内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年5月

『わたしの食物とは,神のご意志を行なうことです』

『わたしの食物とは,神のご意志を行なうことです』

どの よう  こと  大きな 喜び  感じ ます か。結婚 生活,子育て,友情  育む こと など,人   かかわり でしょ  か。愛する  たち  食事  する こと   喜び  感じる でしょ う。しかし,エホバ    とっ て,とりわけ 大きな 報い  もたらす  は,神  ご意志  行なう こと,み言葉  研究,良い たより  伝道   ない でしょ  か。

古代 イスラエル   ダビデ は,創造   賛美 し,こう 歌い まし た。「わたし   よ,あなた  ご意志  行なう こと  わたし  喜び   まし た。あなた  律法  わたし   なる   あり ます」。(詩 40:8)ダビデ  生涯 中,様々  困難  圧力  面し まし  が,神  ご意志  行なう こと    喜び  感じ   です。もちろん,まこと   エホバ  仕える 喜び  感じ   は,ダビデ だけ   あり ませ ん。

使徒 パウロ は,詩編 40  8   メシア,つまり キリスト  当てはめ,次  よう  書き まし た。「世  来る 時,彼[イエス]は こう 言い ます。『「犠牲  捧げ物  あなた  望ま ず,わたし  ため    備え  くださっ た。あなた   焼燔  捧げ物    捧げ物  是認   なかっ た」。そこで わたし  言っ た,「ご覧 ください,わたし  参り まし た(書  巻き物  わたし  つい  書い  あり ます),神 よ,あなた  ご意志  行なう ため に」』」。―ヘブ 10:5‐7

イエス  地上    際,創造   観察  たり,友  過ごし たり,食事     たり   楽しま  まし た。(マタ 6:26‐29。ヨハ 2:1,2; 12:1,2)それでも,イエス  主要  関心事 また 最大  喜び は,天    ご意志  行なう こと でし た。実際,イエス は,「わたし  食物  は,わたし  遣わし    ご意志  行ない,その み業  なし 終える こと です」と 言わ  まし た。(ヨハ 4:34; 6:38)弟子 たち は,自分 たち  主人 イエス から   幸福  秘訣  学び まし た。そして,大きな 喜び  抱い て,熱心  王国  音信  伝え まし た。―ルカ 10:1,8,9,17

『行っ て,人々  弟子   なさい』

イエス  追随  たち  こう 命じ まし た。「行っ て,すべて    人々  弟子  し,父    聖霊     おい  彼ら  バプテスマ  施し,わたし  あなた方  命令   事柄 すべて  守り行なう よう  教え なさい。そして,見よ,わたし  事物  体制  終結   まで いつ    あなた方    いる  です」。(マタ 28:19,20)この 務め   は,人  いる  なら どこ   宣べ伝え,関心  示し     訪問 し,聖書 研究  司会 する こと  含ま  ます。こう    は,大きな 喜び    なり ます。

 は,どんな 冷淡  態度  面し   宣べ伝え 続ける   なる

人々  音信  関心  示す  どう   かかわり なく,宣教  喜び  見いだす こと  でき ます。それ  は,わたしたち  考え方  大きく 関係    ます。冷淡   関心  態度  示さ   も,なぜ 良い たより  宣明  続ける  でしょ  か。王国  宣べ伝え  弟子  作る   よっ て,神  隣人     表わす こと  できる から です。わたしたち  隣人    かかっ  いる  です。(エゼ 3:17‐21。テモ 一 4:16)では,難しい 区域  奉仕 する 際,熱意  保つ うえ で,多く  仲間  奉仕   助け  なっ  幾つ     つい  考え ましょ う。

あらゆる 機会  活用 する

ふさわしい 質問  する なら,しばしば 良い 結果   られ ます。アマリア  いう 姉妹 は,ある   午前 中,公園  新聞  読ん  いる 男性  見かけ まし た。男性  近づき,良い ニュース  あり ます か,と 質問  まし た。何  ない  いう 返事  聞く と,「実 は,神  王国  つい   良い ニュース  ある  です よ」と 述べ まし た。その 言葉  関心  そそら   男性 は,聖書 研究  応じ まし た。アマリア は,3   聖書 研究  この 公園  取り決める こと  でき まし た。

ジャニス は,職場  自分  伝道 区域   まし た。一   警備   同僚 が「ものみの塔」誌  記事  関心  示し   で,ジャニス  雑誌  定期   持っ  くる こと  申し出 まし た。別  女性   同じ 提案    ところ,その  は,「ものみの塔」誌 と「目ざめよ!」誌  色々  情報  載せ られ  いる     入り,喜ん  くれ まし た。さらに   女性  その こと  知り,自分  雑誌  欲しい  言っ   まし た。「エホバ  本当  祝福   ください まし た」と ジャニス  言い ます。姉妹  職場  11   雑誌 経路  持つ よう  なっ   です。

積極  

ある 旅行 する 監督 は,家 から   伝道  奉仕  が,「また お伺い  ます」と だけ 言っ  訪問  終える こと  ない よう   述べ   ます。では,どう  たら よい  でしょ  か。「どの よう  聖書  学ぶ こと  できる か,お見せ  ましょ  か」と か,「この   続き  でき たら うれしい  です が,ご都合  良い 日時  教え  いただけ ます か」と     尋ねる こと  でき ます。旅行 する 監督  報告  よれ ば,ある 会衆  は,こう   方法  訪問   1    44   家庭 聖書 研究  取り決まり まし た。

 訪問  すぐ に ― 数  以内 に ― 行なう なら,非常  効果  です。なぜ です か。聖書  理解 できる よう   正直   たち  助け たい  本当  願っ  いる こと  示せる から です。ある 女性 は,なぜ エホバ  証人   聖書 研究  応じ     尋ね られ,「エホバ  証人  誠実  関心    示し  くれ  から です」と 答え まし た。

「どの よう  聖書  学ぶ こと  できる か,お見せ  ましょ  か」と     尋ねる こと  できる

 マダイ  いう 姉妹 は,開拓 奉仕 学校  出席   から わずか   に,15   聖書 研究  司会 する よう  なり,さらに 5   ほか  奉仕   引き継い  もらい まし た。何    研究  は,集会  定期   出席 する よう  なっ   ます。なぜ こんな  多く  研究  始める こと  でき   でしょ  か。開拓 奉仕 学校 で,最初  訪問  関心  示し    会える まで      訪問 する よう 強調     です。聖書  真理  知る よう 大勢    援助     姉妹 は,「エホバ  知り たい  願う  たち  援助 する うえ で,粘り強い  訪問  欠か  ませ ん」と 言っ   ます。

すぐ  訪問 する なら,聖書  理解  たい  願う  たち  対する   関心  抱い  いる こと  示せる

 訪問  行なっ たり,聖書 研究  司会  たり する  は,勤勉  努力  求め られ ます。と  いえ,努力  はるか  上回る 報い  あり ます。王国  宣べ伝える   打ち込む なら,「真理  正確  知識  至る」よう     助ける こと  でき ます。それ は,真理  受け入れる   とっ  救い  意味 する こと  なり ます。(テモ 一 2:3,4)そして,わたしたち  とっ  は,比類  ない 喜び  満足  もたらす もの  なる  です。