アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年8月

 アーカイブ から

「真理を学べるよう,エホバが皆さんをフランスに連れて来られたのです」

「真理を学べるよう,エホバが皆さんをフランスに連れて来られたのです」

少年 時代  アントワーヌ  スカレキ は,いつも   一緒 でし た。地下 500   炭鉱  薄暗い トンネル  中,馬  石炭  運ば    まし た。父親  炭鉱  崩落 事故  負傷   ため,家族  アントワーヌ  炭鉱  働か せる しか なかっ   です。1  9 時間   労働 でし た。父親  同じ よう  事故 で,危うく   落とし そう  なっ  こと  あり ます。

ポーランド 出身  炭鉱 作業   使っ  道具 と,アントワーヌ  スカレキ  働い た,サン    ノブル  近く  ドゥシー  炭鉱

1920 年代 から 1930 年代  かけ て,ポーランド から フランス  移住     人々  子ども  大勢 生ま  まし た。アントワーヌ  その   です。なぜ ポーランド   フランス  移住    でしょ  か。第   世界 大戦   独立  果たし  ポーランド  は,人口 過剰  深刻  問題  なっ   まし た。一方,フランス  は,大戦  100万  以上  男性  死亡 し,炭鉱 作業   大幅  不足    まし た。その ため 1919  9  に,フランス 政府  ポーランド 政府  移民 協定  結び まし た。結果   て,1931  まで  ポーランド から  移民  50万7800   達し,多く  北部  炭鉱 地帯  住み まし た。

ポーランド   勤勉   たち で,独自  文化  携え   まし た。宗教  大切  する 気質  その 一つ です。現在 90   なる アントワーヌ  こう 言い ます。「祖父 ユゼフ  聖書  つい  話す   は,いつも 敬虔  思い  あふれ   まし た。それ は,曾祖父 から 植え込ま   もの でし た」。炭鉱  働く ポーランド   家族 は,宗教   ない フランス  から あざけら   も,故国   習慣  守り,日曜   なる  一番 良い     教会  行き まし た。

ポーランド   移民  多く は,ノール      カレー  初めて 聖書 研究   接触  まし た。聖書 研究   1904  以来,その 地域  熱心  宣べ伝え   まし た。1915   は「ものみの塔」誌  毎月 ポーランド   発行  れる よう  なり,1925   は「黄金 時代」誌(現在 の「目ざめよ!」誌)の 発行  始まり まし た。両誌  掲載    聖書  基づく 記事 だけ  なく,ポーランド  の「神  立琴」の  も,多く    好評 でし た。

アントワーヌ  家族 は,アントワーヌ  伯父  通し  聖書 研究   こと  知り まし た。伯父  初めて 集会  出席     1924   こと です。その 年,聖書 研究   ポーランド     最初  大会  ブリュエ  アン  アルトア  開き まし た。その 大会 から 1 か月  たた ない 頃,世界 本部  代表    ジョセフ  F  ラザフォード  その   訪れ,公開 集会  開き まし た。ラザフォード は,2000      出席 し,その 大半  ポーランド   ある こと  感銘  受け,聴衆  ポーランド   こう 語り まし た。「真理  学べる よう,エホバ  皆さん  フランス  連れ   られ   です。今度 は,皆さん  お子さん たち  フランス  人々  援助  なけれ  なり ませ ん。今後 も,大々的  伝道 活動  行なう 必要  あり ます。エホバ  この 活動  ため に,伝道  たち  与え  くださる でしょ う」。

エホバ  確か  伝道   与え  ください まし た。ポーランド から    たち は,炭鉱  一生 懸命 働い    同じ よう  伝道   打ち込み まし た。学ん  貴重  真理  伝える ため  故国  帰っ     ます。その よう    ポーランド  広大  区域  良い たより  伝え  兄弟 たち    は,テオフィル  ピアスコフスキ,シュチェパン  コシアク,ヤン  ザブダ   ます。

しかし,ポーランド   話す 福音 宣明   多く は,フランス  とどまっ  フランス   兄弟 姉妹    熱心  伝道  続け まし た。1926   サン    ノブル  開か   大会  出席  は,フランス  セクション  300  だっ    対し て,ポーランド  セクション  1000  でし た。『1929 年鑑』(英語)に は,「1    332   ポーランド   兄弟 たち  献身  象徴    バプテスマ  受け まし た」と 記さ    ます。第   世界 大戦  勃発 前,フランス  84  会衆  うち 32  ポーランド  会衆 でし た。

フランス  住む ポーランド   兄弟 姉妹  大会  向かう ところ。横断   は「エホバ  証人」と 書か   いる

1947 年,多く  兄弟 姉妹  ポーランド 政府  勧め  応じ  ポーランド  帰国  まし た。その  も,それら ポーランド   兄弟 姉妹  フランス   兄弟 姉妹  努力    結び,その   伝道   10  増加  まし た。増加  続き,1948  から 1950   増加   それぞれ,20 %,23 %,40  でし た。新しい 伝道   訓練  助ける ため,フランス 支部  1948   巡回 監督  初めて 任命  まし た。任命    5   兄弟  うち 4   ポーランド  で,アントワーヌ  スカレキ  その   でし た。

今日  も,フランス  エホバ  証人  多く は,ポーランド     持つ 人々 で,炭鉱   野外 宣教   一生 懸命  働い  移民  子孫 です。フランス  は,今  大勢  移民  真理  学ん   ます。外国 出身  奉仕  は,故国  帰る  も,フランス  とどまる  も,熱心  王国  宣べ伝え  ポーランド   歩み  倣っ  いる  です。―フランス  アーカイブ から。