アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年1月

喜んで自分を差し出した人たち ― 西アフリカ

喜んで自分を差し出した人たち ― 西アフリカ

コートジボワール貧困地区育っパスカルは,より良い暮らし夢見ました。アマチュアボクサーだっパスカルは,「スポーツスターなっお金たくさん稼ぐは,どこ行けいいだろう」と思っました。出し結論は,ヨーロッパです。それ20半ばころでした。でも,パスポート持っなかっで,やむ不法使いました。

パスカルそれ実行移します。1998年,27です。隣国ガーナ入り,トーゴ横断ベナン通過し,やがてニジェールビルニンコーニいう到着ました。しかし,本当危険それからです。計画は,トラック乗っサハラ砂漠縦断し,地中海着いから乗り,ヨーロッパ向かうことなっました。ところが,ニジェール2出来事あり,計画中断ました。

その1は,お金尽きことです。もう1は,ノエいう開拓出会い,聖書研究始めことです。パスカル学んこと深く感銘受け,人生変えました。富追求より霊的関心事優先するようなっです。それで,199912バプテスマ受け,2001は,エホバ感謝表明て,ニジェールの,真理学ん開拓奉仕始めました。パスカル宣教奉仕ついどう思っいるでしょか。こう述べます。「これこそ最高生き方です!」

アフリカ一層満足幸福得る

アンヌ‐ラキル

パスカル同様,大勢たちは,霊的目標追い求めること生活中心するなら,より多く満足られる,ということ気づきました。それ実感するため,ヨーロッパからアフリカ王国宣明必要大きな地域移動たちます。実際,17から70までおよそ65エホバ証人が,ベナン,ブルキナファソ,ニジェール,トーゴなど西アフリカ諸国移動ました。 * そのよう大きな移動決意ものですか。結果どうなりましか。

デンマークアンヌ‐ラキルこう述べます。「両親セネガル宣教奉仕ました。いつも宣教生活つい熱心話しくれで,わたし同じよう生活たい思いました」。それで,20前半だっ15ほどトーゴ移動し,手話会衆奉仕ます。そう移動だれ励まし受けましか。アンヌ‐ラキルこう言います。「しばらくて,妹トーゴ移動ました」。

アルベール‐フェイエットオーレル

 フランス出身70オーレルよう述べました。「5年金受給なって,ある選択迫らました。このまま楽園までフランス静か余生送るか,宣教拡大するか,という選択です」。オーレル後者選びました。それ3ほど前,妻アルベール‐フェイエットベナン移動ました。オーレルは,「このエホバ仕えることましが,それ人生最良選択でした」と述べから,「来分かっことですが,この楽園思わせるよう美しい海岸あるですよ」と,ほほえみました。

クロドミールリシアンヌは,16フランスからベナン移動ました。当初は,フランスいる家族友人思い募り,新しい生活順応できるどう不安でした。しかし,それ思い過ごしでした。多く喜び経験です。クロドミールこう言います。「この16に,およそ1真理受け入れるよう援助でき特権です」。

リシアンヌクロドミール。真理学ぶよう援助たち

ジョアンナセバスティアン

フランス出身夫婦セバスティアンジョアンナは,2010ベナン移動ました。セバスティアンこう述べます。「会衆なすべきこと多くあります。ここ奉仕は,テンポ速い神権訓練コースようです。学ぶことたくさんあります」。宣教反応どうですか。ジョアンナこう言います。「人々真理飢え渇います。伝道ないも,道端聖書つい尋ねられたり,出版求められたります」。ベナン移動こと結婚生活どうなりましか。「夫婦強まりました。一日中,妻一緒宣教できうれしいです」と,セバスティアン言います。

開拓夫婦エリックケイティーは,ベナン北部人口まばら地域奉仕ます。この夫婦10ほど前,フランス生活に,必要大きな場所奉仕関する記事読み始め,開拓たちそのことつい話し合うようなりました。それきっかけ外国移動たくなり,2005実行移しました。二伝道著しい増加見ることできました。夫エリックこう述べます。「2前,わたしたち移転タンギエタ群れは,9伝道交わっました。それ30です。日曜集会は,50から80出席ます。このよう成長見ることできは,このない喜びです」。

ケイティーエリック

どのよう問題直面し,どう克服

ベンヤミン

必要大きな場所移動する兄弟たちどんな問題直面 でしょか。現在33ベンヤミンアンヌ‐ラキルです。2000年,デンマーク時,トーゴ宣教会いました。ベンヤミン当時こう振り返ります。「開拓奉仕たいその宣教話しところ,『トーゴできますよ』と言わました」。そこでベンヤミンその可能つい考えました。こう述べます。「そのころ,わたしまだ20なっなかっですが,二すでにトーゴ奉仕で,その目標現実帯びました」。それ実際移動ました。でも問題直面ます。ベンヤミンこう説明ます。「フランス全く知りませでした。最初6か月コミュニケーションうまくできず,大変でした」。それでも徐々進歩し,今ベナンベテル文書発送コンピューター部門援助行なっます。

マリー‐アニエスミシェル

ほど述べエリックケイティーは,ベナン移動する前,フランスある外国区域奉仕ました。しかし,西アフリカ奉仕どのよう違いありましか。「生活適し場所見つける簡単ありませでした。何か月電気水道ない住んました」とケイティー述べます。エリックさらにこう続けます。「近所から音楽音量聞こえて,夜遅くまで続くことありました。こうこと耐え,順応いかなけれなりません」。しかし,二そろえて,「ほとんど手つかず区域奉仕する喜びは,どんな困難耐え忍ぶなります」と言います。

フランス出身50後半夫婦ミシェルマリー‐アニエスは,5ほどベナン移動ました。最初不安でした。夫ミシェルこう述べます。「わたしたち移動を,曲芸綱渡りながら一輪押すさま例えたちます。一輪わたしたち座っいるです。曲芸エホバいうこと知らなかっなら,恐れ感じしまうでしょう。でもわたしたちは,エホバために,そしてエホバ移動ました」。

どのよう準備できる

必要大きな場所奉仕経験持つ兄弟たちは,移動する準備すること大切述べます。前もって計画する,適応着ける,予算生活する,エホバ頼ること学ぶ,というです。―ルカ 14:28‐30

ほどセバスティアンは,こう述べます。「ジョアンナわたしは,移動向け2節約ました。娯楽使うお金減らし,生活必要ない買わないようました」。海外奉仕続けるため,二毎年 ヨーロッパか月働き,得収入残りあいだベナン開拓奉仕ます。

マリー‐テレーズ

西アフリカ移動20ほど独身姉妹たちに,マリー‐テレーズます。姉妹フランスバス運転働いましが,20061休暇取りました。ニジェール開拓奉仕行なうためです。すぐに,自分こんな生活たかっだ,と気づきました。マリー‐テレーズこう言います。「フランス帰国から,雇い主自分仕事予定調整たい伝えところ,応じくれました。今5から8までフランスバス運転働き,9から4までニジェール開拓奉仕行なっます」。

サフィーラ

「王国(を)第求め」るたちは,エホバが「ほかものみな」備えくださること信頼できます。(マタ 6:33ベナン開拓奉仕行なっいるサフィーラ考えましょう。フランス出身20後半独身姉妹です。2011年,すでに5年間ベナン奉仕姉妹翌年アフリカ奉仕できるよう,フランス戻っ仕事ました。そのことサフィーラこう語っます。「仕事契約切れる金曜なりましが,来年生活賄うは,まだ10働く必要ありました。でも,あと2しかフランス滞在できなかっで,エホバこう状況打ち明けました。すぐに,派遣会社から電話あり,ある代わり2働けるどう尋ねました」。月曜その職場行き,そのから仕事訓練受けました。サフィーラこう述べます。「その姉妹知っびっくりました。開拓奉仕学校出席するため,10休暇申請そうですが,上司から,代わり見つからなければ,休暇与えられない言わことです。姉妹わたし同じく,エホバ助け真剣祈り求めです」。

満足

兄弟姉妹たちは,西アフリカ移動奉仕し,そこ故郷たちます。一方,数滞在後,自国帰ったちます。しかし,必要大きな場所奉仕経験役立っます。本当満足エホバ仕えることからもたらされること学んです。

^ 6節 これら4か国公用フランスです。ベナン支部は,それらなさいる活動監督ます。

もっと調べる

開拓者のためのどんな学校がありますか

王国伝道の業に全時間をささげる人たちのために,どんな特別な学校が開かれているでしょうか。