内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年5月

あなたもサタンとの戦いに勝てます!

あなたもサタンとの戦いに勝てます!

「堅い信仰もって[サタン]に立ち向かいなさい」。―ペテ一 5:9

1. (イ)サタン戦うこと今,特に重要なぜですか。(ロ)サタン戦い勝利収めることできるなぜですか。

サタンは,油そそが残りや「ほか羊」と戦っます。(ヨハ 10:16)サタン目標は,自分残さ短いに,できる限り多くエホバたちむさぼり食うことです。啓示 12:9,12読む。)サタン戦い勝利収めることできますか。もちろん,できます! 聖書は,「悪魔立ち向かいなさい。そうすれば,彼あなたから逃げ去ります」と述べいるからです。―ヤコ 4:7

2,3. (イ)サタン実在ない考えるなら,サタン目的推し進めることなります。なぜですか。(ロ)サタン実在いる言えるなぜですか。

2 多くは,サタン実在するいう考えあざけります。そのたちとって,サタン悪霊小説ホラー映画ビデオゲーム登場する架空キャラクターすぎません。教養あるなら邪悪など信じない,と思っます。ではサタンは,自分悪霊たちフィクション世界追いやらいること愉快思うでしょか。そのようことないでしょう。むしろそのほうが,悪魔存在疑うたち思いくらましやすいです。(コリ二 4:4)邪悪存在ないいう考え広めることは,サタン人々惑わすため数多く方法1です。

 3 エホバあるわたしたちは,惑わされることありません。悪魔実在いること知っいるからです。蛇通しエバ話しかけサタンです。(創 3:1‐5)ヨブ関しエホバ嘲弄サタンです。(ヨブ 1:9‐12)また,イエス誘惑ようサタンです。(マタ 4:1‐10)神王国1914誕生後,油そそが残りたちと「戦う」こと始めサタンです。(啓 12:17)激しい戦い続いおり,サタン14万4000うち残りほか信仰打ち砕こます。この戦い勝つは,サタン立ち向かい,堅い信仰保たなけれなりません。この記事は,そうするため3方法取り上げます。

誇り退ける

4. サタン誇り高ぶっあることどのよう示しますか。

4 サタンは,謙遜無縁存在です。この邪悪霊者は,厚かましくエホバ主権挑戦し,対抗するなろました。まさに誇りせん越です。ですから,サタン立ち向かうため1方法は,誇り退け,謙遜培うことです。ペテロ一 5:5読む。)では,誇りですか。誇りすべて悪いものでしょか。

5,6. (イ)誇りすべて悪いものですか。説明ください。(ロ)どのよう誇り危険ですか。そのこと示すどんな聖書実例ありますか。

5 ある辞書定義よれば,誇りは「自尊自負心」であり,「自分身近人々良い事柄行なっゆえに,あるいは良いもの持っいるゆえに感じる満足感」です。そのよう感情持つこと少し間違っません。使徒パウロテサロニケ人々こう言いました。「わたしたち自身が,神会衆あなた方こと誇ります。あなた方耐えいるあらゆる迫害患難おけるあなた方忍耐信仰つい思うからです」。(テサ二 1:4)ですから,他行なっ事柄ついうれしく思うこともちろん,自分ついある程度誇り持つことも,健全ことでしょう。自分家族文化育っ土地ついて,恥ずかしく思う必要ありません。―使徒 21:39

6 一方,人間関係むしばみ,エホバ友情関係損ないかねない誇りあります。この誇りあると,必要助言謙遜受け入れることできず,腹立て退けしまいます。(詩 141:5)この誇りは「過度自負心」,または「大抵正当根拠なく,他より優れいる思う人々示すごう慢さ」と定義ます。エホバ尊大誇り憎まます。(エゼ 33:28。アモ 6:8)しかしサタンは,人間そう誇り表わす喜ぶはずです。サタン自身尊大倣っいるからです。ニムロデ,ファラオ,アブサロムいったち高慢示し時,サタンどれほど喜んことでしょう。彼ら間違っ誇り餌食なっです。(創 10:8,9。出 5:1,2。サム二 15:4‐6)カイン破滅至っ誇り原因でした。神ご自身から助言も,誇り強すぎ矯正受け入れることできませでした。かたくなエホバ忠告拒み,破滅突き進ん行っです。―創 4:6‐8

7,8. (イ)人種主義ですか。それ誇りある,と言えるなぜですか。(ロ)誇り会衆平和どのよう乱すことあるか,説明ください。

7 今日も,誇りゆえに様々有害結果生じます。誇り人種主義生み出すことあります。ある辞書よると,人種主義 は,「他人種人々対する偏見敵意」であり,「人種よっ特性能力異なるいう考え,人種本質優劣あるいう考え」です。人種基づく誇りは,暴動,戦争,大量虐殺引き起こしました。

8 もちろん,そう事柄クリスチャン会衆生じないでしょう。しかし,時誇りもと言い争い始まり,手負えない状態なることあります。ヤコブは,そのよう状態あっ1世紀クリスチャンに,「あなた方争いどこから,また戦いどこから起こるですか」という鋭い質問ます。(ヤコ 4:1)根深い敵意優越言葉行動表われ,他ひどい心痛味わわせることあります。(箴 12:18)確かに,誇り会衆平和乱しかねません。

9. 人種主義含め,間違っ誇り闘ううえで,聖書どのよう役立ちますか。(冒頭写真参照。)

9 対する優越抱く傾向あるなら,「すべて高慢エホバとっ忌むべきもの」であること思い起こす必要あります。(箴 16:5)人種国籍文化異なるたち対する見方も,自己吟味するよいでしょう。人種国籍基づく誇り抱くすれば,神が「一からすべて造っ[た]」という事実無視することなります。(使徒 17:26)その事実からすれば,人種1しかありません。全人類共通先祖アダムからいるからです。ですから,人種本質優劣ある考える愚かことでしょう。そのよう考え方するなら,クリスチャン一致破壊ようするサタンたくらみ加担することなるでしょう。(ヨハ 13:35)サタン戦っ勝利収めるは,間違っ誇りすべて退けなけれなりません。―箴 16:18

物質主義避ける

10,11. (イ)世抱きやすいなぜですか。(ロ)デマスゆえに,どうましか。

10 サタンは「この支配者」であり,全世界その配下あります。(ヨハ 12:31。ヨハ一 5:19)ですから,この推し進める物事多くは,聖書規準反します。もちろん,世提供するものすべて悪いいうわけありません。しかし,注意べきあります。サタン人間欲望付け込もて,世用います。罪誘い込んだり,世抱かエホバ崇拝おろそかさせたります。―ヨハネ一 2:15,16読む。

11 1世紀クリスチャンも,世抱いたちました。例えば,「デマス事物体制愛しわたし見捨て[た]」とパウロ書います。(テモ二 4:10)デマス特にどんな愛しパウロ見捨てか,聖書記さません。霊的事柄より物質事柄愛するようなっしれません。しかしそれは,素晴らしい霊的特権失うこと意味ました。どうしてそんなことでしょう。デマスパウロ同労奉仕する特権エホバから与えられです。世そのよう祝福勝るもの与えることできでしょか。―箴 10:22

12. どのようて「富欺き力」の餌食なることありますか。

12 同じようことわたしたち生じます。自分家族物質備えたい思うは,クリスチャン自然ことです。(テモ一 5:8)エホバわたしたち快適生活送ること望んおらます。だからこそ,アダムエバ美しい楽園住まわです。(創 2:9)しかし,サタンは「富欺き力」を用いて,わたしたち自然欲求付け込み ます。(マタ 13:22)多くは,お金あれ幸福なれるか,物質所有成功かぎだ,と考えます。そのよう考え方欺きほかなりません。わたしたち持っいる最も貴重もの,つまりエホバ友情関係損ないかねないからです。イエス追随たちこう警告ました。「だれ主人奴隷仕えることできません。一方憎ん他方愛するか,一方堅く付い他方侮るどちらからです。あなた方奴隷仕えることできません」。(マタ 6:24)富奴隷仕えるなら,エホバ仕えるやめことなります。それサタンまさに願っいることです。金銭よって,エホバ友情関係決して弱まることないようましょう。サタン戦うは,物質事柄つい平衡取れ見方保たなけれなりません。―テモテ一 6:6‐10読む。

道徳抵抗する

13. このは,結婚対するゆがん見方どのよう広めますか。

13 サタン仕掛けるわなは,性道徳です。今日,多く人々は,配偶忠実結婚そのもの窮屈古くさいものます。例えば,ある有名女優は,「一なんて,男無理です。浮気ないもしたくないも,わたし知りません」と述べました。ある男優も,「決まっ生涯一緒いること本当自然ことどうか,僕分からない」と語りました。サタンは,著名賜物ある結婚批判する喜ぶ違いありません。結婚取り決め支持たいも,それ成功するたい思っないはずです。ですから,サタン戦っ勝利収めるは,神設け結婚取り決め支持なけれなりません。

14,15. どのよう道徳抵抗できますか。

14 既婚独身も,あらゆる道徳懸命抵抗なけれなりません。それ簡単でしょか。いいえ,決して簡単ありません。例えば,若者学校友達から,遊び感覚セックスセクスティングいう自慢聞かされることあるでしょう。国よっは,セクスティング児童ポルノ配信同等みなさます。聖書は,「淫行[つまり,性道徳]を習わしする自分対しおかしいる」とあります。(コリ一 6:18)性感染蔓延は,苦しみもたらします。結婚ないセックス若者大半は,そのこと後悔いる言います。娯楽産業は,神律法破っ悪い結果ない,と信じ込まようますが,性道徳もたらす結果は,それ大きくかけ離れます。そう考え信じるなら,「人欺く力」の餌食なっしまいます。―ヘブ 3:13

15 道徳誘惑闘っいるは,何できるでしょか。自分弱さ認める必要あります。(ロマ 7:22,23)神祈り求めください。(フィリ 4:6,7,13)不道徳至りかねない状況避けます。(箴 22:3)誘惑直面なら,すぐ退けましょう。―創 39:12

16. イエスサタン誘惑時,どうましか。その手本から学べますか。

16 イエスは,誘惑抵抗する優れ手本示しました。サタン約束だまされることも,時間取っその約束メリットデメリット考えることありませでした。むしろ,すぐに,「と書いあるです」と返答ました。マタイ 4:4‐10読む。)イエス 言葉知っで,誘惑遭っすぐさま聖句引用できました。わたしたちサタン戦っ勝利収めるは,性道徳誘惑直ちに退けなけれなりません。―コリ一 6:9,10

忍耐よって,戦い勝利収める

17,18. (イ)サタンは,どんな武器ありますか。そのこと驚くべきないなぜですか。(ロ)サタン将来どうなりますか。そのことが,忍耐する励みなるなぜですか。

17 サタン武器は,誇り,物質主義,性道徳だけありません。家族から反対,学校友達からあざけり,伝道活動対する政府から禁令など,ほかたくさんあります。わたしたちは,そういう問題直面驚きません。イエス追随たちこう警告からです。「あなた方は,わたしゆえにすべて憎しみなるでしょう。しかし,終わりまで耐え忍ん救われるです」。―マタ 10:22

サタン完全滅び待ち受けいる(18参照)

18 どうすれサタン戦い勝利収めることできますか。イエス弟子たちに,「あなた方自ら忍耐よっ自分獲得するです」と言いました。(ルカ 21:19)人間行なうどんな事柄も,わたしたち永続もたらすことありません。わたしたちから離れしまわない限り,だれ貴重友情関係奪うことできません。(ロマ 8:38,39)たとえ失うも,サタン勝利なりません。エホバご自分たち必ず復活くださるからです。(ヨハ 5:28,29)一方,サタン暗たんたる将来待ち受けます。不敬虔体制滅び後,サタン1000間,底知れ深み入れられます。(啓 20:1‐3)イエス統治終わりに,サタン期間,「獄から解き放され」,完全人類惑わす最後機会与えられます。その後,滅ぼされるです。(啓 20:7‐10)サタン確実滅びます。しかし,わたしたち違います。堅い信仰もっサタン立ち向かいましょう。あなたサタン戦い勝てるです!