アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年7月

喜んで自分を差し出した人たち ロシア

喜んで自分を差し出した人たち ロシア

1991 年,ロシア  エホバ  証人  大きな 喜び  包ま  まし た。長年  わたる 禁令  解か れ,正式  認可     です。現在,エホバ  証人  当時  10   当たる  17万   まで 増加  まし た。そう   増加  予想 でき      でしょ  か。ロシア  いる 熱心  王国 伝道     は,霊的 収穫  援助  ため  外国 から 移動     人々   ます。(マタ 9:37,38)その     ご紹介  ましょ う。

喜ん  会衆  強める 兄弟 たち

ロシア  禁令  解か   時,英国  マシュー  28  でし た。その   大会     で,東 ヨーロッパ  幾つ   会衆  援助  必要    いる こと  取り上げ られ まし た。例えば,ロシア  サンクトペテルブルク  ある 会衆  は,奉仕    1  いる もの  長老  全く  ない,と いう こと でし た。しかし,何百    聖書 研究  司会     まし た。マシュー  こう 言い ます。「その   聞い  から,ロシア  こと   から 離れ ませ  でし た。それで,ロシア  移動  たい  いう 願い  エホバ  申し上げ まし た」。マシュー  お金  貯め,持ち物  ほとんど  売り払い,ロシア  移動  まし た。1992   こと です。その 後,どう なっ  でしょ  か。

マシュー

マシュー  当時  こう 振り返り ます。「言語  苦労  まし た。霊的  話し合い  十分  でき ませ  でし た」。住まい  見つける   大変 でし た。「しょっちゅう アパート  引っ越し   まし た。数え切れない くらい です」と 言い ます。当初  そう   苦労  あり まし  が,「ロシア  移動   こと は,最善  決定 でし た」と 述べ   ます。「ここ   奉仕  通し て,エホバ  もっと 依り頼む こと  学び まし た。エホバ  導き  いろいろ 経験  まし た」。その 後,マシュー  長老  任命  れ,特別 開拓 奉仕  行ない まし た。現在 は,サンクトペテルブルク  近く  支部 事務   奉仕    ます。

日本     1999 年,25     宣教 訓練 学校  卒業  まし た。その 際,教訓  から 外国   奉仕  励まさ  まし た。ロシア   必要  大きい こと  聞い       は,ロシア   勉強  始め ます。そして,目標  達成 する ため に,ある こと  試し   まし た。こう 述べ   ます。「ロシア  6 か月  住む こと   まし た。11   そこ  行き まし た。厳しい   寒さ  耐え られる  どう  知り たかっ   です」。冬  乗り切っ     日本  帰り,簡素  生活    お金  貯め,今度  ずっ  奉仕 する 覚悟  ロシア  行き まし た。

   スベトラナ

   ロシア    もう 12   なり ます。その   幾つ   会衆  奉仕  まし た。伝道  100  以上  会衆 で,長老  自分 1   いう こと  あり まし た。ある 会衆  は,毎週,奉仕   ほとんど  プログラム  扱い,神権 宣教 学校 と「ものみの塔」研究  会衆  5   書籍 研究  司会  まし た。数多く  牧羊 訪問  行ない まし た。洋   当時  振り返り,「霊的  強く なる よう 兄弟 姉妹  助ける こと  でき   は,喜び でし た」と 述べ   ます。必要  大きな 場所   奉仕  は,どんな   あっ  でしょ  か。こう 語っ   ます。「以前 から 長老   て,また 開拓     奉仕    まし  が,ロシア   て,エホバ   関係  全く 新しく なっ   感じ   ます。生活  あらゆる   エホバ  いっそう 頼る よう  なり まし た」。2005   スベトラナ  結婚   から は,夫婦  開拓 奉仕  行なっ   ます。

マイケル  オルガ,マリーナ  マシュー

マシュー(34 歳)と   マイケル(28 歳)は カナダ 出身 です。2   ロシア  訪ね  時,関心  持つ 人々  大勢 集会    いる  に,集会  司会 できる 兄弟 たち  非常  少ない こと  驚き まし た。マシュー  こう 言い ます。「その 集会  出席   200    まし  が,年配  長老  若い 奉仕    2  で,すべて  プログラム  扱っ   まし た。それ   て,その 会衆  奉仕  たい  思い まし た」。マシュー  ロシア  移動  まし た。2002   こと です。

その 4  後,弟  マイケル  ロシア  引っ越し   まし た。マイケル は,兄弟 たち  まだまだ 必要   思い まし た。当時  奉仕   でし  が,会計  文書  区域  仕事  任さ れ,通常  書記  行なう 仕事  し,公開 講演  果たし,大会  組織  王国 会館  建設   かかわり まし た。今  ロシア  会衆  援助  必要     ます。マイケル  現在,長老    奉仕   おり,たくさん  仕事  こなし   ます。いろいろ 苦労  あり ます が,「兄弟 たち  助ける 奉仕 は,大きな 充実   もたらし ます。最高  生き方   思い ます」と 述べ   ます。

 に,マシュー  マリーナ と,マイケル  オルガ  結婚  まし た。この    夫婦 は,喜ん  奉仕 する 大勢  兄弟 姉妹 たち   に,増加 する 会衆  援助  携わっ   ます。

収穫  助ける 熱心  姉妹 たち

タチアナ

1994 年,ウクライナ  住む タチアナ  いう 少女  会衆 に,チェコ 共和 国,ポーランド,スロバキア から 6   特別 開拓   割り当て られ まし た。タチアナ  16  でし た。タチアナ は,当時  こと     懐かしく 思い出し,「熱心  開拓  たち で,近づき やすく 親切 で,聖書  こと  よく 知っ   まし た」と 述べ   ます。その 自己 犠牲   奉仕  エホバ から 祝福    いる    て,「わたし  兄弟 姉妹  よう  なり たい」と 思い まし た。

開拓  たち  模範  励まさ   タチアナ は,学校  休み  時期 に,他  奉仕  たち  一緒  ウクライナ  ベラルーシ  田舎  区域  行き まし た。そこ  まだ エホバ  証人  伝道   こと  ない 場所 でし た。その 奉仕  とても 楽しかっ   で,ロシア  移動   奉仕 する 目標  立て まし た。その ため に,まず  期間 ロシア  行く こと   ます。外国 から   奉仕   いる 姉妹  訪ね,開拓 奉仕  支える 仕事  探す ため です。そして 2000 年,ついに ロシア   移動  実現  まし た。その   順調 だっ  でしょ  か。

 タチアナ  こう 語り ます。「アパート  借り  住む   経済   難しかっ   で,下宿  なけれ  なり ませ  でし た。不 自由  暮らし でし た。ウクライナ  帰り たく なっ  こと     あり まし た。でも エホバ は,奉仕  続ける 大切   理解 できる よう に,いつも 助け  ください まし た」。現在,ロシア  宣教     奉仕   いる タチアナ は,「母国  離れ  過ごし  期間  に,幾つ   貴重  経験  し,たくさん  友人  でき まし た。何 より も,信仰  強く なり まし た」と 述べ   ます。

雅子

現在 50  前半  日本  雅子  は,宣教   なり たい  いう 長年    あり まし た。しかし,健康  問題  ため に,夢  実現  不可能  思え まし た。その 後,健康 状態  幾らか 良く なっ   で,ロシア  行っ  収穫    援助 する こと   まし た。ふさわしい 住まい  安定   仕事  見つける   簡単   あり ませ  でし  が,日本   教師  掃除  仕事    生計  立て,開拓 奉仕  続け まし た。何  助け  なっ  でしょ  か。

ロシア   14  余り  奉仕  振り返り,こう コメント    ます。「大変  こと  いろいろ あり ます が,奉仕  味わう 喜び  比べれ ば,大した こと  あり ませ ん。王国 伝道   必要  大きな   奉仕   いる おかげ で,エネルギッシュ  感動  満ち  毎日  送っ   ます」。そして こう 言い ます。「これ まで ずっ と,エホバ  食物  衣服  住まい  与え  ください まし た。それ  現代  奇跡   思い ます」。雅子  ロシア  必要  大きな 区域 だけ  なく,キルギス   収穫    携わり まし た。英語  中国   ウイグル   群れ   奉仕 し,現在  サンクトペテルブルク  開拓 奉仕     ます。

収穫    助け,祝福  受ける 家族

インガ  ミハイル

経済   不安 ゆえ に,物質    豊か   求め      移り住む 家族  少なく あり ませ ん。しかし,古代  アブラハム  サラ  よう に,霊的  目的  ため  外国  行く 家族   ます。(創 12:1‐9)例えば,ウクライナ 出身  ミハイル    インガ は,2003   ロシア  引っ越し    まし た。程なく  て,聖書  真理  知り たい  願う  たち  会い まし た。

ミハイル  こんな 経験     言い ます。「エホバ  証人  一度  伝道   こと  ない 区域  奉仕   こと  あり ます。年配  男性  玄関     て,『伝道    です か』と 言い まし た。わたしたち が,そう です  答える と,男性 は『いつか 皆さん  よう    来る  思っ   まし た。イエス  言葉  必ず 果たさ  ます から』と 言っ て,マタイ 24  14   示し まし た」。ミハイル    よう   述べ   ます。「その 区域 で,バプテスト   女性 10  ほど  グループ   会い まし た。真理  飢え渇い  誠実   たち でし た。『永遠  生きる』の   1  持っ   て,毎週  その   使っ  聖書  研究     そう です。わたしたち   時間  かけ  たくさん  質問  答え,みんな  一緒  王国    歌い,食事   まし た。忘れ がたい 思い出  一つ です」。ミハイル  インガ は,王国 伝道   必要  大きな   奉仕 する こと で,エホバ  いっそう 近づく こと  でき,人々     深まり,本当  充実   生活  でき  いる,と 言い ます。2   現在,巡回 奉仕  行なっ   ます。

オクサーナ,アレクセイ,ユーリー

ウクライナ 出身  ユーリー  オクサーナ  現在 30  半ば  夫婦 で,息子  アレクセイ  13  です。この 家族 は,2007   ロシア  支部 事務   見学   際,未 割り当て  広大  区域  幾つ  ある ロシア  地図   まし た。オクサーナ  こう 言い ます。「その 地図   て,ロシア   王国 伝道   必要  大きい  強く 感じ まし た。それ  きっかけ で,ロシア  移動  たい  思う よう  なり まし た」。計画  実行  移す うえ    助け  なっ  でしょ  か。ユーリー  こう 述べ   ます。「出版   記事  役立ち まし た。例えば,『あなた  外国  奉仕 でき ます か』と いう 記事 です。 * 移動     支部 事務  から 勧め られ  ロシア  区域  実際  行っ て,住まい  仕事  探し   まし た」。こう   2008 年,ロシア  引っ越す こと  なり ます。

当初 は,仕事  見つける   苦労 し,アパート  たびたび 引っ越さ なけれ  なり ませ  でし た。ユーリー  こう 言い ます。「落胆   しまわ ない よう  助け  ください     祈り,エホバ  支え  信頼   伝道  続け まし た。王国     する わたしたち を,エホバ  本当  世話   ください まし た。ロシア  奉仕  て,家族  強く なり まし た」。(マタ 6:22,33)息子  アレクセイ  どんな 影響  受け まし  か。オクサーナ  こう 述べ   ます。「とても 良い 影響  あり まし た。9     エホバ  献身   バプテスマ  受け まし た。王国 伝道   必要  大きい こと  知っ  いる  で,学校  休み     いつも 補助 開拓     ます。わたしたち も,息子  宣教     熱意  抱い  いる    て,大きな 喜び  感じ ます」。現在,ユーリー  オクサーナ  特別 開拓     奉仕    ます。

「ただ 一つ 後悔   いる  は」

収穫  働き人 たち  語っ  コメント から 分かる よう に,宣教  拡大 する ため    区域  移動 する  は,エホバ    から  信頼  必要 です。確か に,必要  大きな 区域   奉仕   苦労  あり ます が,王国  音信  良い 反応  示す 人々  会う  大きな 喜び  味わい ます。あなた も,王国 伝道   必要  大きな 区域  収穫    助ける こと  でき ます か。もし その 奉仕  加わる なら,次  よう  述べ  ユーリー  同じ 気持ち  なる でしょ う。「ただ 一つ 後悔   いる  は,もっと 早く  なかっ  こと です」。

^ 20節 「ものみの塔」1999  10  15   23‐27 ページ  参照。