アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年9月

 ライフ  ストーリー

エホバの祝福によって豊かな人生を送ることができました

エホバの祝福によって豊かな人生を送ることができました

わたし  1927  に,カナダ  サスカチワン   ワカウ  いう 小さな   生ま  まし た。男   4 人,女   3   7  兄弟 だっ   で,子ども  ころ から   接する こと  慣れ   まし た。

1930 年代   恐慌  あり,わたしたち 家族  深刻  不況  あおり  受け まし た。裕福   あり ませ  でし  が,食べる    困り ませ  でし た。ニワトリ   1   飼っ     で,卵  牛乳,クリーム,チーズ,バター など  いつ     入っ  から です。ご想像 いただける  思い ます が,家族 全員  動物  世話  家事  分担   行ない まし た。

楽しい 思い出  たくさん あり ます。部屋 いっぱい  広がっ  りんご  甘い 香り  忘れ られ ませ ん。父    酪農 製品    売り  行き,もぎたて  新鮮  りんご  いっぱい 詰まっ    持ち帰っ   です。みんな  毎日 食べ た,みずみずしい りんご  おいしかっ  こと!

家族  真理  知る

両親  真理  初めて 接し   は,わたし  6    です。一番     ジョニー  生後   なく 亡くなり まし た。両親    動転 し,地元  司祭 に,「うち    どこ  いる  です か」と 尋ね まし た。お子さん  洗礼  受け   ない   天国    ない,と いう   司祭  答え でし た。リンボ  いる  いう  です。司祭 は,お金  払っ  くれれ ば,お子さん  リンボ から   天国  行ける よう  祈っ  あげ   よい,と 言い まし た。両親  幻滅 し,司祭        きき ませ  でし た。と  いえ,ジョニー  どう なっ   だろ う,と いう 疑問  消え ませ  でし た。

ある 日,母  偶然,「死者  どこ  いる か」(英語)と いう エホバ  証人  発行   小冊子  見つけ まし た。母  それ  むさぼる よう  読み,帰宅    に,「ジョニー  どこ  いる   分かっ  の! 今  眠っ  いる けれど,いつか 必ず   覚ます  よ」と 興奮 気味  言い まし た。その 晩,父  その 小冊子  読み通し まし た。両親 は,死者  眠っ  おり,将来 復活 する こと  知っ て,慰め られ まし た。―伝 9:5,10。使徒 24:15

真理  知っ て,家族  生活  変わり まし た。心  慰め  幸福     です。両親  エホバ  証人  聖書  学ぶ よう  なり,ワカウ  小さな 会衆  集会  出席  始め まし た。会衆  成員  大半  ウクライナ   人々 でし た。やがて,両親  伝道  参加 する よう  なり まし た。

しばらく  て,ブリティッシュ  コロンビア   引っ越し まし  が,そこ   地元  会衆  兄弟 姉妹  温かく 迎え  ください まし た。当時,家族  日曜  の「ものみの塔」研究  予習  する   楽しい ひと時 でし た。家族 一人一人 の,エホバ  聖書  真理  対する   深まっ  ゆき まし  た。わたしたち  生活  霊的  豊か  もの  なり,エホバ  祝福   くださっ  いる   感じ まし た。

まだ 子ども だっ   で,自分  信じ  いる こと    話す   決して 簡単   あり ませ  でし た。でも,とても 役立っ  こと  あり ます。わたし    エバ は,よく 奉仕   実演  割り当て  受け,その ため   ごと  野外 奉仕  証言  準備  まし た。内気  わたしたち でし  が,その よう    証言 方法  学ん  ゆき まし た。本当  素晴らしい 訓練  なっ   思い ます。

子ども 時代  忘れ がたい 思い出  一つ は,全 時間 奉仕       お迎え   こと です。例えば,巡回 監督  ジャック  ネイサン 兄弟  会衆  訪問   際,我    泊まっ  くださっ  こと  あり ます。 * 兄弟  楽しい   数えきれ ない ほど 沢山   くれ まし た。それ に,わたしたち   から 褒め  くださっ   で,エホバ  忠実  お仕え  たい  いう 気持ち  なり まし た。

「大人  なっ たら,ネイサン 兄弟  よう  なり たい」と 思っ   まし た。今,振り返っ  みる と,兄弟  良い 模範 が,全 時間 奉仕  生涯  仕事  する よう 後押し   くれ     思い ます。15   時,エホバ  お仕え する 決意  し,1942     エバ    バプテスマ  受け まし た。

信仰  試さ れる

愛国 主義  高まっ       世界 大戦   こと です。スコット  いう   狭量    先生   2    1   放校 処分   まし た。なぜ でしょ  か。国旗 敬礼   なかっ  から です。その 先生  わたし  担任  先生   近づき,わたし  放校   よう   まし た。しかし,担任  先生 は,「ここ  自由   です から,わたしたち  は,愛国   儀式  参加  ない 権利  あり ます」と 答え,どれ ほど 強く 言わ   も,「これ  わたし  決め  こと です」と 言っ  譲り ませ  でし た。

しかし スコット 先生 は,「あなた  決める こと   ない でしょ。あの   放校  ない なら,報告 する  よ」と 言い まし た。後 ほど,担任  先生  わたし  両親  ところ   て,今  仕事  続ける  は,本当  間違っ  いる  思う けれど お子さん  放校 する しか ない,と 言い まし た。しかし,学校  教科   入手   家庭  勉強  続ける こと  でき まし た。しばらく  て,30  ほど 離れ    引っ越し,そこ  学校  通う こと  でき まし た。

戦時 中,エホバ  証人  文書   禁止       で,聖書 だけ  使っ   から   奉仕  行ない まし た。その 結果,王国  良い たより  聖書 から 直接 伝える 技術  向上 し,霊的  成長 でき まし  し,エホバ  支え  経験 でき まし た。

 時間 奉仕  始める

美容 技術  認め られ,幾つ     いただい 

わたし  エバ  学校 卒業 後,すぐ  開拓 奉仕  始め まし た。わたし  世俗  仕事   て,最初  デパート  総菜   働き まし た。その 後,美容 技術  学ぶ 6 か月   コース  受講  まし た。家  その    こと      から です。やがて,週  2 日,美容院  働く よう  なり,月  2 回,美容 技術  教える 仕事   まし た。その よう   て,全 時間 奉仕   ながら 自活 する こと  でき まし た。

1955  に,米国  ニューヨーク   ドイツ  ニュルンベルク  開か れる「勝利  王国」大会  出席 する 計画  立て まし た。ニューヨーク  出発 する  に,世界 本部 から   ネイサン  ノア 兄弟  お会い  まし た。ノア 兄弟 姉妹   カナダ  バンクーバー  大会  出席   おら れ,その 際,わたし  ノア 姉妹  ヘアセット  頼ま  まし た。ノア 兄弟  その 仕上がり  とても 喜ば れ,わたし  会い たい  おっしゃい まし た。ノア 兄弟  お話し   時,ドイツ  行く   ニューヨーク  行く つもり  ある こと  伝える と,ブルックリン  ベテル  9   働く よう   勧め  ください まし た。

その   わたし  人生  変わり まし た。ニューヨーク で,セオドア(テッド)・ ジャラズ  いう 若い 兄弟  出会っ   です。会っ  から 少し  て,「姉妹  開拓 者?」と 尋ね られ,驚き まし た。わたし が「いいえ」と 答える と,そば  聞い    友人  ラボン が「違い ます。開拓  です」と 言い まし た。テッド  戸惑っ て,「えー? どっち  言う こと  正しい の」と 聞き まし た。それ  わたし は,今 まで ずっ  開拓 奉仕      こと,大会 から 帰っ たら すぐ  開拓 奉仕  再開 する つもり  ある こと  話し まし た。

霊的  兄弟  結婚 する

テッド  1925   米国 ケンタッキー   生まれ,15     バプテスマ  受け まし た。家族    ほか  真理  入っ     ませ  でし  が,テッド  2    正規 開拓   なり,ほぼ 67   わたる  時間 奉仕  始め まし た。

1946  7 月,20     ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校   7   卒業 し,その 後,オハイオ  クリーブランド  旅行 する 監督    奉仕  まし た。約 4  後,オーストラリア 支部    任命   まし た。

テッド  ドイツ  ニュルンベルク  大会  出席    で,わたしたち  幾らか 一緒  過ごす こと  でき まし た。お互い  いっそう 強く 惹か れる よう  なり まし た。テッド  目標    こめ  エホバ  奉仕 する こと   知っ て,うれしく 思い まし た。彼  一つ  こと  一生 懸命 打ち込む 人,エホバ   奉仕  真剣  取り組む  でし た。それ   て,思いやり  あり,気さく  人柄 で,自分  こと より     たち  こと  優先 する  だ,と 思い まし た。大会 後,テッド  オーストラリア に,わたし  バンクーバー  戻り まし  が,その   手紙  やり取り   連絡  取り合い まし た。

テッド  オーストラリア  5  ほど 奉仕   後,米国  戻り,その  バンクーバー  開拓 奉仕  行なう よう  なり まし た。わたし  家族  テッド  とても   入っ  くれ まし た。兄  マイケル  わたし  いつも 守ろ    て,わたし  関心  示す 若い 兄弟  いる と,心配   いろいろ  言い まし  が,テッド  こと  すぐ    入っ  よう です。「メリタ,良い   見つけ  ね。大切   ない  いけ ない よ。あんな   めった   ない から」と 言い まし た。

1956   結婚   から,2   長年,全 時間 奉仕  楽しん 

わたし  テッド  こと  とても 好き  なり まし た。わたしたち  結婚     1956  12  10  です。2   一緒  バンクーバー  米国 カリフォルニア   開拓 奉仕    後,巡回 奉仕  割り当て  受け,ミズーリ   アーカンソー   働き まし た。約 18  間,米国 各地  広範囲  旅行 し,毎週 違う   寝泊まり  まし た。わずか  荷物  あちこち  転々  する 暮らし    自由   あり まし  が,宣教   素晴らしい 経験  兄弟 姉妹   楽しい 交友  比べれ ば,何   あり ませ  でし た。

テッド は,エホバ   関係  決して 当たり前  もの   考え   ませ  でし た。それ  素晴らしい こと   思い ます。宇宙  最も 偉大     神聖  奉仕  大切     まし た。2   一緒  聖書  読み,研究 する  は,楽しい 時間 でし た。夜,休む   は,2   ベッド    ひざ まずき,テッド  祈り  ささげ  くれ まし た。その 後,それぞれ 自分  祈り まし た。テッド  難しい 問題  つい  悩ん  いる  は,いつも 分かり まし た。ベッド から  て,ひざまずき,長い 祈り  ささげ    から です。大きな こと   小さな こと も,エホバ  祈り  申し上げ     です。その よう  テッド を,わたし   から 尊敬    まし た。

結婚   から   後,テッド から,記念   表象   あずかる つもり   言わ  まし た。「自分  行なう こと    ご意志  かなっ  いる  いう 絶対   確信  抱ける よう に,真剣  祈っ  きたん だ」と テッド  言い まし た。天  奉仕 する ため  テッド      よっ  油そそが    聞い  も,それ ほど 驚き ませ  でし た。キリスト  兄弟     支える こと  できる   特権 だ,と 思い まし た。―マタ 25:35‐40

神聖  奉仕  新た  機会

1974 年,たいへん 驚く こと  あり まし た。テッド  エホバ  証人  統治   一員  なる よう 招待     です。わたしたち  ブルックリン  ベテル  奉仕 する こと  なり まし た。テッド  統治   成員    様々  務め  果たし,わたし  ハウスキーパー   て,また 美容   奉仕  まし た。

テッド  統治   成員   て,世界 各地  支部  訪問 する 割り当て  受け まし た。テッド  特に,鉄  カーテン  向こう   国々   伝道 活動  関心  あり まし た。例えば,休息  必要   強く 感じ,スウェーデン  休暇  過ごし      こと です。テッド  わたし に,「メリタ,ポーランド   伝道 活動  禁止    いる が,僕  ぜひ ポーランド  兄弟 たち  助け たい  思っ  いる  だ」と 言い まし た。それで,わたしたち  ビザ  取得 し,ポーランド  向かい まし た。テッド は,活動  監督   いる 兄弟 たち      会い,長い 時間,一緒  歩き ながら    まし た。ほか      聞か  ない よう  する ため です。兄弟 たち  4   わたっ て,真剣  話し合い まし た。テッド  仲間  兄弟 たち  助ける こと  でき て,とても 満足   いる 様子 でし た。それ   て,わたし  うれしく なり まし た。

わたしたち    ポーランド  訪れ   は,1977  11   こと です。テッド  F  W  フランズ 兄弟  ダニエル  シドリック 兄弟   に,統治   成員    初めて 公式  訪問   まし た。当時  まだ 活動  禁止     まし  が,それら 3   兄弟  様々  都市 で,監督  開拓 者,そして 長い 経験  持つ 兄弟 姉妹    する こと  でき まし た。

テッド     人々。エホバ  証人  活動  正式  登録    後,モスクワ  ある 司法    

翌年,テッド  ミルトン  ヘンシェル 兄弟  ポーランド  訪れ,エホバ  証人  その 活動  理解  示す よう  なっ    役人 たち  会い まし た。1982 年,ポーランド 政府  兄弟 たち  1   大会  開く こと  許可  まし た。その 翌年,もっと 規模  大きな 幾つ   大会 を,ほとんど  借り  会場  使っ  開く こと  でき まし た。さらに,まだ 禁令  だっ  1985 年,大きな スタジアム  4   大会  開く  こと  許可   まし た。そして 1989  5 月,さらに 大きな 規模  大会  計画  進め られ    時,ポーランド 政府  ついに エホバ  証人  法的 認可  与え まし た。この  ほど テッド  喜ん  こと  あり ませ ん。

ポーランド   地域 大会

健康  問題  対処 する

2007 年,南 アフリカ 支部  献堂   出席 する ため,旅行       こと です。イギリス  テッド  血圧  問題  生じ,医師 から,旅  続ける   見合わ   ほう  よい  言わ  まし た。テッド  回復   から 米国  帰り まし  が,数     重度   卒中  なり,右半身   自由  なっ  しまい まし た。

テッド  回復   時間  かかり,最初  仕事   行く こと  でき ませ  でし  が,幸い,話し  普通  でき まし た。限界  あり まし  が,できる だけ 通常  スケジュール  付い  ゆく よう 努力 し,統治    ごと  会合  も,居間 から 電話  参加  まし た。

テッド は,ベテル  インファーマリー(診療 室)で  良い リハビリ 治療  本当  感謝  まし た。少し ずつ です が,体  だいぶ 動か せる よう  なり,神権   割り当て  幾らか 果たせ まし た。テッド  いつも 快活  態度  保つ よう  努力    まし た。

3  後,再び 発作  起き,テッド  静か    引き取り まし た。2010  6  9  水曜   こと です。いつか テッド  地上   歩み  終える こと  分かっ   まし  が,テッド   なく なっ  これ ほど つらく 寂しい 思い  する  は,考え    ませ  でし た。でも,テッド  支える こと  でき  こと を,エホバ  毎日 感謝    ます。53   わたり,2   一緒   時間 奉仕  楽しむ こと  でき まし た。テッド  わたし      いっそう 近づける よう  助け  くれ まし た。その こと  エホバ  感謝    ます。テッド  新しい 割り当て から 大きな 喜び  満足    いる  違いあり ませ ん。

新しい 生活  順応 する

ベテル  美容    仕事  スタッフ  援助  楽しん 

これ まで 長年,テッド    忙しく 楽しい 毎日  過ごし     で,新しい 生活  順応 する   簡単   あり ませ ん。わたしたち は,ベテル  訪れる 兄弟 姉妹  王国 会館  やっ  来る 人々  話す   大好き でし た。今  テッド   なく なり,わたし  体力  衰え   で,交わり  機会  かなり 限ら    ます。それでも,ベテル  会衆  兄弟 姉妹  一緒  過ごす   楽しい 時間 です。ベテル  スケジュール  付い  ゆく   努力  要り ます が,ここ    お仕え  きる こと  大きな 喜び  感じ ます。今 も,宣教     少し  衰え   ませ ん。疲れ やすく,歩く こと  でき ませ  が,街路 証言  参加  たり,聖書 研究  司会  たり する と,大きな 満足   覚え ます。

世界   ひどい 出来事  たくさん 起き   ます。この よう  時代 に,素晴らしい     エホバ  お仕え    こと   から うれしく 思い ます。エホバ  祝福  よっ て,本当  豊か  人生  送る こと  でき まし た。―箴 10:22

^ 13節 ジャック  ネイサン 兄弟  ライフ  ストーリー は,「ものみの塔」1990  9  1   10‐14 ページ  掲載     ます。