内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年10月

「上にある事柄に自分の思いを留めなさい」

「上にある事柄に自分の思いを留めなさい」

「地上  ある 事柄   なく,上  ある 事柄  自分  思い  留め なさい」。―コロ 3:2

1,2. (イ)コロサイ 会衆  脅かさ      は,なぜ です か。(ロ)コロサイ  兄弟 たち  確固    態度  保てる よう,どんな 諭し  与え られ まし  か。

1 世紀  コロサイ 会衆  一致  脅かさ    まし た。兄弟 たち    は,すべて    モーセ  律法  従う べき  ある  主張 する   いれ ば,極端  自己 抑制 など,異教  禁欲 主義  唱道 する    まし た。使徒 パウロ  そう   偽り  教え  影響  抑える ため コロサイ   激励  手紙  書き,次  よう  警告  与え まし た。「気  つけ なさい。もしか する と,人間  伝統  したがい,また   基礎   事柄  したがって キリスト  したがわ ない 哲学  むなしい 欺き  より,あなた方  えじき    連れ去る   いる   しれ ませ ん」。―コロ 2:8

2 もし それら  クリスチャン が「世  基礎   事柄」に 思い  留め 続ける なら,救い  ため  エホバ  備え  退ける 結果  なる でしょ う。(コロ 2:20‐23)それ  パウロ は,彼ら     貴重  関係  守れる よう に,「地上  ある 事柄   なく,上  ある 事柄  自分  思い  留め なさい」と 訓戒  まし た。(コロ 3:2)そう です,キリスト  兄弟 たち は,「天  蓄え られ  いる」朽ち ない 相続 財産  受ける  いう  希望  思い  留める べき だっ   です。―コロ 1:4,5

3. (イ)油そそが   クリスチャン は,どんな 希望  思い  留め ます か。(ロ)この 記事  は,どんな   つい  考え ます か。

3 今日  油そそが   兄弟 たち も,神    王国 と,「キリスト  共同  相続 人」に なる  いう 希望  思い  留め ます。(ロマ 8:14‐17)では,地的  希望  持つ  たち  どう です か。パウロ  言葉  どの よう  当てはまり ます か。「ほか  羊」は どの よう に「上  ある 事柄」に 思い  留める こと  でき ます か。(ヨハ 10:16)アブラハム  モーセ など,辛い 時期  あっ     ある 事柄  思い  留め    忠実   たち  手本  あり ます。そう   手本 から,どの よう    得る こと  でき ます か。

  ある 事柄  思い  留める   どう いう 意味 

4. ほか    どの よう に,上  ある 事柄  思い  留める こと  でき ます か。

4 ほか    天的  希望  抱い   ませ ん。それでも,上  ある 事柄  思い  留める こと  でき ます。どの よう  でしょ  か。エホバ   王国  関心事 を,生活       する こと  よっ  です。(ルカ 10:25‐27)その ため  は,キリスト  手本    仰ぐ 必要  あり ます。(ペテ 一 2:21)わたしたち  1 世紀  兄弟 たち  同じく,サタン  事物  体制   られる 偽り  推論,世  哲学,物質 主義   態度  さらさ    ます。コリント  二 10:5  読む。)イエス  見倣う わたしたち は,霊性  脅かす そう   事柄 から 用心深く   守ら なけれ  なり ませ ん。

5. 物質 主義  つい  自分  どう 考え  いる  を,どの よう  吟味 でき ます か。

5 お金    関する   見方 は,どの よう  生活  入り込ん  来る でしょ  か。自分    愛し  いる  は,考え方  行動  表われる もの です。イエス は,「あなた    ある 所,そこ  あなた    ある  です」と 述べ まし た。(マタ 6:21)心  どこ  向い  いる   見極める ため に,時々 自己 吟味  する   良い こと です。こう 自問  ましょ う。「自分  お金  こと  どれ ほど  時間,考え  いる だろ  か。もっと 良い 仕事,もっと 快適  暮らし  つい  あれこれ 考える こと  多く なっ  いる だろ  か。それとも,いつも 霊的  事柄    向ける よう に,努力   いる だろ  か」。(マタ 6:22)イエス  示し  おら れる よう に,「地上    蓄える」こと  主要  関心事  する  たち は,霊的  重大  危険  さらさ  ます。―マタ 6:19,20,24

6. どう すれ ば,肉  傾向   闘い  勝て ます か。

6 わたしたち   完全   は,五感  満足  せる こと  行なわ  よう   ます。ローマ 7:21‐25  読む。)生活    聖霊    働か なけれ ば,「闇  属する 業」に 屈し  しまう   しれ ませ ん。そう     は,「浮かれ騒ぎ  酔酒,不義  関係  みだら  行ない」が 含ま  ます。(ロマ 13:12,13)「地上  ある 事柄」,つまり   訴える 事柄   闘い  勝つ ため  は,上  ある 事柄  思い  留め なけれ  なり ませ ん。それ   努力  必要 です。ですから 使徒 パウロ は,「自分    打ちたたき,奴隷    引い  行く」と 書き まし た。(コリ 一 9:27)命  目指す 競走  続ける  は,自分  甘やかし   なら ない   明らか です。では,昔  忠実      が「神  十分  喜ばせる」ため  どう     考え   ましょ う。―ヘブ 11:6

アブラハム は「エホバ  信仰  置い た」

7,8. (イ)アブラハム  サラ  どんな 問題  直面  まし  か。(ロ)アブラハム    思い  留め まし  か。

7    たち    カナン    移動 する  よう エホバ から 命じ られ  アブラハム は,進ん  従い まし た。その 信仰  従順  ゆえに,エホバ  アブラハム  契約  結び,「わたし は,あなた から 大いなる 国民  作り,あなた  祝福……する」と 言わ  まし た。(創 12:2)しかし   たっ   子ども  でき ませ ん。エホバ  約束  忘れ  しまっ   でしょ  か。それ に,カナン   生活     あり ませ ん。メソポタミア  繁栄   都市 ウル    親族    し,1,600  余り  移動   カナン      アブラハム  待ち受け     は,天幕 生活 です。飢きん  遭い,略奪  たち  立ち向かう  いう こと  あり まし た。(創 12:5,10; 13:18; 14:10‐16)それでも,アブラハム  サラ は,ウル   快適  生活  戻ろ     ませ  でし た。―ヘブライ 11:8‐12,15  読む。

8 アブラハム は「地上  ある 事柄」に 注意  向ける    なく,「エホバ  信仰  置」き まし た。(創 15:6)そう です,アブラハム    約束  意識  集中    いう 意味 で,上  ある 事柄  思い  留め   です。エホバ  その 信仰    アブラハム に,「どうか,天  見上げ て,数える こと  できる もの なら,星  数え  みる よう に」と 述べ ます。そして さら に,「あなた    その よう  なる  あろ う」と 言わ  ます。(創 15:5)この 言葉  聞い  アブラハム は,エホバ から 忘れ去ら    なかっ  こと  確信  ます。アブラハム  星空  見上げる たび に,多く  子孫  与える  いう エホバ  約束  思い起こし  こと でしょ う。そして,エホバ  ご予定   に,約束    与え られ ます。―創 21:1,2

9. どの よう  アブラハム  倣え ます か。

9 わたしたち  アブラハム  よう に,神  約束  成就  待ち望ん   ます。(ペテ 二 3:13)上  ある 事柄  思い  留め   ない と,約束  成就  遅れ  いる よう  思え て,霊的  活動    緩める こと  なり かね ませ ん。例えば,あなた  以前,開拓 奉仕    特別  奉仕  ため  犠牲  払い まし  か。今  どう です か。アブラハム  エホバ  ため  できる 限り  こと  行ない,将来  祝福  思い見 まし た。あなた  その よう  アブラハム  倣っ   ます か。(ヘブ 11:10)「アブラハム  エホバ  信仰  働かせ,彼  対し  それ    みなさ  た」の です。―ロマ 4:3

モーセ は「見え ない 方」を    

10. モーセ  若い ころ,どんな 生活  送り まし  か。

10   ある 事柄  思い  留め  もう     は,モーセ です。モーセ  若い ころ,「エジプト   知恵  ことごとく 教授 され」まし た。これ  普通  教育   あり ませ ん。エジプト  当時   大国  あり,しかも モーセ は,その エジプト  ファラオ  王家       育て られ   です。そう   高度  教育  受け  モーセ が,「言葉   行ない   強力  者」と なっ   は,ごく 当然  こと でし た。(使徒 7:22)モーセ  は,前途 洋々    未来  開か    まし た。しかし モーセ は,神  ご意志  行なう  いう,より 高潔  事柄  思い  留め   まし た。

11,12. モーセ  とっ  非常  大切  教育  は,何 でし  か。どうして それ  分かり ます か。

11 幼少   モーセ は,母親  ヨケベド から ヘブライ     つい  教え られ   違いあり ませ ん。モーセ  とっ  エホバ  関する この 知識 は,ほか   より  大きな 価値  あり まし た。その ため モーセ は,王家     ある ゆえに  られ  はず  様々  特権  手放し ます。ヘブライ 11:24‐27  読む。)モーセ は,霊的  教育  受け,エホバ   信仰   培う こと  より,上  ある 事柄  思い  留める よう  なっ   です。

12 モーセ は,当時     最高  世俗  教育  受け まし  が,エジプト   権威  名声    得る ため  それ  利用 する こと  あり ませ  でし た。実際,聖書  よれ ば,モーセ は「ファラオ      呼ば れる こと  拒み,罪  一時   楽しみ  持つ より は,むしろ       虐待  れる こと  選び まし た」。モーセ  自分  受け  霊的  教育 を,エホバ  目的  推し進める ため  用い  こと は,明らか です。

13,14. (イ)モーセ  エホバ    解放 する  に,何  学ぶ 必要  あり まし  か。(ロ)わたしたち も,何  学ぶ 必要  あり ます か。

13 モーセ  エホバ  その   強い 関心  抱い   まし た。40     は,もう 自分      解放 できる,と 考え まし た。(使徒 7:23‐25)しかし エホバ は,まだ モーセ   早い  ご覧  なり ます。謙遜   辛抱強さ  温和  自制  いっ  特質  培う 必要  あっ   です。(箴 15:33)前途  試練  困難  事態  備える 訓練  必要 でし た。ここ  挙げ  よう  敬虔  特質  培う ため  必要  訓練 は,数十    わたる 羊飼い     生活  通し  与え られる こと  なり ます。

14 この 実際   訓練  モーセ  助け  なっ  でしょ  か。確か  なり まし た。モーセ は「地    いる すべて      とりわけ 柔和  人物」に なっ た,と 聖書  述べ  いる から です。(民 12:3)謙遜   培っ   で,多種 多様  人々  対し て,また 彼ら  持っ  来る 難しい 問題  対し て,辛抱強く ある こと  でき まし た。(出 18:26)わたしたち も,「大 患難」を 生き残り,神  新しい   入る ため に,様々  特質  必要   ます。(啓 7:14)怒り っぽい,あるいは 非常  神経    思える  たち  含め,いろいろ   たち  仲良く やっ  ゆける でしょ  か。「あらゆる   敬い,仲間  兄弟 全体  愛し……なさい」と いう 使徒 ペテロ  言葉  注意  払う   良い こと です。―ペテ 一 2:17

  ある 事柄  わたしたち  思い  留める

15,16. (イ)上  ある 事柄  思い  留める   肝要   は,なぜ です か。(ロ)クリスチャン  良い 行動  続ける   大切   は,なぜ です か。

15  は「対処  にくい 危機  時代」です。(テモ 二 3:1)ですから,霊的  目ざめ  状態  保つ ため に,上  ある 事柄    留め なけれ  なり ませ ん。(テサ 一 5:6‐9)どの よう  そう できる か,3     考慮  ましょ う。

16 行動: ペテロ  良い 行動  重要   認め   まし た。こう 書い   ます。「諸 国民    あっ  いつも りっぱ  行動  なさい。それ は,彼ら が,……あなた方  りっぱ    実際  見,その   ゆえに……神  栄光  たたえる よう  なる ため です」。(ペテ 一 2:12)わたしたち  家庭  職場  学校  どこ    も,遊ん    も,宣教  参加     も,りっぱ  行動  よっ  エホバ  栄光  もたらす よう 努力  ます。確か  わたしたち   完全  あり,間違い  犯し ます。(ロマ 3:23)しかし,「信仰  戦い  りっぱ  戦い」続ける なら,不 完全     闘い  勝利  収める こと  でき ます。―テモ 一 6:12

17. キリスト  イエス  持っ    精神 態度 に,どの よう  倣え ます か。(冒頭  挿絵  参照。)

17 精神 態度: りっぱ  行動  続ける こと  密接  関連   いる  は,正しい 態度  持つ こと です。使徒 パウロ は,「キリスト  イエス  あっ  この 精神 態度  あなた方  うち   保ち なさい」と 述べ まし た。(フィリ 2:5)イエス  どんな 精神 態度  持っ   まし  か。イエス  謙遜  あり,それゆえに エホバ  最善   もの  ささげ たい  願い まし た。神  王国  良い たより  宣べ伝える こと を,絶え  思い  留め   まし た。(マル 1:38; 13:10)イエス    言葉  最終   権威   まし た。(ヨハ 7:16; 8:28)聖書  勤勉  研究    で,聖書  引用 し,擁護 し,説明 する こと  でき まし た。わたしたち も,謙遜   保ち,宣教  個人 研究  熱心  あれ ば,考え方    いっそう キリスト      なれ ます。

イエス は,神  王国  良い たより  宣べ伝える こと を,絶え  思い  留め   た(17   参照)

18. どの よう  エホバ    支援 でき ます か。

18   支援: エホバ は,「天  ある もの,地  ある もの……の すべて  ひざ  イエス    よっ   が(む)」こと  意図   おら  ます。(フィリ 2:9‐11)イエス  高い 地位  就け られ  も,み父  ご意志  謙遜  従い ます。ですから,わたしたち  そう  べき です。(コリ 一 15:28)どの よう  でき ます か。わたしたち  与え られ  いる 業,つまり「すべて    人々  弟子 と(する)」活動   から 支援 する こと です。(マタ 28:19)加え て,「すべて  人[隣人  仲間  兄弟 たち]……に 対し て,良い こと  行な(い)」たい   思い ます。―ガラ 6:10

19. わたしたち  どんな 決意  抱く べき です か。

19   ある 事柄  思い  留める よう エホバ  諭し  おら れる こと に,何  感謝 できる  でしょ う。わたしたち  正しい 事柄  絶え    留め つつ,「忍耐   走(る)」必要  あり ます。(ヘブ 12:1)「エホバ  対する よう    こめ て」働く こと  決意  ましょ う。その よう  する なら,天    豊か  祝福  与え  くださる でしょ う。―コロ 3:23,24