内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2015年4月

排斥が愛ある取り決めと言えるのはなぜか

排斥が愛ある取り決めと言えるのはなぜか

「息子排斥発表聞いて,わたし人生終わっしまっよう感じました」と,フリアンいう父親言います。「最初生ま子どもです。わたし息子とても良く,いろいろこと一緒行ないました。模範息子でした。それなのに突然,悪いことするようなっです。妻暮れ,慰めようありませでした。親どこまずかっだろう,と考えばかりました」。

これほど悲しみもたらすあれば,なぜ排斥ある取り決め言えるでしょか。この断固措置は,どんな聖書根拠ありますか。排斥れるどんな場合ですか。

排斥措置取られる2条件

エホバ証人排斥れるは,2条件同時満たされる場合だけです。その1は,バプテスマ受け証人重大犯しこと,もう1は,その悔い改めないことです。

エホバわたしたち完全要求ませが,ご自分たち神聖規準従うこと期待ます。ですから,性道徳,偶像礼拝,盗み,ゆすり取ること,殺人,心霊いっ重大避けるよう命じおらます。―コリ一 6:9,10。啓 21:8

あなたも,エホバ清い規準道理かなっおり,わたしたち保護するものある思わませか。人だれも,心から信頼でき,平和愛する誠実人々生活たい,と思います。霊的兄弟姉妹は,まさにそのようたちです。神献身に,聖書指針従っ生きること約束からです。

では,バプテスマ受けクリスチャン弱さゆえに重大犯し場合は,どうなりますか。昔忠実たちそう過ち犯しましが,神彼らすぐ退けませでした。有名ダビデ事例です。ダビデ姦淫殺人犯しましが,預言ナタンダビデに,「エホバ(は)あなた見逃さます」と述べました。―サム二 12:13

ダビデ誠実悔い改めゆえに,ダビデ赦さました。(詩 32:1‐5)今日エホバたち同じです。排斥れるは,自分悪い行ない悔い改めず,その行ない続ける場合だけです。(使徒 3:19; 26:20)審理委員奉仕する長老たち悔い改め示さなければ,その排斥ます。

排斥措置最初,強硬方法ない,と感じられるしれません。排斥親しい関係ある場合は,特にそうでしょう。しかし聖書は,排斥措置ある取り決め言える根拠あります。

排斥関係するすべてもたらす

イエスは,「知恵その働き[あるいは,その結果]によっかなっいること示される」と述べました。 マタ 11:19)悔い改めない悪行排斥する措置知恵ある方法あり,義かなっ結果生み出します。次3注目ください。

悪行排斥することは,エホバみ名誉れもたらす。わたしたちエホバみ名担っいるで,わたしたち行動必然み名影響与えます。(イザ 43:10)子ども行ない誉れそしりもたらすように,み名行動も,良きつけ悪しきつけ,エホバ対する人々見方影響及ぼします。み名担うエホバ道徳規準従うなら,神み名高められます。エゼキエル時代状況それ幾らかました。当時国民は,エホバみ名ユダヤ結び付け考えました。―エゼ 36:19‐23

クリスチャン道徳行為続けるなら,神なるみ名そしりもたらすことなります。使徒ペテロクリスチャンこう助言ました。「あなた方従順子供て,以前無知あっため抱い欲望そっ形作られるやめ,あなた方召さなるしたがい,あなた方自身すべて行状おいなるなりなさい。なぜなら,『あなた方なるなけれならない。わたしなるからある』と書かいるからです」。(ペテ一 1:14‐16)清くなる行動は,神み名誉れもたらすです。

しかし,エホバ証人悪いこと行ない続けるなら,友人知人それ気づくことでしょう。排斥措置は,エホバ神聖保つため聖書指針固く従う清い人々あること明らかます。スイスある王国会館1男性やって,会衆一員なりたい言いました。聞いみれば,その姉妹道徳行為原因排斥た,ということです。「悪い行ない大目ない」組織入りたい,とその男性言いました。

排斥措置は,クリスチャン会衆清さ守る。使徒パウロコリントたちに,故意犯したち会衆とどめおくこと危険つい警告ました。そうたち影響を,固まり全体膨らませるパン種働き例え,「少しパン種固まり全体発酵せる」と述べました。それから,「その邪悪あなた方から除きなさい」と助言ました。―コリ一 5:6,11‐13

パウロ言及た「邪悪人」は,平然道徳行為続けようです。しかも,会衆たちは,その行ない擁護することまでました。(コリ一 5:1,2)そう甚だ許さなら,他クリスチャンは,みだら都市コリント道徳習慣取り入れたくなっしれません。故意見過ごすなら,神規準対する手ぬるい態度助長することなります。(伝 8:11)さらに,罪犯し悔い改めないたちは,「水隠れ岩」のようなり,会衆たち信仰破船引き起こしかねません。―ユダ 4,12

排斥措置は,悪行本心立ち返らせるしれない。イエス放とう息子されました。父親放とう生活続け,自分相続財産乱費若者です。その息子は,父離れ生活するいかにむなしくつらいものを,厳しい経験通し学びました。ようやく本心立ち返り,悔い改めて,自分ほうから家族もと帰ります。(ルカ 15:11‐24)イエスよれば,愛情深い父親息子変化喜びました。そのことは,わたしたちエホバ気持ち理解する役立ちます。エホバこう述べおらます。「わたしは,邪悪なく,邪悪そのから立ち返って,実際生きつづけること喜ぶ」。―エゼ 33:11

排斥れ,霊的家族ようクリスチャン会衆一員なくなったちも,やがて失っもの価値気づくしれません。罪深い歩みもたらす苦しみ味わいます。エホバその良い関係あっ幸福日々記憶よみがえっます。そう経験が,その本心立ち返らせるしれません。

良い結果得るは,愛毅然態度必要です。詩編作者ダビデは,「義かなっわたし 打つも,それある親切です。彼わたし戒めるも,それで(す)」と書います。(詩 141:5)例え考えましょう。ある寒い登山ました。ところ疲れ果てて,低体温症状始めました。眠け襲っます。そのまま眠っしまえば,死ぬこと見えます。そこで同行が,救援部隊到着待つ間,そのほほ時々たたい眠らせまいます。たたけ相手痛い思いますが,命救えるしれません。同じようダビデも,義なるダビデため痛み伴う矯正与える必要あること認識ました。

過ち犯し懲らしめ必要あり,排斥多く場合,その目的果たします。この記事冒頭フリアン息子は,約10生活清め会衆戻り,今長老奉仕ます。こう語っます。「排斥ことよって,自分生き方愚か実感られました。わたしこのよう懲らしめ必要でした」。―ヘブ 12:7‐11

排斥接するどのよう示す

確かに,排斥措置霊的意味悲しい出来事ですが,それ大きな災い進展ないようすることできます。排斥その目的達成するうえで,わたしたち一人一人は,果たすべき役割あります。

悔い改めエホバもと戻れるよう,助け与えられる

長老たちは,排斥決定当人伝える責任負っます。それことありませが,エホバ反映するよう努力ます。その決定伝えるは,会衆復帰するためどんな段階踏む必要ある親切に,はっきり説明ます。その後,排斥歩み方変えよういる証拠幾らか示しいるなら,その周期訪問し,どうすれエホバもと戻れる思い起こさせることできます。 *

家族は,排斥決定尊重するなら,会衆排斥対する示すことできます。フリアンこう説明ます。「あのわたし息子あること変わりありませでしが,息子生き方ゆえに,わたし息子ありました」。

会衆すべて成員は,排斥接触会話避けることよって,原則基づく示せます。(コリ一 5:11。ヨハ二 10,11)そうするなら,エホバ長老たち通し与え懲らしめ効果高めることなります。会衆成員は,排斥家族いっそう示し,支え与えることできます。家族かなり痛手被るで,自分たち会衆から遠ざけられいる思わないようする必要あります。―ロマ 12:13,15

フリアンこう結んます。「排斥わたしたち必要取り決めです。エホバ規準従っ生活するため必要です。つらいことですが,長い見れば,良い結果生み出します。わたし息子悪い行ない大目たら,息子決して立ち直れなかっでしょう」。

^ 24節 「ものみの塔」199141521‐23ページ参照。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

ある人たちが排斥されるのはなぜか

神の愛ある懲らしめは,悪行を悔い改めた人のためになりますか。