アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年2月

諸国民は「エホバの教え」を知るために整えられる

諸国民は「エホバの教え」を知るために整えられる

「執政  代理 は……信者  なっ た。エホバ  教え  すっかり 驚い  から  ある」。―使徒 13:12

1‐3. イエス  弟子 たち は,「あらゆる 国民」に 良い たより  宣べ伝える うえ で,どんな 障害  直面  まし  か。

イエス  キリスト  追随  たち  与え  務め は,決して 小さな もの   あり ませ  でし た。イエス は,「行っ て,すべて    人々  弟子  し(なさい)」と お命じ  なっ   です。追随  たち  その   行なっ  ゆく  つれ,「王国 の……良い たより は,あらゆる 国民  対する 証し  ため に,人  住む 全地  宣べ伝え られる」こと  なり ます。―マタ 24:14; 28:19

2 弟子 たち  イエス を,そして 良い たより  愛し   まし た。それでも,一体 どう  たら この 務め  果たせる    考え    しれ ませ ん。まず,弟子  少数 しか  ませ ん。それ に,彼ら  イエス      ある  ふれ告げ   ます が,その イエス  すでに 殺さ    ます。弟子 たち は「無学  普通  人」と  られ   ます。(使徒 4:13)ユダヤ   宗教 指導  たち  専門   学校  学ん   まし  が,弟子 たち  そう   あり ませ ん。弟子 たち  宣べ伝え  音信 は,宗教 指導    何百   教え    ユダヤ   伝統  反し   ます。弟子 たち  イスラエル   尊ば    ませ ん。それ に,イスラエル 国民 など,栄光 ある ローマ 帝国    微々 たる 存在 です。

3 さらに イエス は,弟子 たち  憎ま れ,迫害  れ,殺さ れる 場合 さえ ある こと  予告   まし た。(ルカ 21:16,17)弟子 たち は,裏切り   預言 者,増し加わる 不法  闘わ なけれ  なり ませ ん。(マタ 24:10‐12)たとえ 音信  各地  受け入れ られる    も,一体 どう やっ て「地  最も 遠い   まで」伝える こと  できる  でしょ  か。(使徒 1:8)弟子 たち  圧倒   そう  なっ   違いあり ませ ん。

4. 1 世紀  弟子 たち は,宣べ伝える   おい て,どの よう  成功  収め まし  か。

4 どんな 不安 材料  あっ   せよ,弟子 たち  エルサレム  サマリア だけ  なく,当時 知ら     世界 全体  良い たより  勤勉  宣べ伝え まし た。数々  苦難  あり まし  が,30   たた ない うち  良い たより は「天下   創造     宣べ伝え られ」,「世界 じゅう    結ん  増大  て」い まし た。(コロ 1:6,23)例えば,ローマ  執政  代理 セルギオ  パウロ は,キプロス   使徒 パウロ  言動  見聞き  て,「信者  な(り)」まし た。「エホバ  教え  すっかり 驚い  から」です。―使徒 13:6‐12  読む。

5. (イ)イエス  弟子 たち  どんな こと  約束   まし  か。(ロ)ある 歴史  は,1 世紀  関し    述べ   ます か。

5 弟子 たち は,自分 たち       完遂 でき ない こと  知っ   まし た。しかし イエス は,弟子 たち    おら れる こと,聖霊  助け  与える こと  約束   おら  まし た。(マタ 28:20)当時  世界  状況 は,幾つ    で,王国 伝道  とっ   都合 だっ   言える でしょ う。「初期 教会  福音 伝道」(英語)と いう   こう 述べ   ます。「世界  歴史  おい て,揺籃   教会  受け入れる   西暦 1 世紀 ほど 適切  時期  なかっ   あろ う。……2 世紀 まで  クリスチャン は,……世界  神慮  よっ  キリスト   出現  備え  整え られ   た,と 論じる よう  なっ た」。

6. (イ)この 記事,そして(ロ)次  記事  は,どんな   つい  考え ます か。

6 広範  伝道 活動  可能  する ため,神  どの 程度 1 世紀  状況  進展  関与     でしょ  か。聖書    述べ   ませ ん。しかし   こと  確か です。エホバ  良い たより  宣べ伝え られる こと  望ん  おら  まし  が,サタン  そう   あり ませ  でし た。この 記事  は,他  時代   なく 1 世紀  から こそ 伝道 活動  容易  行なえ  理由  幾つ  考え ましょ う。次  記事  は,地  果て  まで 良い たより  ふれ告げる   役立っ  いる,現代  状況  進展  取り上げ ます。

パックス  ロマーナ

7. パックス  ロマーナ    です か。それ  注目  値する   なぜ です か。

7 1 世紀  ローマ 世界  幾つ   状況 は,クリスチャン  有利  働き まし た。その 一つ  パックス  ロマーナ,つまり ローマ  平和 です。当時  ローマ 政府 は,どんな 小さな 反乱  制圧  まし た。確か  イエス  予告 どおり,「戦争……また 戦争  知らせ」は 時折 あり まし た。(マタ 24:6)西暦 70    ローマ   エルサレム  滅ぼし まし た。帝国  国境 地帯   小競り合い  あり まし た。しかし,イエス  時代 から  200  間,地中海 世界   紛争  比較  少ない 時代  続き まし た。ある  参考 文献  こう 述べ   ます。「歴史 上,全般   平穏  時期  これ ほど 長く 続い  こと  なかっ た。多く      これ ほど 平和  確実  維持    こと は,その   全く なかっ た」。

8. 初期 クリスチャン  平和   風潮 から,どの よう     まし  か。

8 3 世紀  神学  オリゲネス  自ら  見解    よう  記し   ます。「イエス  教え は,その 時代  多く  王国  存在       たら,世界   広まる こと  なかっ   あろ う。……どの   あれ  たち は,軍務  就い  自国  守る ため  戦う こと  余儀なく される から  ある。……よっ て,イエス  登場   時点  国際 情勢  それ 以前   変わり,穏健  精神  浸透    なかっ    たら,この 教え,つまり 平和  唱道 し,敵   復しゅう  さえ 許さ ない 教え  受け入れ られる こと  なかっ   あろ う」。王国 宣明  たち  ローマ 世界  迫害   まし  が,平和  求め まし た。そして,ある 程度 平和   当時  風潮 から     もの  思わ  ます。―ローマ 12:18‐21  読む。

旅行  しやすさ

9,10. 弟子 たち  とっ て,ローマ 帝国   旅行  やすかっ   言える  は,なぜ です か。

9 クリスチャン  ローマ  道路   活用  まし た。ローマ  は,治安  維持 し,国民  支配 する ため  強力  優秀  軍隊  あり まし た。軍隊  迅速  移動   良い 道路  必要  あり,ローマ   道路 建設  長け   まし た。その 道路 は,森林  砂漠  通り抜け,山々  越え,帝国   ほとんど すべて  属州  結び付け まし た。総 延長  8万   超え   まし た。

10 ローマ 帝国   道路   加え て,合計  2万7000   及ぶ 航行 可能  河川  運河  あり まし た。ローマ   は,幾百     結ぶ 900 ほど  航路  行き来  まし た。ですから クリスチャン は,ローマ 世界 全体  旅行 でき まし た。もちろん 難しい 問題  あり まし  が,使徒 パウロ     たち も,パスポート  ビザ  なく   帝国   旅行 でき まし た。出入国 管理  税関  あり ませ  でし た。人々  ローマ  よる 処罰  恐れ   で,道路  比較  安全 でし た。海路  用いる 旅行  安全 でし た。ローマ  海軍  パトロール      で,海賊  恐れる 必要  あり ませ  でし た。パウロ     難船  経験 し,海   危険   遭遇  まし  が,聖書 は,パウロ  海賊  攻撃      述べ   ませ ん。―コリ 二 11:25,26

ギリシャ 

冊子   より,聖句  速く 見つけ られる よう  なっ た(12   参照)

11. 弟子 たち  ギリシャ   用い    なぜ です か。

11 コイネー つまり 共通 ギリシャ  は,会衆   良い コミュニケーション  一致  貢献  まし た。アレクサンドロス 大王  征服  より,ギリシャ   広範  地域    れ,理解  れる よう  なり まし た。その ため    たち は,あらゆる 種類   たち  コミュニケーション  行なう こと  でき,それ  良い たより  広める こと  役立ち まし た。さらに,エジプト  住む ユダヤ   ヘブライ  聖書  ギリシャ   翻訳  まし た。この セプトゥアギンタ   人々  よく 知ら      で,キリスト  初期  追随  たち  その   自由  引用  まし た。また,クリスチャン は,聖書  書き記す   ギリシャ   理想   言語  ある こと  気づき まし た。語彙  豊富  あり,霊的  事柄  説明 する   役立つ 言い回し  数多く ある から です。

12. (イ)冊子     です か。巻き物  比べ て,どんな 利点  あり ます か。(ロ)クリスチャン  いつごろ から,広く 冊子   用いる よう  なり まし  か。

 12 1 世紀  クリスチャン    使っ  聖書  教え   でしょ  か。巻き物  使い まし た。しかし,巻き物  扱い  面倒 で,巻い たり 開い たり  なけれ  なら ず,しかも 書ける   たいてい 羊皮   片面 だけ でし た。マタイ  福音  だけ   1   巻き物 全体  必要 でし た。しかし その 後,冊子 本(コーデックス)が 登場  ます。今日    原型  あり,ページ  重ね  綴じ  もの です。冊子  なら,開い  すぐ  聖句  見つける こと  でき まし た。クリスチャン  いつ から 冊子   用い  いる か,正確  こと  分かっ   ませ  が,ある 参考 資料  こう 述べ   ます。「クリスチャン  2 世紀   コーデックス  かなり 広範  用い    こと から する と,コーデックス  導入     は,西暦 100  より かなり   違いない」。

ローマ 

13,14. (イ)パウロ  どの よう  ローマ  市民   活用  まし  か。(ロ)クリスチャン  ローマ  から どの よう     まし  か。

13 ローマ   ローマ 帝国 全域  施行    おり,ローマ  市民   持つ   は,貴重  権利  免除  特典  与え られ   まし た。パウロ     わたっ  ローマ  市民   活用    ます。エルサレム  むち 打た  そう  なっ   は,ローマ  士官 に,「ローマ   有罪  宣告  受け    ない  を,あなた方  むち打っ   よい  です か」と 問いかけ   ます。確か に,その よう  むち打ち  違法 でし た。パウロ が,自分  生まれ ながら ローマ  市民   持っ  いる  述べる と,「拷問  かけ  彼[パウロ]を 取り調べ よう       たち は,すぐ   から 離れ……軍 司令  は,彼  ローマ   ある こと,また 自分    縛っ  こと  はっきり 知っ て,恐れ  抱」き まし た。―使徒 22:25‐29

14 パウロ  ローマ   もと  市民       こと は,フィリピ   パウロ  対する 処遇   影響  与え まし た。(使徒 16:35‐40)エフェソス     記録  が,いきり立っ  群衆  なだめ  あと,ローマ   制度  言及    ます。(使徒 19:35‐41)カエサレア  パウロ  行なっ  法的  訴え は,カエサル    信仰  弁明 する ため    開き まし た。(使徒 25:8‐12)この よう に,ローマ   よっ  て「良い たより  擁護   法的  確立 する こと」が 可能  なり まし た。―フィリ 1:7

ユダヤ   離散

15. ユダヤ  共同   1 世紀 当時,どれ ほど 広い 範囲  散らばっ   まし  か。

15 ユダヤ   共同   ローマ 世界 全域  散らばっ  存在    まし た。それ  幾つ    で,1 世紀  クリスチャン  福音 宣明  行なう ため  助け  なっ   思わ  ます。その  世紀  前,ユダヤ   まず アッシリア   より,次い  バビロニア   より,流刑  され まし た。すでに 西暦  5 世紀  は,ペルシャ 帝国  127  管轄 地域  ユダヤ   共同   あり まし た。(エス 9:30)イエス  地上  おら   当時,ユダヤ   共同  は,エジプト など  アフリカ  幾つ   地域,ギリシャ,小 アジア,メソポタミア  あり まし た。ローマ 帝国  人口 6000万   うち,約 14   1   ユダヤ  だっ   言わ    ます。ユダヤ   移住   先々 に,自分 たち  宗教  携え  行き まし た。―マタ 23:15

16,17. (イ)多く   ユダヤ   ユダヤ   離散 から,どの よう     まし  か。(ロ)クリスチャン  ユダヤ   どんな 習慣  倣い まし  か。

16 ユダヤ   広い 範囲  離散      で,多く   ユダヤ   ヘブライ  聖書  精通 する よう  なり まし た。その 結果 彼ら は,唯一 まこと    おら れる こと,その   仕える  たち  倫理   道徳   高い 規準  固守 する こと,さらには,ヘブライ  聖書   メシア  関する 預言  数多く 含ま   いる こと  知り まし た。(ルカ 24:44)ユダヤ   クリスチャン も,ヘブライ  聖書  霊感  よる   言葉  ある こと  理解      で,パウロ  証言  際,心    向かう  たち  共通  土台  築く こと  でき まし た。それ  パウロ は,しばしば ユダヤ   会堂  行き,彼ら  聖書 から 論じ まし た。―使徒 17:1,2  読む。

17 ユダヤ   崇拝  方式  確立    まし た。定期   会堂  戸外  集会 場所  集まり,歌  歌い,祈り,聖書  討議  行ない まし た。クリスチャン  その 習慣  倣い まし た。今日  クリスチャン 会衆  同じ よう     ます。

  助け  あれ  可能

18,19. (イ)1 世紀  様々  状況  よっ て,どんな こと  可能  なり まし  か。(ロ)あなた  この 記事  学ん で,エホバ  つい  どう 思い まし  か。

18 これ まで 学ん    よう に,良い たより  宣べ伝える   成功  は,注目  べき 幾つ   状況  かかわっ   まし た。パックス  ロマーナ,旅行  しやすさ,ギリシャ 語,ローマ 法,ユダヤ   離散 など  より,イエス  弟子 たち は,神 から 与え られ  宣べ伝える   続行 でき   です。

19 その 400  ほど 前,ギリシャ  哲学  プラトン は,自著  登場 人物     こう 言わせ   ます。「我ら  宇宙  創造  また   見いだす   困難  あろ う。たとえ 実際  見いだし     も,あらゆる   その 創造   つい  語る   不可能  あろ う」。しかし,イエス  こう 言わ  まし た。「人   不可能   も,神  とっ   可能 です」。(ルカ 18:27)宇宙  創造  は,人々  ご自分  見いだし,ご自分  知る こと  願っ  おら  ます。さらに,イエス  追随  たち に,「すべて    人々  弟子 と(する)」こと  命じ られ まし た。(マタ 28:19)エホバ   助け  あれ ば,この 務め  果たす こと  可能 です。次  記事  は,その   今日 どの よう  行なわ   いる   調べ ましょ う。