内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年7月

 ライフ  ストーリー

父を失い ― 父を得る

父を失い ― 父を得る

わたし    1899 年,オーストリア  グラーツ  生ま  まし た。第   世界 大戦     若者 だっ   は,1939      世界 大戦  勃発 する と,すぐ  ドイツ   徴兵   まし た。そして 1943 年,ロシア  戦死  まし た。悲しい こと です が,わたし  その よう      失い まし た。当時 まだ 2  だっ  わたし は,父  こと  全く 覚え   ませ ん。学校  行く よう  なっ て,ほか   たち   父親  いる   自分    ない こと  分かり,とても 寂しく 思い まし た。しかし 10   時,死ぬ こと  ない     つい  知り,慰め   まし た。―ハバ 1:12

ボーイスカウト   経験

子ども  ころ

7   時,ボーイスカウト  入り まし た。ボーイスカウト は,イギリス   中将 だっ  ロバート  スティーブンソン  スミス  ベーデン‐パウエル が,1908   英国  設立   世界   団体 です。わたし  よう  年齢   低い 子ども たち  ため に,1916    ウルフカブ(カブスカウト)が 設立   まし た。

わたし  週末  田舎   キャンプ  参加 する   好き でし た。キャンプ  は,テント   たり,みんな  おそろい     たり,ドラム    合わせ  行進  たり  まし た。仲間 たち  一緒  時間  過ごす   とても 楽しく,夜  キャンプファイア  囲ん    歌っ たり,森    ゲーム   たり  まし た。自然  つい   多く  こと  学び,創造   み手    親しむ 機会  なり まし た。

ボーイスカウト  は,毎日 善い 行ない  する こと  勧め られ   ます。それ  ボーイスカウト  モットー です。また,「備えよ  に」と 言っ  挨拶  ます。わたし は,こう   こと  引き付け られ まし た。わたしたち     100   超える 子ども たち  おり,およそ 半分  カトリック で,もう 半分  プロテスタント でし た。仏教        まし た。

1920  以降,ボーイスカウト  国際   集会  ある ジャンボリー が,数   一度 開催     ます。わたし は,1951  8   オーストリア  バート  イシュル  行なわ    7  世界 スカウトジャンボリー と,1957  8   英国  バーミンガム  近く  サットン  パーク  行なわ    9  世界 スカウトジャンボリー  参加  まし た。二    出席   ジャンボリー  は,85    地域 から,約 3万3,000   ボーイスカウト  参加  まし た。また,この ジャンボリー    およそ 75万     は,英国  エリザベス 女王   まし た。この よう  集まり は,わたし  とっ  世界   兄弟 関係  よう でし た。しかし,間  なく はるか  優れ  霊的  兄弟 関係  得る こと  なる  は,思い  より ませ  でし た。

 エホバ  証人  初めて 会う

パティシエ  ルディ  チゲル から,初めて 証言  受ける

1958   春,わたし  オーストリア  グラーツ  ある グランド  ホテル  ヴィースラー で,ウェイター  実習 期間  終える   こと です。仕事 仲間 で,皆 から ルディ  呼ば     パティシエ  ルドルフ  チゲル から  公式  証言  受け まし た。わたし  その  まで,真理  つい  聞い  こと  あり ませ  でし た。ルディ  最初  三位一体  教理  取り上げ,三位一体  聖書  教え   ない,と 言い まし た。わたし  反論 し,彼  誤り  証明  たい  思い まし た。彼     良かっ   で,カトリック 教会  戻っ  来る よう 説得  まし た。

ルディ は,わたし  聖書  プレゼント  よう   まし  が,わたし が,カトリック  聖書 しか いら ない,と 言っ   で,その 聖書  持っ    くれ まし た。わたし  読み 始め まし  が,ものみの塔 協会  パンフレット   さん  ある こと  気づき,嫌  気分  なり まし た。正しい よう  見え     そう   ない もの  多い から です。それでも,聖書  討議   応じ まし た。ルディ  洞察  示し,協会  印刷   使い ませ  でし た。およそ 3 か月 間,時々 ルディ  聖書  討議   まし  が,それ  夜遅く まで 続く こと  よく あり まし た。

郷里  グラーツ  ホテル   実習 期間  終わる と,母  わたし  ホテル  マネジメント  スクール  さらに 教育  受け られる よう,費用  出し  くれ まし た。その 学校 は,アルプス  谷合   バート  ホフガスタイン  あり,わたし  そこ  引っ越し まし た。この 学校  バート  ホフガスタイン  グランド  ホテル  提携      で,時折 その ホテル  働い  経験  積み まし た。

   宣教   姉妹  訪問  受ける

1958  から 聖書 研究  司会   くれ  イルゼ  ウンテルデルフェル  エルフリーデ  レール

ルディ  わたし  新しい 住所  ウィーン 支部  知らせ   で,支部  それ  宣教      姉妹,イルゼ  ウンテルデルフェル  エルフリーデ  レール  * 転送  まし た。ある 日,ホテル  フロント から 連絡  あり,外      いる    女性 が,わたし     たい,と  こと でし た。全く 聞き覚え  ない 名前 だっ    戸惑っ  もの の,一応 会い  行き まし た。後  なっ  分かっ  こと です が,二   エホバ  証人   て,禁令  課さ     ナチ 政権   ドイツ で,運搬   奉仕     まし た。第   大戦   は,ドイツ  秘密 警察(ゲシュタポ)に 捕まっ  リヒテンブルク 強制 収容   送ら れ,大戦  に,ベルリン  近い ラベンスブリュック 強制 収容   移さ  た,と いう こと です。

わたし は,母  同じ ぐらい  年齢 だっ  姉妹 たち  敬意  抱き まし た。それで,二   時間  無駄  させ たく あり ませ  でし た。姉妹 たち     ない   か月 話し合っ   に,やめ たい  言う なら,その 時間  無駄  なっ  しまう でしょ う。そこで わたし  姉妹 たち に,使徒 継承  いう カトリック  教理  つい  述べ  いる 聖句  リスト  持っ    くれる よう,お願い  まし た。その リスト から 司祭  話し合う つもり だ,と いう こと  伝え まし た。そう すれ    真理     分かる,と 考え   です。

   まこと   なる   つい  学ぶ

カトリック 教会 は,マタイ 16  18,19   ある イエス  言葉 を,使徒 継承  教え  根拠     ます。また,聖 なる   呼ば   いる 教皇  教理   事柄  関し  宣言    場合,決して 誤る こと  ない,と 唱え   ます。その こと  信じ    わたし  こう 考え まし た。「もし 教皇  教理   事柄  関し  不可謬  あり,三位一体  正しい  宣言     あれ ば,三位一体  当然 正しい はず だ。しかし,教皇  不可謬  ない なら,その 教理  誤り   しれ ない」。多く  カトリック 教徒  使徒 継承  最も 重要  教え  考え  いる  も,驚く   当たり ませ ん。他  カトリック  教理  正しい  どう  は,使徒 継承  教え  依存   いる から です。

わたし  司祭  もと  訪れ  質問   ところ,司祭  答え られ ませ  でし た。ただ 本棚 から 使徒 継承  教え  つい  書か     取り出し,家  帰っ  読み なさい,と 言い まし た。わたし  その 通り   まし  が,質問  増える ばかり で,それ  もう 一度 司祭  ところ  持っ  行き まし た。司祭  わたし  質問  答え られ ず,こう 言い まし た。「わたし    納得   られ ない し,君  わたし  こと  納得  せる こと  でき ない。……帰っ  くれ  まえ」。司祭  もう,わたし  話そ     ませ  でし た。

この こと  あっ て,わたし  宣教   姉妹 たち  聖書  研究 する こと   まし た。二     まこと   なる 父,エホバ   つい  多く  こと  教え  くれ まし た。(ヨハ 17:11)当時 この 地域   会衆  一つ  なかっ   で,姉妹 たち  関心  示し  家族    集会  司会  まし た。出席   ごく わずか でし た。指導    当たる バプテスマ  受け  兄弟  まだ  なかっ  ため,この    姉妹  集会  ほとんど  資料  討議  かたち  扱い まし た。時     場所  借り て,他    兄弟  公開 講演    もらう こと  あり まし た。

宣教  始める

わたし  姉妹 たち  1958  10   聖書 研究  始め,3 か月   1959  1   バプテスマ  受け まし た。バプテスマ  受ける 前,宣べ伝える   どの よう  行なわ   いる    知り たい  で,家 から   奉仕  同行    いい です か,と 尋ね まし た。(使徒 20:20)実際  付い  行っ  後,自分  奉仕 する 区域  持っ   よい   聞い  ところ,ある   割り当て  くれ まし た。わたし     その   行っ   から   宣べ伝え,関心  ある  たち   訪問  まし た。奉仕  一緒  行なっ  最初  兄弟 は,巡回 監督 です。

1960 年,マネジメント  スクール   教育  終え  わたし は,親族  真理  学べる よう 援助  たい  思い,郷里  戻り まし た。これ まで 真理  入っ  親族   ませ  が,関心  示す よう  なっ     ます。

 時間 奉仕

20   ころ

1961  に,開拓 奉仕  励ます 支部 から  手紙   会衆  読ま  まし た。独身  健康 だっ  わたし は,開拓 奉仕  行なわ ない    いか ない,と 思い まし た。巡回 監督  クルト  クーン に,「車  開拓 奉仕  役立つ  で,あと  か月 働い  買お   思っ  いる  です が,どう 思わ  ます か」,と 相談  まし た。兄弟  こう 言い まし た。「イエス  使徒 たち は,全 時間 奉仕  行なう ため    必要 でし  か」。それ  決心  つき まし た。 できる だけ 早く 開拓 奉仕  始める 方法  考え まし た。ホテル  レストラン  毎週 72 時間 働い     で,まず 仕事  調整 する 必要  あり まし た。

わたし  上司 に,仕事   60 時間    いただけ ます か,と お願い  まし た。上司  この 申し出  聞い  くれ  だけ  なく,給料  そのまま    くれ まし た。少し たっ  から,48 時間   よい   お願い   ところ,その 通り    くれ まし た。給料  そのまま でし た。次 に,週  36 時間 か,週  六日  1  6 時間 ずつ   よい か,と お願い   ところ,受け入れ  くれ まし た。驚い  こと に,それでも 給料  変わり ませ  でし た。上司  わたし  辞め  ほしく ない  思っ    よう です。この よう  仕事  調整 でき   で,開拓 奉仕  始め まし た。当時  要求 時間    100 時間 でし た。

4 か月 後,特別 開拓     任命  れ,ケルンテン   シュピッタール  アン  デア  ドラウ  いう   小さな 会衆  割り当て られ まし た。その 会衆 で,会衆       奉仕 する よう  なり まし た。当時  特別 開拓   要求 時間    150 時間 でし た。一緒  働く 開拓    ませ  でし  が,宣教   会衆    補佐 だっ  ゲルトルーデ  ローブナー 姉妹  助け  くれ まし た。 *

割り当て  次々  変わる

1963 年,巡回 奉仕  招か  まし た。重い スーツケース  持っ て,列車  移動 する   あり まし た。車  所有   いる 兄弟  ほとんど おら ず,駅 まで 迎え  来る こと  できる    ませ  でし た。わたし は,タクシー  乗っ て“格好  つける”よう  こと   たく なかっ   で,宿舎 まで 歩い  行く よう   まし た。

1965   は,ギレアデ 学校  41  クラス  招待   まし た。同級   多く  独身 でし た。卒業  で,故郷  オーストリア  巡回 奉仕  続ける よう 割り 当て られ,とても 驚き まし た。しかし,米国  離れる   巡回 監督  4   奉仕 する よう 求め られ まし た。わたし は,巡回 監督  アンソニー  コンティ    奉仕 できる こと  深く 感謝  まし た。この 兄弟  愛情 深い  で,野外 奉仕  愛し,しかも 非常  巧み でし た。わたしたち は,ニューヨーク     コーンウォール  奉仕  まし た。

結婚  当日

オーストリア  戻っ  わたし は,割り当て られ  巡回  で,独身  魅力   トーベ  メレテ  いう   姉妹  出会い まし た。5    から 真理  うち  育て られ  姉妹 です。兄弟 たち から,お二人  どう やっ  知り合っ   です か,と 聞か れる と,わたしたち  冗談 めかし て,「支部  取り決め だっ   です よ」と 言い ます。わたしたち  知り合っ  から 1    1967  4   結婚 し,旅行 する 奉仕  続ける こと  でき まし た。

翌年,エホバ  過分  ご親切  より わたし  霊的      養子    くださっ た,と いう こと  分かり まし た。ローマ 8  15   述べ られ  いる,「『アバ,父 よ!』と 叫ぶ」他  すべて  兄弟 たち  同じく,わたし       特別  関係  入り まし た。

メレテ  わたし  1976  まで,巡回  地域  奉仕  続け まし た。冬  季節  は,氷点下 の,暖房  ない 寝室  眠る こと  あり まし た。ふと   覚める と,吐く    毛布    白く 凍っ  いる こと さえ あり まし た。そこで,夜  寒さ  耐え られる よう,小さな 電気 ストーブ  持ち運ぶ こと   まし た。幾つ   場所  は,夜  隙き間 だらけ  屋外 トイレ  行く ため,雪    歩き まし た。また,自分 たち    なかっ   で,滞在       月曜  まで とどまり,火曜     なる    会衆  移動  まし た。

  わたし  とっ  大きな 支え です。これ まで ずっ  そう でし た。その こと  うれしく 思い ます。野外 奉仕  大好き で,奉仕  行く よう 励まし  こと  一度  あり ませ ん。また,友人  大切  し,深い 気遣い  示し ます。こう     特質 は,本当  大きな 助け  なっ   まし た。

1976 年,ウィーン  オーストリア 支部  招か れ,支部 委員  任命   まし た。当時  支部 は,東欧 諸国  宣べ伝える   監督   おり,そう   国々  注意深く 文書  発送 する 仕事  組織    まし た。この 分野  責任  負っ      ユルゲン  ルンデル で,進取  気性  大いに 発揮  まし た。わたし  兄弟    働く こと  でき,後  東欧  10  言語   翻訳  監督 する こと  なり まし た。ユルゲン    ゲルトルーデ  現在,特別 開拓     ドイツ  忠実  奉仕    ます。支部  1978  から 写真 植字  始め,小型  オフセット 印刷   6   言語  雑誌  印刷 する よう  なり まし た。また,様々    予約 購読   雑誌  送る こと   まし た。こう   仕事  責任  担っ     が,オットー  クグリッチ です。兄弟  現在   イングリート   に,ドイツ  ある 支部  奉仕    ます。

オーストリア  は,街路 伝道 など 様々  証言  楽しむ こと  でき 

東欧  兄弟 たち は,自国  謄写   使っ たり マイクロフィルム から 複製  たり   文書  生産    まし た。しかし,国外 から  援助  必要 でし た。エホバ  兄弟 たち  活動  守ら  まし た。支部  わたしたち は,禁令  長く 続く   忠実  奉仕 する 兄弟 たち  愛する よう  なり まし た。

ルーマニア   特別  訪問

1989 年,わたし  統治   成員 セオドア  ジャラズ 兄弟  同行   ルーマニア  訪れ まし た。その 目的 は,大勢  兄弟 たち  組織  戻っ  来る よう,援助  差し伸べる こと でし た。1949  以降,それら  兄弟 たち   様々  理由  組織   つながり  絶っ  独自  会衆  設立    まし た。それでも,引き続き 伝道  バプテスマ  行なっ  おり,組織  とどまっ    兄弟 たち  同様,クリスチャン  中立 ゆえに 投獄     まし た。ルーマニア  依然    禁令   あっ   で,わたしたち  パムフィル  アルブ 兄弟  自宅  秘密   会合  持ち まし た。そこ   アルブ 兄弟   だっ  長老 たち  ほか  4 人,そして ルーマニア  国内 委員   代表  たち   まし た。オーストリア から 連れ    通訳   ロルフ  ケルナー  一緒 でし た。

会合     夜,アルブ 兄弟  4   仲間  長老 たち に,「いま 組織  戻ら なけれ ば,二   チャンス  ない   しれ ない」と 述べ  説得  まし た。結果   て,およそ 5,000   兄弟 たち  組織  戻っ   まし た。エホバ  勝利  収め,サタン  手痛い 一撃  受け   です。

1989   終わり ごろ,東欧  共産 主義  崩壊 する   こと です が,妻  わたし  ニューヨーク  世界 本部  奉仕 する よう,統治  から 要請   まし た。これ   本当  驚かさ  まし た。ブルックリン  ベテル   奉仕  始め    1990  7  です。1992 年,わたし  統治   奉仕 委員   援助   任命  れ,1994  7  から 統治   成員    奉仕 する 特権  あずかっ   ます。

過去  回想 し,将来    向ける

   に。ニューヨーク  ブルックリン 

ホテル  ウェイター    働い    遠い   こと  なり まし た。今  世界   兄弟 たち  ため  霊的 食物  準備   分配 する   加わっ   ます。(マタ 24:45‐47)50  余り  特別  時間 奉仕  振り返る と,エホバ  世界   兄弟 関係  祝福   くださっ  いる こと に,深い 感謝  喜び  感じ ます。国際 大会  出席 する   わたし  とっ  喜び です。大会  は,天   エホバ  聖書  真理  つい  学ぶ こと  強調  れる から です。

わたし は,さらに 幾百万  人々  聖書  研究 し,真理  受け入れ,世界   兄弟 関係  うち  一致   エホバ  仕える よう,祈っ  やみ ませ ん。(ペテ 一 2:17; 脚注)天 から 地上  復活  見,そして,ついに 自分  父親  見いだせる こと  心待ち     ます。わたし     また 親族  皆,楽園  エホバ  崇拝 する よう  なる こと,それ  わたし  願い です。

 から 地上  復活  見,そして,ついに 自分  父親  見いだせる こと  心待ち     ます

^ 15節 「ものみの塔」1980  2  1     いる,二   ライフ  ストーリー  参照。

^ 27節 現在,会衆    長老   調整 者,会衆    補佐  書記  相当  ます。