内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年4月

勇気を持ちなさい ― エホバはあなたの助け主!

勇気を持ちなさい ― エホバはあなたの助け主!

「わたしたち  勇気  持っ て,『エホバ  わたし  助け主……』と 言い ます」。―ヘブ 13:6

1,2. 外国  働い     たち  故国  戻っ  後,しばしば どんな 問題  直面  ます か。(冒頭  写真  参照。)

エドアルド  いう 兄弟  こう 語り ます。 * 「わたし  外国  働い   まし た。責任 ある 立場  おり,かなり  収入  あり まし た。でも,エホバ  証人  聖書  勉強  て,もっと 大切  責任  ある こと  理解 する よう  なり まし た。家族  物質   養う だけ  なく,霊的   養う  いう 責任 です。それで,家族  いる 故国  戻り まし た」。―エフェ 6:4

2 エドアルド は,家族  もと  戻っ    エホバ  喜ん  おら れる,と 思い まし た。しかし,前  記事  マリリン  同様,家族    取り戻す ため  ずっ  努力  なけれ  なり ませ  でし た。厳しい 不況    妻子  養う  も,大きな 問題 でし た。エドアルド  どう する でしょ  か。会衆  兄弟 姉妹  どんな 援助  差し伸べる こと  できる でしょ  か。

家族 生活  霊性  立て直す

3.      ない と,子ども たち  どう なり ます か。

3 エドアルド  こう 述べ   ます。「わたし  導き  愛情  本当  必要 だっ  時期 に,子ども たち  なおざり      こと  思い知らさ  まし た。家   なかっ   で,聖書  物語  読ん  あげ たり,一緒  祈っ  たり,抱き締め たり,遊ん だり でき ませ  でし た」。(申 6:7)長女  アンナ  こう 言い ます。「父     なかっ   で,ずっ  不安 でし た。父  帰っ    時,顔       分かり まし  が,抱き締め られ  も,何     感じ でし た」。

4. 父親  家族 から 離れる と,家族       役割  果たす こと に,どんな 影響  あり ます か。

4 父親  家族 から 離れる と,家族       役割  十分 果たす こと  難しく なり ます。エドアルド   ルビー は,こう 説明  ます。「これ まで,父親  役目 も,やむ なく わたし  果たし   まし た。家族  関する 事柄  決定 する   大抵,わたし  仕事 でし た。夫  帰っ    後,クリスチャン  服従  本当  意味  学ぶ 必要  あり まし た。今   時々,夫    いる  いう こと  自分  言い聞かせ なけれ  なり ませ ん」。(エフェ 5:22,23)エドアルド  こう 付け加え ます。「娘 たち は,何   する とき  母親  許し  求める こと  習慣  なっ   まし た。ですから,わたしたち     て,子ども たち  共同 戦線  張る 必要  あり まし た。父親  ある わたし は,クリスチャン らしい リーダーシップ  取り方  学ば なけれ  なり ませ  でし た」。

5. エドアルド は,故国  戻っ  後,家族   関係  立て直す ため に,何   まし  か。どんな 結果  なり まし  か。

5 エドアルド は,家族   関係  修復   家族  霊的  強める ため  頑張ろ   思い まし た。こう 語っ   ます。「目標     は,言葉  手本  より 真理  子ども たち  教え込む こと です。エホバ  愛する  言う だけ   なく,エホバ     示す こと です」。(ヨハ 一 3:18)エホバ  その 努力  祝福   まし  か。アンナ  こう 言い ます。「良い 父親  なっ  再び 子ども たち  近づこ   する 努力   て,大きな 影響  受け まし た。会衆  資格  とらえ よう  する  を,誇らしく 思い まし た。この   わたしたち  エホバ から 引き離そ    ます が,両親  真理    焦点  合っ  いる  で,両親  よう  なろ   思い まし た。父 は,二   家族  離れる こと  ない  約束   くれ,その 通り     ます。もし そう  なかっ たら,わたし  今,きっと エホバ  組織    ない  思い ます」。

責任  受け入れる

6. バルカン 半島  紛争  生じ  際,多く    どんな 教訓   まし  か。

6 幾つ   経験  示す ところ  よる と,バルカン 半島  紛争  生じ  際,その 地域  住む エホバ  証人  子ども たち は,厳しい 生活 環境     幸福 でし た。なぜ でしょ  か。親  仕事   られ ず,家  子ども  一緒  学ん だり 遊ん だり 話し たり   から です。ここ   教訓  含ま    ます。子ども は,お金  贈り物 以上 に,親  一緒  いる こと  必要  する  です。神  言葉  述べる とおり,子ども   から 関心  示さ  訓練  れる こと  より,益  受ける  です。―箴 22:6

7,8. (イ)家  戻っ  ある  たち は,どんな 間違い   ます か。(ロ)子ども   関係  修復 する ため に,親  どう する こと  でき ます か。

7 残念  こと に,ある  たち    戻っ  から 子ども  反抗   態度  直面 し,「お前  ため  こんな  苦労   いる  に,その 態度   だ」と 言い ます。しかし,子ども  態度  悪い  は,何  言っ        なかっ  から   ない でしょ  か。そう   状況  改善 する ため に,親  どう する こと  でき ます か。

8 家族  本当  気持ち  理解 できる よう,そして 気遣い  示せる よう,エホバ  願い求め  ください。また,家族  話し合う 際,自分   責任  ある  いう こと  認め  ください。心 から 謝る こと  助け  なり ます。一貫   事態  正そ   する 様子  見る なら,家族  あなた  誠実   感じ取り ます。固い 決意  辛抱強さ  あれ ば,家族    敬意  徐々  取り戻せる でしょ う。

 『自分  属する 人々  必要    備える』

9. 『自分  属する 人々  必要    備え』よう   て,物質   もの  ため  あくせく 働く   正しい こと   あり ませ ん。なぜ です か。

9 使徒 パウロ は,年配  クリスチャン  自分 だけ   必要  賄え なく なっ  なら,子ども   たち が「親  祖父母  当然  報礼    ゆく」べき  ある,と 述べ まし た。しかし その  に,衣食住 など 日々  生活  必要  もの  あれ  それ  満足 する よう,すべて  クリスチャン  勧め   ます。高い 生活 レベル  安定   老後  ため  あくせく 働く  は,正しい こと   あり ませ ん。テモテ  一 5:4,8; 6:6‐10  読む。)クリスチャン が『自分  属する 人々  必要    備え』よう   て,間  なく 過ぎ去っ  しまう この   物質     求める 必要  あり ませ ん。(ヨハ 一 2:15‐17)家族 全員 で,神    宿る 新しい   の「真    しっかり とらえる」よう   ましょ う。「富  欺き  力」や「生活   思い煩い」に より,その 見込み  危険  さらさ  ない よう   べき です。―テモ 一 6:19。マル 4:19。ルカ 21:34‐36

10. 借金   ない よう  する   賢明   は,なぜ です か。

10 ある 程度  お金  必要  ある こと を,エホバ  ご存じ です。しかし,お金  敬虔  知恵  よう  は,わたしたち  守っ たり 支え たり でき ませ ん。(伝 7:12。ルカ 12:15)多く  場合,外国  出稼ぎ  行く こと  代償  過小 評価   ます。外国  行け  必ず 多く  収入   られる,と いう わけ   あり ませ ん。むしろ,大きな 危険  伴い ます。借金  増やし  帰っ      少なく あり ませ ん。その よう   たち は,より 自由    仕え られる よう  なっ  わけ   なく,借金   相手  仕える こと  なっ  しまい まし た。箴言 22:7  読む。)賢明   は,借金   ない よう  する こと です。

11. 家族  予算   生活 する なら,経済   負担  どの よう  軽減   ます か。

11 エドアルド は,家族  一緒  幸福  生活  送る  は,お金  使い方  工夫 する 必要  ある こと  知り まし た。それで,妻   に,生活 必需    優先   予算  組み まし た。当然 ながら,以前 より ずっ  引き締まっ  予算  なり まし  が,家族 全員  協力 し,不要  事柄   お金  使い ませ  でし た。 * エドアルド  こう 説明  ます。「例えば,子ども たち  私立  学校  通わせ   まし  が,良い 公立 学校  探し  転校   まし た」。世俗  仕事  つい  も,家族  霊的  日課  妨げ られ ない 仕事  見つかる よう,家族  一緒  祈り まし た。エホバ  どの よう  その 祈り  答え  ください まし  か。

12,13. エドアルド  家族  支える ため    行ない まし  か。生活  簡素   よう  する その 努力 を,エホバ  どの よう  祝福   まし  か。

12 エドアルド  こう 語っ   ます。「最初  2    ぎりぎり  生活 でし た。蓄え  減る 一方 で,わたし  わずか  収入  は,必ずしも 家計  賄え ませ  でし た。体  疲れ まし た。でも,すべて  集会  出席 でき,家族  野外 奉仕  出る こと  でき まし た」。エドアルド は,家族 から 一度   か月 あるいは   離れ  しまう よう  仕事 は,一切  ない よう     ます。「むしろ,様々  種類  仕事  覚える よう   まし た。ある 職種  需要  ない とき は,別  仕事  できる よう  する ため です」と 言い ます。

家族  支える ため,様々  種類  仕事  覚える こと  でき ます か(12   参照)

13 借金  返済  長く かかっ   で,利息  多く 支払う 必要  あり まし た。しかし エドアルド は,エホバ    求め  おら れる よう     家族  一緒  する ため なら,それ  わずか  犠牲   考え まし た。こう 述べ   ます。「今  収入 は,外国  生活       10    達し ませ ん。でも,食べ  ゆけ ます。『エホバ    短く あり ませ ん』。実 は,わたしたち 家族  開拓 奉仕  決意    です が,その   意外  こと  あり まし た。不況  緩和  れ,生活 物資  得る こと が,ずっ    なっ   です」。―イザ 59:1

 親族 から  圧力  対処 する

14,15. 物質   事柄  霊的  事柄 より 優先   よう  する 圧力 に,どの よう  対処 でき ます か。良い 手本  示す なら,どんな 結果  なる   しれ ませ  か。

14 多く  地域  は,親族  友人  お金    贈る こと  習慣  なっ   ます。エドアルド は,「それ  わたしたち  文化 です。みんな,贈り物  する   好き です」と 述べ  から,こう 付け加え ます。「でも,限度  あり ます。親族   その 気持ち  思いやり ながら,『贈り物  できる だけ たくさん  たい が,妻  子ども たち  霊的 必要  日課  大切   たい』,と 説明  ます」。

15 外国   出稼ぎ から 帰っ     たち や,家族  離れ  外国  行く こと  拒む  たち は,しばしば 親族  怒り  買っ たり 軽蔑   たり  ます。親族  落胆  せる こと  あり ます。稼ぎ手    期待    いる から です。冷たい 人間 だ,と 言わ れる 場合  あり ます。(箴 19:6,7)その   つい て,エドアルド   アンナ  こう 言っ   ます。「でも,霊的  事柄  犠牲    まで 物質     求め ない,と いう 態度  示す なら,親族    は,クリスチャン     生活  大切   分かっ  くれる   いる  思い ます。親族  要求  屈し  しまう なら,その こと   から  じまい です」。―ペテロ  一 3:1,2  比較。

  信仰  働か せる

16. (イ)人  どの よう に,「虚偽  推論  よっ  自分  欺く」こと  あり ます か。(ヤコ 1:22)(ロ)エホバ  どんな 決定  祝福   ください ます か。

16   子ども たち  残し て,より 裕福    移動    姉妹 は,その   長老 たち  こう 言い まし た。「ここ  来る ため に,わたしたち  大きな 犠牲  払い まし た。夫  長老   なくなり まし た。ですから,エホバ  この 移動  祝福   くださる よう  から 願っ   ます」。もちろん エホバ は,ご自分   信仰  基づく 決定  祝福   ください ます が,ご意志  反する 決定  祝福  れる はず  あり ませ ん。とりわけ,必要  ない   神聖  特権  手放す よう  決定  あれ ば,なおさら です。―ヘブライ 11:6; ヨハネ  一 5:13‐15  読む。

17. 決定  下す   エホバ  導き  求める べき   は,なぜ です か。どの よう  そう でき ます か。

17 後悔 する こと  ない よう,決定  下す   エホバ  導き  求め  ください。聖霊  知恵  助言  祈り 求め  ください。(テモ 二 1:7)こう 自問   ください。「自分  エホバ  仕える ため,どれ ほど 進ん  犠牲  払う だろ  か。家族     いる よう    エホバ  指示 に,生活 レベル  下がる    も,聞き従う だろ  か」。(ルカ 14:33)長老  助け  求め,聖書  基づく 長老 たち  アドバイス  従っ  ください。そう する なら,あなた  助ける  いう エホバ  約束  対する 信頼  示す こと  なり ます。長老 たち  あなた  代わっ  決定  下す こと  でき ませ ん。しかし,最終   幸福  もたらす 選択  できる よう 助け  くれ ます。―コリ 二 1:24

18. 家族  支える 責任  負っ  いる  は,だれ です か。しかし,どんな 状況  は,ほか   たち  助け  なれ ます か。

18 エホバ  家族   に,家族  支える  いう 日々 の「荷」を 課し  おら  ます。兄弟 たち が,家族  離れ  働く よう 熱心  勧め られ   それ  拒み,頭     責任  果たし  いる   本当  立派 です。わたしたち  そう   兄弟 たち  ため  祈り たい  思い ます。ほか   できる こと  あり ます。災害  医療   緊急 事態 など,突発   出来事  生じ  なら,真  クリスチャン   互い  対する 思いやり  示す こと  でき ます。(ガラ 6:2,5。ペテ 一 3:8)あなた は,緊急 事態  生じ    金銭   援助  でき ます か。仲間  兄弟 たち  仕事  見つかる よう 助ける こと  でき ます か。そう できれ ば,兄弟 姉妹    場所   仕事  求め  家族 から 離れる こと は,必要 なくなる   しれ ませ ん。―箴 3:27,28。ヨハ 一 3:17

エホバ  あなた  助け主 です!

19,20. クリスチャン  エホバ から  助け  確信 できる  は,なぜ です か。

19 聖書  こう 勧め   ます。「あなた方  生活 態度  金銭  対する   ない もの   なさい。そして,今 ある もの  満足  なさい。『わたし  決して あなた  離れ ず,決して あなた  見捨て ない』と[神 は]言っ  おら れる から です。ですから,わたしたち  勇気  持っ て,『エホバ  わたし  助け主,わたし  恐れ ない。人  わたし    なし  よう』と 言い ます」。(ヘブ 13:5,6)エホバ  どの よう  助け主  なっ  おら  ます か。

20 発展 途上   住む 長い 経験  持つ  長老 は,こう 述べ   ます。「エホバ  証人  とても 幸福   言う   少なく あり ませ ん。それ だけ  なく,証人 たち  貧しく   服装  きちんと    て,ほか   たち より 暮らし向き  いい よう  見える,と いう   聞き ます」。王国     する  たち  イエス  約束   こと が,その とおり  なっ  いる  です。(マタ 6:28‐30,33)天   エホバ  あなた  愛し,あなた  お子さん たち  最善  願っ  おら  ます。「エホバ  関し  は,その   あまねく 全地  行き巡っ  おり,ご自分  対し    全き  たち  ため  み力  表わし  くださる  です」。( 二 16:9)エホバ  おきて は,家族 生活  物質   必要  関する もの  含め,わたしたち    なり ます。そう   おきて  従う とき,わたしたち  エホバ     信頼  示す こと  なり ます。「その おきて  守り行なう こと,これ  すなわち      から です。それでも,その おきて  重荷   あり ませ ん」。―ヨハ 一 5:3

21,22. あなた が,ぜひとも エホバ   信頼  示し たい  思う  は,なぜ です か。

21 エドアルド  こう 言い ます。「家族 から 離れ    時間  決して 取り戻せ ない  思い ます。でも,過去  失敗  くよくよ 考え ませ ん。昔  仕事 仲間  多く  裕福 です が,幸せ   あり ませ ん。家庭    深刻  問題  あり ます。でも わたしたち 家族  本当  幸福 です。また,この   兄弟 たち が,貧しく   霊的  事柄       いる   見る と,心  打た  ます。わたしたち  皆,イエス  約束  正しさ  経験   いる  です」。―マタイ 6:33  読む。

22 勇気  出し  ください。エホバ  従い,エホバ  信頼   ください。神   愛,そして 配偶   お子さん     動かさ  て,家族  対する 霊的  責任  果たして ください。そうすれば,『エホバ  あなた  助け主』で ある こと  実感 できる でしょ う。

^ 1節 名前  変え  あり ます。

^ 11節 「目ざめよ!」2011  9   「どの よう  お金  管理  ます か」 いう 特集  参照。