アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年5月

 ライフ  ストーリー

エホバは本当に助けてくださいました

エホバは本当に助けてくださいました

わたし    エブリン は,カナダ  オンタリオ  北部  森林 地帯  ある ホーンペイン  いう   到着 し,列車 から 降り まし た。早朝    切る よう  寒さ  中,地元  兄弟  迎え    くれ まし た。わたしたち は,兄弟  家族  朝食  しっかり 取っ  後,雪    歩き ながら  から   宣べ伝え まし た。その   午後,わたし  巡回 監督    最初  公開 講演  行ない まし た。出席     わたしたち  兄弟  家族  5  だけ で,ほか   だれ   ませ  でし た。

その 講演  行なっ    1957  でし  が,聴衆  人数  少なく   がっかり する こと  あり ませ  でし た。わたし  大変 内気  性格   です。幼い ころ,お客さん    来る と,その   こと  知っ    も,よく 隠れ まし た。

ですから,次  こと  知っ  驚か れる   しれ ませ ん。エホバ  組織 から 割り当て られ  仕事  ほとんど  おい て,友人   対面   など,多く    話す こと  必要  され   です。わたし   も,内気  性格  自信  なさ  闘っ   ます。自分    割り当て  果たせ た,と  思い ませ ん。むしろ,エホバ  約束  真実   実感    ます。こう あり ます。「わたし  あなた  強く する。わたし  あなた  本当  助ける。わたし  わたし    右手  あなた  本当  しっかり  とらえ  おく」。(イザ 41:10)エホバ  わたし  助け  くださっ  素晴らしい 方法  一つ は,仲間  兄弟 姉妹 たち  支え です。その 幾つ   つい  お話し  ます が,子ども    経験 から 始め ましょ う。

その 姉妹  聖書  黒い 手帳  使っ 

オンタリオ  南西  の,我    農場 

1940 年代  ある 晴れ  日曜   朝,エルシー  ハンティングフォード  オンタリオ  南西       農場  訪ね   まし た。父  わたし  同じ よう  内気  性格 で,母  応対      間,わたし  一緒    座っ    聞い   まし た。母  訪問 販売  女性 から   要ら ない   買お     いる,と 考え   は,玄関 まで 行き,関心  ない こと  伝え まし た。ハンティングフォード 姉妹 から,「聖書  学ぶ こと   関心  お持ち   ない でしょ  か」と 尋ね られ   は,「聖書 なら,関心  あり ます よ」と 答え まし た。

姉妹  本当  良い   訪ね    くれ まし た。両親  カナダ 合同 教会  熱心  教会  でし  が,脱退  決め  ばかり だっ   です。脱退  決め  一つ  理由 は,牧師  教会  ロビー に,寄付   多い   名前  記し  リスト  張り出し  こと です。裕福   なかっ  両親  名前 は,いつも リスト      載せ られ  おり,教会  長老 たち  もっと 寄付  する よう 圧力  かけ   まし た。ほか   理由  あり ます。ある 牧師  仕事  失い たく なかっ   で,自分  本当  信じ  いる こと  教え なかっ た,と 述べ   です。その よう  わけ  脱退    です が,それでも 霊的  必要  満たす   方法  探し   まし た。

カナダ   当時,エホバ  証人  活動  禁令   置か    まし た。それで,姉妹  わたしたち   聖書 研究  司会 する 際,聖書  黒い 手帳 しか 使い ませ  でし た。わたしたち  政府 当局  密告  ない こと  分かる と,姉妹  聖書 文書  渡し  くれ まし た。わたしたち  研究  終える たび に,出版   注意深く 隠し まし た。 *

両親   から   伝道    聞き,1948   バプテスマ  受け 

ハンティングフォード 姉妹  反対 その他  障害  あっ    かかわら ず,熱心  良い たより  宣べ伝え まし た。姉妹  熱心  態度    動かさ   わたし は,真理    立つ こと  決め まし た。両親  バプテスマ  受け  エホバ  証人  なっ  1  後,家畜    与える 金属       献身  象徴    バプテスマ  受け まし た。1949  2  27 日,17    です。その 後,全 時間 奉仕  始め よう  思い まし た。

勇気  出す よう エホバ  助け  くださっ 

1952   ベテル  招か   こと  驚き だっ 

開拓 奉仕  すぐ 始める こと  ためらい  感じ  わたし は,開拓 奉仕   ながら 自活 する  は,ある 程度  お金  ない  いけ ない,と 自分  言い聞かせ,しばらく  間,銀行 など  事務     働き まし た。しかし,経験  ない 若者 だっ  わたし は,給料  もらう  すぐ 使っ  しまい まし  た。そんな 中,テッド  サージェント  いう 兄弟  わたし に,勇気  出し,エホバ  信仰  置く よう 勧め  くれ まし た。( 一 28:10)兄弟  優しい 一押し  あっ  おかげ で,1951  11   開拓 奉仕  始め まし た。わたし  持っ     は,40 ㌦,中古  自転 車,新品  かばん だけ でし た。それでも エホバ は,必要  もの    備え  ください まし た。テッド  開拓 奉仕  行なう よう 励まし  くれ  こと に,本当  感謝    ます。開拓 奉仕  通し て,いっそう  祝福  得る こと  なっ  から です。

1952  8  下旬  ある 晩,トロント から 電話  かかっ   まし た。エホバ  証人  カナダ 支部 から で,9  から ベテル  奉仕 する よう 招待   まし た。内気 だっ  わたし  一度  支部  訪れ  こと  あり ませ  でし  が,仲間  開拓  たち から ベテル  素晴らしさ  聞い     で,胸  わくわく  まし た。わたし  すぐ ベテル  慣れる こと  でき まし た。

「兄弟 たち  大切  思っ  いる こと  示し なさい」

ベテル  着い  2  後,わたし は,トロント  ショー 分会  会衆  僕(現在  長老   調整 者)と   奉仕     ビル  エイコス    引き継ぐ こと  なり まし た。 * まだ 23  だっ  わたし は,世間 知ら   田舎   よう  感じ まし た。それでも エイコス 兄弟 は,何  行なっ たら よい   優しく 謙遜  態度  示し  くれ まし た。エホバ  本当  わたし  助け  ください まし た。

がっちり   体格  笑顔  絶やさ ない エイコス 兄弟 は,  関心  あり,兄弟 たち  愛し,兄弟 たち から  愛さ  まし た。兄弟 たち  問題  直面    なく  も,彼ら    定期   訪問    まし た。わたし  エイコス 兄弟 から,自分  同じ こと  する よう に,また,野外 宣教  兄弟 姉妹  一緒  奉仕 する よう   励まさ  まし た。こう  言わ  まし た。「ケン,兄弟 たち  大切  思っ  いる こと  示し なさい。そうすれば,多く  欠点  覆っ  もらえる  だ」。

  忠節    示す

1957  1  から,エホバ  特別  方法  わたし  助け  くださっ   ます。その   ギレアデ 学校  14    エブリン  結婚    です。エブリン  結婚 前,フランス    ケベック   奉仕    まし  が,そこ  ローマ  カトリック 教会  影響   強い ところ でし た。非常  難しい 割り当て でし  が,エブリン  その 割り当て  打ち込み,エホバ  忠節  示し まし た。

エブリン  わたし  1957   結婚  

エブリン  わたし   堅く 付き,忠節  示し  くれ まし た。(エフェ 5:31)その 忠節 は,結婚  すぐ  試さ  まし た。新婚 旅行  米国 フロリダ   行く 計画  立て     です が,式  翌日,カナダ  ベテル       及ぶ 集まり  出席 する よう 支部 から  要請  あっ   です。その 集まり  旅行  予定  重なっ  しまい まし  が,わたしたち  エホバ  求める こと     行ない たかっ   で,新婚 旅行  取りやめ まし た。わたし  集まり  出席     間,妻  支部  近隣  区域  宣べ伝え まし た。その 区域 は,ケベック    大きく 異なり まし  が,妻  粘り強く 奉仕  まし た。

 その   終わり  わたし は,オンタリオ  北部  巡回 監督    奉仕 する よう 割り 当て られ,びっくり  まし た。わたし  結婚   ばかり で,経験  なく,25   いう 若さ だっ   です。それでも,エホバ   確信  抱い  出かけ  行き まし た。カナダ  真冬  寒さ  中,夜行 列車  乗り まし た。列車  は,それぞれ  割り当て られ  場所   戻っ  行く 経験 豊か  旅行 する 監督  多く 同乗    まし た。兄弟 たち から たくさん 励まし  いただき まし た。ある 兄弟 は,妻  わたし    なれる よう,自分  予約   おい  寝台   譲る こと さえ   くれ   です。記事  冒頭  触れ  よう に,翌朝 わたしたち  ホーンペイン  群れ  訪問  まし た。それ  結婚   わずか 15    こと でし た。

その   多く  変化 が,妻  わたし    生じ ます。1960   暮れ,地域 奉仕       に,ニューヨーク  ブルックリン  開か れる ギレアデ 学校  36   クラス  招待   まし た。1961  2  初め  始まる その 学校  訓練 課程 は,10 か月  及び ます。招待    こと  うれしく 思い まし  が,残念 ながら,妻  招待     ませ  でし た。学校  招待    兄弟 たち  奥さん  同様,少なく   10 か月  離れ  暮らす こと  同意 する なら,その   記し  手紙  送る こと  なっ   まし た。エブリン    流し まし た。それでも,学校  出席   ください  言い まし た。わたし  ギレアデ  貴重  訓練  受け られる こと  うれしく 思っ     です。

離れ離れ  なっ    間,妻  カナダ 支部  奉仕 し,素晴らしい 特権  得る こと  でき まし た。マーガレット  ラベル  いう,油そそが   姉妹  ルームメイト  なっ   です。妻  わたし は,互い  会え ない こと  とても 寂しく 思い まし た。しかし,エホバ  助け  より,一時   割り当て  慣れる こと  でき まし た。妻 は,わたしたち  エホバ  その 組織  とっ  より 有用    なれる よう,夫婦    過ごす 時間  進ん  犠牲   まし た。その こと  わたし  深く   動かさ  まし た。

ギレアデ    3 か月  過ぎ  ころ,当時 世界     指導     ネイサン  ノア 兄弟 から,異例  招待  受け まし た。今 から カナダ  戻り,しばらく  あいだ 支部  王国 宣教 学校  教訓   務める   どうか,と 言わ    です。ノア 兄弟 は,必ずしも 招待  応じる 必要  ない,と  言い まし た。わたし  望む なら,ギレアデ 学校  課程  終える こと  でき,そう なれ  宣教  奉仕  割り当て られる こと  なり ます。でも,もし カナダ  戻れ ば,おそらく ギレアデ  再び 招待  れる こと  なく,やがて カナダ  野外  割り当て られる,と  こと でし た。奥さん  相談   から 決め   よい,と 言わ  まし た。

わたし は,妻  神権   割り当て  対する 見方  知っ     で,その   ノア 兄弟  こう 言い まし た。「エホバ  組織  求める こと     喜ん  行ない ます」。わたし    常日頃 から,自分 たち  好み  優先 する より,エホバ  組織  割り当てる   行く べき   思っ   まし た。

 1961  4 月,わたし  王国 宣教 学校  教える ため に,ブルックリン から カナダ  戻り まし た。しばらく   わたし    ベテル 家族  成員  なり まし た。その 後,驚かさ れる こと  あり まし た。わたし  1965   開か れる ギレアデ 学校  40   クラス  招待     です。妻  再び,わたし  離れ  暮らす こと  同意 する 手紙  書き送り まし  が,数   後,妻   ギレアデ   招待  差し伸べ られ,互い  喜び まし た。

ギレアデ 学校  ノア 兄弟 から,わたしたち  よう  フランス   クラス  なっ  生徒  アフリカ  派遣  れる,と 言わ  まし た。ところが,卒業   割り当て られ   は,カナダ でし た。わたし  支部  監督(現在  支部 委員   調整 者)と   任命   まし た。わずか 34  だっ   で,「わたし  まだ 若造 です」と ノア 兄弟  言っ  ところ,いろいろ  励まし  くれ まし た。支部  監督  なっ  わたし は,重要  決定  する   は,年長  経験 豊か  ベテル  兄弟 たち  相談 する よう 心がけ まし た。

ベテル ― 学び,教える 場所

わたし  ベテル 奉仕  通し て,他   たち から   多く  こと  学ん   まし た。支部 委員   兄弟 たち は,本当  素晴らしい,尊敬 できる  たち です。また これ まで,支部  奉仕     幾つ   会衆  出会っ  様々  年齢  立派  兄弟 姉妹 たち から,良い 影響  受け   まし た。

カナダ  ベテル 家族    崇拝  司会   いる

ベテル 奉仕 は,他   たち  教え,その 信仰  強める 機会   なり まし た。使徒 パウロ  テモテ に,「自分  学(ん だ)事柄  引き続き とどまっ   なさい」と 述べ,こう  言い まし た。「多く  証人  支持  もと  わたし から 聞い  事柄,それ  忠実  人々  ゆだね なさい。次い  そう   人々 は,じゅうぶん  資格      人々  教える こと  できる よう  なる でしょ う」。(テモ 二 2:2; 3:14)仲間  クリスチャン から,57   ベテル 奉仕  どんな こと  学ん     尋ね られる こと  あり ます。わたし  簡潔 に,「エホバ  助け  信頼  て,組織  求める こと     喜ん  すぐ  行なう こと です」,と 答え ます。

内気  経験  ない 若者 だっ  わたし  ベテル  初めて     こと が,まるで 昨日  よう  思い出さ  ます。エホバ  これ まで ずっ と,わたし の「右手  つかん で」ください まし た。特に,仲間  信者 から  気遣い  時宜  かなっ  支え  通し て,「恐れ   なら ない。わたし 自ら あなた  助ける」と 励まし  くださっ   です。―イザ 41:13

^ 10節 1945  5  22  に,カナダ 政府  禁令  解き まし た。

^ 16節 この 当時,1   都市  複数  会衆  ある 場合,個々  会衆  分会  呼ば  まし た。