内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年3月

未信者の家族の心を動かす

未信者の家族の心を動かす

「あなた親族もと帰り,エホバあなたくださっすべて事,またあなたかけくださっ憐れみつい知らせなさい」。イエスキリストは,ガリラヤ南東位置ガダラ思われる場所で,ご自分追随なりたい願っよう述べました。イエス人間基本特性,つまり自分関心持ち重要思う事柄親族伝えたいいう願い理解おらです。―マル 5:19

文化よっ違いあるものの,今日この特性よく見受けられます。ですから,まことエホバ崇拝なっは,自分新た見いだし信仰家族親族伝えたい思うものです。しかし,どのよう伝えたら良いでしょか。宗教違う親族や,全く信仰ない親族どのよう動かすことできますか。聖書は,積極実際アドバイス載せられます。

「わたしたちメシア見つけた」

西暦1世紀に,イエスメシアある最初識別アンデレます。アンデレそれすぐだれ伝えでしょか。聖書こうあります。「この人[アンデレ]はまず自分兄弟シモン見つけて,『わたしたちメシア見つけた』と言った(メシアは,訳せば,キリストいう意味ある)」。アンデレペテロイエスところ連れ行っで,ペテロイエス弟子なることできました。―ヨハ 1:35‐42

それから6後,ペテロヨッパ時,そのカエサレア住む士官コルネリオ招かます。ペテロコルネリオ入ると,人々集まっました。どんなでしょか。聖書こう記さます。「もとより,コルネリオは[ペテロその仲間]を待ち受けおり,自分親族親しい友人たち呼び集め た」。コルネリオは,ペテロ聞けるよう親族たち集めました。聞い事柄基づい決定ほしい思っです。―使徒 10:22‐33

親族対するアンデレコルネリオ行動から,どのようこと学べますか。

アンデレコルネリオも,物事成り行き任せませでした。アンデレペテロイエス引き合わました。またコルネリオも,親族ペテロ聞けるようました。といえ,二も,親族キリスト追随なるよう圧力かけたり画策たりませでした。ここからどんな教訓られますか。わたしたち同じようできます。親族少し聖書こと話して,真理仲間兄弟姉妹接する機会設けることできるしれません。それでも,わたしたち親族意思尊重し,圧力かけ不快思いさせないようます。では,どのよう親族援助できるか,ドイツ夫婦ユルゲンペトラから考えましょう。

ペトラエホバ証人聖書研究し,バプテスマ受けました。陸軍将校だっユルゲン最初,妻決定快く思いませでした。しかしやがて,エホバ証人聖書真理宣べ伝えいるいうこと気づき,エホバ献身ます。そして地元会衆長老奉仕ます。ユルゲン信仰異なる家族親族動かすことついて,どんなアドバイスいるでしょか。

こう述べます。「家族霊的事柄無理強いたり,話し過ぎたりなりません。嫌気差ししまうでしょう。長い見るなら,たまほんの少し話すほう良い思います。また,家族同じ年代や,同じよう関心事持つ兄弟たち引き合わせる良い思います。そうするなら,心垣根越えることできます」。

「家族霊的事柄無理強いたり,話し過ぎたりなりません」。―ユルゲン

ペテロや,コルネリオ親族は,聖書音信すぐこたえ応じました。しかし,1世紀真理接したちは,決定下すもっと時間かかっました。

イエス兄弟たちどうか

イエス親族は,イエス宣教期間信仰示しました。例えば,使徒ヤコブヨハネイエスいとこで,二サロメイエスおばあっ可能あります。サロメは,「自分持ち物もっ彼ら[イエス使徒たち]に奉仕た」「多くたち」のだっようです。―ルカ 8:1‐3

しかしほか親族は,すぐイエス信仰持ちませでした。例えば,イエスバプテスマ受け1余りたっ時,群衆イエス聞こて,ある集まりました。そのこと聖書こう書かます。「しかし親族そのこと聞き,彼つかまえよう出かけた。『彼なっしまった』と彼ら言うあった」。その少し後,イエス異父兄弟たちイエス旅行ことつい尋ねると,イエスその質問関しお答えなりませでした。どうしてでしょか。「その兄弟たち信仰働かなかった」からです。―マル 3:21。ヨハ 7:5

親族対するイエス接し方から,何分かりますか。イエスは,気狂っしまっ親族から言わ時,感情害したりませでした。また処刑復活 も,異父兄弟ヤコブ現われることよって,親族励ましました。イエス現われで,ヤコブだけなく,他異父兄弟たちも,イエス本当メシアあること確信できようです。ですから,彼らその後,使徒たちエルサレム階上おり,聖霊受けもの思わます。やがて,ヤコブと,イエスもう異父兄弟ユダは,素晴らしい特権受けました。―使徒 1:12‐14; 2:1‐4。コリ一 15:7

時間かかるたちいる

「ひたすら忍耐するなら,良い結果られます」。―ロスウィタ

1世紀同様,今日も,命歩むようなるまでかなり時間かかるたちます。熱心カトリック教徒だっロスウィタいう女性考えましょう。ロスウィタは,1978バプテスマ受けエホバ証人なりました。心からカトリック信仰ロスウィタ最初,反対ました。しかし,次第その反対和らいゆきました。エホバ証人真理教えいること分かっからです。そして2003に,ロスウィタ自身バプテスマ受けました。何助けなっでしょか。夫反対感情害さず,妻考え変えるまで待ったです。ロスウィタは,「ひたすら忍耐するなら,良い結果られます」と述べます。

モニカいう女性1974バプテスマ受け,その10ほど息子エホバ証人なりました。夫ハンス反対なかっものの,バプテスマ受け2006なっからです。この家族は,自分たち経験からこうアドバイスます。「エホバ固く付き従い,信仰おい決して妥協ないください」。もちろん,モニカ息子たちは,夫あり父親あるハンスいつも示すこと忘れず,いつか自分たち信仰受け入れくれるいう希望捨てませでした。

真理よっさわやかされる

イエスは,真理音信永遠与えるなぞらえことあります。(ヨハ 4:13,14)わたしたちは,家族親族冷たく澄ん真理飲んさわやかなっほしい願っます。もちろん,息できなくなるほど大量一気与えたい思いません。親族さわやか感じるか,息詰まらせるは,わたしたち話し方かかっいる言えるしれません。聖書は,「義なる答えるため思い巡ら(す)」とあります。また,「賢いその洞察示させ,その説得加える」と述べられます。では,こう諭しどのよう当てはめることできますか。―箴 15:28; 16:23

自分信仰つい話したい思うことでしょう。「答えるため思い巡ら」すなら,妻言葉よく選び,性急話すようこと避けます。独善か,優越抱いいるいっ印象与えないようます。よく考えられ言葉は,さわやか与え,平和促進することできます。次よう考えるなら,洞察持っ話し,行動できるでしょう。夫リラックス近づきやすいいつだろか。どんな会話読み物好きだろか。科学,政治,あるいはスポーツ関心あるだろか。どうすれ気持ち考え尊重ながらも,聖書興味持っもらえるだろか。

まだエホバ証人ない家族動かすは,信仰つい少しずつ説明すれそれよい,というわけありません。わたしたち言葉は,立派行状裏打ちいる必要あります。

模範行状示す

「日常生活聖書原則当てはめる必要あります。これ親族関心持たせる効果方法です。親族真理全面同意ないです」と,前述ユルゲン言います。妻30バプテスマ受けハンスも,「真理わたしたち生活及ぼしいる良い影響親族知っもらうためも,クリスチャン模範行状大切です」と語っます。わたしたち多く異なる良い特質示しいる信仰よる,ということ親族知っもらう必要あります。

「真理わたしたち生活及ぼしいる良い影響親族知っもらうためも,クリスチャン模範行状大切です」。―ハンス

使徒ペテロは,未信者持つたち大切助言与えます。「自分服しなさい。それは,み言葉従順ないいるも,言葉よらず,妻行状よって,つまり,深い敬意こもっあなた方貞潔行状実際引き寄せられるためです。そして,あなた方飾りは,髪編んだり,金装飾着け たり,外衣たりする外面ものあっなりません。むしろ,もの静か温和いう朽ちない装いた,心秘められ飾りなさい。それ大いに価値あるものです」。―ペテ一 3:1‐4

ペテロは,夫模範行状よっ引き寄せられる可能ある記しました。クリスタいう姉妹その言葉思い留め,1972バプテスマ受け以来,行状よっ動かそ努力ました。姉妹は,一時期エホバ証人研究ましが,真理受け入れるところまでいきませでした。それでも集会出席おり,会衆たち良い関係あります。兄弟姉妹たちも,ご主人意思尊重ます。では,クリスタどのよう動かそいるでしょか。

「エホバ望まれるしっかり歩も決めます。と同時に,『言葉よらず』良い行状よっ主人勝ち得よう努力ます。聖書原則関係ないは,できる限り主人願い応じるようます。もちろん,主人自由意思尊重し,すべてエホバみ手委ねます」。

クリスタから,柔軟大切学べます。姉妹は,定期集会出席すること意味深い仕方宣教参加することなど,霊的築き上げる良い習慣保っます。といえ,夫時間,関心求める当然権利あること認め,夫立場理解示します。それで,未信者家族親族接するは,柔軟理解示す賢明ことです。聖書は,「何事定められある」と述べます。それは,未信者家族,とりわけ配偶時間過ごすこと含まます。共時間過ごすコミュニケーション促さます。そして経験示すように,良いコミュニケーションあれば,未信者孤独疎外感,妬みなど抱きにくくなります。―伝 3:1

望み決して捨てない

ホルガーいう兄弟父親は,家族20バプテスマ受けました。ホルガーこう述べます。「わたしたち愛して,父ため祈っいるいうこと示すよう心がけました」。クリスタこう語っます。「主人いつかエホバ立場定め,真理受け入れるいう望み決して捨てません」。未信者家族親族対するわたしたち態度は,いつも積極あるべきです。希望絶やしません。

わたしたち目指すは,家族親族良い関係保っ真理知る機会作り,聖書音信よっ動かすことです。ですからわたしたちは,すべてことおいて「温和気持ち深い敬意もって」行動するです。―ペテ一 3:15