アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年9月

あなたは,「とらえようと努めて」いますか

フェルナンド  * 緊張    まし た。二   長老 から,個人      たい,と 言わ    です。最近  巡回 訪問  終わる たび に,会衆  付加   特権  得る   どう  たら よい   長老 たち から 聞い   まし た。フェルナンド  次第 に,自分  本当  長老  任命  れる  だろ  か,と 考える よう  なり まし た。つい 先日  巡回 訪問  あっ  ばかり です。今回    言わ れる  でしょ  か。

フェルナンド  長老      傾け ます。長老  テモテ  一 3  1   言及   から,「この あいだ 連絡  あっ て,兄弟  長老    任命   まし た」と 言い まし た。フェルナンド  背筋  伸ばし,「今,何  おっしゃい まし た?」と 聞き返し まし た。長老  兄弟  同じ 言葉  繰り返す と,フェルナンド    ほころび ます。その 後,会衆   任命  発表  行なわ  まし た。兄弟 姉妹 たち    ほほえみ  浮かび まし た。

会衆  特権  望む  は,間違っ  こと です か。その よう  こと  あり ませ ん。テモテ  一 3  1   記さ   いる とおり です。「監督    とらえ よう  努めて いる   いる なら,その   りっぱ  仕事  望ん  いる  です」。多く  クリスチャン  男子  この 勧め  言葉  当てはめ,会衆   特権  得る 資格    着ける ため 霊的  進歩    ます。実際,神      は,幾十万   有能  長老  奉仕     ます。と  いえ,会衆      増加   いる ため,資格  とらえ よう  努める 兄弟 たち  もっと 必要 です。では,その ため  正しい 方法  どう いう もの です か。監督    望む 兄弟 たち は,フェルナンド  よう に,その 問題  つい  思い悩む べき です か。

『とらえ よう  努める』と  どう いう 意味 

『とらえ よう  努める』と いう 聖書  言葉 は,熱心  求める,手足  伸ばす,と いう 意味  ギリシャ  動詞   です。この こと から,木    なっ  いる おいし そう  果物  取ろ  と,手  伸ばす   こと  思い浮かぶ   しれ ませ ん。しかし,とらえ よう  努める こと は,「監督」の 特権   貪欲  つかみ取る,と いう 意味   あり ませ ん。なぜ です か。長老  なる こと  誠実  願う   目標 は,立場  得る こと   なく,「りっぱ  仕事」を 行なう こと  から です。

この りっぱ  仕事  必要  資格  多く は,テモテ  一 3  2‐7   テトス 1  5‐9   記さ    ます。長老    長い 経験  持つ レイモンド は,そこ  書か   いる 高い 規準  つい  こう 説明  ます。「わたし  とっ  一番 大切   は,長老  どんな   ある べき か,と いう こと です。話し たり 教え たり する こと  重要 です が,それ  同じ よう に,とがめ られる ところ  なく,習慣  節度  守り,健全  思い  持ち,秩序 正しく,人  よく もてなし,道理  わきまえる こと  大切   思い ます」。

会衆  様々  活動  携わる こと  より,「とらえ よう  努めて」ください

真剣  資格  とらえ よう  する 兄弟 は,あらゆる 不正  汚れ  避け,とがめ られる ところ  ない こと  示し ます。習慣  節度  守り,健全  思い  持ち,秩序 正しく,道理  わきまえ ます。兄弟 たち から,会衆  指導  たり 自分 たち  問題  援助  たり する こと  できる,と  られ   ます。人  よく もてなし,若い  たち  真理  新しい  たち  よく 励まし ます。善良   愛し,病気    年配   たち  慰め,支え ます。こう   特質  培う  は,任命   やすく する ため   なく,他  人々    もたらす ため です。 *

長老   喜ん  助言  励まし  与え ます が,聖書   資格  満たす  どう  は,おもに 本人  責任 です。ヘンリー  いう 経験 ある 監督 は,「資格  とらえ たけれ ば,その 資格  かなっ  いる こと  示す よう 努力   ください」と 述べ   ます。兄弟  さらに 伝道  書 9  10   言及 し,こう 続け ます。「『あなた    なし 得る すべて  こと    限り  尽くし  行なう』の  大切 です。長老 たち から 与え られる どんな 割り当て も,最善  尽くし  行なっ  ください。床  掃除  含め,会衆   すべて  仕事  喜ん  果たして ください。やがて,その 働き  認め られ ます」。長老  なる こと  願っ  いる なら,神聖  奉仕  すべて  分野  おい  勤勉  あり,信頼 できる こと  示し  ください。誇り高い 野心   なく,謙遜   あなた   生活  特徴  なっ  いる べき です。―マタ 23:8‐12

間違っ  考え  行動  退ける

会衆   特権  望ん  いる  たち    は,長老  なり たい  思っ  いる こと  うかがわ せる 言動  取っ たり,長老   影響  与え よう   たり する   いる   しれ ませ ん。長老 たち から  助言  不快   表わす    ます。その よう  傾向  ある  たち は,次  よう  自問  べき です。「わたし は,利己   願望  満たし たい  思っ  いる  だろ  か。それとも,エホバ    世話  たい  謙遜  願っ  いる  だろ  か」。

「群れ  模範  な(る)」と いう 資格 も,忘れる べき   あり ませ ん。(ペテ 一 5:1‐3)会衆  模範  なる  は,よこしま  考え  行動  避け ます。長老  ある  どう   かかわら ず,忍耐  培い ます。長老  なれ  欠点  奇跡   なくなる,と いう わけ   ない から です。(民 12:3。詩 106:32,33)さらに,自分  対し て「責め られる よう  こと    意識  ない」と   も,他   たち から あまり 良く 思わ    ない こと  あり ます。(コリ 一 4:4)ですから,長老 たち から 聖書  基づく 誠実  助言  受け  なら,いらだた     傾け,助言  当てはめる よう 努力   ください。

なかなか 任命   ない 場合

長く 待たさ   いる,と 感じる 兄弟 たち   ます。何  も「監督    とらえ よう  努め  いる」の  なかなか 任命   ない と,不安  なる   ある   しれ ませ ん。そう  あっ  も,次  霊感  言葉  思い  留め ましょ う。「延期  れる 期待    病ま せる。しかし,望み  もの  到来 する と,それ      なる」。―箴 13:12

念願  達成   そう  ない と,人  悲嘆  暮れる こと  あり ます。アブラハム  そう でし た。エホバ は,アブラハム  息子  授ける  約束  ます が,何     アブラハム  サラ     子ども  生ま  ませ  でし た。(創 12:1‐3,7)高齢  アブラハム  こう 訴え ます。「主権  なる  エホバ よ,わたし    お与え くださる  でしょ  か。わたし  子供  ない まま  おり,……あなた      授け  ください ませ  でし た」。それ  エホバ  アブラハム に,息子  関する 約束  実現 する こと  告げ,安心   ます。それでも,この 約束  果たさ れる まで に,さらに 少なく   14  待つ 必要  あり まし た。―創 15:2‐4; 16:16; 21:5

アブラハム  その 間,エホバ  仕える 喜び  失い まし  か。いいえ。神  約束  疑う こと  決して あり ませ  でし た。良い 結果  待ち 続け   です。「アブラハム は,辛抱   後,この 約束  自分  もの   まし た」と 使徒 パウロ  書き まし た。(ヘブ 6:15)全能   エホバ  忠実  アブラハム  与え  祝福 は,当人  期待  はるか  上回り まし た。では,アブラハム から   学べ ます か。

   長老  任命   ない 場合  も,引き続き エホバ  信頼 し,エホバ  仕える 喜び  失わ ない よう   べき です。その 理由  つい て,大勢  兄弟 たち  霊的  進歩  助け    ウォーレン  いう 兄弟 は,こう 説明    ます。「資格  備え  いる こと  明らか  なる  は,時間   かかる もの です。本人  能力  考え方 は,振る舞い  割り当て  果たし方 に,少し ずつ 表われ   ます。この 特権,あの 仕事  与え られ なけれ  自分  成功    ない,と 考える 兄弟 たち   ます が,その よう  考え  間違っ   ます し,強迫 観念  なり かね ませ ん。どこ    行なっ    も,エホバ  忠実  仕え  いる なら,成功   いる  です」。

ある 兄弟 は,長老  なる   10  余り 待ち まし た。兄弟  エゼキエル 1   有名  記述  言及 し,学ん  教訓  つい  こう 述べ ます。「エホバ  ご自分  兵車,ご自分  組織  望み どおり  速さ  動かし  おら  ます。重要   は,エホバ  良い  思う   あっ て,わたしたち  良い  思う    あり ませ ん。長老     奉仕  関し  言え ば,自分  願望  期待  重要   あり ませ ん。自分  望む こと と,エホバ  お考え   違う 場合  あり ます。エホバ は,わたし  必要  する 事柄  本当  ご存じ   です」。

いずれ  クリスチャン  監督  いう りっぱ  仕事   たい  思っ  いる なら,会衆  幸福  貢献 できる よう 努力   ください。時間  ゆっくり 過ぎ  いる よう  感じる    も,不安  焦り  気持ち  闘っ  ください。少し       レイモンド  こう 述べ ます。「野心   なる と,満足 でき なく なり ます。また,いつも 不安  気持ち  いる と,エホバ  仕える こと  深い 喜び  味わえ ませ ん」。神    実,とりわけ 辛抱強さ  いっそう 培っ  ください。聖書  研究  通し  霊性  高める よう 努めて ください。良い たより  宣べ伝え  関心 ある    聖書 研究  行なう   いっそう あずかり ましょ う。家族  霊的  活動  家族  崇拝  おい  率先  ましょ う。兄弟 姉妹 たち   交わり  いつも 楽しん  ください。目標  向かっ  前進   ゆく なら,エホバ  仕える こと  楽しく なり ます。

会衆   特権  資格  かなう よう 励む こと を,エホバ から 与え られ  有意義  機会  見る こと  でき ます。エホバ  その 組織 も,資格  とらえ よう  努める  が,いらだち  不満  感じる こと  望ん   ませ ん。神 は,純粋  動機  仕える すべて   に,支え  祝福  与え  ください ます。神  祝福 すべて  つい  言える こと です が,「神  それ  痛み  加え られ ない」の です。―箴 10:22

かなり  期間,努力        も,さらに 霊的  進歩  遂げる こと  でき ます。家族  ないがしろ  する こと なく,必要  特質  培い,会衆  一生 懸命 働く なら,奉仕  記録  積み上げる こと  でき ます。エホバ は,そう   記録  忘れ たり  され ませ ん。どんな 割り当て  あっ  も,エホバ  仕える こと    喜び  なり ます よう に。

^ 2節 この 記事    くる 名前  変え  あり ます。

^ 8節 この 記事  考慮  れる 原則 は,奉仕    なる こと  望ん  いる  たち   当てはまり ます。奉仕    必要  資格  つい  は,テモテ  一 3  8‐10,12,13   述べ られ   ます。