内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2015年5月

 ライフストーリー

最初の愛を忘れないことが力になりました

最初の愛を忘れないことが力になりました

1970初夏ことです。わたし20兵士で,重い感染かかって,米国ペンシルバニアフェニックスビルあるバレーフォージ総合病院ベッドました。30ごと血圧測り来る年上男性看護は,いかにも不安そうでした。わたし血圧下がり続けからです。「人死ぬことないの?」と聞くと,看護からうせました。「ええ,まだ」という答えでした。

わたし絶望状況ありました。そのまでいろいろことありました。では,わたしライフストーリーお話しましょう。

戦争体験始まり

病気なっは,ベトナム戦争手術勤務技術働いです。わたし病人けが人助ける仕事やりがい感じおり,外科目指しました。ベトナム入っ19697です。わたし新参漏れず,時差問題猛烈暑さ順応できるよう,1わたる教育受けました。

わたし勤務は,メコンデルタドンタムある外科病院でした。その病院出頭から程なく,負傷詰め込まヘリコプターからやっました。わたし愛国強く,働くこと好きだっで,い立っいらなくなりました。負傷は,必要準備施さから,冷房装置ある金属コンテナ急送ました。そこ手術なるです。その狭い空間で,外科医,麻酔医,2看護4人命救助ため最善尽くしました。わたしは,大きな黒い幾つヘリコプターから下ろさないこと気づきました。そのは,戦闘吹き飛ばさばらばらなっ兵士入っいる,とことでした。これわたし戦争体験始まりです。

探し求める

若い時,真理少し接しことある

わたし若いに,エホバ証人教える真理少し接しことあります。母エホバ証人聖書研究です。でもは,バプテスマまで行きませでした。しかしわたしは,母研究そば座っいる 大好きでした。そのころ,義理一緒王国会館近く通っことあります。「あれの?」と聞いところ,父は「あのたち絶対近づくじゃないよ」と言いました。わたし好き信頼で,そのとおりました。それで,エホバ証人接することなくなりました。

ベトナムから帰っ後,自分必要感じました。つらい経験したため感情麻痺しまいました。ベトナム生じいる事柄本当理解ないよう思えました。その戦争ない子どもたち虐殺いるいう報道ため,デモ米国兵士を「赤ちゃん殺し」と呼んこと忘れられません。

わたし霊的飢え満たすため,いろいろ教会礼拝出席するようなりました。ずっ愛しましが,教会見聞き事柄感銘受けませでした。それで,フロリダデルレービーチエホバ証人王国会館行っです。19712ある日曜ことでした。

王国会館入ると,公開講演終わるところだっで,そのの「ものみの塔」研究とどまりました。討議内容忘れましが,今覚えいることあります。幼い子どもたち自分聖書ページめくり,聖句探しです。これ本当感銘受けました。わたしじっ討議傾け,観察ました。王国会館よう時,80くらい兄弟わたし近づいて,「とこしえ導く真理」という差し出し,「お読みなっませか」と言いました。ジムガードナーいう兄弟です。わたしその兄弟と,木曜午前最初聖書研究行なうことなりました。

その日曜仕事入っました。職場フロリダボカラトゥーン個人病院救急治療で,勤務時間午後11から午前7まででした。その静かだっで,「真理」の読むことできました。読んいると,年上女性看護そば乱暴取り上げ,表紙て,「まさかエホバ証人なるじゃないでしょね」と大声言いました。わたし取り返し,「まだ半分しか読んないけど,多分ね」と言いました。看護行っで,その読み終えることできました。

研究司会ジムガードナー。チャールズテイズラッセル知っ油そそが兄弟

ガードナー兄弟最初聖書研究日,わたしまず,「何勉強するですか」と尋ねました。「この差し上げです」というで,「もう読んしまいましよ」と答えると,兄弟親切に,「そうですか,では1少し調べましょう」と言いました。調べびっくりました。わたし多くこと見過ごしです。手元に「ジェームズ欽定訳」聖書あっですが,兄弟から勧められて,その聖書幾つ聖句調べました。それついに,真エホバこと分かっました。その日,ガードナー兄弟と「真理」の3研究ました。その毎週木曜午前3ずつ研究ました。とても楽しい研究でした。チャールズ Tラッセル個人知っいる油そそが兄弟から教えもらえ大きな特権思います。わたしガードナー兄弟を,親しみこめて,ジム呼びました。

後,伝道承認ました。ジムから奉仕など,多く難しい課題取り組めるよう助けくれました。(使徒 20:20)ジム一緒働いくれで,宣べ伝えること楽しくなっゆきました。今も,宣教最大特権思っます。神働くは,このない喜びです。―コリ一 3:9

エホバ最初

ごく個人事柄ですが,エホバ最初ついお話しください。(啓 2:4)わたしその最初よって,戦時つらい記憶多く試練立ち向かうことできました。―イザ 65:17

エホバよって,戦時つらい記憶多く試練立ち向かうことできまし

19717月,ヤンキースタジアム開かた「神お名前」地域大会バプテスマ受け

1971あのことは,決して忘れられません。そのわたしは,両親住まわくれマンションから立ち退かさばかりでした。義父自分所有する建物エホバ証人住む快く思わなかっです。当時わたしお金あまりありませでした。勤務病院から21給料受け取っものの,そのほとんどを,エホバ代表するふさわしく宣教携わることできるよう,服費用充てました。幾らか蓄えありましが,それわたし育っミシガン銀行預金ありました。そのようわけで,数間,車生活ざるないことありました。ひげそり洗顔などは,ガソリンスタンドトイレ行ないました。

そんなあること,病院シフト勤務終えすぐ,王国会館行きました。野外奉仕ため集まり始まる二,三時間です。人目つかない王国会館 止め,そこじっ時,ベトナム記憶突然生々しくよみがえっました。人間焼け焦げるにおい,血血糊光景です。その記憶で,年若いたちが,「わたし助かりますか,わたし助かりますか」と尋ねる聞こえ,そのはっきり見えました。わたしその若者たち死ぬこと知っました。でも,それ悟らないようつけながら,懸命慰めようました。わたしで,自分感情抑えられなくなりました。

とりわけ試練困難直面ときは,エホバ最初失わないように,最善尽くしまし

わたし祈りました。涙とめどなくほお伝っ流れました。(詩 56:8)復活希望つい深く考えました。そこではっ気づいです。エホバは,わたし目撃虐殺たちすべて元どおりくださいます。わたし含め多くたち味わっ痛みも,取り除いくださいます。あの若者たち生き返らせ,神関する真理学べるようくださいます。(使徒 24:15)それ分かっ瞬間,エホバわたしあふれ,魂奥底まで達しました。そのわたしとっ特別なりました。それ以来,とりわけ試練困難直面ときは,エホバ最初失わないように,最善尽くしました。

エホバわたし良くくださっ

戦争なる恐ろしいこと行ないます。わたし例外ありませでした。でもわたしは,2大切聖句黙想ました。1啓示 1210,11で,悪魔わたしたち証し言葉だけなく子羊よっ征服れる,と述べる聖句です。もう1ガラテア 220で,その聖句からは,キリストイエスが「わたしために」死んくださっこと分かります。エホバイエス通しわたしくださり,わたし行なっ事柄許しくださっます。そのこと知っ清い良心得ることできました。また,憐れみ深いエホバ関する真理人々伝えるためできること行ないたい思うようなりました。―ヘブ 9:14

これまで生活振り返る時,エホバいつもわたし世話くださっこと感謝たい気持ちいっぱいなります。例えば,わたし生活時,それ知っジムそのうちに,下宿営んいる姉妹連絡取れるようくれました。エホバジムその姉妹用いて,快適住まい備えくださっと,わたしから信じます。エホバ本当親切です。ご自分忠実崇拝たち世話くださるです。

熱意巧みバランス学ぶ

19715月,仕事関係ミシガン行く必要生じました。フロリダデルレービーチ会衆離れるトランク聖書文書詰め込み,それから高速道路75北上ました。隣ジョージア出るころトランクなりました。わたしは,ありあらゆる場所王国良いたより熱心宣べ伝え,幾つ刑務立ち寄って,休憩場所トイレたちパンフレット配布ました。そこで植え出しいれいいですが。―コリ一 3:6,7

しかし,正直言うと,わたし真理学び始めころ,証言仕方それほど巧みありませでした。とりわけ親族話すそうでした。エホバ最初激しく燃え上がっで,わたし大胆に,しかし手心加え証言ました。大好きジョンロンは,かなり強引真理伝えました。後日,自分神経やり方つい謝る必要ありましが,わたしたち真理受け入れるよう祈っます。それ以来ずっと,エホバわたし教育ください ました。おかげで,宣べ伝え教える巧み行なえるようなりました。―コロ 4:6

わたし愛するたち

エホバ決して忘れませが,わたし人生おけるつい言えば,ほかお話したいことあります。まずは,大切スーザンことです。わたしは,王国行なううえ助けなるパートナー必要思っました。スーザン霊的強い女性です。デートするため彼女行っことよく覚えます。スーザンロードアイランドクランストン両親住んました。わたし行っ時,スーザン玄関ポーチ座り,聖書そば置いて「ものみの塔」誌読んました。心引かは,聖句調べながら記事読んことです。「霊的だ!」と思いました。197112結婚以来,スーザンそばわたし支えくれいることから感謝ます。特に立派思うは,わたし愛しつつも,エホバもっと深く愛しいることです。

スーザン,息子ポールジェシー

わたしたち2息子,ジェシーポール授かりました。息子たち成長ゆき,エホバ彼らおらました。(サム一 3:19)2真理自分自身もので,スーザンわたし誇らしく思っます。2エホバ最初忘れ仕え続け,20 余り時間奉仕行なっます。美しいたちステファニーラケルわたし誇りあり,実よう感じます。心こめエホバ愛する霊的女性たちです。―エフェ 6:6

あまり奉仕ない区域家族伝道

わたしバプテスマ16年間ロードアイランド奉仕し,その貴重ました。優れ長老たち一緒働い素晴らしい思い出たくさんあります。大勢旅行する監督たちから良い影響受け,深く感謝ます。エホバ最初保っ兄弟たち働くは,大きな特権思います。わたし1987に,必要大きな場所奉仕するためノースカロライナ移動し,そこ貴重友情築くことできました。 *

旅行する監督て,野外奉仕ため集まり司会

20028わたしたち夫婦は,米国パタソンベテル家族一員なるよう招き受け入れました。わたし奉仕部門で,妻洗濯働きました。スーザンその仕事大好きでした。20058月,わたし統治一員奉仕する特権いただきました。身余る特権思いました。妻は,わたし責任重さ,仕事内容,旅行ことなど考え圧倒ました。飛行苦手だっです。でもわたしたちは,頻繁飛行旅行ます。スーザンは,統治成員たち愛情深い言葉聞いて,夫あるわたし精一杯支えたいいう気持ち強められた,と言います。スーザン確かわたし精一杯支えくれます。そのようスーザン感謝ます。

わたしオフィスは,わたしとっよう写真たくさん飾っあります。そう写真見ると,これまで人生いかに素晴らしかっ実感ます。わたしエホバ最初忘れないよう最善尽くしました。そして,数多く大きな報いいるです。

家族過ごす大きな喜び

^ 31節 モリス兄弟時間奉仕関する情報は,「ものみの塔」200631526ページ掲載ます。