アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年4月

 ライフ  ストーリー

全時間奉仕 ― 素晴らしい生き方

全時間奉仕 ― 素晴らしい生き方

65   わたる  時間 奉仕  振り返る と,まさしく 喜び  満ち  日々 だっ   感じ ます。もちろん,悲しい   落胆     全く なかっ  わけ   あり ませ ん。(詩 34:12; 94:19)しかし,全体   は,非常  報い  多い 有意義  人生  送っ   まし た。

1950  9  7 日,私  ブルックリン  ベテル  一員  なり まし た。当時  ベテル 家族  は,様々   から   19  から 80  まで  兄弟 姉妹  355   て,その 多く  油そそが   クリスチャン でし た。

どの よう  エホバ  仕える よう  なっ  

バプテスマ  日,10 

 が,「幸福  神」に 仕える こと  教え  くれ まし た。(テモ 一 1:11)母    幼い ころ  エホバ  仕え 始め まし た。1939  7  1 日,私  10    に,米国 ネブラスカ  コロンバス  行なわ   地帯 大会(現在  巡回 大会)で バプテスマ  受け まし た。借り  小さな ホール   100   集まり,ジョセフ  ラザフォード  よる「全体 主義  自由 か」と いう 講演  録音    傾け まし た。ところが,話  半ば  過ぎ  ころ,ホール    暴徒  群がっ   まし た。暴徒 たち    押し入り,集まり  やめ させ,私たち      追い出し まし た。ある 兄弟  農場   から さほど 遠く ない   あっ   で,私たち  そこ  集まり,プログラム  残り  聞き まし た。バプテスマ  忘れ がたい   なっ   は,言う まで  あり ませ ん。

    真理  うち  育て よう  骨折っ  くれ まし た。父  いい  で,優しい 父親 でし  が,宗教    霊的  福祉   あまり 関心  あり ませ  でし た。母  オマハ 会衆      証人 たち から,私  大いに 必要      励まし  受け まし た。

人生  転換 

高校  卒業  控え,その   人生  どう する  決め なけれ  なり ませ  でし た。在学 中,毎年  夏休み  は,同 年代   たち  一緒  休暇 開拓 奉仕(現在  補助 開拓 奉仕)を 行なっ   まし た。

ギレアデ 学校   7   卒業   ばかり の,2   若い 独身  兄弟 ― ジョン  チミクリス  テッド  ジャラズ ― が,私たち  住む 地域  旅行 する 奉仕  行なう よう 割り当て られ まし た。2   まだ 20  前半   聞い て,びっくり  まし た。私  18  で,間  なく 高校  卒業 する ところ でし た。チミクリス 兄弟 から,その  どう する    聞か        覚え   ます。私  答える と,兄弟  こう 励まし  ください まし た。「そう  ね,すぐ   時間 奉仕  始める  いい よ。きっと 素晴らしい  こと  待ち受け  いる から」。その アドバイス  兄弟 たち  模範 に,私    強く 動かさ  まし た。それで,卒業 後,1948   開拓 奉仕  始め まし た。

ベテル  招待  れる

1950  7 月,ニューヨーク   ヤンキー  スタジアム  開か   国際 大会 に,両親    出席  まし た。その 大会 で,ベテル 奉仕  関心  ある   ため  集まり   まし た。その 後,ベテル  奉仕  たい  いう   手紙  送り まし た。

 は,私  実家  暮らし ながら 開拓  行なう こと  反対   ませ  でし  が,家賃  食費  幾らか 払う よう   言い まし た。それで,8  初旬  ある 日,仕事  探し  行く こと   まし た。出かける   郵便 受け  のぞく と,ブルックリン から  宛て  手紙  届い   まし た。ネイサン  H  ノア  署名 入り で,こう 書か    まし た。「あなた から ベテル 奉仕  申込   受け取り まし た。主  取り去ら れる まで ベテル  とどまる こと  同意   おら  ます ね。1950  9  7  に,ニューヨーク  ブルックリン  コロンビア  ハイツ 124   ある ベテル  おい  ください」。

その 日,父  仕事 から 帰っ    時,働き   見つかっ  こと  伝え まし た。「それ  良かっ た。どこ  働く  だ?」と 聞か    で,「ブルックリン  ベテル。月  10  もらえる みたい」と 答え まし た。父  少し ショック  受け  よう でし  が,その   選ん    あれ  最善  尽くす よう に,と 言い まし た。それ から 程なく  て,父  1953   ヤンキー  スタジアム  大会  バプテスマ  受け まし た。

一緒  開拓      アルフレッド  ヌスララー 

うれしい こと に,一緒  開拓      アルフレッド  ヌスララー  同じ   ベテル  招待     で,2   行き まし た。アルフレッド    結婚 し,妻  ジョアン    ギレアデ  行っ て,レバノン  宣教  奉仕  行ない まし た。その 後,米国  戻っ  旅行 する 奉仕   まし た。

ベテル   割り当て

  最初,製本 部門  割り当て られ,本  糸かがり   まし た。初めて 生産  携わっ   は,「宗教  人類      成し  か?」と いう  です。製本 部門  8 か月 ほど   後,奉仕 部門  割り当て られ,トーマス  J  サリバン 兄弟  もと  働く こと  なり まし た。兄弟    働く   喜び で,兄弟  組織  長年      霊的  知恵  洞察 から たくさん     まし た。

奉仕 部門  働い  3  近く たっ  ころ,工場  監督  マックス  ラーソン から,ノア 兄弟    呼ん  いる  言わ  まし た。何  失敗    しまっ     不安  なり まし  が,そう   なかっ    ほっ   まし た。ノア 兄弟 から,近い 将来  ベテル  去る 計画  ある  尋ね られ まし た。兄弟  一時   自分  事務   働い  くれる   探し   て,私  その 割り当て  果たせる  どう  知り たかっ   です。私 は,ベテル  去る 計画  ない  答え まし た。結果   て,その  20   わたり ノア 兄弟  事務   働く 特権  いただき まし た。

いろいろ    話し    こと です が,サリバン 兄弟  ノア 兄弟,また ミルトン  ヘンシェル,クラウス  ジェンセン,マックス  ラーソン,ヒューゴー  リーマー,グラント  スーター  いっ   たち  ベテル  働い  学ん  事柄 は,お金   計れ ない ほど  価値  あり ます。 *

  一緒  奉仕   兄弟 たち は,組織  ため  非常  整然  仕事  行なっ   まし た。ノア 兄弟  疲れ  見せ   働く  で,王国    最大限  進展 する こと  願っ    まし た。事務   働く   皆,兄弟  気軽  話しかける こと  でき まし た。ある こと  関し  違う 意見  持っ  いる 場合  も,信頼  失う こと  恐れ   自由  話せ まし た。

ある 時,ノア 兄弟 が,小さく 思える よう  こと   忠実  行なう 大切   つい     ください まし た。一例   て,ノア 兄弟  工場  監督 だっ  時,よく ラザフォード 兄弟 から 電話  かかっ   て,「ノア 兄弟,昼食  ため  工場 から こちら  来る 時,消しゴム  幾つ  持っ    ください。仕事  必要   です」と 言わ   そう です。ノア 兄弟 は,まず 備品   行っ  消しゴム    入れ,ポケット  入れ まし た。そして,お昼  ラザフォード 兄弟  事務   持っ  行き まし た。それ  とても 小さな こと でし  が,ラザフォード 兄弟    立っ   です。それ から ノア 兄弟    こう 言い まし た。「わたし      いつも 削ら   鉛筆  ある  助かり ます。毎朝,用意   ください ます か」。長年  間,私  いつも ノア 兄弟  鉛筆  削っ  おき まし た。

ノア 兄弟  よく,仕事  頼ま      指示  注意深く 聞く よう   言っ   まし た。私  一度,ある   どう 扱う   関し  明確  指示  ノア 兄弟 から 与え られ まし  が,注意深く 聞い   ませ  でし た。その 結果,兄弟  きまり  悪い 思い  させ  しまい まし た。私  大変  こと    しまっ   思い,ノア 兄弟  短い 手紙  書き まし た。自分    こと  深く 後悔   おり,別  部門  異動  なっ  ほう  よい  思う,と 伝え   です。その   後刻,ノア 兄弟         て,こう 言い まし た。「ロバート,手紙   まし  よ。確か  あなた  間違い   まし  ね。でも その こと  つい   もう 話し まし  し,あなた  今後  もっと 注意 する  確信    ます。さあ,仕事   ましょ う」。兄弟  優しい 気遣い   から 感謝  まし た。

結婚  考える

ベテル  入っ  8   たっ  時点  は,ベテル 奉仕  続ける こと 以外  特に 考え   ませ  でし た。しかし,気持ち  変わり ます。1958   ヤンキー  スタジアム  ポロ  グランド  国際 大会  行なわ   ころ,私  ロレイン  ブルックス  再会  まし た。初めて 会っ   は,ロレイン  カナダ  モントリオール  開拓 奉仕      1955   こと です。私  ロレイン   時間 奉仕  対する 態度 や,エホバ  組織  遣わさ れる  なら どこ    行き たい  いう 気持ち に,感心  まし た。ロレイン  ギレアデ 学校  行く こと  目標     て,1956 年,22      27   クラス  招待   まし た。卒業   宣教     ブラジル  奉仕 する よう 割り当て られ まし た。私たち  1958   親交  深め,ロレイン    プロポーズ  受け入れ  くれ まし た。計画    は,次    結婚 し,できれ  一緒  宣教  奉仕  行ない たい  思い まし た。

ノア 兄弟  自分  意向  話す と,あと 3  待っ  から 結婚   ブルックリン  ベテル  奉仕 する よう に,と 勧め られ  まし た。当時,結婚   ベテル  とどまる ため  は,どちら   ベテル  10  以上 奉仕 し,もう 一方  少なく   3   奉仕   いる 必要  あり まし た。それで,ロレイン  結婚 する  に,ブラジル  ベテル  2  間,ブルックリン  ベテル  1   奉仕 する こと  同意  まし た。

婚約   最初  2   は,手紙   やり取り しか でき ませ  でし た。電話  お金  かかり すぎ まし  し,当時  E メール など なかっ  から です。私たち  1961  9  16   結婚 し,ノア 兄弟  結婚      ください まし た。待っ  いる       確か  長く 感じ まし た。しかし 今,50   超える 結婚 生活  通し  味わっ  大きな 喜び  満足  つい  考える と,待っ  かい  あっ   思い ます。

結婚   当日。左 から,ネイサン  H  ノア,パトリシア  ブルックス(ロレイン  妹),ロレイン  私,カーティス  ジョンソン,フェイ  ウォーレン  ロイ  ウォーレン(私  両親)

様々  奉仕  特権

1964 年,私  地帯 監督      国々  訪問 する 特権  いただき まし た。当時    同伴 する こと  でき ませ  でし  が,1977   取り決め  調整  れ,妻 たち      訪問 できる よう  なり まし た。その 年,ロレイン    グラント  スーター  エディス  スーター  同行 し,ドイツ,オーストリア,ギリシャ,キプロス,トルコ,イスラエル  ある 支部  訪ね まし た。これ まで    70 ほど  国々  訪問  まし た。

1980   地帯 訪問  ブラジル  訪ね  際,私たち  ベレン  いう 赤道 直下  都市  行き まし た。そこ  ロレイン  宣教     奉仕      です。さらに,マナウス   寄っ  兄弟 たち  訪ね まし た。スタジアム    行なっ  時,固まっ  座っ  いる ある グループ   たち    留まり まし た。ブラジル   普通,女性 たち  互い    キス  し,兄弟 たち  握手  交わし ます が,その グループ   たち  そう   習慣  従っ   ませ  でし た。なぜ でしょ  か。

その  たち は,アマゾン 熱帯 雨林  奥地  ある ハンセン  療養  から  た,愛する 兄弟 姉妹 たち でし た。安全  配慮  て,他  出席  たち  触れ合う   避け     です。しかし,私たち  その 兄弟 姉妹 たち  様子    打た  まし た。その 喜び  満ち  表情 は,決して 忘れる こと  でき ませ ん。「わたし   たち    良い 状態  ゆえに 喜び叫ぶ」と いう イザヤ   言葉  とおり   思い まし た。―イザ 65:14

報い  多い 有意義  人生

ロレイン    しばしば,エホバ   奉仕  打ち込ん    60  余り  歳月  思い返し ます。組織  通し  エホバ  導い  いただい  結果,たくさん  祝福      こと  とても うれしく 思っ   ます。私  かつて  よう  世界   旅する こと  でき なく なり まし  が,今  統治   援助    て,調整  委員   奉仕 委員     日々 働い   ます。その よう    世界   兄弟 たち  支える 仕事  一端  担える 特権  深く 感謝    ます。大勢  若い 兄弟 姉妹 が,「ここ  わたし  おり ます! わたし  遣わし  ください」と 述べ  イザヤ  同じ 態度   時間 奉仕  とらえ  いる 姿  は,感動  覚え ます。(イザ 6:8)その 生き方 は,ずっ    巡回 監督     くれ  こと  思い起こさ  ます。「すぐ   時間 奉仕  始める  いい よ。きっと 素晴らしい こと  待ち受け  いる から」と いう その 言葉 は,まさに 真実   です。

^ 20節 これら  兄弟 たち  ライフ  ストーリー は,以下 の「ものみの塔」誌  掲載     ます。トーマス  J  サリバン(1965  11  15  号),クラウス  ジェンセン(1969  10  15  号[英語]),マックス  ラーソン(1989  9  1  ),ヒューゴー  リーマー(1964  12  1  号),グラント  スーター(1983  12  1  )。