内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年12月

読者からの質問

読者からの質問

ラケル  その    こと  泣い  いる,と いう エレミヤ  言葉  は,どんな 意味  あり ます か。

エレミヤ 31  15   は,こう あり ます。「エホバ  この よう  言わ  た。『ラマ    聞こえる。嘆き  悲痛  泣き声 が。ラケル  その    こと  泣い  いる。彼女  その    つい  慰め られる こと  拒ん だ。彼ら  もう  ない から  ある』」。

ラケル  2   息子  死ん   は,ラケル  亡くなっ  あと です。その ため,ラケル  死後 1,000  以上 たっ  から エレミヤ  記し  この 言葉 は,不 正確  思える   しれ ませ ん。

ラケル  長子  ヨセフ です。(創 30:22‐24)後  もう 1   息子  生まれ,ベニヤミン  名付け られ ます。しかし ラケル は,その 出産    亡くなり まし た。ですから,ラケル が「もう  ない」子   こと  泣い  いる,と エレミヤ 31  15   記さ   いる   なぜか,と いう 疑問  生じ ます。

長子 ヨセフ  マナセ  エフライム    なり ます。(創 41:50‐52; 48:13‐20)後  エフライム     イスラエル 王国  おける 最も 有力  影響   ある 部族  なり,エフライム     部族 全体  表わす よう  なり ます。一方,ラケル  2    息子 ベニヤミン から   部族 は,ユダ      王国  構成 する よう  なり ます。ですから,ラケル  ある 意味 で,北 王国   王国 から 成る イスラエル  母親 全体  象徴  あっ た,と 言え ます。

エレミヤ   記さ    まで に,北   部族 王国  すでに アッシリア     落ち,北 王国    多く  捕虜    連れ去ら    まし た。しかし,エフライム  子孫    は,ユダ  領土  逃げ   たち    よう です。西暦  607 年,バビロニア     ユダ   部族 王国  征服  ます。その  に,多く  捕虜  エルサレム    8   場所  ある ラマ  集め られ  よう です。(エレ 40:1)捕虜    は,ラケル  埋葬    ベニヤミン  領地  あっ  ラマ  殺害     たち      しれ ませ ん。(サム 一 10:2)ですから,ラケル  その    こと  泣い  いる  いう 言葉 は,ベニヤミン  全体,あるいは 特に ラマ  住ん    ベニヤミン     嘆い  いる,と いう 意味   しれ ませ ん。もう 1   可能  は,神      母親 すべて が,イスラエル    流刑  つい  泣い  いる,と いう こと です。

いずれ    も,ラケル  その    こと  泣い  いる  いう エレミヤ  言葉 は,数 世紀   幼子 イエス    危険  さらさ     出来事  預言   表わし   まし た。ヘロデ  は,エルサレム    ある ベツレヘム  2  以下      皆殺し  する よう 命令  ます。息子  殺さ  て「もう  ない」ため  泣き叫ん  いる 母親 たち  悲痛    想像   ください。その 泣き声 は,あたかも エルサレム    ラマ まで 聞こえる   よう でし た。―マタ 2:16‐18

 いう わけ で,ラケル  その    こと  泣い  いる,と いう 言葉 は,エレミヤ  時代  イエス  時代 も,子ども  殺さ   ユダヤ   母親  悲しみ  表わす   適切  表現 でし た。もちろん,死  いう「敵  地」に 行っ   たち は,死者  復活 する 時,敵   捕らわれ から 帰っ  来る こと  できる でしょ う。―エレ 31:16。コリ 一 15:26