アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年9月

この号には,2014年10月27日から11月30日までの研究記事があります。

あなたは,「とらえようと努めて」いますか

そのための正しい方法は,どういうものですか。

あなたは真理を持っていることを確信していますか なぜですか

この記事は,多くの人がエホバの証人は真理を持っていると考える理由を幾つか取り上げています。また,エホバの証人が,自分たちは真理を持っていると確信している理由も考慮します。

「多くの患難」があっても,神に忠節に仕えなさい

だれしも,サタンの世で生活しているゆえに,患難を経験します。サタンはどんな手で攻撃してきますか。どのようにその攻撃に備えることができますか。

親の皆さん ― お子さんを牧しましょう

親には,「エホバの懲らしめと精神の規整とをもって」子どもを育てる責任があります。(エフェソス 6:4)この記事では,親が子どもを牧し,エホバを愛せるよう子どもを助けるための3つの方法を考慮します。

読者からの質問

詩編 37編25節とマタイ 6章33節の聖書の言葉は,クリスチャンが飢えることをエホバは決してお許しにならない,という意味ですか。

最後の敵である死は無に帰せしめられる

死と,死をもたらすすべての事柄は,大きな苦しみを生じさせます。なぜ人は死ぬのでしょうか。どのように,『最後の敵である死は無に帰せしめられ』ますか。(コリント第一 15:26)それらの質問の答えは,エホバの公正と知恵,とりわけ愛を明らかにしています。どのようにでしょうか。

全時間奉仕者たちのことを忘れてはなりません

大勢のエホバの崇拝者たちは,全時間奉仕者として一生懸命働いています。その「忠実な働きと愛の労苦」を覚えるために,何ができますか。―テサロニケ第一 1:3。