アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年5月

エホバの組織と共に前進していますか

エホバの組織と共に前進していますか

「エホバ      かなっ   たち    あ(る)」。―ペテ 一 3:12

1. どんな 組織 が,背教   イスラエル  取って代わり,エホバ  み名  ため    なり まし  か。(冒頭  挿絵  参照。)

1 世紀  クリスチャン 会衆  設立  現代    崇拝  復興 は,まさに エホバ  よる もの です。前  記事    よう に,キリスト  初期  追随   成る 組織 が,背教   イスラエル 国民  取って代わり,エホバ  み名  ため    なり まし た。新しい 組織    恵み  大いに 受け て,西暦 70   エルサレム  滅び  生き残り まし た。(ルカ 21:20,21)そう   1 世紀  出来事 は,エホバ  現代   たち  進展  先例  なり まし た。ま  なく サタン  事物  体制  滅び,神  組織  終わり    生き残り ます。(テモ 二 3:1)その こと  どうして 確信 できる でしょ  か。

2. 「大 患難」に つい  イエス    言い まし  か。それ  どの よう    始まり ます か。

2 イエス は,ご自分    見え ない 臨在  事物  体制  終結  つい  こう 言い まし た。「世  初め から   至る まで 起き  こと  なく,いいえ,二   起き ない よう   患難  ある から です」。(マタ 24:3,21)その かつて ない 患難 は,エホバ  政治 勢力  用い て,偽り  宗教  世界 帝国  ある「大いなる バビロン」に 滅び  もたらす   始まり ます。(啓 17:3‐5,16)次い    起きる でしょ  か。

 サタン  行動  ハルマゲドン  つながる

3. 偽り  宗教  滅ん  後,エホバ    どんな 攻撃  仕掛け られ ます か。

3 偽り  宗教  滅ん  後,サタン  サタン    様々  要素  エホバ   たち  攻撃  ます。聖書 は「マゴグ    ゴグ」に つい て,こう 予告    ます。「あなた  あらし  よう  入っ  来る。あなた は,あなた  その すべて   と,あなた    いる 多く   は,その   覆う   よう  なる」。エホバ  証人  軍隊  持た ず,地上  最も 平和   たち  ある ため,容易  打ち負かせる よう  思える こと でしょ う。しかし その 攻撃  大きな 間違い  ある こと  明らか  なり ます。―エゼ 38:1,2,9‐12

4,5. エホバ は,ご自分   たち  サタン  滅ぼそ   する 時,どの よう  反応 なさい ます か。

4  は,ご自分    サタン  滅ぼそ   する 時,どの よう  反応  さる でしょ  か。エホバ    ため  事態  介入 し,宇宙 主権      権利  行使 なさい ます。僕 たち   攻撃  ご自分  対する 攻撃  みなさ  ます。ゼカリヤ 2:8  読む。)それゆえ    は,わたしたち  救い出す ため,直ちに 行動   ください ます。「全能  なる   大いなる   戦争」で ある ハルマゲドン  サタン    滅ぼし,わたしたち  救出   くださる  です。―啓 16:14,16

5 ハルマゲドン  つい て,聖書 預言  こう 述べ   ます。「『エホバ   国民  戦わす 論争  ある から  ある。すべて   なる   対し て,神 ご自身  必ず 裁き  行なわ れる。邪悪   たち  関し  は,神  必ず 彼ら    渡さ れる』と,エホバ  お告げ  なる。万軍  エホバ  この よう  言わ  た。『見よ,災い   から      行き,激しい  あらし    最果て から 引き起こさ れる。そして,エホバ  打ち殺さ れる  は,その 日,地  一方  果て から   他方  果て  まで 及ぶ  あろ う。彼ら  嘆き悲しま  ず,集め られ ず,葬ら    ない。彼ら      肥やし  よう  なる』」。(エレ 25:31‐33)ハルマゲドン  より,今  邪悪  事物  体制  終わり  至り ます。サタン    なくなり,エホバ  組織  地上  部分  存続  ます。

今日 エホバ  組織  繁栄   いる   なぜか

6,7. (イ)「大 群衆」を 成す  たち  どこ から  ます か。(ロ)近年,どんな 増加  生じ   ます か。

6   組織  地上  存在  続け,繁栄   いる  は,組織  地上  部分  成す  たち    是認  受け  いる から です。聖書  こう 保証    ます。「エホバ      かなっ   たち    あり,その   彼ら  祈願  向け られる」。(ペテ 一 3:12)義  かなっ   たち  は,「大 患難 から   来る」人々  ある「大 群衆」が 含ま    ます。(啓 7:9,14)その 生き残る  たち  単なる「群衆」では あり ませ ん。「大 群衆」 呼ば れ,非常  大勢  ある こと  分かり ます。あなた は,「大 患難」を 生き残る  たち    自分  いる   思い描け ます か。

7  群衆  成す  たち  どこ から 来る  でしょ  か。その  たち は,イエス  臨在  しるし  一部    予告   事柄  よっ て,集め られ   ます。イエス  こう 言い まし た。「王国  この 良い たより は,あらゆる 国民  対する 証し  ため に,人  住む 全地  宣べ伝え られる でしょ う。それ から 終わり  来る  です」。(マタ 24:14)これ は,この 終わり      組織  行なう 主要  務め です。エホバ  証人  世界   伝道  教育  より,何百万     が「霊  真理  もっ て」神  崇拝 する よう  なっ   ます。(ヨハ 4:23,24)ここ 10 年 ― 2003 奉仕 年度 から 2012 奉仕 年度 ― で,270万7,000  以上     献身  象徴    バプテスマ  受け まし た。世界  は,現在 790万    超える 証人 たち   ます。さらに   一度  記念    など  は,それ  何百万     加わり ます。「神  それ  ずっ  成長    くださっ た」の で,わたしたち    誇る こと   ませ ん。(コリ 一 3:5‐7)しかし,大 群衆  年々   増し,大きく なっ  いる こと  間違いあり ませ ん。

8. エホバ  現代  組織  おい  際立っ  増加   られ  いる   どうして です か。

8       際立っ  増え  いる  は,エホバ  ご自分  証人 たち  導い  おら れる から です。イザヤ 43:10‐12  読む。)この 増加    よう  預言     まし た。「小さな     なり,小 なる   強大  国民  なる。わたし 自ら,エホバ が,その   速やか  それ  行なう」。(イザ 60:22)かつて,油そそが   残り   は「小さな 者」の よう でし た。しかし,霊的 イスラエル  さらに   組織  招き入れ られ,その   増し まし た。(ガラ 6:16)エホバ  長年  わたり 祝福   くださり,大 群衆  集め られる こと  よっ  増加  続い   ます。

エホバ  わたしたち  求め  おら れる こと

9.   言葉  約束 する 明るい 将来  経験 する  は,どう  なけれ  なり ませ  か。

9 わたしたち は,油そそが   クリスチャン  あれ  群衆  あれ,神  言葉  約束 する 明るい 将来  経験 でき ます。と  いえ,その ため  は,エホバ  求め  おら れる こと  従わ なけれ  なり ませ ん。(イザ 48:17,18)モーセ  律法     イスラエル   つい  考え  ください。律法  目的  一つ  イスラエル    保護 する こと でし た。民 は,性的 行動,商 取引,子育て,人   接し方 など  定める 有益  法令  よっ  守ら    です。(出 20:14。レビ 19:18,35‐37。申 6:6‐9)神  求め  おら れる こと  従う なら,わたしたち  同様     られ ます。神  ご意志  行なう こと  重荷   たり   ませ ん。ヨハネ  一 5:3  読む。)イスラエル   律法  よっ  守ら   よう に,エホバ   律法  原則  従う なら,わたしたち  保護  れ,「信仰    健全」な 状態  保てる  です。―テト 1:13

10. 聖書  研究  毎週    家族  崇拝  ため  時間  取り分ける べき    なぜ です か。

10 エホバ  組織  地上  部分 は,様々    前進    ます。例えば,聖書  真理  理解  いっそう 明確  なっ   ます。そう なっ  ゆく       こと です。「義 なる  たち  道筋 は,日  堅く 立て られる まで いよいよ 明るさ  増し  ゆく 輝く   よう だ」と ある から です。(箴 4:18)それで,こう 自問 する   よい こと です。「聖書  真理  精錬    理解  付い  いっ  いる だろ  か。聖書  毎日 読む こと  習慣  なっ  いる だろ  か。エホバ  証人  出版   熱心  読ん  いる だろ  か。晩  家族  崇拝  毎週 行なっ  いる だろ  か」。これら  行なう  は,ほとんど    とっ  難しすぎる こと   ない でしょ う。問題  その ため  時間  取り分ける  どう  です。大 患難  間近  迫る 今,聖書  正確  知識  取り入れ,適用 し,霊的  進歩 する   とても 重要  こと です。

11. 古代  祭り  現代  集会  大会 は,どんな   もたらし   まし  か。

11 エホバ  組織  わたしたち  最善  願っ て,使徒 パウロ    助言  従う よう    勧め   ます。「互い  こと  よく 考え    りっぱ     鼓舞  合い,ある 人々  習慣    いる よう に,集まり合う こと  やめ たり  ず,むしろ 互い  励まし合い,その   近づく     ますます そう  よう では あり ませ  か」。(ヘブ 10:24,25)イスラエル  は,年 ごと  祭り  崇拝  ため    集まり  よっ  霊的  強め られ まし た。そう   集い は,ネヘミヤ  時代  仮小屋  祭り  よう に,喜ばしい ひととき   あり まし た。(出 23:15,16。ネヘ 8:9‐18)わたしたち  集会  大会 から 同様     られ ます。わたしたち  霊的 健康  幸福  ため  そう   備え  十分  活用  ましょ う。―テト 2:2

12. 王国 伝道  活動  つい て,わたしたち  どう 感じ ます か。

12   組織  交わる    て,わたしたち  は「神  良い たより   なる 業」に 参加 する 喜び  あり ます。(ロマ 15:16)この「聖 なる 業」に 加わる こと  より,「聖 なる 方」エホバ と「共  働く 者」と なれ ます。(コリ 一 3:9。ペテ 一 1:15)良い たより  伝道  よっ て,エホバ   なる み名  神聖  もの  する こと  貢献 でき ます。そして,「幸福    栄光 ある 良い たより」を 託さ れる  いう  は,確か  この  ない 特権 です。―テモ 一 1:11

13. 霊的  健康,そして  そのもの    かかっ   ます か。

13  は,わたしたち    堅く 付き,神  組織  様々  活動  協力 する こと  より,霊的  健康  保つ よう 願っ  おら  ます。モーセ  イスラエル   こう 言い まし た。「わたし  今日,天    あなた方  対する 証人    立て,あなた      死,祝福  呪い  置い た。あなた    選び,あなた  あなた  子孫    生き つづける よう   なけれ  なら ない。すなわち,あなた   エホバ  愛し,その   聴き従い,これ  堅く 付く   ある。神  あなた  命,あなた  長い 日々    あり,エホバ  あなた  父祖 アブラハム,イサク,ヤコブ  与える こと  誓わ   その   あなた  住む ため  ある」。(申 30:19,20)わたしたち   は,エホバ  ご意志  行ない,エホバ  愛し,その   聴き従い,エホバ  堅く 付く こと  かかっ   ます。

14.    兄弟 は,神  組織    見える 部分  つい  どの よう  感じ   まし  か。

14 プライス  ヒューズ 兄弟  強い 決意    堅く 付き,神  組織    歩調  合わせ   です。かつて こう 書き まし た。「1914   目前    その 初期  時代 から……私  エホバ  お目的  関する 知識  よっ  生き  こら   こと  深く 感謝    ます。私  とっ  非常  重要 だっ  こと  一つ 挙げる  すれ ば,それ    見える エホバ  組織  しっかり 付い  ゆく  いう こと です。私  若い ころ  経験 から,人間   推論  頼る   いかに  健全  ある   学び まし た。そして,ひとたび それ    銘記   から は,この 忠実  組織  ずっ  とどまろ   決意  まし た。それ 以外  どの よう    エホバ  恵み  祝福  得る こと  できる でしょ  か」。

  組織    前進  続ける

15. 聖書  関する 理解  精錬  どう 見る べき   示す,どんな   聖書  あり ます か。

15 個人    エホバ  恵み  祝福  受ける こと  願う なら,エホバ  組織  支持 し,聖書  理解  調整  受け入れる 必要  あり ます。次    考え    ください。イエス  亡くなっ    時代,律法  対し  熱心  律法 から 離れ られ     ユダヤ   クリスチャン   まし た。(使徒 21:17‐20)しかし  パウロ  手紙  より,「律法  したがって ささげ られる」犠牲  よっ    なく,「イエス  キリスト    ただ 一度 かぎり ささげ られ  こと  よっ て」神聖  され  いる  いう こと  強調  まし た。(ヘブ 10:5‐10)ユダヤ   クリスチャン  多く  考え方  調整 し,霊的  前進    違いあり ませ ん。わたしたち  勤勉  研究 し,神  言葉  理解  伝道 活動  関し  調整  ある 場合  受け入れる   持つ 必要  あり ます。

16. (イ)新しい   味わえる 素晴らしい 祝福   どんな もの  あり ます か。(ロ)あなた  新しい    どんな こと  楽しみ     ます か。

16 エホバ  エホバ  組織   忠節  保つ   皆,絶える こと  ない 祝福  受け ます。油そそが   忠実   たち は,天  キリスト  共同  相続   なる  いう 大きな 特権   ます。(ロマ 8:16,17)地的  希望  持つ  は,パラダイス   生活  どれ ほど 喜ばしい もの  なる か,思い描い    ください。今 エホバ  組織  一員   て,神  約束    新しい   つい  人々  語れる   大きな 喜び です。(ペテ 二 3:13)「柔和   たち    所有 し,豊か  平和  まさに 無上  喜び  見いだ」し ます。(詩 37:11)人々 は「家  建て  住み,……自分    業」を 楽しみ ます。(イザ 65:21,22)抑圧  貧困  飢え  もう あり ませ ん。(詩 72:13‐16)大いなる バビロン  もはや 存在  ず,人々  惑わす こと  あり ませ ん。(啓 18:8,21)亡くなっ    生き返り,永遠  生きる 機会  与え られ ます。(イザ 25:8。使徒 24:15)エホバ  献身   何百万     は,何    躍る 見込み  ある  でしょ う。こう   聖書  約束  実現  個人    経験 する  は,霊的  進歩  続け,神  組織    前進     歩調  合わせ なけれ  なり ませ ん。

自分  パラダイス  いる ところ  思い描け ます か(16   参照)

17. エホバ  崇拝  エホバ  組織  対し  どんな 態度  示す べき です か。

17 この 体制  終わり  迫っ  いる 今,信仰  おい  堅く 立ち続け,崇拝  ため    取り決め  深く 感謝  ましょ う。詩編 作者 ダビデ  まさに その よう  態度  示し まし た。こう 歌っ   ます。「わたし  一つ  こと  エホバ  願い求め た ― わたし  それ  待ち望む。すなわち,エホバ  快さ  見る ため,その 神殿  感謝  思い  抱い  見つめる ため に,命    限り エホバ    住む こと を」。(詩 27:4)わたしたち 一人一人    堅く 付き,神    歩調  合わせ,エホバ  組織    前進  続け  ゆけ ます よう に。