内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2014年12月

自分の見方を変える ― 良いこと? 悪いこと?

自分の見方を変える ― 良いこと? 悪いこと?

若い クリスチャン  グループ  映画    行く こと   まし た。学校  友達  口々 に,すごく 良かっ た,と 言っ    映画 です。ところ  実際  映画   行く と,ポスター   恐ろしい 武器 と,肌  露出   女性  描か    ます。彼ら  どう する でしょ  か。中  入っ  ともかく 映画  見る でしょ  か。

この 状況  1     過ぎ ませ ん。わたしたち    も,自分  霊性  エホバ   関係  影響  与える よう  決定  迫ら  ます。ある こと  する つもり だっ   に,状況  見直し て,見方  変える 場合  ある でしょ う。それ  意志  弱い  いう こと です か。そう する   正しい 場合  あり ます か。

見方  変える ― 間違っ  いる 場合

わたしたち  エホバ  愛する ゆえに エホバ  献身 し,バプテスマ  受け まし た。神   忠実  保つ こと   から 願っ   ます。しかし,敵  ある 悪魔 サタン は,何     忠誠  打ち砕こ    ます。(啓 12:17)わたしたち  エホバ  仕え  その おきて  守る こと  決め まし た。エホバ   献身  関し  自分  見方  変え  しまう  は,非常  残念  こと です。命  失う こと  なり かね ない から です。

 から 2,600  余り   こと,バビロン   ネブカドネザル  巨大      立て,ひれ伏し  それ  崇拝 する よう すべて    命じ まし た。そう  ない   皆,火  燃える   投げ込ま れる,と いう  です。エホバ  崇拝  シャデラク,メシャク,アベデネゴ  3   その 命令  従わ なかっ  ため,火  燃える   投げ込ま  ます。たとえ   失う こと  なっ  も,神  仕える 決意  曲げる つもり  あり ませ  でし た。結果   3    エホバ  より 奇跡   救出   ます。―ダニ 3:1‐27

  預言  ダニエル は,ライオン    投げ込む  脅さ   も,祈る こと  やめ ませ  でし た。日  3  エホバ  祈る 習慣  固く 守り まし た。ダニエル は,まこと    崇拝 する 決意  変え なかっ   です。その 結果,「ライオン   から」救い出さ  まし た。―ダニ 6:1‐27

現代     たち も,神   献身  ふさわしい 生き方     ます。アフリカ  ある 学校  エホバ  証人  子ども たち が,国家  象徴  崇拝 する    参加  拒ん  ところ,他  生徒 たち  同じ よう    参加  なけれ  放校 処分  する,と 脅さ  まし た。しばらく  て,教育 大臣  その   訪れ,エホバ  証人  生徒 たち  話し  際,それら 若い 証人 たち  自分 たち  立場  丁寧 に,そして 勇敢  説明  まし た。それ 以来,問題  生じ   ませ ん。エホバ   関係  打ち砕こ   する 圧力  受け  に,学校  通っ   ます。

ジョセフ  こと  考え   ましょ う。この     がん  冒さ れ,急死   しまい ます。ジョセフ  家族  葬儀  関する ジョセフ  意向  理解 し,尊重   くれ まし  が,妻  家族  真理  うち  おら ず,埋葬  関する 習慣  従う こと  希望  まし た。その   は,神  不興  買う 儀式  含ま    まし た。ジョセフ  こう 言い ます。「わたし  信念  曲げ よう   なかっ   で,親族  子ども たち  働きかけ まし た。しかし,子ども たち  負け ませ  でし た。親族 は,習慣 どおり わたし     通夜  行なお    まし  が,わたし は,どうして  通夜  行ない たけれ     でし  ほしい,と 言い まし た。親族  通夜  わたし  信念     信念   異なる こと  知り,いろいろ 話し合っ て,別  場所  行なう こと   まし た。

「わたし      伴う この 困難  時期,家族    律法  破ら ない よう,助け  祈願  まし た。エホバ  祈り  聞い  くださり,圧力  面し   堅く 立てる よう 助け  ください まし た」。ジョセフ  子ども たち  とっ て,崇拝  関する 自分  見方  変える  いう 選択   あり ませ  でし た。

見方  変える ― そうして  よい 場合

西暦 32   過ぎ越し  少し 後,シドン 地方  スロフェニキア   女性  イエス  キリスト  近づき,自分   から 悪霊  追い出し  ほしい,と しきり  願い求め まし た。最初 イエス  一言  答え ず,弟子 たち に,「わたし は,イスラエル    失わ     ほか  だれ  ところ   遣わさ  ませ  でし た」と 言い まし た。それでも 女性  熱心  求め    イエス は,「子供 たち  パン  取っ  小犬  投げ与える   正しく あり ませ ん」と 述べ ます。しかし 女性  大きな 信仰  示し,こう 答え ます。「そう です,主 よ。けれど,小犬  自分  主人 たち  食卓 から 落ちる パン くず  食べる   ござい ます」。イエス  女性  求め  応じ,娘  いやし まし た。―マタ 15:21‐28

イエス は,一度 決め  こと   状況  許せ  進ん  それ  変え まし た。エホバ  倣っ     です。エホバ は,金  子牛  作っ  イスラエル   滅ぼし絶やそ   思い まし  が,その 決定  考え直し  ほしい  モーセ から 懇願  れ,気持ち  変え まし た。―出 32:7‐14

使徒 パウロ  エホバ  イエス  倣い まし た。パウロ   時期,ヨハネ  マルコ  宣教 旅行  連れ  ゆく   ふさわしく ない,と 感じ まし た。第 1  宣教 旅行    マルコ  パウロ  バルナバ  見捨て  帰っ  しまっ  から です。しかし  に,マルコ  意欲  認め,自分  とっ  有用  人材  なる  考え  よう です。それ  テモテ に,「マルコ  連れ  一緒    ください。彼  奉仕  ため  わたし  助け  なる から です」と 述べ   ます。―テモ 二 4:11

 わたしたち  どう です か。愛  憐れみ  富み,辛抱強い     倣い,考え  変え  ほう  よい  思う こと  ある でしょ う。例えば,他    対する 見方  そう です。わたしたち  エホバ  イエス  違い,不 完全 です。お二方  進ん  考え  変える   あれ ば,わたしたち      様々  事情  考慮  入れ,見方  変える 必要  ある    ない でしょ  か。

神権   目標  関する 見方  そう です。しばらく 聖書  学び,集会  出席     も,バプテスマ  先延ばし  する  たち   ます。宣教  拡大 できる 状況  いる  に,開拓 奉仕  始める こと  ためらう 兄弟 たち   ます。会衆   責任  とらえる こと  積極    ない よう  見える 兄弟 たち   ます。(テモ 一 3:1)あなた  そう です か。エホバ は,そう   特権  得る よう あなた  招い  おら  ます。では,自分  考え方  変え,神     たち  自分  与える 喜び  味わっ     どう でしょ  か。

見方  変える なら 祝福  もたらさ れる

アフリカ  ある 支部  奉仕   いる エラ  いう 姉妹 は,そこ   奉仕  つい て,こう 述べ   ます。「ベテル  初めて    は,ここ  長く いら れる だろ  か,と 思い まし た。魂  こめ  エホバ  仕え たい  思っ   まし  が,家族  こと  大好き で,当初  ひどい ホームシック  かかり まし た。それでも,ルームメート  励まし  くれ   で,とどまる こと   まし た。10   過ぎ   は,ベテル 奉仕  できる だけ 長く 続け て,兄弟 姉妹 たち  お仕え  たい  思っ   ます」。

見方  変える ― そう  べき 場合

  ねたみ,怒り  燃え  カイン  どう なっ  か,覚え   ます か。神 は,不機嫌  なっ  カイン   対し,もし 善い こと  行なう よう  なれ  再び 恵み   られる,と 告げ,「入口  うずくまっ て」いる   制する よう,警告  ます。カイン  自分  態度  見方  変える こと  でき  はず です が,神  警告  無視  ます。そして   殺し,人類     殺人   なっ  しまい ます。―創 4:2‐8

見方  変え   たら,カイン  どう なっ  だろ  

ウジヤ     考え   ましょ う。この   最初,エホバ    正しい こと  行ない,絶え    求め まし た。ところ  残念  こと に,ごう慢  なっ  良い 記録  台なし    しまい ます。祭司   なかっ    神殿  入っ    ささげ よう     です。せん越  こと   ない よう 祭司 たち から 警告  受け  ウジヤ は,見方  変え  でしょ  か。変え ませ  でし た。「激怒 し」て 警告  無視  まし た。その 結果,エホバ から,らい病  打た   しまい ます。― 二 26:3‐5,16‐20

そう です,何     自分  見方  変える べき   ある  です。現代    1  取り上げ ましょ う。ジョアキム  いう 兄弟  1955   バプテスマ  受け まし  が,1978   排斥   まし た。20  余り  歳月  経て 悔い改め,復帰  まし た。最近,ある 長老 から,復帰 願い  出す まで  長い 時間  かかっ  理由  尋ね られ,こう 答え まし た。「わたし  腹立たしく 思っ  おり,しかも 高慢 でし た。早く 行動  なかっ  こと を,本当  後悔    ます。排斥       も,わたし  エホバ  証人  真理  教え  いる  思っ   まし た」。ジョアキム は,自分  態度  変え  悔い改める 必要  あり まし た。

わたしたち も,自分  見方  歩み方  変え なけれ  なら ない  思う こと  あり ます。その よう  とき  は,エホバ  喜ば れる   なる ため に,進ん  自分  変える こと   ましょ う。―詩 34:8