内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2015年2月

 アーカイブ から

「極めて大切な時期」

「極めて大切な時期」

1870 年,米国 ペンシルバニア  ピッツバーグ(アレゲーニー)で  人数  グループ  聖書  研究  始め ます。チャールズ  テイズ  ラッセル  中心    この グループ は,キリスト  贖い  つい  調べ,それ  エホバ  目的  中心  なす こと  理解  まし た。贖い  よっ  救い    開か れる こと  知っ  彼ら は,大きな 感動  覚え ます。救い   は,イエス  つい  まだ 聞い  こと  ない 人々   開か   いる  です。その  人数  グループ  感謝  満たさ れ,毎年 イエス    記念 する   行なう よう  なり ます。―コリ 一 11:23‐26

ラッセル 兄弟 は,「シオン  ものみの塔」(英語)を 発行  始め ます。この 雑誌  贖い  教理 を,神    最大  表明    擁護  まし た。「ものみの塔」誌  キリスト    記念   時期 を「極めて 大切  時期」と 呼び,ピッツバーグ    場所  グループ  集まっ    祝う よう 読者  勧め まし た。また,「同じ 貴重  信仰  持つ 人々  2   3  しか  なく  も」,あるいは たとえ 1  だけ  あっ  も,彼ら は「主    交友」を 持つ だろ う,と 述べ まし た。

記念   出席 する ため ピッツバーグ  来る  たち は,年々 増え  ゆき まし た。招待   は,「皆さん  温かく お迎え  たい  思い ます」と 記さ    まし た。実際,地元  聖書 研究  たち は,霊的 兄弟 姉妹  ため  喜ん  自宅  開放 し,食事  提供  まし た。1886   は,記念   時期     の「総会」が 開か れる こと  なり,「ものみの塔」は,「主  兄弟 たち  真理  対する   あふれ   で,おいで ください」と 勧め まし た。

ロンドン  タバナクル  記念   表象   どんな 順番  回す   示し  

ピッツバーグ  聖書 研究  たち      間,贖い  信仰  持つ 記念   出席   ため  そう   大会  開き まし た。聖書 研究   増加  伴い,世界 各地  開か れる 記念   場所  増え,規模  大きく なっ  ゆき まし た。シカゴ  エクレシア(会衆)の レイ  ボップ は,1910 年代  振り返り,表象   回す    時間 かかっ た,と 語っ   ます。何百    出席   ほとんど  表象   あずかっ  から です。

どんな 表象   用い られ まし  か。「ものみの塔」は,イエス    晩さん    ぶどう   用い  こと  示し まし た。しかし,「肉  弱さ」を 持つ  たち  誘惑  なら ない よう,ぶどう ジュース  レーズン  煮汁  用いる よう 勧め    時期  あり ます。と  いえ,「発酵   ぶどう   用い られる べき だ」と 思う  たち  ため に,ぶどう   用意   まし た。後  聖書 研究  たち は,イエス    象徴   て,不純   入っ   ない  ぶどう   ふさわしい,と いう こと  理解  まし た。

ニカラグア  刑務  で,記念   出席    記録 する ため  監房 から 監房   回さ     鉛筆

イエス    記念  は,物事  真剣  熟考 する 機会   なり まし た。会衆  よっ  は,沈痛  雰囲気  なり,式  終わる  ほとんど  出席   無言  会場    する,と いう こと  あり まし た。しかし,1934  発行 の「エホバ」(英語)と いう  は,記念     は,イエス  苦しん  亡くなっ  こと を「悲しむ」の   なく,1914  以来,王    支配   いる こと を「喜ぶ」べき  ある,と 述べ まし た。

ロシア  モルドビア  労働 収容  で,記念   祝う ため  集まっ  兄弟 たち,1957 

1935 年,その   記念   影響  与える 一大 変化  生じ ます。啓示 7  9  の「大いなる 群衆」(「欽定 訳」[英語])つまり「大 群衆」の 実体  明らか  なっ   です。それ まで「大いなる 群衆」と は,あまり 熱心   ない 聖別    クリスチャン  ある,と 理解     まし た。しかし この 年,その 大きな 群衆 は,地上  楽園  生きる 見込み  持つ 忠実  崇拝  たち  ある こと  分かっ   です。この よう  理解  与え られ て,ラッセル  ポッゲンシー 兄弟  注意深い 自己 吟味  し,「エホバ    うち に,聖霊  よっ  天的  希望  生じ させ   おら  なかっ た」こと  認め まし た。ポッゲンシー 兄弟  含め,多く  忠節  人々 は,表象   あずかる   やめ まし  が,記念    引き続き 出席  まし た。

この「極めて 大切  時期」に は,特別  伝道 活動  行なわ れ,贖い  対する 感謝  表わす 良い 機会  なり まし た。1932  の「会報」(英語)は,「記念  クリスチャン」に なら ない よう に,と 勧め まし た。表象   あずかっ  も,「実際  働く 人」で  ない,つまり 真理  音信  宣べ伝え   ない   こと です。1934  の「会報」は,「補助 者」を 求める 呼びかけ  し,「記念    まで  1000   応じる だろ  か」と 述べ まし た。「通知」(英語)は 油そそが    たち  つい て,「彼ら  喜び は,王国  証し  加わる こと  よっ  初めて 満たさ れる」と  述べ   ます。やがて,地的  希望  持つ 人々 も,彼ら  同じ よう  経験  する こと  なり ます。 *

ハロルド  キング  独房   で,記念   つい       作っ 

エホバ   すべて  とっ て,記念    1   最も 神聖   です。難しい 状況  もと  も,記念   行ない ます。例えば,1930   パール  イングリッシュ    オラ  一緒 に,80   歩い  記念   出席  まし た。また,宣教   ハロルド  キング は,中国  刑務   独房  入れ られ    時,記念   つい       作り,クロスグリ      表象   用意  まし た。東 ヨーロッパ,中央 アメリカ,アフリカ など  勇敢  クリスチャン も,戦争  禁令      ず,イエス    記念  まし た。わたしたち  どこ    も,どんな 状況  置か     も,大切  記念   集まり,エホバ   イエス  キリスト  たたえ ます。

^ 10節 「会報」は「通知」と いう 名称  変わり まし た。現在 の「わたしたち  王国 宣教」に 当たり ます。