アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2015年2月

宣教への熱意を保ちましょう

宣教への熱意を保ちましょう

今日,良い たより  宣べ伝える  は,地上  行なわ   いる 最も 重要  活動 です。あなた も,エホバ        て,弟子  作る 活動  携わる こと  誇らしく 思う こと でしょ う。と  いえ,開拓   伝道  も,宣教   熱意  保つ   難しい  感じる こと  ある もの です。

宣教   熱意  保つ ため に,どんな こと  助け  なり ます 

会話 できる よう      なかなか 会え ない,と いう 問題  あり ます。実際,多く      留守 がち です。たとえ       も,無 関心 だっ たり 拒絶 反応  示し たり する こと  あり ます。一方,区域  広大  産出   ある ため に,業  成し遂げる   無理   ない   思う    ます。また,長い あいだ 伝道       終わり   ない  で,気落ち   いる   いる でしょ う。

エホバ    だれ  も,宣教   熱意  弱め させる 状況  直面 する こと  あり ます。この 世界 は「邪悪  者」悪魔 サタン  配下  ある  で,良い たより  宣べ伝える   容易  ない   当然 です。―ヨハ 一 5:19

良い たより  伝える   どんな 難しさ  感じる    も,エホバ  それ  乗り越え られる よう 助け  ください ます。では,どう すれ  宣教   熱意  高める こと  でき ます か。幾つ   方法  考え ましょ う。

経験  浅い 奉仕   助ける

毎年,何十万      バプテスマ  受け  エホバ  証人  なっ   ます。あなた  最近,バプテスマ  受け   です か。そう  あれ ば,長く 伝道  携わっ  いる 奉仕  から  援助 を,うれしく 思う  違いあり ませ ん。一方,長い 経験  持つ   あれ ば,新しい 奉仕   進歩  助ける こと から 喜び   られ ます。

イエス は,弟子 たち  効果   福音 宣明   なる  ため  導き  必要    いる こと  ご存じ でし た。それで,どの よう  宣べ伝え たら よい か,実際  行なっ  みせ まし た。(ルカ 8:1)今日 も,効果   奉仕   なる   訓練  必要 です。

伝道  参加   いれ  教える 技術  自然    着く,と 考え   なり ませ ん。思いやり  ある 親切  奉仕  が,個人   援助  与える 必要  あり ます。経験  浅い 奉仕   助ける ため に,次  事柄  どの よう  行なえる   教える こと  でき ます。(1)証言  準備  練習,(2)家    通行   会話 する,(3)出版   配布 する,(4)再 訪問,(5)聖書 研究  取り決める。新しい 奉仕  が,経験 ある 奉仕   よく 観察   その 方法  倣う なら,技術  向上  ます。(ルカ 6:40)新しい 奉仕  は,助け  必要      聞い  援助   くれる   いる こと  感謝 する でしょ う。また,褒め言葉  実際   提案 から     ます。―伝 4:9,10

一緒  働く 奉仕   会話 する

  は,家    会話  よう  努力    なかなか 会話 でき ず,一緒  働い  奉仕    会話  一番 楽しかっ た,と いう こと  あり ます。イエス  弟子 たち を「二  ずつ」伝道  遣わし まし た。(ルカ 10:1)弟子 たち  一緒  働く こと  より,励まし合い,互い  元気づける こと  でき まし た。ですから,野外 奉仕  兄弟 姉妹  働く  は,「相互  励まし合う」良い 機会  なり ます。―ロマ 1:12

一緒  働く 奉仕   どんな こと  話せる でしょ  か。最近,励み  なる 経験   まし  か。個人 研究  家族 研究 で,興味深い 発見  あり まし  か。集会  聞い  どんな 事柄  励まさ  まし  か。あまり 一緒  働い  こと  ない 奉仕   組ん  場合 は,真理  どの よう    知っ   か,この 組織  エホバ  組織   確信     なぜか,これ まで どんな 奉仕  特権  楽しん       尋ねる こと  でき ます。自分 自身  経験  話す   よい でしょ う。家    反応  どの よう  もの  あっ  も,だれ   一緒  働く こと は「互い  築き上げる」良い 機会  なり ます。―テサ 一 5:11

良い 研究  習慣  守る

宣教   熱意  保つ うえ で,良い 研究  習慣  確立   守る こと  不可欠 です。「忠実  思慮深い 奴隷」  備える 出版  は,幅広い 論題  取り上げ   ます。(マタ 24:45)ですから,個人 研究  テーマ  できる 事柄  数多く あり ます。例えば,王国  宣べ伝える   非常  重要    なぜか,と いう   考え   ましょ う。囲み 記事  は,その 理由  幾つ  記さ    ます。

囲み 記事  挙げ られ  いる 理由  考える なら,熱心  宣べ伝え 続け たい  いう 意欲  強まる でしょ う。ほか  どんな 理由  ある か,個人 研究    調べ  みる   いかが です か。宣べ伝える べき 理由  その 根拠  なる 聖句  つい て,ぜひ 黙想   ください。そうすれば,宣教   熱意  高まる  違いあり ませ ん。

提案  進ん  当てはめる

エホバ  組織  いつも,宣教    高める ため  提案  与え   ます。家 から   奉仕  加え て,手紙  電話  よる 証言,街路 証言    証言,非 公式  証言,ビジネス    奉仕 など  行なえ ます。また,事情  調整  て,あまり 奉仕     ない 区域  働く こと  でき ます。

あなた  こう   提案  進ん  受け入れ,当てはめ   ます か。その よう    良い 結果      たくさん あり ます。3     ご紹介  ましょ う。

最初   は,聖書 研究  始める 方法  関する もの です。エイプリル  いう 姉妹 は,「王国 宣教」の 提案  当てはめ,同僚 3   研究  勧め まし た。3  全員  研究  応じ,集会   出席  始め   で,姉妹  驚き,大きな 喜び  味わい まし た。

   は,雑誌  配布  関する もの です。米国  ある 巡回 監督 は,特定  記事  興味  持ち そう    探す よう   いう 提案  当てはめ,タイヤ  関する「目ざめよ!」  記事  ある 地域  タイヤ 販売  すべて  店長  紹介  まし た。また,妻    巡回    100 以上  診療   訪ね,「医師  立場  理解 する」と いう 特集 記事  紹介  まし た。どんな 結果  なっ  でしょ  か。こう 語っ   ます。「エホバ  証人  つい  説明 し,出版   紹介 する 良い 機会  なり まし た。診療   医師 たち  親しく なり,会話  弾む よう  なり まし た」。

3     は,電話 証言  関する もの です。ジュディー  いう 姉妹  本部  手紙  寄せ,電話 証言  行なう よう   いう 励まし  対する 感謝  述べ   ます。姉妹  86   母親 は,健康   様々  問題  ある もの の,電話 証言  いう 神聖  奉仕  定期   携わり,92   女性   研究  電話  行なう 大きな 喜び  経験    ます。

証言 方法  関する 出版    提案 は,確か  役立ち ます。ぜひ 提案  当てはめ ましょ う。そうすれば,宣教  喜び  熱意  保つ こと  でき ます。

現実   目標  持つ

宣べ伝える   成功 は,配布   出版     聖書 研究  数,エホバ  証人  なる よう 援助      など  よっ  決まる わけ   あり ませ ん。ノア  つい  考え    ください。ノア  エホバ  崇拝   なる よう,家族 以外  だれ   援助 でき まし  か。いいえ,でき ませ  でし た。しかし,伝道     確か  成功  まし た。大切   は,エホバ  忠実  仕える こと   です。―コリ 一 4:2

宣べ伝える    意欲  高める ため   現実   目標  持つ 必要  ある,と 考える 奉仕   少なく あり ませ ん。どんな 目標  持てる でしょ  か。囲み 記事  は,幾つ     挙げ られ   ます。

エホバ  助け  求め つつ,報い  多い 産出   奉仕  行なう ため  方法  探し ましょ う。目標  果たす なら,達成   感じ ます。そして,良い たより  伝える ため  できる 限り  こと   た,と いう 満足   味わえる でしょ う。

確か に,良い たより  宣べ伝える こと   難しさ  ある でしょ う。しかし,宣教   熱意  保つ ため  できる こと  たくさん あり ます。一緒  働く 奉仕   相互  励まし合い,良い 研究  習慣  確立   守り,忠実  奴隷  提案  当てはめ,現実   目標  持っ  ください。そして,次  こと  忘れ ない  ください。神  証人       良い たより  宣明 する こと は,神  あなた  与え  くださっ  貴重  特権   です。(イザ 43:10)宣教   熱意  保ち 続ける なら,素晴らしい 喜び  経験 できる こと でしょ う。