内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2014年2月

栄光の王キリストを歓呼して迎え入れなさい!

栄光の王キリストを歓呼して迎え入れなさい!

「あなた光輝もっ成功収めよ」。―詩 45:4

1,2. 詩編 45わたしたち関心引くなぜですか。

栄光真理ため乗り進み,敵たち征服するため前進ます。敵対する最終勝利収めは,愛らしい花嫁結婚ます。その代々限りなく記憶され,たたえられます。それ詩編 45基本テーマです。

2 しかし詩編 45は,ハッピーエンド終わる単なる楽しい物語ありません。そこ記さ出来事は,わたしたちとっ重要意味あります。今将来生活関係あるです。ですから,ぜひとも注意深く調べましょう。

「わたし良いわき立った」

3,4. (イ)わたしたち関係ある「良い事」とですか。それは,わたしたちどんな影響与えますか。(ロ)「わたしついある」とどういうことですか。わたしたちどういう意味尖筆ようなりますか。

3 詩編 45:1読む。詩編作者感動せ,「わき立」たせた「良い事」とは,ある関係事柄でした。「わき立った」と訳さいるヘブライ動詞は,「泡立つ」あるいは「沸騰する」という意味あります。その良いは,詩編作者熱意沸騰せ,舌を「熟練写字尖筆」のようました。

 4 わたしたち場合どうですか。メシア王国関する良いたよりは,心感動せる「良い事」と言えます。王国音信は,1914とりわけ「良い」ものなりました。それ以来,その音信もはや将来王国関するものなく,すでに機能始め現実政府関するものなっからです。その音信こそ,「あらゆる国民対する証しために,人住む全地で」宣べ伝えられいる「王国の……良いたより」なです。(マタ 24:14)わたしたちその音信が「わき立っ」ているでしょか。良いたより熱心宣べ伝えいるでしょか。詩編作者同様,わたしたちの「業ついて」のものです。王イエスキリストです。わたしたちキリストを,天メシア王国即位宣明ます。地上支配たち含めすべてたちに,キリスト王権従うよう勧めます。(詩 2:1,2,4‐12)わたしたちは,宣べ伝えるおい聖書広範用いるいう意味で,「熟練写字尖筆」のようなっます。

わたしたちは,王イエスキリスト関する良いたより喜ん宣明する

「麗しさあなた注ぎ出さた」

5. (イ)イエスどのよう意味で「美しい」人でしか。(ロ)イエスどのように,麗しく宣べ伝えましか。どのように,その手本倣えますか。

5 詩編 45:2読む。聖書は,イエス外見ついほとんど述べません。完全人間だっで「美しい」人だっ違いありませが,その際立っ美しさは,エホバ忠実と,確固たる忠誠からました。それ加えイエスは,王国音信麗しく宣べ伝え,人々引きつける言葉用いました。(ルカ 4:22。ヨハ 7:46)わたしたちは,宣べ伝えるおいその手本倣うよう努力ますか。人々引きつける言葉用いるよういるでしょか。―コロ 4:6

6. どのように,「定めない至るまで」イエス祝福ましか。

6 エホバは,イエスから専心ゆえに地上おけるその宣教祝福し,イエス犠牲遂げ後,報いお与えなりました。使徒パウロこう書います。「人姿時,彼[イエス]は自分低くて,死,それ苦しみ至るまで従順なりました。まさにこのゆえも,神さらに地位高め,他あらゆる勝る進んお与えなっです。それは,天あるもの,地あるもの,地あるものすべてひざイエスよっかがみ,すべてが,イエスキリストある認めて,父なる栄光帰するためでした」。(フィリ 2:8‐11)エホバイエス不滅復活せることより,「定めない至るまで」イエス祝福ました。―ロマ 6:9

は「仲間」にまして大いなるされる

7. イエスその「仲間」にまして油そそがは,どういう意味ですか。

7 詩編 45:6,7読む。エホバは,イエスの,義対する深いみ父名誉汚す事柄すべて対する憎しゆえに,イエスメシア王国油そそぎました。イエスご自分の「仲間」たち,つまりダビデ家系 ユダたちまして「歓喜油」で油そそがました。なぜそう言えますか。まず,イエスエホバご自身よっ油そそがました。さらに,王および祭司油そそがました。(詩 2:2。ヘブ 5:5,6)それ加え,文字通りなく聖霊よっ油そそがました。また,その王権地的ものなく,天的ものでした。

8. 『神イエス王座』である言えるなぜですか。その王権かなっいることを,なぜ確信できますか。

8 エホバ1914み子メシアなる即位ました。その「王権廉直笏」なで,イエス統治確か公平伴います。その権威合法です。『神イエス王座』だからです。イエス王権土台エホバです。さらに,イエス王座は「定めない至るまで,まさに永久に」続きます。神任命そう強力もと仕えるは,誇らしいことないでしょか。

は『剣帯びる』

9,10. (イ)キリストいつ,剣帯びましか。剣最初,何ため用いましか。(ロ)キリストそのを,今後どのよう用いますか。

9 詩編 45:3読む。エホバに,「剣帯び」るよう指示し,イエス主権反対するたちすべて戦い,裁き執行するため権威お与えなります。(詩 110:2)キリスト不屈戦士なるで,「力あるよ」と呼びかけられます。この帯び1914あり,サタン配下悪霊たち勝利収め,そのたちから近く投げ落としました。―啓 12:7‐9

10 それは,乗り進む勝利始まりすぎませでした。王は「征服完了」しなけれなりません。(啓 6:2)これから地上サタン体制勢力すべてエホバ裁き執行れることなっます。サタン悪霊たち制圧なけれなりません。最初なくなるは,偽り宗教世界帝国ある大いなるバビロンです。エホバは,政治支配たち用いこの邪悪な「娼婦」を滅ぼすよう意図おらます。(啓 17:16,17)次いで,戦士なるサタン政治組織攻撃し,消滅ます。「底知れ深み使い」と呼ばいるキリストは,それからサタン悪霊たち底知れ深み投げ込ん征服完了ます。(啓 9:1,11; 20:1‐3)では,詩編 45それら劇的出来事どのよう預言いるましょう。

は「真理……のために」乗り進む

11. キリストどのように,「真理……のために」乗り進みますか。

11 詩編 45:4読む。戦士なる行なう征服目的は,領土占領服従せることありません。その戦い崇高目的あります。それなる戦いあり,王は「真理謙遜ために」乗り進みます。擁護べき最大真理は,エホバ宇宙主権関する真理です。サタンエホバ反逆際,エホバ主権正当異議唱えました。それ以来,悪霊人間も,エホバ宇宙主権正当あるいう基本真理反対ました。しかし,エホバ油そそがが,エホバ主権関する真理一度限り永遠確立べく乗り進む到来ます。

12. どのようて,「謙遜……のために」乗り進みますか。

12 は「謙遜……のために」も乗り進みます。神独り子キリストは,謙遜模範ならました。また,み父主権対する忠節服従関し際立っ手本示さまし た。(イザ 50:4,5。ヨハ 5:19)王忠節臣民皆,キリスト手本従い,すべてことおいエホバ主権謙遜服さなけれなりません。そうするだけが,神約束新しい生活すること許さます。―ゼカ 14:16,17

13. キリストが「義ために」出行くは,どのよう意味ですか。

13 キリストは「義ために」も行かます。王擁護するは「神義」,つまり正邪関するエホバ規準です。(ロマ 3:21。申 32:4)王イエスキリストついイザヤは,「ひとりため治める」と預言ました。(イザ 32:1)イエス統治は,約束た「新しい新しい地」をもたらします。そこは「義宿ります」。(ペテ二 3:13)その新しい住民すべては,エホバ規準従うこと求められます。―イザ 11:1‐5

は「畏怖起こさせること」を成し遂げる

14. キリスト右手が「畏怖起こさせること」を成し遂げるは,どのよう意味ですか。(冒頭挿絵参照。)

14 乗り進む帯びます。(詩 45:3)しかし取り,右手それ振るうます。詩編作者預言よれば,王の「右手畏怖起こさせること」を成し遂げます。(詩 45:4)イエスキリストハルマゲドンエホバ裁き執行べく乗り進む時,敵対して「畏怖起こさせること」を成し遂げます。サタン体制滅ぼすどんな手段用いる分かっません。しかし,その行動は,王支配従うようから警告留意なかっ住民たちおののかます。詩編 2:11,12読む。)イエス終わり関する預言で,人々は「人住む臨もする事柄恐れ予想から失います。天もろもろ揺り動かされるからです」と述べ,こう付け加えました。「そのとき彼らは,人大いなる栄光伴い,雲うちあっ来る見るでしょう」。―ルカ 21:26,27

15,16. キリスト従っ戦闘加わる「軍勢」を構成するだれですか。

15 「啓示」のは,王裁き執行するため「力大いなる栄光伴」っ来ることついて,こう述べます。「わたし開かいるた。すると,見よ,白いた。そして,それ乗っいる忠実また真実となえられ,そのもっ裁き,また戦う。また,天ある軍勢白い乗っ従っが,彼ら白く清い上等亜麻まとった。そして,彼から鋭く長い突き出いる。それよっ国民討つためある。または,鉄彼ら牧する。また,全能なる憤り怒りぶどう搾り場踏む」。―啓 19:11,14,15

16 の「軍勢」,つまりキリスト従っ戦闘加わる仲間戦士たち構成するだれですか。イエスは,サタン配下悪霊たちから追放するため最初帯び時,「その使いたち」を伴っました。(啓 12:7‐9)ですから,ハルマゲドン戦い際,キリスト軍勢なるみ使いたち含まいる考えるは,筋通っことでしょう。ほかだれ含まいるでしょか。イエス油そそが兄弟たちこう約束ました。「征服する者,わたし行ない終わりまで守り通すは,わたし国民対する権威与え,その牧し,彼ら粘土よう打ち砕かれるあろう。それは,わたし自分から受け 同様あ(る)」。(啓 2:26,27)ですから,キリスト軍勢は,そのまで天的報い受け油そそが兄弟たち含まます。キリスト共同支配たちは,キリスト国民牧し,「畏怖起こさせること」を成し遂げる際,キリストいるです。

征服完了する

17. (イ)キリスト乗っいる白い表わしますか。(ロ)剣表わしますか。

17 詩編 45:5読む。白い乗っます。それは,この戦いエホバ清く,義かなっいること表わします。(啓 6:2; 19:11)王だけなく,弓持っます。こう記さます。「見ると,見よ,白いた。それ乗っいる持った。そして,彼与えられ,彼征服に,また征服完了するため行った」。剣も,キリスト裁き執行するため用いる手段表わします。

清めるためたち呼び集められる(18参照)

18. キリストの『矢鋭い』ことは,どうして分かりますか。

18 詩編作者は,王の「矢鋭く……王心臓突き入(り)」,王の「下もろもろ倒れゆく」と預言ます。倒れゆくたち全地及びます。エレミヤは,「エホバ打ち殺されるは,その日,地一方果てから他方果てまで及ぶあろう」と預言ます。(エレ 25:33)その並行記述当たる預言こう述べます。「わたしまた,ひとりみ使い太陽立っいるた。彼大声叫び,中天飛ぶすべて言った,『さあ,来なさい,神大きな晩さん集まれ。王たち肉,軍司令たち肉,強いたち肉,馬それ乗るたち肉,そしてすべて者,すなわち自由ならび奴隷およびなるなる食べるためある』」。―啓 19:17,18

19. キリストどのように「成功収め」,征服完了ますか。

19 キリスト地上サタン邪悪体制滅ぼし後,「光輝もっ成功収め」ます。(詩 45:4)サタン悪霊たち底知れ深み投げ込むことよっ征服完了するです。(啓 20:2,3)悪魔その使いたち統治期間中,そうよう活動状態置かれるで,地住民サタン影響から自由され,栄光輝く勝利全く服従生活送ることできます。しかし,地上全体楽園変えられゆく見るに,王天的その仲間たち歓べることあります。その喜ばしい出来事ついは,次記事調べましょう。