内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2014年11月

読者からの質問

読者からの質問

会衆  長老  奉仕    任命 は,どの よう  行なわ  ます か。

西暦 1 世紀  使徒 パウロ は,エフェソス 会衆  長老 たち に,こう 述べ まし た。「あなた方 自身  群れ  すべて  注意  払い なさい。神  ご自身  み子    もっ  買い取ら     会衆  牧さ せる ため,聖霊  あなた方  その 群れ    監督    任命    です」。(使徒 20:28)では 今日,聖霊  長老  奉仕    任命  おい て,どんな 役割  果たし   ます か。

   聖霊 は,長老  奉仕    資格  つい  記す よう 聖書 筆者  動かし まし た。長老  対する 要求 は,テモテ  一 3  1‐7   16 記さ   おり,テトス 1  5‐9   ヤコブ 3  17,18   いっ  聖句   幾つ  含ま    ます。奉仕    資格 は,テモテ  一 3  8‐10,12,13   示さ    ます。第  に,推薦  任命  行なう  たち は,対象  なる 兄弟 が,道理  かなっ  範囲  聖書   要求  満たし  いる  どう   検討 する 際,聖霊  導き  特に 祈り 求め ます。第  に,推薦  れる 兄弟 は,生活    聖霊    表わし  いる 必要  あり ます。(ガラ 5:22,23)この よう     は,任命  過程 全体  関係    ます。

では,実際   だれ  任命  行なう  でしょ  か。これ まで  方法  こう でし た。長老  奉仕    任命  関係   推薦  すべて,地元  支部 事務   送ら れ,統治   よっ  任命    兄弟 たち  推薦  検討 し,任命  適宜 行ない ます。次い  支部 事務  は,その 任命  つい  長老   知らせ ます。それ から 長老 たち は,新た  任命    こと  当人  伝え,その 割り当て  進ん  受け入れる 気持ち  ある  どう か,また 実際  任命  受ける 資格  ある  思う  どう   尋ね ます。その 後,会衆  任命  発表  行なわ  まし た。

その よう  任命 は,1 世紀   どの よう  行なわ    でしょ  か。やもめ たち   ごと  食物  分配 する ため,使徒 たち  7   男子  任命  た,と いう 記録  あり ます。(使徒 6:1‐6)しかし,それら  男子  この 割り当て  受ける  に,すでに 長老    奉仕     よう です。

当時  任命  どの よう  行なわ     つい て,聖書  詳しく 述べ   ませ  が,それ  知る 手がかり   あり ます。聖書  は,パウロ  バルナバ   1  宣教 旅行 から 帰る 途中,「会衆 ごと  年長  たち  任命 し,断食    祈り  ささげ,彼ら  その 信ずる エホバ  ゆだね た」と 記さ    ます。(使徒 14:23)その    後,パウロ  旅行 仲間  テトス  こう 書き送り まし た。「わたし  この 理由  あなた  クレタ  残し まし た。すなわち,わたし  命じ  とおり,あなた  不備    正し,都市 ごと  年長  たち  任命 する ため です」。(テト 1:5)使徒 パウロ  一緒  広範  地域  旅行   テモテ  も,それ  同様  権威  与え られ    よう です。(テモ 一 5:22)ですから,これら  場合,任命  エルサレム  いる 使徒  年長  たち   なく,旅行 する 監督 たち  よっ  行なわ     こと  明らか です。

エホバ  証人  統治   上記  聖書   先例  倣い,長老  奉仕    任命 手順  調整  加え まし た。2014  9  1  以降,任命    よう  行なわ    ます。巡回 監督 は,巡回    なさ   推薦  注意深く 検討  ます。会衆  訪問 する 際,もし 可能  あれ ば,推薦    いる 兄弟  宣教  一緒  働き,その 兄弟  知る よう   ます。巡回 監督 は,地元  長老     推薦  つい  話し合っ  後,巡回     会衆  長老  奉仕    任命 する 責任  負っ   ます。これ は,1 世紀    いっそう 倣っ  手順  言え ます。

長老 たち  巡回 監督   に,ある 兄弟  聖書   資格  つい  話し合っ  いる(マラウイ)

この 任命  過程   様々  役割  関係    ます。だれ  どんな 役割  果たし ます か。これ まで  同様,「忠実  思慮深い 奴隷」は,召使い たち  養う 主要  責任  負っ   ます。(マタ 24:45‐47)その 責任  は,聖霊  助け    聖書  調査 し,世界   会衆  組織 する 方法  関係   聖書  原則  適用  仕方  指示 する こと  含ま    ます。また,忠実  奴隷 は,巡回 監督 すべて  支部 委員   成員 すべて  任命  行ない ます。そして,各 支部 事務  は,与え られ  指示  実行 する ため  実際   援助  与え ます。さらに,各 会衆  長老   は,神  会衆  任命  れる 兄弟 たち  推薦 する 際,その 兄弟 たち  聖書   資格  十分  検討 する 重要  務め  あり ます。巡回 監督 各自  は,長老 たち  行なっ  推薦  注意深く 祈り  うち  吟味 し,資格  満たす 男子  任命 する,と いう 重い 責任  あり ます。

任命  どの よう  行なわ れる   理解 する と,この 過程  おける 聖霊  役割  いっそう はっきり 分かり ます。そして,クリスチャン 会衆  任命    兄弟 たち  対する 信頼  敬意  いっそう 深く なり ます。―ヘブ 13:7,17

 啓示 11     くる 2   証人   だれ  こと です か。

啓示 11  3  は,2   証人  1,260   あいだ 預言 する  述べ   ます。続く 記述  よれ ば,野獣 が「彼ら  征服   殺(し)」ます。しかし,「三    後」,それら 2   証人  生き返り,見  いる  たち すべて  大いに 驚か  ます。―啓 11:7,11

2   証人   だれ でしょ  か。この 記述  詳しく 見る  答え  分かり ます。まず 注目  たい    て,それら  証人 は「二   オリーブ  木,また 二つ  燭台  よっ  象徴   て」いる,と 記さ    ます。(啓 11:4)この 言葉  思い起こさ れる  は,ゼカリヤ  預言  描か   いる 燭台  2   オリーブ   です。それら  オリーブ   は,「全地    傍ら  立つ    油そそが    たち  ある」と 記さ    ます。総督 ゼルバベル   祭司 ヨシュア  こと です。(ゼカ 4:1‐3,14)次  注目  たい  は,2   証人 は,モーセ  エリヤ  行なっ  よう  しるし  行なう,と 説明    いる こと です。―啓示 11  5,6  を,民数記 16  1‐7 節,28‐35 ,および 列王  一 17  1 節,18  41‐45   比較。

「啓示」の   聖句  ゼカリヤ   聖句  共通   いる    でしょ  か。どちら も,試練  時期  指導    当たっ   た,  油そそが    たち  言及   いる,と いう こと です。ですから,啓示 11   成就  おい て,神  王国  1914     設立    当時,「粗布   て」3    あいだ 宣べ伝え   は,指導    当たっ    油そそが   兄弟 たち  ある,と いう こと  なり ます。

粗布    宣べ伝え  期間  終わっ  後,それら 油そそが    たち  象徴   3    あいだ,つまり 粗布    宣べ伝え  期間 より  短い あいだ 投獄 され,象徴   意味  殺さ  まし た。神        彼ら    いわば 殺さ れ,それら  たち  大いに 喜び まし た。―啓 11:8‐10

しかし 預言 どおり,2   証人  3    後,生き返り ます。それら 油そそが    たち  刑務  から 釈放    だけ   あり ませ ん。忠実  保っ   たち は,主 イエス  キリスト  通し   から 特別  任命  受け   です。彼ら は,「忠実  思慮深い 奴隷」と   奉仕 する よう 1919   任命     たち    含ま    まし た。終わり    期間 中,神    霊的  必要  満たす ため です。―マタ 24:45‐47。啓 11:11,12

興味深い こと  啓示 11  1,2  は,それら  出来事 を,霊的 神殿  測ら れる,つまり 評価  れる   結び付け   ます。マラキ 3  は,霊的 神殿  そう   検分 と,その   清め    つい  述べ   ます。(マラ 3:1‐4)この 検分  清め    どれ ほど  期間 続い  でしょ  か。1914  から 1919   初め ごろ まで です。この 期間  は,啓示 11   言及    いる 1,260 日(42 か月)と 象徴   3    両方  含ま  ます。

エホバ が,この 霊的  精錬    取り決め,りっぱ    ため  特別    清め  くださっ   は,何  喜ばしい こと でしょ う。(テト 2:14)また,試練  時期  指導    当たっ て,象徴   2   証人    奉仕   忠実  油そそが    たち  手本 に,本当  感謝 でき ます。 *