アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年4月

長老の皆さん,兄弟たちを訓練するよう努めていますか

長老の皆さん,兄弟たちを訓練するよう努めていますか

「何事定められある」。―伝 3:1

1,2. 巡回監督たち報告よれば,多く会衆どんな状況られますか。

巡回監督は,長老集まり終えようました。その長老自分父親ほど年齢兄弟たちおり,皆熱心働いました。巡回監督長老たち愛情感じましが,気がかりことあり,こう尋ねました。「会衆責任もっと担えるよう,兄弟たち訓練するためどんなことなさっましか」。長老たち前回巡回訪問ことよく覚えました。会衆兄弟たち訓練いっそう注意払うよう勧められです。やがて長老1開き,「正直言って,ほとんどません」と答えました。他長老たち黙っうなずきました。

2 長老皆さんは,その状況よく理解できることでしょう。世界各地巡回監督報告よれば,多く会衆は,会衆世話できるよう兄弟たち年齢かかわりなく訓練することもっと必要です。これ簡単ことありません。なぜでしょか。

3. (イ)聖書個人訓練大切どのよう示しますか。わたしたちすべてが,訓練大切関心抱くべきなぜですか。(脚注参照。)(ロ)ある長老たちが,兄弟たち訓練難しく思うなぜですか。

 3 牧者ある皆さんは,個人訓練大切理解いる違いありません。 *ある会衆霊的強さ保つために,そして新しい会衆設立できるようするために,もっと多く兄弟たち必要です。イザヤ 60:22読む。)また,「他人々教える」よう聖書勧めます。テモテ二 2:2読む。)いえ,そうする時間取る難しく思えるしれません。家族必要する事柄,世俗仕事,会衆務めその他,重要事柄行なうと,会衆兄弟たち訓練する時間残らないよう思えるでしょう。では,時間取っ兄弟たち訓練すること非常重要なぜか,考えましょう。

訓練緊急必要

4. 訓練先延ばしする理由て,どんなこと考えられますか。

4 ある長老たちが,訓練時間取り分ける難しい思うなぜでしょか。こう考えるしれません。『訓練大切が,後回しできない会衆事柄比べると,それほど重要ない。少し先延ばし会衆活動支障きたさない』。確かに,すぐ扱うべき事柄たくさんあります。しかし,訓練先延ばしいると,会衆霊的健康損なわれる恐れあります。

5,6. (イ)車運転するは,エンジンメンテナンスついどんな見方することありますか。そのことから学べますか。(ロ)その会衆訓練どのよう適用できますか。

5 例え考えましょう。車運転するご存じように,車良い状態保ち,エンジンきちんと動き続けるためは,エンジンオイル定期交換なけれなりません。ところが,オイル交換ガソリン補給ほど重要ない思うます。ガソリン入れないやがて完全ストップしまうこと知っます。でも,『今オイル交換なくも,エンジン取りあえず動くから,大丈夫』と考えるです。しかし,これ危険ことです。エンジンメンテナンス先延ばしすると,車いつか,きしみながら完全ストップしまいます。そうなると,車修理再び走れるようするために,多大時間お金必要なります。この例えから学べますか。

6 長老たちは,すぐ扱うべき大切仕事幾つ持っます。すぐ扱わないと,会衆影響及びます。ですから,車運転するガソリン補給いつも忘れないように,長老たちも,「より重要事柄見きわめるように」しなけれなりません。(フィリ 1:10)ところが,ある長老たちは,急ぎ仕事行なうこと忙しく,エンジンメンテナンス言える兄弟たち訓練おろそかすることあります。しかし,必要訓練先延ばしいると,行なうべき務め果たせる十分資格ある兄弟たちが,遅かれ早かれ不足しまいます。

7. 時間取っ兄弟たち訓練する長老たちついて,どんな見方べきですか。

7 ですから,兄弟たち訓練優先順位低いものないよう注意なけれなり ません。先見通し,経験浅い兄弟たち訓練時間投資する長老たちは,賢明家令あり,会衆全体とっ祝福なります。ペテロ一 4:10読む。)では,会衆どのよう受けますか。

賢明投資

8. (イ)長老たちは,どんな特質ゆえに,またどんなこと考慮て,兄弟たち訓練ますか。(ロ)必要大きな場所奉仕する長老たちは,どんな重要責任ありますか。(「 緊急務め」という囲み参照。)

8 長い経験持つ長老あっも,会衆ためできる事柄年齢限らくるいうことを,慎み深く認めなけれなりません。(ミカ 6:8)現実見方て,「時予見ない出来事」のゆえに,会衆責任果たす突然難しくなる,ということ視野入れる必要あります。(伝 9:11,12。ヤコ 4:13,14)ですから,先見ある長老たちは,エホバたち霊的健康気遣うゆえに,これまで忠実奉仕られ経験若い兄弟たち伝えます。―詩編 71:17,18読む。

9. 将来どんな事柄考えると,兄弟たち訓練非常重要ですか。

9 訓練施す長老たち会衆祝福言える理由ほかあります。会衆守り固めることできるです。どのようですか。そう訓練より,会衆助ける用意でき兄弟たち増えゆきます。会衆だけなく,大患難いう動乱堅く立っ一致保てるよう,助けられるです。(エゼ 38:10‐12。ミカ 5:5,6)ですから,愛する長老皆さん,あなた奉仕務め兄弟たち訓練必ず含めください。今,そうする大切ことです。

10. 長老は,兄弟たち訓練する時間作るために,どうする必要あるしれませか。

10 長老たち予定は,会衆重要事柄行なうためぎっしり詰まっいることでしょう。ですから,そう事柄充て時間幾らかを,兄弟たち訓練振り向ける必要あるしれません。(伝 3:1)そうするは,賢明投資言えます。

状況整える

11. (イ)様々長老たち訓練つい述べ提案から,どんな興味深い分かりますか。(ロ)箴言 1522よると,他長老たち提案考慮する有益は,なぜですか。

11 最近ことですが,兄弟たち霊的成長するよう巧み援助いる長老たちに,その方法尋ねる質問送らました。 * 長老たち状況様々ですが,そのアドバイス驚くほど類似ました。このことから分かりますか。聖書基づく訓練は,「いたるところ,すべて会衆」の学び手当てはまるいうことです。それ使徒パウロ時代同じです。(コリ一 4:17)それで,この記事記事は,それら長老たち述べ提案幾つ取り上げましょう。(箴 15:22)これら記事便宜上,訓練与えるを「教え手」,訓練受けるを「学び手」と呼ぶことます。

12. 教え手する必要ありますか。それなぜですか。

12 教え手は,訓練ため状況整える必要あります。ガーデニングするが,種まく耕し,柔らかくする必要あるように,教え手は,新しい技術教える学び手整え,励ます必要あります。では,兄弟たち訓練するため状況どのよう整えたらよいでしょか。昔ある預言 取っ方法倣うことできます。どんな方法ですか。

13‐15. (イ)預言サムエルどんな割り当て受けましか。(ロ)サムエルどのように,計画実行ましか。(冒頭挿絵参照。)(ハ)現代長老たちが,サムエル関するこの記述特別関心抱くべきは,なぜですか。

13 3000余りあること,エホバ年配預言サムエルに,こう告げました。「明日今ごろ,わたしベニヤミンからひとりあなたもと遣わす。あなたそのそそいわたしイスラエル指導なけれならない」。(サム一 9:15,16)サムエルは,指導自分役割終わっことと,後継そそぐようエホバから割り当てられこと知りました。サムエルは,『どのように,その新しい仕事備えさせたらよいだろか』と考え違いありません。そこで,ある方法思いつき,計画練ります。

14 日,サムエルサウル会っ時,エホバサムエルに,ここいるだ,と言わます。そこでサムエル計画実行移します。まずサウル食事招き,サウル従者食堂一番良い座らせ,えり抜き出して,「召し上がりなさい。……人々あなたためそれ取っ置いですから」と言います。それからサムエルサウルは,会話ながらサムエルまで歩い行きます。サムエルは,おいしい食事ゆったり散歩あと快い雰囲気活用たい思いました。それサウル屋上案内ます。夕方涼しい吹く中,「屋上サウル話し続け」,それから就きます。翌日,サムエルサウルそそぎ,口づけし,さらに指示与えから,サウル送り出します。サウルこれから生じる事柄対する備えできました。―サム一 9:17‐27; 10:1

15 もちろん,国家指導なるようだれそそぐことは,会衆長老あるいは奉仕なるよう兄弟たち訓練すること違います。それでも現代長老たちは,サムエル用い方法から,貴重教訓学べます。そのうち2取り上げましょう。

進ん教え,真なる

16. (イ)イスラエル求め時,サムエルどんな気持ちなりましか。(ロ)サウルそそぐいう割り当てを,サムエルどんな態度果たしましか。

16 渋々なく,進ん行なう。サムエルは,人間立てほしいイスラエル言う聞い当初,落胆し,自分から退けられ感じました。(サム一 8:4‐8)実際,民要求聞き入れるならなかっで,エホバから,民聴き従うよう3言われる必要ありました。(サム一 8:7,9,22)それでもサムエルは,後継対するねたみ憤り宿すことませでした。サウルそそぐようエホバから命じられ時,義務から渋々従っなく,愛気持ちから進ん従いました。

17. 長老たちは,サムエルどんな態度倣いますか。そうするなら,どんな満足味わえますか。

17 経験ある長老たちも,サムエルように,訓練する兄弟たち対し親切態度取ります。(ペテ一 5:2)それら兄弟たち会衆特権譲り渡すこと恐れて,訓練控えることありません。心大きな教え手たちは,進ん学ぶ兄弟たち競争相手見るなく,「同労者」とます。会衆与えられ貴重贈り物考えるです。(コリ二 1:24。ヘブ 13:16)そう利他教え手 たちは,兄弟たち能力生かし会衆助けるて,深い満足味わいます。―使徒 20:35

18,19. 長老は,学び手どのよう整えることできますか。そうすること非常大切は,なぜですか。

18 単なる教え手なく,友なる。サムエルサウル会っ日,どうでしょか。ともかく取り出し,急いサウル注ぎ,何準備させないまま新しい送り出すことできはずです。しかし,そうませでした。親切時間取って,サウル少しずつ整えゆきました。おいしい食事快い散歩楽しみ,じっくり話し合い,十分休息取っあと,『これサウルそそぐことできる』と思いました。

兄弟たち訓練は,友情築くことから始まる(18,19参照)

19 今日教え手も,まずは時間取っくつろい雰囲気作り,学ぶ兄弟友情築く必要あります。そう温か関係築くため具体方法は,国よって,また地元状況習慣よっ幾らか異なるでしょう。しかし,住む場所かかわりなく,長老忙しい兄弟過ごす時間取り分けるなら,「あなたわたしとっ大切存在です」というメッセージ伝えることできます。ローマ 12:10読む。)進ん学ぶ兄弟たちは,そのよう気遣い関心から感謝することでしょう。

20,21. (イ)教え手成功する必要か,説明ください。(ロ)次記事どんな取り上げますか。

20 長老皆さん,次こと忘れないようましょう。教え手成功するは,兄弟訓練すること好き,というだけ十分です。訓練いるその愛すること必要です。(ヨハネ 5:20比較。)教え手非常重要この特質を,学び手すぐ感じ取ります。そして,訓練快く応じようます。ですから,愛する長老皆さん,訓練与えるときは,単なる教え手なく,友なっください。―箴 17:17。ヨハ 15:15

21 学び手整えなら,必要技術伝えることできます。では,どんな方法用いるよいでしょか。その記事取り上げます。

^ 3節 この記事記事は,特に長老たち対象ます。しかし,会衆成員皆,これら2記事取り上げられいる事柄関心抱く必要あります。なぜなら,バプテスマ受けすべて男子これら記事通して,会衆仕事担うため訓練受ける必要ある,という理解できるからです。会衆訓練兄弟たち増えると,すべてます。

^ 11節 オーストラリア,韓国,ナイジェリア,ナミビア,日本,バングラデシュ,ブラジル,フランス,フランスギアナ,米国,ベルギー,南アフリカ,メキシコ,レユニオン,ロシア長老たちです。