アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年5月

 アーカイブ から

「収穫の業はまだ行なわれる必要がある」

「収穫の業はまだ行なわれる必要がある」

ジョージ  ヤング は,1923  3   リオデジャネイロ  訪れ 

1923 年,サンパウロ 演劇 音楽院  コンサートホール は,人  埋め尽くさ    まし た。ジョージ  ヤング  落ち着い    聞こえ   ます。ヤング    一文 一文 ポルトガル   通訳  れ,出席   585   だれ     聞き入っ   ます。幾つ   聖句  ポルトガル   スクリーン  映し出さ  ます。講演  最後 に,ポルトガル 語,英語,ドイツ 語,イタリア   よる,「現存 する 万民  決して 死する こと なし」と いう 小冊子  合計 100  配布   まし た。講演   成功  終わり ます。講演  こと  話題  なり,二       コンサートホール  満員  なり ます。こう   成功  収める まで に,どんな こと  あっ   でしょ  か。

1867 年,サラ  ベロナ  ファーガソン  いう 女性 が,家族    米国 から ブラジル  移住  ます。1899  に,サラ    米国 から 持っ    幾つ   聖書 文書  読み,真理  見つけ   確信 し,英語 の「ものみの塔」誌  予約  ます。聖書  音信   躍らせ  サラ は,C  T  ラッセル 兄弟  手紙  書き送り,真理   が「届か ない ほど 遠く  いる    ない,と いう こと  生き た……証拠」と   自分  こと  挙げ   ます。

「生き  いる   死者  話せる か」(ポルトガル 語)

サラ  ファーガソン は,最善  尽くし  聖書  真理     たち  伝え まし  が,自分  家族,それ  ブラジル  いる 善良  人々  だれ  援助   くれる  だろ う,と 常々 考え   まし た。1912   ブルックリン  ベテル から,サンパウロ    遣わす   知らせ  届き ます。そして その  が,「死者  どこ  いる か」と いう ポルトガル   パンフレット  幾千   持っ  行く   こと でし た。1915 年,サラ は,間  なく   取り上げ られる こと  多く  聖書 研究   期待   いる  いう 記事  読む たび  驚い た,と 書い   ます。そして 自分  思い  こう 綴っ   ます。「ブラジル,そして 南米 全体  どう なる  でしょ  か。……南米  世界  大きな 割合  占め   ます。それ  考える と,収穫    まだ 行なわ れる 必要  ある,と いう こと   すぐ  分かり ます」。確か に,収穫    さらに 行なわ れる こと  なり まし た。

1920  ごろ,戦艦  修理  ため  足止め      8   若い ブラジル   水兵 が,ニューヨーク   会衆  集会  出席  まし た。8  は,リオデジャネイロ  戻る と,新た  学ん  聖書  希望     たち  伝え ます。それ から 程なく  て,1923  3  に,巡礼  つまり 旅行 する 監督 だっ  ジョージ  ヤング  リオデジャネイロ  訪れ,関心  抱く  たち  見いだし ます。ヤング 兄弟 は,幾つ   出版   ポルトガル   翻訳 する よう 手配  ます。その  すぐ に,当時,人口  60万   サンパウロ   行き ます。サンパウロ  は,記事  冒頭  触れ  よう に,講演  行ない,「万民」の 小冊子  配布  ます。兄弟 は,「協力    なかっ  ため,もっぱら 新聞 広告  頼ら ざる   なかっ た」と 報告    ます。また,サンパウロ  行なっ  講演 は,「IBSA  主催  もと  ブラジル  行なわ   初めて  宣伝    公開 講演」だっ  こと  述べ   ます。 *

ヤング 兄弟  講演 中,聖句  スクリーン  映し出さ  

「ものみの塔」(英語)1923  12  15    は,ブラジル  関する   よう  報告  掲載     ます。「この 土地  おける   6  1   開始  れ,当時  文書  なかっ  こと  考える と,この    から これ ほど 祝福     は,驚き  ある」。また,ヤング 兄弟  6  1  から 9  30   かけ  21  公開 講演  行ない,合計 出席   3,600   あっ  こと,その うち  2   サンパウロ   講演  あっ  こと  伝え   ます。王国  音信  リオデジャネイロ  徐々  広まり,わずか  か月    ポルトガル   出版  7,000  余り  配布   まし た。さらに,ポルトガル  の「ものみの塔」誌  1923  11 月‐12   から 出版 され 始め まし た。

サラ  ベロナ  ファーガソン。ブラジル で,英語 の「ものみの塔」誌  最初  予約 購読  

ジョージ  ヤング  サラ  ファーガソン  訪問  まし た。「ものみの塔」誌  その 様子  こう 伝え   ます。「姉妹  応接間  入っ  来る と,しばらく   きけ なかっ た。ヤング 兄弟    握り,まじまじ    見つめ,やっと こう 言っ た。『本当  巡礼   お会い  きる なんて,夢  よう です!』」サラ  ファーガソン  子ども      すぐ  バプテスマ  受け まし た。実際,姉妹  その   25   待っ     です。「ものみの塔」1924  8  1   は,ブラジル  50   バプテスマ  受け  こと  述べ   ます。その 大半  リオデジャネイロ  おい  でし た。

その  から 90  ほど  たち,もう,「ブラジル,そして 南米 全体  どう なる  でしょ  か」と 尋ねる 必要  あり ませ ん。現在 ブラジル  は,76万  余り  エホバ  証人  良い たより  伝え   ます。そして,南米  各地  おい  王国  音信 は,ポルトガル 語,スペイン 語,また 数多く  現地   宣明     ます。「収穫    まだ 行なわ れる 必要  ある」と いう,1915   サラ  ファーガソン  言葉  正しかっ   です。―ブラジル  アーカイブ から。

^ 6節 IBSA は,国際 聖書 研究  協会  略称 です。