アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年11月

 アーカイブ から

「日出ずる処」と呼ばれた国の夜明け

東京  使わ   講演   宣伝 ビラ。大阪   ビラ  飛行   散布   

1926  9  6 日,米国 在住  日本   巡礼 者(旅行 する 監督)が 宣教     日本  赴き ます。彼  出迎え   は,日本  唯一 の「ものみの塔」予約 購読  でし た。この   神戸  聖書 研究    作っ   まし た。1927  1  2 日,聖書 研究  たち  神戸 で,最初  大会  開き ます。出席   36 人,バプテスマ  受け    8  でし た。スタート  順調 でし た。しかし この よう   人数 で,聖書  真理    必要  する 6,000万   日本  に,どの よう  真理  伝える こと  できる  でしょ  か。

1927  5 月,進取  気性  富む 聖書 研究  たち は,一連  聖書 講演   宣伝 活動  取りかかり ます。大阪   最初  講演   備え て,市内  各所  広告 宣伝  立て看板  設置  たり ポスター  貼っ たり し,著名   3,000   招待   郵送  まし た。配布   宣伝 ビラ  15万   上り ます。大阪  複数  主要 新聞  広告  掲載 し,電車  切符 40万   宣伝  印刷  まし た。講演  当日  は,飛行  2     上空 から 10万   宣伝 ビラ  散布  まし た。「神       り」と いう 講演  行なわ   大阪  朝日 会館 は,約 2,300   聴衆  埋め尽くさ れ,入場 でき   帰っ   たち  1,000    まし た。閉会    600  以上  残り まし た。質疑 応答  行なう ため です。それ から  か月 間,京都 など 西 日本  幾つ   都市  公開 聖書 講演   開か  まし た。

1927  10 月,聖書 研究  たち  東京   講演   計画  ます。この  も,総理 大臣,国会 議員,宗教 家,軍 首脳 など  だっ   たち  招待   送ら  まし た。ポスター,新聞 広告,71万   宣伝 ビラ  用い られ,首都 東京   3   講演   合計 4,800   出席  まし た。

意欲  燃える コルポーター

三浦 勝夫,はぎの

王国  音信  戸別  伝える 活動  重要  役割  果たし   は,コルポーター(開拓 者)たち です。日本   初期  コルポーター 石井 マツエ は,夫  治三   に,札幌,仙台,東京,横浜,名古屋,大阪,京都,岡山,徳島 など,日本  4   3  当たる 区域  奉仕  まし た。石井 姉妹  年配  田中 咲子 姉妹 は,紋付き  羽織   て,政府 高官  訪問 する こと   まし た。高官  1  は,刑務   図書   蔵書   て,「神  立琴」と「神  救い」の   300 セット 注文  まし た。

三浦 勝夫    はぎの は,石井 姉妹 から       受け取り,真理   すぐ  悟り ます。2   1931   バプテスマ  受ける と,コルポーター  なり まし た。山田  春一  タネ,また 大勢  親族 は,1930  以前  王国  音信  受け入れ まし た。山田 兄弟 姉妹  コルポーター  奉仕  始め,娘  幸子  東京  ベテル  奉仕  まし た。

 エヒウ   エヒウ

 エヒウ    開拓  6   寝泊まり でき 

当時 は,自動   非常  高価  うえ  道路  悪かっ   で,箕浦 和己 など     若い コルポーター は,荷車  移動  住宅  改造   使い まし た。その 乗り物 は,兵車  熱心  駆っ    こと  有名  イスラエル   エヒウ  ちなん で,エヒウ   呼ば  まし た。( 二 10:15,16)エヒウ    大小 2   種類  あり まし た。大 エヒウ    1.9 ㍍,長さ 2.2 ㍍,高さ 1.9   3  あり,6   開拓   寝泊まり でき まし た。2     エヒウ   11  あり,自転   引く タイプ  荷車 で,ベテル  作ら  まし た。エヒウ   製作  手伝っ  岩崎 喜一  こう 語り ます。「エヒウ    テント  装備     て,自動   バッテリー  電灯  つき まし た」。コルポーター たち は,エヒウ   押し たり 引い たり  ながら,山  越え   越え,北  北海道 から   九州 まで 全国 各地  真理    照らし まし た。

2     エヒウ 

コルポーター  太田 幾松  こう 語っ   ます。「町  着く と,川  土手  原っぱ  エヒウ   止め ます。まず 市長 など  だっ    訪問   から,一般    お宅  訪ね  文書  紹介  まし た。区域  回り 終える と,次    行き まし た」。

神戸  聖書 研究  36   最初  大会  開い   は,「小さな   日」でし た。(ゼカ 4:10)それ から わずか 5    1932 年,日本   コルポーター  含め 103   伝道   おり,1万4,000  以上    配布    報告     ます。現在,日本   都市  は,よく 組織      証言  行なわ   おり,22万  近く  伝道  が,「日  ずる 処」と 呼ば     各地  真理    照らし   ます。―日本  アーカイブ から。

ベテル  エヒウ   製作   岩崎 喜一  スケッチ