アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年11月

「あなた方は……今は神の民である」

「あなた方は……今は神の民である」

「あなた方  かつて     あり ませ  でし  が,今      ある から です」。―ペテ 一 2:10

1,2. 西暦 33   ペンテコステ    どんな 変化  生じ まし  か。どんな  たち  エホバ  新しい   一員  なり まし  か。(冒頭  挿絵  参照。)

西暦 33   ペンテコステ   は,エホバ  地上    歴史  おける 節目  なり まし た。劇的  変化  生じ   です。この 日,エホバ  ご自分    より,新しい 国民  ある 霊的 イスラエル,つまり「神  イスラエル」を 生み出し まし た。(ガラ 6:16)神    アブラハム  時代 以来,男子    割礼  よっ  見分け られ   まし  が,この    に,それ  変わり まし た。パウロ  新しい 国民  一人一人  つい て,「その   割礼    よる   割礼 で(す)」と 書い   ます。―ロマ 2:29

2 最初    新しい 国民  なっ   は,エルサレム  階上    集まっ   た,使徒 たち  キリスト    弟子 たち 100  余り でし た。(使徒 1:12‐15)彼ら    よっ  聖霊  そそが れ,霊  よっ  生み出さ       なり まし た。(ロマ 8:15,16。コリ 二 1:21)これ  より,新しい 契約  発効   こと  証明   まし た。キリスト  仲介   し,その   よっ  有効  なっ  契約 です。(ルカ 22:20。ヘブライ 9:15  読む。)こう   それら  弟子 たち は,エホバ  新しい 国民 つまり 新しい   成員  なり まし た。その 時,エルサレム  は,ユダヤ       祭り つまり ペンテコステ  祝う ため,ローマ 帝国 各地 から ユダヤ   改宗      まし た。油そそが   弟子 たち  聖霊  より,それら  人々  理解 できる 様々  言語 で,「神  壮大  事柄」に つい  宣べ伝える こと  でき まし た。―使徒 2:1‐11

  新しい 

3‐5. (イ)ペテロ  ペンテコステ    ユダヤ   対し    言い まし  か。(ロ)エホバ  新しい 国民  誕生   後,どんな 経過  経て 増加   ゆき まし  か。

3 エホバ  おもに 使徒 ペテロ  用い て,ユダヤ   改宗   この 新しい 国民 つまり クリスチャン 会衆  成員  なる ため    開か  まし た。ペンテコステ    ペテロ  ユダヤ   対し て,彼ら が「杭  打ち付け」た イエス  受け入れ なけれ  なら ない,と 大胆  語り ます。イエス は「神 が……主  も,キリスト   され た」方  から です。ペテロ  群衆 から,自分 たち  どう  たら よい  か,と 尋ね られ,こう 答え ます。「悔い改め なさい。そして あなた方 ひとりひとり は,罪  許し  ため  イエス  キリスト    おい  バプテスマ  受け なさい。そうすれば,無償  賜物    聖霊  受ける でしょ う」。(使徒 2:22,23,36‐38)その 日,およそ 3,000   新しい 国民  ある 霊的 イスラエル  加え られ まし た。(使徒 2:41)その  も,使徒 たち  熱心  伝道 活動  多く    結び 続け ます。(使徒 6:7)こう  て,新しい 国民  増加   ゆき ます。

4 やがて,その 伝道 活動  サマリア    及び,良い 成果   ます。多く  人々  福音 宣明  フィリポ  よっ  バプテスマ  施さ  ます が,すぐ   聖霊  受け ませ ん。エルサレム  統治   使徒  ペテロ  ヨハネ  それら  サマリア   もと  派遣 し,「ふたり  彼ら      置い  ゆく と,彼ら  聖霊  受ける よう  な(り  し)た」。(使徒 8:5,6,14‐17)それら  サマリア  も,霊  よっ  生み出さ   霊的 イスラエル  成員  なっ   です。

ペテロ  コルネリオ  その    たち  宣べ伝え た(5   参照)

5 西暦 36 年,ペテロ  再び 用い られ,さらに   グループ  霊的 イスラエル  いう 新しい 国民  一員  なる   開き ます。それ は,ペテロ  ローマ    隊長 コルネリオ  その 親族  友人 たち  宣べ伝え    こと です。(使徒 10:22,24,34,35)聖書   こう 記さ    ます。「ペテロ  まだ……話し  いる うち に,聖霊  み言葉  聞い  いる すべて  人[非 ユダヤ 人]の   下っ た。そして,割礼  受け  人々 で,ペテロ  一緒      忠実   たち  驚嘆  た。無償  賜物  ある 聖霊  諸国  人々     注ぎ出さ     から  ある」。(使徒 10:44,45)無 割礼  異邦   も,霊的 イスラエル  成員  なる 機会  開か    です。

「み名  ため  民」

6,7. 新しい 国民  エホバ  いう「み名  ため  民」と  て,どの よう  行動  べき でし  か。どの 程度 そう  まし  か。

6 西暦 49   クリスチャン  統治   会合  開か   時,弟子 ヤコブ  こう 言い まし た。 「シメオン[ペテロ]は,神  初めて  国民  注意  向け,その  から ご自分  み名  ため    取り出さ   次第  十分  話し  くれ まし た」。(使徒 15:14)エホバ  いう み名  担う この 新しい   は,ユダヤ    ユダヤ  双方  含ま    まし た。(ロマ 11:25,26前半)後  ペテロ は,「あなた方  かつて     あり ませ  でし  が,今    民……です」と 書き まし た。そして,神    任務  こう 要約    ます。「あなた方 は,『選ば   種族,王 なる 祭司,聖 なる 国民,特別  所有   なる 民』で あり,それ は,闇 から ご自分  驚く べき     呼び入れ  くださっ   の『卓越   広く 宣明 する ため』な  です」。(ペテ 一 2:9,10)彼ら は,自分 たち  代表 する エホバ    賛美  鳴り響か せ,公  み名  栄光  たたえ なけれ  なり ませ  でし た。宇宙  主権  エホバ  つい  勇敢  証し する 務め  あっ   です。

7 エホバ  かつて,肉  イスラエル を「わたし  賛美  詳しく 話す よう,わたし  自分  ため  形造っ  民」と 呼ば  まし  が,霊的 イスラエル  こと  そう みなさ  ます。(イザ 43:21)それら 初期 クリスチャン は,当時 崇拝      神々 すべて  偽り  暴き,エホバ  唯一 まこと    ある こと  大胆  ふれ告げ まし た。(テサ 一 1:9)彼ら は,「エルサレム  も,ユダヤ  サマリア  全土  も,また   最も 遠い   まで」,エホバ  イエス  つい  証し  まし た。―使徒 1:8。コロ 1:23

8. 使徒 パウロ  当時      どの よう  警告  与え まし  か。

8 1 世紀  勇敢 な「み名  ため  民」の 1  は,使徒 パウロ です。異教  哲学  たち     て,「世界  その   すべて  もの  造ら   神,……天地  主」エホバ  主権  大胆  擁護  まし た。(使徒 17:18,23‐25)パウロ   3  宣教 旅行  終わり ごろ,み名  ため    こう 警告  まし た。「わたし  去っ   に,圧制   おおかみ  あなた方    入っ  群れ  優しく 扱わ ない こと を,わたし  知っ   ます。そして,あなた方 自身   から も,弟子 たち  引き離し  自分  つか  よう    曲がっ  事柄  言う  たち  起こる でしょ う」。(使徒 20:29,30)この 予告      背教 は,1 世紀  終わり まで   姿  現わし   まし た。―ヨハ 一 2:18,19

9. 使徒 たち  死後,「み名  ため  民」に どんな こと  起き まし  か。

9 使徒 たち  死後,背教  勢い  増し,キリスト  世界   教会  生み出し ます。背教   クリスチャン は「み名  ため  民」と なる どころ か,翻訳 聖書  多く から   み名  取り除く こと さえ  まし た。異教  儀式  取り入れ,非 聖書   教義,“聖戦”,不 道徳  行ない など  より,神  辱め   まし た。結果   て,幾 世紀   間,地上  エホバ  忠実  崇拝   ごく わずか しか おら ず,組織   た「み名  ため  民」は 存在  ませ  でし た。

    再び 誕生 する

10,11. (イ)イエス  小麦  雑草  たとえ    で,どんな こと  予告  まし  か。(ロ)イエス  たとえ  は,1914  より   どの よう  成就  まし  か。どんな 結果  なり まし  か。

10 イエス  小麦  雑草  たとえ    で,背教  もたらす,霊的     よう  時期  つい  予告  まし た。「人々  眠っ  いる  に」,悪魔 は,人    小麦    まい    雑草  まき足し ます。「事物  体制  終結  とき」まで,小麦  雑草  両方   一緒  成長  ます。イエス  説明  よる と,「りっぱ  種」は「王国   たち」を,雑草 は「邪悪     たち」を 表わし ます。終わり   に,人   は「刈り取る 者」で ある み使い たち  遣わし,象徴   小麦 から 雑草  分け ます。そして, 王国   たち  集め られ ます。(マタ 13:24‐30,36‐43)こう   事柄  どの よう  生じ まし  か。エホバ  地上    お持ち  なる こと  どの よう  関係    ます か。

11 「事物  体制  終結  とき」は 1914   始まり まし た。その   勃発   戦争  間,数千   油そそが   クリスチャン つまり「王国   たち」は,大いなる バビロン  霊的  捕らわれ  状態 でし た。1919 年,エホバ  彼ら  救出 し,「雑草」つまり  クリスチャン   違い  明確  され まし た。エホバ は「王国   たち」を 集め て,組織      し,結果    イザヤ    預言  成就  まし た。「地  一日  うち  陣痛    産み出さ れる だろ  か。あるいは,国民  一時  生ま れる だろ  か。というのは,シオン   陣痛  起こり,また    出産  あっ  から  ある」。(イザ 66:8)シオン,つまり 霊者 たち  成る エホバ  組織 は,霊  よっ  油そそが    たち  産み出し,彼ら  組織    1   国民   まし た。

12. 今日,油そそが    たち は「み名  ため  民」で ある こと を,どの よう  示し   まし  か。

12 初期 クリスチャン  同様,それら 油そそが  た「王国   たち」に も,エホバ  つい  証し する 務め  あり ます。イザヤ 43:1,10,11  読む。)彼ら  クリスチャン  行ない    も,「あらゆる 国民  対する 証し  ため に」「王国  この 良い たより」を 宣べ伝える   も,際立っ    なり ます。(マタ 24:14。フィリ 2:15)彼ら  その よう   て,エホバ  み前   なる 立場   られる よう 多く  人々 を,実  幾百万   人々  導い   まし た。―ダニエル 12:3  読む。

「わたしたち  あなた方    行き ます」

13,14. 霊的 イスラエル   ない 人々 は,受け入れ られる 仕方  エホバ  崇拝 する ため に,何   なけれ  なり ませ  か。この こと  聖書  どの よう  予告     まし  か。

13   記事  考え  よう に,古代 イスラエル   異国   たち も,受け入れ られる 仕方  エホバ  崇拝 でき まし た。しかし,その ため   エホバ  契約    交わる 必要  あり  まし た。( 一 8:41‐43)今日  同じ です。霊的 イスラエル   ない 人々 は,エホバ   つまり エホバ  油そそが   証人  ある「王国   たち」と 交わら なけれ  なり ませ ん。

14 この 終わり    多く  人々  エホバ      崇拝  行なう ため  集まっ  来る こと は,古代  2   預言   よっ  予告     まし た。イザヤ  こう 預言    ます。「多く    必ず 行っ て,こう 言う。『来 なさい。エホバ   に,ヤコブ      上ろ う。神  ご自分    つい  わたしたち  教え諭し  くださる。わたしたち  その 道筋  歩も う』。律法  シオン から,エホバ  言葉  エルサレム から 出る   ある」。(イザ 2:2,3)預言  ゼカリヤ  こう 述べ   ます。「多く   また 強大  国民  まさに やっ   て,エルサレム  万軍  エホバ  求め,エホバ    和め よう  する  あろ う」。ゼカリヤ  よれ ば,その  つまり「諸国  あらゆる 言語 から      者」は,象徴   意味  霊的 イスラエル  すそ  とらえ,こう 言い ます。「わたしたち  あなた方    行き ます。神  あなた方    おら れる こと  聞い  から です」。―ゼカ 8:20‐23

15. 「ほか  羊」は,どんな 活動  行なっ  霊的 イスラエル  と「共  行き ます」か。

15 「ほか  羊」は,王国  良い たより  宣べ伝える 活動  行なっ  霊的 イスラエル  と「共  行き ます」。(マル 13:10)彼ら      一部  なり,「りっぱ  羊飼い」キリスト  イエス  もと で,油そそが    たち   に「一つ  群れ」と なり ます。―ヨハネ 10:14‐16  読む。

エホバ      保護  れる

16. エホバ は,「大 患難」の 最終 局面  向け て,どの よう  物事  動かさ  ます か。

16 エホバ   は,大いなる バビロン  滅ぼさ   後,総 攻撃  受け ます。生き残る ため   エホバ から  保護  必要 です。その 攻撃  きっかけ  なっ て「大 患難」の 最終 部分  至り ます。エホバ は,この 攻撃  始まる まで  状況  整え,時  選ば れる  です。(マタ 24:21。エゼ 38:2‐4)その   なる と,ゴグ は,「諸 国民   から 集め られ  民」つまり エホバ    攻撃  ます。(エゼ 38:10‐12)その 攻撃 は,ゴグ  その 軍勢  対する エホバ  裁き  執行  合図  なり ます。エホバ  ご自分  主権  大いなる もの  し,み名  神聖  もの  され ます。こう 述べ  おら れる から です。「わたし  必ず……多く  国々        わたし  知らせる  あろ う。そして 彼ら  わたし  エホバ  ある こと  知ら なけれ  なら なく なる」。―エゼ 38:18‐23

「大 患難」の 時,地元  会衆  密接  交わり 続ける 必要  ある(16‐18   参照)

17,18. (イ)エホバ    ゴグ から 攻撃  れる 時,どんな 指示  受け ます か。(ロ)エホバ  保護   いただき たい  思う なら,何   なけれ  なり ませ  か。

17 ゴグ から  攻撃  始まる 時,エホバ  ご自分   たち  こう 言わ  ます。「行け,わたし   よ,あなた    部屋  入り,あなた  後ろ    閉じよ。糾弾  過ぎ行く まで,ほんの しばらく  間,身  隠せ」。(イザ 26:20)その 危機   状況  おい て,エホバ  わたしたち に,命  救わ れる ため  指示  与え  ください ます。「奥  部屋」は 地元  会衆  関連  ある よう です。

18 ですから,大 患難    エホバ  保護   いただき たい  思う なら,エホバ  地上  ご自分    お持ち  あり,その   会衆  組織    いる,と いう こと  認め なけれ  なり ませ ん。エホバ      立場  しっかり 定め,地元  会衆  密接  交わり 続け なけれ  なり ませ ん。次  よう  宣言   詩編 作者  同じ 気持ち  抱き たい もの です。「救い  エホバ  もの です。あなた  祝福  あなた      あり ます」。―詩 3:8