内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2014年10月

 ライフ  ストーリー

王国奉仕の大切な思い出

王国奉仕の大切な思い出

1947 年,エルサルバドル  サンタ  アナ  カトリック  司祭 たち が,エホバ  証人  活動  妨害  よう   まし た。兄弟 たち  宣教     毎週 の「ものみの塔」研究  行なっ  いる と,少年 たち が,開け  あっ  ドア から 大きな   投げ込み まし た。次 に,司祭 たち  率い られ  行列  やっ   まし た。手    たいまつ    持ち,「聖母 マリア 万歳!」,「エホバ  死ぬ べし!」と 叫び ながら,2 時間  わたっ  建物    投げつけ まし た。宣教  たち  恐れ させ,町 から 追い出そ    て,そう    です。わたし  67    その 集会  出席     宣教     でし  から,その 出来事  つい   よく 知っ   ます。 *

その 2  前,わたし  宣教   パートナー  なっ  エブリン  トレバート   に,当時 ニューヨーク  イサカ  近く  あっ  ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校   4  クラス  卒業  まし た。わたしたち  サンタ  アナ  任命   まし た。では,約 29   及ぶ わたし  宣教  奉仕  つい  お話し する  に,なぜ 宣教   なり たい  思っ   か,お話し  ましょ う。

わたしたち 家族  どの よう  真理  学ん  

わたし  1923 年,米国 ワシントン  スポーカン  暮らす ジョン  オールソン  エバ  オールソン    生ま  まし た。両親  ルーテル   信者 でし  が,火  燃える 地獄  信じ   ませ  でし た。愛    人々  責め苦  遭わ せる こと など 信じ られ なかっ   です。(ヨハ 一 4:8)パン 工場  働い     は,ある 晩,同僚 から,聖書  地獄  責め苦  場所  ある   教え   ない  聞き まし た。父    すぐ  エホバ  証人  聖書  学ぶ よう  なり,死後    つい  聖書  実際  教え  いる 事柄  知り まし た。

わたし  当時 9  でし  が,両親  新た  見いだし  聖書  真理  つい  熱心  話し合っ  いる   そば  聞い    こと を,今   覚え   ます。父   は,まこと    お名前  エホバ  ある こと  知り,また 不可解  三位一体   教理 から 解放  れる と,ますます 熱心  なり まし た。『真理    自由  する』こと  知っ  わたし は,素晴らしい 聖書  教え  スポンジ  よう  吸収   いき まし た。(ヨハ 8:32)わたし  聖書  研究  退屈   感じ  こと  一度  あり ませ ん。神  言葉  調べる こと  いつも 楽しみ でし た。わたし  内気  性格 でし  が,両親  付い  伝道  出る よう  なり まし た。父    1934   バプテスマ  受け,わたし  1939 年,16     バプテスマ  受け まし た。

ミズーリ  セントルイス  開か   1941   大会 で。両親   

1940    に,両親  自宅  売り払い,わたしたち  アイダホ  カー  ダレーン  引っ越し  開拓   なり まし た。自動  修理 工場  2   アパート  住み まし  が,そこ  集会      使わ  まし た。当時,王国 会館  ある 会衆  ほとんど なく,個人    借り  部屋  集まっ     です。

1941 年,わたし  両親  ミズーリ  セントルイス  開か   大会  出席  まし た。大会  最終  の「子供 たち  日」に は,5  から 18  まで  子ども  若者 たち  ステージ 正面  座席  座り まし た。ジョセフ  F  ラザフォード 兄弟    最高潮 で,こう 述べ まし た。「子供 たち  皆さん。……神    よっ  立て られ    従う こと  同意     全員 起立   ください」。わたしたち  立ち上がる と,兄弟  大きな  で,「見  ください。1万5,000  以上  王国  新しい 証人 たち です」と 言い まし た。わたし  この 時,開拓 奉仕  生涯  仕事   よう  いう 気持ち  固め まし た。

家族  与え られ  割り当て

セントルイス 大会   か月 後,わたしたち 家族  カリフォルニア  南部  オックスナード  いう 都市  移動  まし た。そこ  会衆  設立 する ため です。わたしたち  小さな トレーラーハウス  住み まし た。ベッド  1  しか なかっ   で,わたし の“ベッド”は,毎晩 テーブル    作ら  まし た。自分  ベッドルーム  あっ  ころ   大きな 違い です。

わたしたち  カリフォルニア  着く 少し   こと です が,1941  12  7   日本  ハワイ  真珠湾  攻撃 し,その 翌日,米国     世界 大戦  参戦  まし た。灯火 管制  敷か れ,夜間  すべて  照明  消さ なけれ  なり ませ  でし た。真っ暗闇  なれ ば,カリフォルニア 沿岸  監視     日本  潜水  から  砲撃  防ぐ こと  でき  から です。

その 後,1942  9  に,わたし  両親    オハイオ  クリーブランド  開か  た「新しい  神権 大会」に 出席  まし た。その 大会 で,ネイサン  H  ノア 兄弟 の「平和 ― それ  永続 する か」と いう 講演  聞き まし た。兄弟 は,啓示 17  の『かつて   が,今   ない,しかし 底知れ  深み から まさに 上ろ     いる 野獣』に つい    まし た。(啓 17:8,11)ノア 兄弟 は,「野獣」と  国際 連盟  あり,戦争   活動  停止  た,と 説明  まし た。そして,これ から 世界 平和 機構  再び 現われ,以前 より 平和  なる,と 述べ まし た。それ  まさに 1945   起き まし た。第   世界 大戦  終結 する と,「野獣」は 国際 連合    再び 姿  現わし   です。その  以来,エホバ  証人  宣べ伝える   世界 規模  拡大 し,増加  次ぐ 増加  経験    ます。

ギレアデ  卒業 証書

啓示 17   預言 から 前途  控え    事柄  理解 できる よう  なり,ギレアデ 学校      開校 する  いう 発表  聞く と,宣教   なり たい  強く 願う よう  なり まし た。1943 年,わたし  オレゴン  ポートランド  開拓     割り当て られ まし た。当時 は,蓄音   使っ  奉仕     まし た。玄関   聖書  講話  かけ,家    聞い  もらい,その     王国  関し  書か   聖書 文書  提供  まし た。その  は,宣教  奉仕  こと    離れ ませ  でし た。

1944   親友  エブリン  トレバート  わたし    ギレアデ  招待   届き,胸  高鳴り まし た。5 か月  間,聖書  研究  仕方  教え られ,本当  楽しかっ  です。教訓  たち  謙遜  態度     打た  まし た。例えば,わたしたち 生徒  食事  する 間,給仕   くださる こと  あり まし た。1945  1  22   ギレアデ  卒業  まし た。

宣教  奉仕

1946  6  に,エブリン  わたし は,リオ  マーン  エステル  マーン    エルサルバドル  着き まし た。畑 は「収穫  待っ  白く 色づい  い」まし た。(ヨハ 4:35)記事  冒頭  触れ  出来事 は,聖職  たち  わたしたち  活動  対し  どれ ほど   立て      示し   ます。実 は,その    に,サンタ  アナ  初めて  巡回 大会  開か  まし た。公開 講演  広く 宣伝    500  ほど  出席 し,わたしたち  大喜び  まし た。ですから,恐れ  なし   から 逃げ出す こと  あり ませ  でし た。それどころか,そこ  留まっ    正直   たち  援助  たい  いう 気持ち  強まり まし た。人々  聖職  から 聖書  読ま ない よう   言わ    まし  し,個人   聖書  買い求める 余裕  ある   ほとんど  ませ  でし  が,大勢    真理  飢え渇い   まし た。そう    たち に,エホバ  地上  楽園  する  いう   約束  つい  教える こと  できる よう,スペイン   習得  励み まし た。その こと は,人々 から 感謝   まし た。

エルサルバドル  派遣    ギレアデ  同期  5 人。左 から  へ: エブリン  トレバート,ミリー  ブラッシャー,エステル  マーン,わたし,リオ  マーン

わたし  最初  ころ  司会   研究     に,ロサ  アスセンシオ   ます。ロサ  聖書  研究 する よう  なる と,同棲     男性  別れ まし た。すると,その 男性  聖書  学ぶ よう  なり,二   結婚 し,バプテスマ  受け て,熱心  エホバ  証人  なり まし た。ロサ は,サンタ  アナ  最初  地元  開拓   なり まし た。 *

ロサ  小さな 食料    営ん   まし  が,奉仕  出る   は,エホバ  必要   備え  くださる  信頼  て,店  閉め  いき まし た。数 時間     開ける と,大勢  買い物   詰めかけ まし た。ロサ は,マタイ 6  33   言葉  真実     もっ  経験 し,死  至る まで 忠実  保ち まし た。

ある 時,わたしたち 6   宣教     貸し    男性 が,地元  司祭 から 脅さ  まし た。このまま あの  たち    貸す なら,お前 たち 夫婦  教会 から 破門 する,と 言わ    です。著名  実業  だっ  この 男性 は,以前 から 聖職   行ない  うんざり    まし た。それ  脅し  屈する どころ か,破門     構わ ない  司祭  答え まし た。そして わたしたち  は,好き  だけ    よい  言っ  くれ まし た。

人々 から 尊敬  れる 市民  エホバ  証人  なる

1955   建設    支部 事務 

首都  サンサルバドル で,ある 宣教      女性   聖書  研究    まし た。その 女性   は,バルタサル  ペルラ  いう エンジニア でし た。心根  優しい この  は,宗教 指導  たち  偽善     て,神   信仰  失っ   まし た。エルサルバドル  支部 事務   建設 する こと  なっ  時,バルタサル  まだ 真理  うち   ませ  でし  が,建物  設計  工事  無償  行ない たい  申し出 まし た。

バルタサル  支部  建設 工事  行なわ     際,たくさん  エホバ  証人  働き,真  宗教  見つけ  こと  確信  まし た。そして,1955  7  22   バプテスマ  受け まし た。その    なく,妻  パウリナ  バプテスマ  受け ます。二   子ども たち は,今  忠実  エホバ  仕え   ます。息子  バルタサル 2  は,ブルックリン  ベテル  49 年,拡大  続ける 世界   宣べ伝える   支え   まし た。現在 は,米国 支部 委員   成員    奉仕    ます。 *

サンサルバドル  大会  開く よう  なる と,ペルラ 兄弟  大きな 屋内 競技   使える よう 取り計らっ  くれ まし た。当初  座席  一部  区画 だけ  使用    まし  が,エホバ  祝福  よっ  出席   年々 増え続け,屋内 競技    収まりきら なく なり まし た。その よう  大会 で,以前  わたし  聖書 研究       たち  よく 会い まし た。元 研究   研究   バプテスマ  受け    知っ て,本当  うれしく なり まし た。言っ  みれ  わたし    よう  もの です。

大会  宣教  たち  話し  いる F  W  フランズ 兄弟

ある 大会   こと です。一   兄弟  近寄っ   て,お詫び   たい,と 言い まし た。わたし  意味  分から ず,その 兄弟  こと  思い出せ ませ  でし た。兄弟 は,「わたし は,サンタ  アナ  姉妹    投げつけ  子ども    です」と 言い まし た。石  投げつけ  その 少年 が,今  わたし    エホバ  お仕え   いる  です。喜び  込み上げ   まし た。その 兄弟  話し て,全 時間 奉仕  本当  満足  ゆく 生き方   いう 思い  深まり まし た。

エルサルバドル  初めて 出席   巡回 大会

満足  ゆく 選択

わたし  宣教     エルサルバドル    から,最初  サンタ  アナ,次  ソンソナテ,そして サンタ  テクラ,さらに  サンサルバドル と,様々  場所  29  近く 奉仕   続け まし た。しかし 1975 年,祈り  うち     考え,この 割り当て  離れ  スポーカン  戻る こと   まし た。忠実  両親  高齢  なり,わたし  援助  必要       です。

1979     亡くなっ   も,わたし    面倒   まし た。次第  体力  なくなり,一      でき なかっ  から です。母  その  8  生き て,94   亡くなり まし た。わたし  身体   感情   疲れ果て,大変  時期 でし た。帯状 疱疹  いう 激痛  伴う 病気   かかり まし た。しかし,祈り と,エホバ  愛情 深い み腕  支え  より,その 試練  耐え忍ぶ こと  でき まし た。エホバ は,「人  白髪  至る まで……わたし  運び,わたし  負っ て,逃れ させる」と いう 言葉 どおり    くださっ   です。―イザ 46:4

1990    ワシントン  オマック  移動 し,そこ  スペイン     奉仕  て,再び 達成   得る こと  でき まし た。バプテスマ  受け  研究      ます。2007  11  ごろ  は,オマック    管理  でき なく なり,同じ   近く   シュラン  アパート  借り  移り住み まし た。それ 以来,本当  うれしい こと です が,シュラン  スペイン  会衆  わたし  優しく 世話   くださっ   ます。会衆  高齢   わたし     で,皆さん,わたし    つながっ  祖母  よう  愛し  くれ ます。

わたし は,結婚   家族  持つ  いう   選び ませ  でし た。「気  散らす こと なく」宣教  専念 できる よう  する ため です。でも わたし  は,大勢  霊的  子ども たち   ます。(コリ 一 7:34,35)この 体制  は,し たい こと すべて  行なう   不可能   思い ます。ですから,一番 大切  こと,つまり   こめ  エホバ  仕える こと  生活  中心     まし た。新しい   なれ ば,し たい こと     できる 十分  時間  あり ます。わたし  好き  聖句  詩編 145  16  です。そこ  は,「すべて  生き  いる もの  願い  満た(す)」,と エホバ  保証   おら  ます。

開拓 奉仕 は,心  若さ  保つ 助け  なる

91   なり ます が,かなり 元気   で,開拓 奉仕  続け   ます。開拓 奉仕 は,心  若さ  保つ 助け  なり ます し,生きる 目的  与え  くれ ます。わたし  エルサルバドル  行っ  当初,その   宣べ伝える   始まっ  ばかり でし た。しかし,今  3万9,000  以上  奉仕    ます。サタン  反対  続け   ます が,この   阻む こと  でき ませ ん。この   増加  思う とき,わたし  信仰  本当  強め られ ます。エホバ  聖霊  よっ  ご自分    支え  くださる こと に,疑問  余地  ない  です。

^ 4節 「1982 エホバ  証人  年鑑」45‐46 ページ  参照。

^ 19節 『1982 年鑑』41‐43 ページ  参照。

^ 24節 『1982 年鑑』66‐67,74 ページ。