  まし た。ある  は,鼻   から 出血 し,兄弟 たち   重要  集まり  さえ 出席 でき ませ  でし た」。

逮捕  れる

モルドビア  強制 収容  で,1963 

「1957  1  26 日,わたし  逮捕   まし た。その 6 か月 後,ウクライナ  最高 裁判   判決  下り,銃殺   言い渡さ  まし た。しかし ウクライナ   すでに 死刑  廃止       で,25   懲役   変更   まし た。わたしたち 8   強制 収容   過ごす 年数  合計 130   なり まし た。モルドビア  収容   送ら  まし  が,そこ   500  ほど  証人 たち  おり,わたしたち   人数  秘密   集まり,『ものみの塔』を  研究  まし た。ある 看守 は,押収   雑誌     調べ  後,『これ  読み 続け たら,お前   もう  なし  な』と 言い まし た。わたしたち  毎日  仕事  まじめ  果たし,要求    以上  仕事  する こと  しばしば でし た。それでも,収容   責任  は,『我々  とっ  大切   は,お前 たち  ここ  する 仕事   ない。お前 たち  忠誠  だ』と 言っ  残念 がり まし た」。

「毎日  仕事  まじめ  果たし,要求    以上  仕事  する こと  しばしば でし た」

ニコライ  忠誠   衰え なかっ 

ベリキエ  ルーキ  王国 会館

ニコライ  1967   強制 収容  から 釈放  れ,その   エストニア と,ロシア  サンクトペテルブルク   会衆  組織 する 仕事  助け まし た。1991   初め  は,1957   判決 が,犯罪 行為     証拠  十分   理由  覆さ  まし た。その 時期  は,政府 当局 から 過酷  扱い  受け  多く  証人 たち  無罪  され まし た。ニコライ  1996  に,サンクトペテルブルク から 500  ほど  プスコフ  ベリキエ  ルーキ   引っ越し,そこで 小さな   買い,2003   その 敷地   王国 会館  建て まし た。現在,2   活発  会衆  そこで 集会  開い   ます。

わたしたち 夫婦 は,ロシア  支部 事務   奉仕    ます。2011  3 月,ニコライ  わたしたち  会い    くれ まし た。亡くなる  か月   こと でし た。その  ニコライ    輝か   述べ  言葉 に,深い 感銘  受け まし た。「エリコ  周り  行進 する  は,もう 7    入っ  いる よ。そう  しか 思え ない」と 言っ   です。(ヨシュ 6:15)その  ニコライ  85  でし た。その 人生     あり ませ  でし  が,振り返っ  こう 語り まし た。「若い   エホバ  仕える 決定   て,本当  よかっ た。少し  後悔    ない よ」。