アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年4月

切り倒された木が再び芽を出す?

切り倒された木が再び芽を出す?

レバノン巨木比べると,幹ねじれ,節くれだっオリーブは,それほど見栄えないしれません。しかし,オリーブは,厳しい気候耐える際立っ備わっます。樹齢1000推定れるものあるほどです。根広く張り巡らさいるで,幹破壊樹木自体活力取り戻すことできます。根生きいる限り,木再び出します。

族長ヨブは,自分死んまた生きられる,と確信ました。(ヨブ 14:13‐15)そして,復活行なう対する確信示すため,木例え用いました。それオリーブだっ思わます。こう述べます。「樹木さえ望みある……。たとえ切り倒さも,それまさしく再び出(す)」。雨降っ厳しい干ばつ終わると,乾いオリーブ切り株生き返っから再び出し,「新しい苗木よう必ず大枝出す」のです。―ヨブ 14:7‐9

耕作は,切り倒さオリーブ再び出すたい強く願います。同様エホバも,ご自分たち多くたち生き返らせること慕わます。(マタ 22:31,32。ヨハ 5:28,29。使徒 24:15)生き返ったち迎え入れ,彼ら再び充実生活楽しむ見るは,何大きな喜びでしょう。