アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年5月

エホバは物事を組織する神

エホバは物事を組織する神

「神   秩序     なく,平和    から です」。―コリ 一 14:33

1,2. (イ)神  最初  だれ  創造 なさり,どの よう  お用い  なり まし  か。(ロ)み使い たち  組織    いる こと  どんな  から 分かり ます か。

宇宙  創造  エホバ は,物事  組織 立っ  行なう  です。最初  創造 なさっ   は,独り子  ある    でし た。神  主要  代弁   ある ため,「言葉」と 呼ば    ます。「初め  言葉  おり,言葉      おり」と 聖書  ある よう に,言葉  長き  わたり エホバ  仕え   まし た。また,「すべて  もの  彼[言葉]を 通し  存在 する よう  なり,彼  離れ  存在 する よう  なっ  もの  一つ  ない」と  述べ られ   ます。今 から 2,000  余り   は,言葉    よっ  地上  遣わさ れ,完全   イエス  キリスト   て,み父  ご意志  忠実  行ない まし た。―ヨハ 1:1‐3,14

2 人間  なる 以前,神     の「優れ  働き手」と   忠節  仕え まし た。(箴 8:30)エホバ  その み子  通し て,天  無数  み使い たち  お造り  なり まし た。(コロ 1:16)み使い たち  つい て,聖書  こう 述べ   ます。「[エホバ]に 仕え  いる     数千,その   すぐ   立っ  いる   一万  一万   た」。(ダニ 7:10)膨大      み使い たち は,よく 組織    おり,エホバ の「軍勢」と 呼ば    ます。―詩 103:21

3. 恒星  惑星  どれ ほど あり ます か。どの よう  組織     ます か。

3 数え切れない ほど ある 恒星  惑星 など,物質  創造   つい    どう でしょ  か。米国 テキサス   ヒューストン  クロニクル  は,最近  研究  よる  恒星   は「3,000 垓,つまり 従来  科学   計算  3 倍」で ある,と 述べ   ます。これ は,「3    0  23  つい   で,1,000億  3兆 倍」です。恒星  組織    銀河  形成   おり,銀河   何十億 あるいは 何兆   恒星  多く  惑星  含ま    ます。大半  銀河  組織    銀河  を,そして 銀河   さらに 大きな  銀河   形成    ます。

4.   地上   たち  組織 なさる,と 考える   もっとも    なぜ です か。

4   かなっ    霊者 たち  同じく,物質    見事  組織     ます。(イザ 40:26)ですから,エホバ  地上   たち  組織 なさる,と 考える   妥当  こと です。エホバ   たち  物事  秩序 正しく 行なう こと  願っ  おら  ます。僕 たち   極めて 重要  務め  あり,秩序  保つ   とても 大切  こと です。エホバ  崇拝  たち  これ まで 築い    忠実  奉仕  立派  記録    みる と,エホバ  確か    おら れ,「無 秩序     なく,平和  神」で ある こと  分かり ます。―コリント  一 14:33,40  読む。

組織      古代    

5. 人間 家族    満ちる ため  秩序立っ  取り決め  どの よう  阻ま  まし  か。

5 エホバ  最初  人間 夫婦  創造  さっ  時,こう お告げ  なり まし た。「子  生ん  多く なり,地  満ち て,それ  従わせ よ。そして,海      飛ぶ 生き物      動く あらゆる 生き物  服従  せよ」。(創 1:28)子孫  増やし,地球 全体  パラダイス  広げる ため,人間 家族  組織 立っ  仕方  大きく なる こと  なっ   まし た。しかし,その 秩序立っ  取り決め  進展 は,アダム  エバ   従順  より,一時   阻ま  まし た。(創 3:1‐6)やがて「エホバ は,人      あふれ,その   考え  すべて  傾向  終始 ただ   向かう   ご覧 に」なり ます。「そして,地  まこと      損なわ れ,地  暴虐  満ちる よう に」なり まし た。それで,神   敬虔  人々  滅ぼす ため に,全 地球   洪水  もたらす こと  なさい まし た。―創 6:5,11‐13,17

6,7. (イ)ノア  エホバ  恵み      なぜ です か。(冒頭  挿絵  参照。)(ロ)ノア  時代   忠実  人々  みな どう なり まし  か。

6 しかし,「ノア    かなっ    あり,同 時代  人々    あっ  とが  ない   なっ た」ため,「エホバ    恵み  得」まし た。「ノア  まこと      歩ん だ」の で,エホバ から 巨大  箱船  建造 する よう 指示   ます。(創 6:8,9,14‐16)箱船 は,人間  動物  生き残れる よう  設計   まし た。ノア は,従順 に「すべて エホバ から 命じ られ  とおり   て」いき,家族  協力   て,組織 立っ  仕方  建造  行ない まし た。動物  箱船    入っ  後,「エホバ は……戸  閉じ られ」まし た。―創 7:5,16

7 西暦  2370    洪水  生じ ます。エホバ は「地    存在     すべて  もの を……ぬぐい去ら れ」まし  が,箱船    忠実  ノア  その 家族  保護 なさい まし た。(創 7:23)今日  人類  すべて ノア  その 息子   たち  子孫 です。箱船       忠実  人々  みな 滅び まし た。「義  伝道 者」ノア    傾け なかっ  から です。―ペテ 二 2:5

よく 組織 する こと  よっ  8    洪水  生き残っ た(6,7   参照)

8.   イスラエル   約束    入る よう 指示  さっ  ころ,物事  どの よう  よく 組織     まし  か。

8  洪水 から 8 世紀 以上  に,神  イスラエル   組織   一つ  国民   ます。民  生活  あらゆる   加え,とりわけ 崇拝  関する  事柄  よく 組織   まし た。例えば,大勢  祭司  レビ   おり,さらには「会見  天幕  入口  組織  奉仕  携わっ    婦人 たち」が  まし た。(出 38:8)しかし エホバ   イスラエル    カナン  入る よう 指示 する と,その 世代   忠実  なり ます。神  こう お告げ  なり まし た。「あなた方 は,わたし    住む    挙げ  誓っ  その 土地  入る こと  ない」。と  いえ,「エフネ   カレブ  ヌン   ヨシュア  つい     ある」と 言わ  まし た。二   約束    偵察   際,良い 報告  持ち帰っ  から です。(民 14:30,37,38)後  ヨシュア は,神  導き  よっ  モーセ から 後継   任命   ます。(民 27:18‐23)ヨシュア  イスラエル   カナン  導き入れ よう      時,こう 告げ られ まし た。「勇気  出し,強く あり なさい。うろたえ たり,おびえ たり    いけ ない。あなた  どこ  行こ   も,あなた   エホバ    いる から  ある」。―ヨシュ 1:9

9. ラハブ は,エホバ  エホバ    つい  どの よう  見方     まし  か。

9 エホバ   確か に,ヨシュア  どこ  行こ      おら  まし た。例えば,カナン   都市 エリコ  近く  イスラエル   宿営  張っ      こと  注目 でき ます。西暦  1473 年,ヨシュア  エリコ     斥候  遣わし,二   そこで 遊女 ラハブ  会い ます。ラハブ       屋上  かく まい,エリコ    使者  捕まえ     見つから ない よう   ます。ラハブ  斥候 たち  こう 告げ ます。「わたし  はっきり 分かり ます。エホバ  この   必ず あなた方  お与え  なり ます。……エホバ  あなた方   から 紅海    干さ   こと  聞い  から です。……アモリ      王……に 対し  あなた方  行なっ    つい   聞き まし た」。そして こう 言い ます。「あなた方   エホバ は,上    おい       おい   まさしく    です」。(ヨシュ 2:9‐11)ラハブ  当時  エホバ  組織   支持    で,神  イスラエル   エリコ  征服 する   ラハブ     たち  保護  れる よう  なさい まし た。(ヨシュ 6:25)ラハブ  信仰  働かせ,エホバ   畏敬    抱き,エホバ    敬意  示し まし た。

1 世紀  躍動 する 組織

10. イエス は,当時  ユダヤ   宗教 指導  たち    言い まし  か。そう 言っ    なぜ です か。

10 ヨシュア  指導  もと,イスラエル    都市  次々  征服 し,カナン    居住  ます。しかし   どんな こと  生じ  でしょ  か。何 世紀   わたり,イスラエル   繰り返し   律法  破り,ついには,エホバ    預言  たち  甚だしい まで   従順  なり まし た。イエス  地上    時,エルサレム  こと を「預言  たち  殺(す)者」と 呼ん  ほど です。マタイ 23:37,38  読む。)  ユダヤ   宗教 指導  たち  その  忠実  ゆえに 退け られ   で,イエス  こう 告げ まし た。「神  王国  あなた方 から 取ら れ,その   生み出す 国民  与え られる  です」。―マタ 21:43

11,12. (イ)1 世紀 に,エホバ  ユダヤ 国民   なく 新しい 組織  祝福  向け られ  こと  どんな  から 分かり ます か。(ロ)神  是認  受け  新しい 組織  どんな  たち  成っ   まし  か。

11 西暦 1 世紀,エホバ   忠実  イスラエル 国民  捨て去り まし た。と  いえ,地上  忠節   たち  組織  持た なく なっ  わけ   あり ませ ん。エホバ は,イエス  キリスト  その 教え  中心    躍動 する 新しい 組織  祝福  向け られ   です。それ  西暦 33   ペンテコステ    始まり まし た。その 時,エルサレム  ある 場所   120   イエス  弟子 たち  集まっ  おり,「突然,激しい   吹きつける よう  物音   から 起こり,彼ら  座っ  いる  全体  満たし」まし た。次い で,「さながら   よう    彼ら  見える よう  なっ  あちら こちら  配ら れ,彼ら 各々    一つ ずつ とどまり,彼ら  みな 聖霊  満たさ れ,霊  語ら せる まま  異なっ  国語  話し 始め」まし た。(使徒 2:1‐4)この 驚く べき 出来事 は,キリスト  弟子 たち  成る 新しい 組織  エホバ  導い  おら れる こと  紛れ  ない 証拠 でし た。

12 興奮  呼ん  その 日,イエス  追随  たち に「およそ 三千     加え られ」まし た。その  も「エホバ は,救わ   ゆく  たち   ごと  彼ら  加え  ゆか れ」ます。(使徒 2:41,47)そう   1 世紀  伝道  たち  活動    結び,「神  言葉  盛ん  なり,弟子    エルサレム  おい  大いに 殖えつづけ」まし た。「非常  大勢  祭司 たち  この 信仰  対し  従順  態度  取る よう  なっ た」ほど です。(使徒 6:7)こう  て,新しい 組織  属する  たち  ふれ告げる 真理 を,多く  誠実   たち  受け入れ まし た。エホバ   に,クリスチャン 会衆 に「諸国  人々」を 招き入れ 始め    も,ご自分  導い  おら れる こと  証拠  示さ  まし た。―使徒 10:44,45  読む。

13.   新しい 組織  務め   でし  か。

13 キリスト  追随  たち  とっ て,神 から 与え られ  務め    ある   はっきり    まし た。イエス  バプテスマ   すぐ に「天  王国」に つい  伝道  始める こと  より,自ら 手本  示し まし た。(マタ 4:17)そして 弟子 たち  同じ 活動  行なう よう 教え まし た。こう 述べ   です。「あなた方 は……エルサレム  も,ユダヤ  サマリア  全土  も,また   最も 遠い   まで,わたし  証人  なる でしょ う」。(使徒 1:8)キリスト  初期  追随  たち は,求め られ  いる こと  しっかり 理解    まし た。パウロ  バルナバ  ピシデア  アンティオキア で,ユダヤ   反対  たち   大胆  こう 語り まし た。「神  言葉  まず あなた方  対し  語ら れる こと  必要 でし た。あなた方  それ  押しのけ て,自ら  永遠    値し ない   裁く  ですから,ご覧 なさい,わたしたち   国民  ほう  向かい ます。事実,エホバ    よう  言葉  わたしたち  命令  課し  おら  ます。『わたし  あなた  任命    国民     た。地  果て  まで あなた  救い  なる ため  ある』」。(使徒 13:14,45‐47)1 世紀 以来,神  組織  地上  部分 は,救い  ため    備え  人々  知らせ   ます。

多く    滅び,神   たち  生き残る

14. 1 世紀  エルサレム  どんな こと  生じ まし  か。だれ  生き残り まし  か。

14 大半  ユダヤ   良い たより  受け入れ なかっ  ため,災い  被る こと  なり まし た。イエス  弟子 たち  こう 警告    まし た。「エルサレム  野営  張っ  軍隊  囲ま れる     なら,その 時,その 荒廃  近づい  こと  知り なさい。その 時,ユダヤ  いる     逃げ はじめ なさい。都    いる   そこ   なさい。田舎  いる       入っ   なり ませ ん」。(ルカ 21:20,21)この 言葉  その とおり  なり まし た。ユダヤ   反乱  起こし  ため,西暦 66 年,ケスティウス  ガルス 率いる ローマ   エルサレム  攻囲  ます。ところ    突如 撤退 し,イエス  追随  たち  その   用い  エルサレム  ユダ  離れる こと  でき まし た。歴史  エウセビオス  よる と,多く    ヨルダン   越え  ペレア  ペラ  逃れ  よう です。西暦 70 年,ローマ   ティツス 将軍  指揮  もと 戻っ   て,エルサレム  滅ぼし まし た。しかし,忠実  クリスチャン  生き残り まし た。イエス  警告  留意   から です。

15. どんな こと  あっ    かかわら ず,キリスト   盛ん  なり まし  か。

15 キリスト  追随  たち  苦難  迫害,他  信仰  試み  経験  まし  が,1 世紀  キリスト   盛ん  なり まし た。(使徒 11:19‐21; 19:1,19,20)初期 クリスチャン  霊的  繁栄    は,神  祝福  あっ  から です。―箴 10:22

16. 霊的  健やか  ある ため,クリスチャン 一人一人  どう する こと  必要 でし  か。

16 霊的  健やか  ある ため,クリスチャン 一人一人  努力  払わ なけれ  なり ませ  でし た。聖書  勤勉  研究 し,崇拝  ため  集会  定期   出席 し,王国 伝道  熱心  参加 する こと  不可欠 でし た。そう   活動 は,今日  同じ よう に,当時  エホバ    霊的 健康  一致  寄与  まし た。よく 組織    初期  会衆  交わる  は,監督  奉仕    進ん  差し伸べる 助け から 大いに    まし た。(フィリ 1:1。ペテ 一 5:1‐4)パウロ  よう  旅行 する 長老  訪問  喜ばしい   なっ  こと でしょ う。(使徒 15:36,40,41)今日  わたしたち  崇拝  1 世紀  クリスチャン  崇拝    注目  べき 共通   あり ます。エホバ       たち  組織   おら れる こと   から 感謝 でき ます。 *

17.   記事   どんな こと  学び ます か。

17 この 終わり    あっ て,サタン    滅び  近づい  おり,エホバ  宇宙  組織  地上  部分  かつて ない 速さ  前進    ます。あなた  それ  歩調  合わせ   ます か。霊的  進歩  遂げ   ます か。どう すれ  そう できる か,次  記事  考え ましょ う。

^ 16節 「ものみの塔」2002  7  15   の「クリスチャン    真理  もっ  崇拝 する」と「真理  うち  歩み つづける 人々」と いう 記事  参照。今日    組織  地上  部分  つい  さらに 詳しく は「エホバ  証人 ― 神  王国  ふれ告げる 人々」の   参照。