アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年8月

 ライフ  ストーリー

「多くの島々は歓べ」

「多くの島々は歓べ」

その   こと  ずっ  忘れ ない  思い ます。わたし は,世界 各地 から       兄弟 たち  一緒  統治   会議    まし た。執筆 委員   兄弟 たち  来る  を,皆  緊張   待っ   まし た。わたしたち  それ まで    間,翻訳  たち  直面 する 様々  問題  分析  行ない まし た。それ  この 日,会議   プレゼンテーション   て,解決   提案 する こと  なっ     です。2000  5  22   こと です。これ  非常  重要  集まり だっ    なぜ です か。その   説明 する  に,わたし  背景  お話し  ましょ う。

クイーンズランド   バプテスマ  受け  後,タスマニア  開拓 奉仕  楽しみ,ツバル  サモア  フィジー  宣教     奉仕  

わたし  1955 年,オーストラリア  クイーンズランド   生ま  まし た。その    なく,母  エホバ  証人  聖書  研究  始め まし た。母  翌年  バプテスマ  受け,父  その 13    真理  入り まし た。わたし  1968   クイーンズランド   奥地  バプテスマ  受け まし た。

わたし  子ども  ころ から 読書  大好き で,言語   大きな 関心  あり まし た。車  家族 旅行  する 時,わたし  景色  見る    なく,後部 座席    読ん   まし た。それ    両親 は,がっかり    違いあり ませ ん。でも,学校   この  好き  役立ち まし た。タスマニア  グレノーキー  ハイスクール  は,学業  優秀  ある       表彰   まし た。

しかし その 後,重要  決定  迫ら  まし た。奨学   受け入れ  大学  進む  どう か,の 決定 です。わたし    勉強  大好き でし  が,感謝  べき こと に,母 から  より  エホバ  愛する よう  教え られ   まし た。(コリ 一 3:18,19)それ  1971  1 月,学校  修了 証書  もらっ  後,両親  同意   て,15   開拓 奉仕  始め まし た。

 続く 8   は,タスマニア   開拓 奉仕  楽しみ まし た。その 時期  ジェニー  アルコック  いう   地元  美しい 女性  結婚 し,特別 開拓     スミストン  クイーンズタウン  孤立   区域  4   奉仕  まし た。

太平洋  島々 

1978   夫婦  初めて 外国  行き まし た。パプアニューギニア  ポートモレスビー  行なわ れる 国際 大会  出席 する ため です。その 大会  ヒリモツ     聞い    こと  忘れ られ ませ ん。その 宣教     一言  理解 でき ませ  でし  が,話  聞い て,自分  宣教   なり たい,外国   学び たい,あの よう  話し たい,と 思い まし た。エホバ     言語     結び付ける 方法  ついに 分かっ た,と 思い まし た。

オーストラリア  帰っ  驚き まし た。以前 エリス 諸島  呼ば     ツバル  フナフティ  で,宣教     奉仕 する よう 招待     です。わたしたち  1979  1   ツバル  到着  まし た。バプテスマ  受け  奉仕  は,国 全体 で,ほか  3  しか  ませ  でし た。

ジェニー と。ツバル 

ツバル   学ぶ   簡単   あり ませ  でし た。手  入る ツバル     いえ ば「新約 聖書」だけ で,辞書  なく ツバル   学ぶ 講座  あり ませ  でし た。それ  わたしたち は,単語  毎日 10  ない  20  ずつ 覚える こと   まし た。でも やがて,ほとんど  単語  正しい 意味  理解    ない こと  気づき まし た。例えば,占い  間違っ  いる,と 言い たい  に,はかり    使わ ない よう に,と 言っ たり      です。幾つ  研究  取り 決まり,それ  司会 する ため  どうして  ツバル   学ぶ 必要  あっ   で,いろいろ 試し   まし た。それ から    たっ  から   です が,以前  研究     が,「あなた  この   言葉  話せる よう  なっ て,本当  うれしい です。最初 は,何  言お     いる  か,全く 分かり ませ  でし  から ね」と 言っ  くれ まし た。

わたしたち は,新しい 言語  習得 する ため の,いわゆる“理想   状況”に 置か      思い ます。借り られる   なかっ   で,主要    住む エホバ  証人  家族  同居 する こと  なり まし た。つまり,ツバル  づけ  田舎 暮らし  始まっ   です。英語  使わ ない 生活     続け  結果,ツバル   わたしたち  主要  言語  なり まし た。

程なく  て,多く    真理  関心  持つ よう  なり まし た。しかし,どんな 教材  使っ  研究 できる でしょ   か。ツバル   出版   全く あり ませ ん。個人 研究  どう  たら よい  でしょ う。集会  来る よう  なっ たら,歌  どう  ます か。どんな 資料  用いる こと  でき ます か。集会  準備  どう  ます か。どう  たら バプテスマ まで 進歩 でき ます か。その よう  謙遜   たち  母語  よる 霊的 食物  必要    いる  です。(コリ 一 14:9)それで,「話す   1万5000    ない ツバル   出版   生産  れる こと など,ある だろ  か」と 考え まし た。そう   疑問  エホバ  答え  ください まし た。次  2     気づか   くださっ   です。それ は,(1)エホバ は,み言葉 が「遠く  島々   で」ふれ告げ られる こと  望み,(2)世 から  て「謙遜  へりくだっ た」人 たち が,み名  避け所  する よう 願っ  おら れる,と いう こと です。―エレ 31:10。ゼパ 3:12

霊的 食物  翻訳 する

1980 年,わたしたち  翻訳     奉仕 する よう 支部 から 割り当て られ まし た。自分 たち   とても その 資格  ない  思い まし た。(コリ 一 1:28,29)手 始め に,中古  謄写   政府 から 購入 し,それ  使っ  集会   資料  印刷  まし た。「とこしえ    導く 真理」の   ツバル   翻訳 し,その 謄写   印刷  まし た。インク  刺激臭  熱帯 特有  猛暑    苦労  ながら 文書  手作り   こと は,今   忘れ られ ませ ん。当時,電気     ませ  でし た。

ツバル   翻訳 する 作業 は,有用  参考 文献  ほとんど なかっ   で,なかなか 大変 でし た。しかし,時々 意外  ところ から 助け  与え られ まし た。ある   午前 中,わたし  間違っ  反対     訪問   しまい まし た。その    教師  年配  男性 で,家 から     途端,訪問  ない  ほしい  言っ  だろ う,と 言い まし た。そして,「一つ だけ 言い たい こと  ある。君ら  翻訳   受動   多すぎる。ツバル    そんな  頻繁  使わ ない」と 述べ まし た。ほか   たち  確認   ところ,その 男性  言う とおり だっ   で,すぐ  調整  加え まし た。でも,驚き まし た。エホバ は,わたしたち   文書  読ん  いる 反対   通し  助け  くださっ   です。

ツバル  の「王国 ニュース」第 30 

ツバル    配布  文書  なっ   は,記念   招待  でし た。それ  続い て,「王国 ニュース」第 30   英語  同時  発表   まし た。母語  よる 文書  人々  提供 できる  は,本当  うれしい こと でし た。その 後,ブロシュアー  書籍  少し ずつ 入手 できる よう  なり,オーストラリア 支部  1983  に,年 4  発行  れる 24 ページ の「ものみの塔」誌  印刷  始め まし た。わたしたち  その「ものみの塔」誌  使っ て,毎週 平均 7  ずつ 研究  行ない まし た。一般   たち  反応  どう でし  か。ツバル   たち  読む こと  好き   で,わたしたち  文書  人気  博し,新しい 出版   到着 する と,政府  ラジオ   それ  発表  まし た。それ  その   トップニュース  なる こと さえ あり まし た。 *

翻訳  どの よう  行なわ    でしょ  か。最初 は,ペン    書い  ゆき ます。次  それ  タイプ      訂正  加え,完成   原稿  オーストラリア 支部  送り ます。支部   2   姉妹  それぞれ すべて  原稿  コンピューター  入力  ます。姉妹 たち  ツバル   理解 でき ませ  でし  が,原稿  別個  入力   から コンピューター   違い  比較 する こと  より,ほとんど 間違い  ない 原稿  出来上がり まし た。組版    原稿  航空 便  こちら  戻さ れる  で,わたしたち  その チェック  行ない,印刷  ため 支部  送り返し まし た。

  方法  全く 変わり まし た。翻訳 チーム  訳文  直接 コンピューター  入力  ます。ほとんど  場合,訂正    原稿  地元  組版 し,作成   ファイル  インターネット  通し て,印刷 支部  送る こと  でき ます。原稿  航空 便  送る ため 大急ぎ  郵便   駆け込む 必要  ない  です。

その   割り当て

ジェニー  わたし は,幾      太平洋 各地  奉仕 する 割り当て  いただき まし た。1985    ツバル から サモア 支部  割り当て られ まし た。サモア  は,ツバル   加え,サモア   トンガ   トケラウ    翻訳  サポート  行ない まし た。 * 次い  1996   は,フィジー 支部   割り当て  受け,フィジー   キリバス   ナウル   ロトゥマ   ツバル    翻訳 作業  サポート する こと  でき まし た。

ツバル   出版   使っ  教え  いる

わたしたち  文書  翻訳 する  たち  示す 熱意  は,いつも 感銘  受け ます。翻訳  仕事 は,時  単調  ひどく 疲れる こと  あり ます。しかし,忠実  翻訳  たち は,「あらゆる 国民  部族  国語   に」良い たより  伝え られる こと  願う エホバ  気持ち  こたえ応じ よう   ます。(啓 14:6)例えば,「ものみの塔」を 初めて トンガ   翻訳 する 取り決め  でき  時,わたし  トンガ  長老 たち 全員  会合 し,翻訳   訓練  受ける こと  できる    ない か,尋ね   まし た。すると,機械    安定   仕事  持つ 1   長老 が,明日   仕事  辞め,すぐ  翻訳     働ける,と 申し出 まし た。わたし  その 言葉    打た  まし た。その 長老   家族  おり,その   収入  得る 当て  なかっ  から です。しかし エホバ は,その 兄弟  家族  世話   ください まし た。兄弟  多年  わたっ  翻訳  仕事  続ける こと  でき まし た。

その よう  献身   翻訳  たち は,統治   見方  反映    ます。統治  は,少数 言語  話す  たち  霊的 必要  大きな 関心  抱い  いる から です。例えば 以前,ツバル   文書  供給 する こと   本当  価値  ある  だろ  か,と いう 質問  生じ まし た。わたし  統治     よう  回答  読ん  非常  励まさ  まし た。こう 書い  あり まし た。「わたしたち は,ツバル    翻訳  やめる べき 理由  全く ない  考え   ます。他  言語  比べる  ツバル   話者  少数   しれ ませ  が,やはり 母語  良い たより  聞く 必要  あり ます」。

礁湖   バプテスマ

2003 年,ジェニー  わたし  フィジー 支部  翻訳 部門 から,ニューヨーク  パタソン  翻訳 サービス 部門  移さ  まし た。まるで   よう でし た。出版   翻訳 する 仕事  規模 拡大  助ける 部門  一員  なっ   です。その    2  間,わたしたち 夫婦  様々    訪問  て,翻訳 チーム  訓練  助ける 特権  いただき まし た。

非常  重要  決定

冒頭  述べ  プレゼンテーション    戻し ましょ う。統治   2000   時点 で,世界   翻訳 チーム  強める 必要  ある  感じ   まし た。それ まで,翻訳   訓練  ほとんど 行なわ    なかっ   です。統治   その プレゼンテーション  後,すべて  翻訳   対象    訓練 プログラム  承認  まし た。その プログラム  は,英語  理解 力,翻訳 技法,チーム   よる 作業 など  関する 訓練  含ま    まし た。

翻訳  対する 統治   こう   取り組み は,どんな 結果  もたらし  でしょ  か。その 一つ は,翻訳    向上   こと です。出版   言語    飛躍   増加  まし た。わたしたち  宣教  奉仕  始め  1979  当時,「ものみの塔」誌  82  言語  しか 入手 でき ませ  でし た。しかも,ほとんど  言語 は,英語  より  か月 遅れ   まし た。しかし   違い ます。240 以上  言語  配布    おり,その 大半  英語  同時  発行     ます。何らか  かたち  霊的 食物  現在,700 以上  言語  入手 でき ます。何        しか なかっ  こと です。

2004 年,統治   もう 一つ 重要  決定  下し まし た。聖書 翻訳  効率  上げる こと です。その  か月   は,聖書 翻訳  通常  翻訳 作業  一部  され,「新 世界 訳」は さらに 多く  言語  読める よう  なり まし た。 この 聖書  一部 もしくは 全巻 は,2014  まで  128  言語  印刷     まし た。南 太平洋      いる 幾つ   言語  その   含ま    ます。

ツバル  の「クリスチャン  ギリシャ  聖書 新 世界 訳」を 発表 する

これ まで  人生  特筆  べき 事柄  一つ は,2011   ツバル  開か   大会  出席 でき  こと です。その ころ ツバル 全体   か月  ひどい 干ばつ  続き,大会  開催 さえ 危ぶま れる 状況 でし た。ところ  わたしたち  到着   夕方,熱帯 特有  豪雨  降っ  干ばつ  とどめ られ,大会  開く こと  でき まし た。わたし  ツバル  の「クリスチャン  ギリシャ  聖書 新 世界 訳」を 発表 する  いう,この  ない 特権  いただき まし た。新 世界   入手 できる 言語    も,ツバル   話す   最も 少ない 言語 でし た。大会  終わり  再び 豪雨  あり まし た。出席  すべて は,霊的    文字どおり    あふれる ほど  与え られ   です。

2014 年,オーストラリア  タウンズビル  開か   大会 で,父  ロン    エステル  インタビュー する

残念   は,35  余り わたし  忠実  伴侶  あっ  ジェニー が,その 記念  べき 出来事   られ なかっ  こと です。乳がん  10   闘い まし  が,2009   亡くなり まし た。復活    たら,ツバル   聖書  発表    こと  聞い て,大喜び する  違いあり ませ ん。

その  エホバ は,もう    美しい 伴侶 ロラニ  シキボー  与え  ください まし た。ロラニ  ジェニー  フィジー  ベテル  一緒  働い   で,ロラニ  翻訳  でし た。わたし  再び 忠実     まし た。わたしたち    言語  愛し,共  エホバ  お仕え    ます。

ロラニ    証言 する。フィジー 

過去  振り返る と,愛  富む    エホバ  大小 様々  言語 グループ  必要  いつも 顧み  くださる こと に,本当  力づけ られ ます。(詩 49:1‐3)人々  母語  読める 出版   初めて     喜び  表情,あるいは   響く 言語  エホバ  賛美  歌う   喜び  表情  見る と,人々  対する     感じ ます。(使徒 2:8,11)ツバル  高齢  兄弟 サウロ  ティアシ  言葉      残っ   ます。その 兄弟  王国    初めて ツバル   歌っ  時,こう 言っ   です。「統治   兄弟 たち  言っ  ください。ツバル   この   英語 より    しみる って ね」。

全く 思いがけない こと でし  が,2005  9  に,エホバ  証人  統治   一員    奉仕 する 特権  いただき まし た。もう 翻訳      奉仕 でき ませ  が,世界   翻訳  仕事  引き続き サポート させ  いただける こと  エホバ  感謝    ます。エホバ が,ご自分   すべて  霊的 必要  顧み  くださる  は,本当  うれしい こと です。太平洋  浮かぶ 孤立   島々  住む 人々 も,顧み られ  いる  です。詩編 作者  言う とおり です。「エホバ 自ら   なら  た! 地  喜べ。多く  島々  歓べ」。―詩 97:1

^ 18節 この 反応  関し  は,「ものみの塔」2000  12  15   32 ページ1988  8  1   22 ページ「目ざめよ!」2000  12  22   9 ページ 参照。

^ 22節 サモア   翻訳 作業  つい  は,『2009 年鑑』120‐121,123‐124 ページ  参照。