アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年7月

喜んで自分を差し出した人たち ― ミクロネシア

喜んで自分を差し出した人たち ― ミクロネシア

米国  生ま  育っ  キャサリン は,16     バプテスマ  受け,エホバ  証人  なり まし た。奉仕  打ち込み まし  が,王国  音信  好意   反応  示す   区域  ほとんど  ませ  でし た。こう 言い ます。「ある  たち    祈り,『あなた  こと  知る こと  できる よう だれ   遣わし  ください』と 願い求め  経験  読む  つけ,わたし  そういう   会い たい  思っ  もの です。でも 会え ませ  でし た」。

同じ 区域     奉仕   キャサリン は,王国  音信  もっと 好意   反応  示す 区域  移動  たい  思う よう  なり まし た。でも 不安  あり まし た。これ まで 家族  離れ  こと  一度 しか なく,それ  たっ  2   でし  が,毎日 家族  恋しく  たまら なかっ  から です。それでも,エホバ  探し求める   援助 する 喜び  味わい たい,と いう 気持ち  勝り まし た。幾つ   候補   検討   後,グアム 支部  手紙  書き,必要  情報   まし た。そして 2007  7 月,26    に,太平洋  浮かぶ サイパン   移動  まし た。自国 から  1万  ほど 離れ   です。どんな 結果  なっ  でしょ  か。

2   祈り  聞き届け られる

新しい 会衆  移動   すぐ,40  半ば  ドリス  いう 女性  会い,聖書 研究  始まり まし た。しかし,ドリス と『聖書  教え』の   最初  3     研究   キャサリン は,不安  なり まし た。こう 語り ます。「ドリス  本当  良い 研究  だっ   で,自分  せい  だめ  なっ  ほしく あり ませ  でし た。それ まで 定期   聖書 研究  持っ  こと  なかっ  わたし は,もっと 経験  ある,ドリス  年齢  近い 姉妹  司会   ほう  良い    ない か,と 思い まし た」。キャサリン  エホバ に,研究   託せる ふさわしい 姉妹  見つかる よう 助け  ください,と 祈り まし た。そして ドリス に,研究 司会   変更  つい  話す こと   まし た。

キャサリン  こう 続け ます。「その こと  話す  に,ドリス から 相談  持ちかけ られ まし た。その   聞い  から,自分  同じ よう  経験    こと  あり,問題  対処 できる よう エホバ  どの よう  助け  くださっ    話し  ところ,ドリス から 感謝   まし た」。そして キャサリン  ドリス から   よう  言わ  まし た。「エホバ  姉妹  用い  わたし  助け  くださっ  いる  です ね。姉妹  初めて       日,わたし  聖書   時間  読ん   て,聖書  理解 できる よう 助け  くれる   遣わし   ください,と 泣き ながら   祈っ     です。その 時,姉妹  ドア  ノック    です よ。エホバ  わたし  祈り  聞き届け  ください まし た」。キャサリン  ドリス  この 言葉  聞い    こと  思い出し,目    浮かべ ながら,「ドリス  言葉 は,わたし  祈り  答え でし た。エホバ  わたし に,研究  続け   よい,と 教え  くださっ   です」と 述べ ます。

ドリス  2010   バプテスマ  受け,今   聖書 研究     司会    ます。キャサリン  こう 言い ます。「エホバ    なる よう 誠実    援助  たい  いう 長年    かな い,本当  うれしく 思っ   ます」。現在,キャサリン  太平洋  コスラエ   特別 開拓     奉仕    ます。

試み  なる 3   事柄 ― どう 対処 できる 

海外 から  100   超す 兄弟 姉妹(19  から 79 歳)が,ミクロネシア  必要  大きな   奉仕    まし た。2006   19   グアム   移動   エリカ は,それら  熱心  奉仕  たち  気持ち  代弁  て,こう 語り ます。「真理  飢え渇く  たち  いる 区域   開拓 奉仕 は,とても 楽しい です。この 奉仕  行なえる よう,エホバ  助け  くださっ  こと  感謝    ます。最高  生き方 です!」 現在 エリカ  マーシャル 諸島  イバイ  で,特別 開拓     奉仕    ます。もちろん,外国   奉仕  は,試み  なる 事柄  あり ます。では これ から,その うち  3   取り上げ,ミクロネシア  移動   兄弟 姉妹 たち  どの よう  対処        ましょ う。

エリカ

生活。サイモン  パラオ   移動    は,2007 年,22    です。移動   すぐ に,パラオ    られる 賃金 は,出身   英国   賃金   比べもの  なら ない ほど 少ない こと  知り まし た。サイモン  こう 述べ ます。「欲しい      買う こと  でき ない,と 分かり まし た。今 は,どんな 食料   買う   よく 考え,店     回っ  一番 良い   選ぶ よう     ます。何   壊れる と,中古  部品  見つけ,修理  手伝っ  くれる   探し ます」。サイモン  簡素  生活  する 必要  あり まし  が,結果  どう でし  か。「本当  必要       分かり まし た。そして わずか  もの  生活 できる よう  なり まし た。エホバ  優しい み手  よっ  養わ   いる,と    感じ まし た。ここ    7   なり ます が,食べる   寝る 場所  困っ  こと  あり ませ ん」と 言い ます。確か  エホバ は,王国     する ため  簡素  生活  送る  たち  支え  ください ます。―マタ 6:32,33

ホームシック。「わたしたち 家族  とても 親密 だっ   で,ホームシック  なっ  奉仕  影響   ない か,心配 でし た」と エリカ  言い ます。では,どんな 備え    でしょ  か。「移動 する 前,ホームシック  つい  書か  た『ものみの塔』の 記事  幾つ  読み まし た。それ    準備  でき まし た。ある 記事  は,母親   に,『あなた  こと は,わたし より  エホバ  ほう  よく 世話    くださる わ』と 言っ  安心    こと  書か    まし  が,その  母親  言葉  本当  強め られ まし た」。ハンナ    パトリック は,マーシャル 諸島  マジュロ   奉仕    ます。ハンナ は,交わっ  いる 会衆  兄弟 姉妹 たち  関心  向ける こと  よっ て,ホームシック  対処    ます。こう 言い ます。「わたし  世界   兄弟 関係  つい  エホバ  いつも 感謝    ます。兄弟 たち  わたし  家族  から です。兄弟 姉妹  支え  ない なら,わたし  必要  大きな 場所  奉仕 する こと など でき なかっ   思い ます」。

サイモン

会衆  溶け込む。「外国  移動 する と,何     違っ  いる  感じ ます。冗談  言っ   通じ ない こと  あり,少し 寂しく 思う こと  あり ます」と サイモン  述べ ます。エリカ  こう 語り ます。「最初 は,疎外   感じ まし た。でも それ が,移動     動機  考える きっかけ  なり まし た。自分  ため   なく,エホバ  ため  もっと 多く  こと  行ない たい  思っ   で,来   です。やがて,本当  大切  思う,素晴らしい 友達     でき まし た」。一生 懸命 パラオ   学ん  サイモン は,地元  兄弟 姉妹  対し て「自分  広く」する こと  でき まし た。(コリ 二 6:13)また 地元  兄弟 たち も,新しい 言語  習得  よう  努力 する 姿   て,サイモン  親しみ  感じる よう  なり まし た。会衆  移動       地元  兄弟 たち    働く と,その どちら も,親しい   なる  いう 喜び  味わう こと  でき ます。では,必要  大きな   奉仕 する ため  喜ん  自分  差し出す  たち は,さらに どんな 報い   られる でしょ  か。

「豊か  刈り取る」

使徒 パウロ は,「惜しみなく まく   豊か  刈り取る」と 述べ まし た。(コリ 二 9:6)この 原則 は,宣教  拡大 する  たち   確か  当てはまり ます。では,兄弟 姉妹 たち  ミクロネシア で,どんな  を「豊か  刈り取」っ  いる でしょ  か。

パトリック  ハンナ

ミクロネシア  は,今   聖書 研究  たくさん 取り決まり ます。そして,人々    言葉 から 真理  学ん  当てはめ,霊的  進歩 する     当たり  でき ます。パトリック  ハンナ  アンガウル    奉仕  まし た。島民 320   小さな  です。奉仕  始め  2 か月  たっ  ころ,一   シングルマザー  会い まし た。その 女性  すぐ  聖書 研究  応じ,真理  意欲   受け入れ,生活  大きく 変化   まし た。ハンナ  こう 述べ   ます。「研究 後,彼女   から 自転   帰る 時,いつも 主人    見合わせ,『エホバ,ありがとう ござい ます!』と 言っ  もの です。もちろん エホバ は,どんな 方法   彼女  ご自分  もと  引き寄せる こと  でき ます。でも,わたしたち  必要  大きな   奉仕      で,羊  よう  この 女性  見つけ て,援助 する こと  でき   です。それ は,これ まで  人生   で,とりわけ 素晴らしい 経験 でし た」。エリカ も,「エホバ  知る よう   援助 する と,言葉   言い表わせ ない 喜び  感じ ます」と 語り ます。

あなた  加われ ます 

もっと 多く  王国 伝道   必要  する  は,少なく あり ませ ん。助け  必要  地域 に,あなた  移動 する こと  でき ます か。宣教  拡大  たい   願い  強め  くださる よう,エホバ  祈っ  ください。会衆  長老 たち  巡回 監督  相談   ください。また,必要  大きな   奉仕   経験  持つ 兄弟 姉妹 たち  話し  ください。計画  具体   たら,移動  たい   世話   いる 支部  手紙  書い  情報  求め  ください。 * あらゆる 年齢  の,独身  既婚  幾千    兄弟 姉妹 たち は,喜ん  自分  差し出し,「豊か  刈り取る」喜び  経験    ます。もしか する  あなた も,その 隊伍  加われる   しれ ませ ん。

^ 17節 「わたしたち  王国 宣教」2011  8   の「あなた は『マケドニア  渡っ  行く』こと  でき ます 」と いう 記事  参照。

もっと調べる

開拓者のためのどんな学校がありますか

王国伝道の業に全時間をささげる人たちのために,どんな特別な学校が開かれているでしょうか。