アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年1月

災いの日々が訪れる前にエホバに仕える

災いの日々が訪れる前にエホバに仕える

「あなた偉大創造覚えよ」。―伝 12:1

1,2. (イ)ソロモン霊感受け,若いたち向けどんな諭し書き記しましか。(ロ)50それ以上クリスチャンあっソロモンその諭し関心払うふさわしいことです。なぜですか。

ソロモン霊感受け,若いたち向けこう述べました。「あなた若い成年あなた偉大創造覚えよ。災い日々やっ来るに」。「災い日々」とことですか。ソロモンは,手震え,足元おぼつかなくなること,歯失うこと,目衰え,白髪,腰曲がることなど,辛いこと多い老齢特色を,興味深い詩的言葉表現ました。若いうち偉大創造覚えるようソロモン述べも,当然です。―伝道書 12:1‐5読む。

2 50それ以上なっも,活力あふれいるクリスチャン少なくありません。白髪あっも,ソロモン述べよう老化現象まだ経験ないいるでしょう。そう年齢クリスチャンが,「あなた偉大創造覚えよ」という若者向け諭しから得ることできますか。そもそも,この諭しどういう意味でしょか。

3. わたしたち偉大創造覚えることは,何含まますか。

 3 長年エホバ仕えあっも,創造どれほど偉大ある感謝うち時々じっくり考える良いことです。命素晴らしい贈り物です。創造られる設計は,人間十分理解できないほど複雑です。エホバ多種多様もの創造で,わたしたち幾らでも楽しい時間持つことできます。エホバ創造つい熟考するなら,エホバ知恵対する認識新たすることできます。(詩 143:5)しかし,偉大創造覚えることは,その対するわたしたち務め熟考すること含まます。その黙想するなら,命限り尽くし創造エホバ仕え,その対する感謝表わしたいいう気持ち強まる違いありません。―伝 12:13

中高年独特機会

4. 長い経験持つクリスチャンは,どんなこと自問できますか。なぜですか。

4 成人数十経てあれば,「まだ体力気力ある今,どのよう生き方たらよいだろう」と自問する大切ことです。経験積んクリスチャンて,あなたない機会開かます。エホバから学ん事柄若いたち伝えることできます。神仕える経験事柄語って,他強めることできます。ダビデそうする機会祈り求めました。こう書います。「神よ,あなたわたし若いからわたし教えくださいました。……そして,神よ,老齢白髪至るまでわたし捨てないください。後世代あなたみ腕ついて,来たるべきたちすべてあなた力強さついわたし語るまで」。―詩 71:17,18

5. 年配クリスチャンは,学ん事柄どのよう伝えることできますか。

5 これまで知恵どのよう伝えることできるでしょか。若いたち招き,築き上げる交わり持つことできますか。野外奉仕誘い,一緒働きながら,喜んエホバ奉仕いる姿見せることできますか。エリフ昔,「もろもろ語るべきあり,数多くこそ知恵知らせるべきものある」と述べました。(ヨブ 32:7)使徒パウロは,経験あるクリスチャン女性対し,言葉手本よっ励ますよう促し,「年取っ婦人も……良いこと教えるあるべきです」と書きました。―テト 2:3

助けるため可能考える

6. 幾十経験持つクリスチャンが,自分可能過小評価べきないなぜですか。

6 経験積んクリスチャン大きな可能あります。考えください。30ない40知らなかっこと理解ます。生活様々場面聖書原則きちんと適用できます。聖書真理動かすことできる違いありません。長老あれば,誤っ歩みする兄弟たちどのよう助けたらよい知っます。(ガラ 6:1)会衆活動,大会様々部門,王国会館建設など監督仕方学んしれません。血使わない治療どのよう医師たちお願いたらよいご存じでしょう。真理ごく最近学んあっも,その人生経験貴重です。例えば,子育てことあれば,実際多く知恵おられることでしょう。年配クリスチャンは,仲間兄弟姉妹教え,導き,強めることより,エホバとっ強力励ましなる可能あるです。―ヨブ 12:12読む。

7. 年配クリスチャンは,若いたち教えるどんな有益機会ありますか。

 7 どうすれ自分可能より十分発揮できますか。例えば,聖書研究取り決め司会する方法若いたち示せるしれません。姉妹あれ若い母親に,どうすれ幼い子ども世話ながら霊的活動行なえる話せますか。兄弟あれ若い兄弟たちに,聴衆鼓舞する熱心話し方や,良いたよりいっそう効果伝える方法教えることできますか。一緒高齢兄弟姉妹訪問霊的力づける方法示せますか。以前よう体力ないも,皆さん若いたち教える有意義機会あるです。神言葉こう述べます。「若者美しさその力,老い光輝その白髪ある」。―箴 20:29

必要大きな場所奉仕する

8. 壮年過ぎ使徒パウロは,どんなこと行ないましか。

8 使徒パウロ壮年過ぎも,神仕えるため自分可能十分発揮ました。パウロ西暦61ごろ,ローマ拘束から解放ました。それまで多年わたる過酷宣教日々耐え抜いで,ローマ定住宣べ伝えることできはずです。(コリ二 11:23‐27)また,大都市ローマ兄弟たちは,パウロから引き続き援助受けたい思っ違いありません。しかしパウロは,別地域必要大きいこと理解ました。それで,テモテテトス伴っ宣教再開し,エフェソスそしてクレタ回り,さらにマケドニア行っもの思わます。(テモ一 1:3。テト 1:5)スペイン訪ねるつもりありましが,実際行っどう分かりません。―ロマ 15:24,28

9. ペテロころ,必要大きな場所移動思わますか。(冒頭挿絵参照。)

9 使徒ペテロは,必要大きな場所移動50超えもの思わます。なぜそう言えるでしょか。ペテロイエスほぼ同い年少し年上だっ可能あります。そうあれば,西暦49エルサレム使徒たち会合は,50ごろだっでしょう。(使徒 15:7)その会合しばらくて,ペテロバビロン移住ます。それは,バビロン住む大勢ユダヤ宣べ伝えるためだっようです。(ガラ 2:9)ペテロその移住西暦62ごろ,霊感よる手紙書きました。(ペテ一 5:13)異国定住すること困難伴いますが,ペテロ自分年齢よっエホバ十分仕える喜び奪わないようです。

10,11. 中高年時期迎えから,必要大きな場所移動経験述べください。

10 今日も,50ないそれ以上クリスチャンで,状況変化伴い新しい分野エホバ奉仕できること気づい少なくありません。必要大きな場所移動ます。例えば,ロバートこう書います。「妻わたし50半ばに,いろいろ新しい機会開かいること気づきました。一息子おり,高齢世話必要なくなり,わずかながら財産相続ました。家売れローン払い終えることでき,年金支給れるまで十分やっゆけること分かりました。そのころ,ボリビア様子聞きました。多く聖書真理受け入れいるだけなく,生活少なくすむいうことです。それボリビア移動することました。新しい環境慣れる簡単ありませでした。慣れ親しん北米違っからです。でも,わたしたち努力十分報わました」。

 11 ロバートこう続けます。「今生活は,会衆活動中心ます。わたしたち夫婦研究バプテスマ受けます。研究だっ家族キロ離れ貧しい住んますが,集会ため毎週,大変思いやっます。その家族進歩見る大きな喜びです。一番息子さん開拓奉仕始めうれしいことです」。

外国必要

12,13. 定年達しも,新しい分野エホバ奉仕始めクリスチャン経験述べください。

12 年配兄弟姉妹模範示すことより,外国会衆群れ多く与えることできます。また,そのよう会衆群れは,非常楽しい奉仕できます。例えば,ブライアンこう書います。「英国65定年です。わたし退職後,妻わたし時間持て余しました。子どもたちおり,聖書研究応じるあまりません。そんな折,地元大学研究いる若い中国男性会いました。それ集会誘っところ実際くれて,聖書研究始まりました。数後,その男性仲間中国連れ来るようなり,その2もう人,それからさらにもう来るようなりました。

13 「その中国研究から聖書研究依頼ました。それわたしは,『65からいって,エホバ奉仕から退く必要ない』と考えました。そこで2年下に,中国勉強ないか,と持ちかけました。教材は,市販カセットテープです。今から10ことです。外国伝道する若返るようました。これまで研究中国112なります。そのほとんど集会出席経験あり,一開拓一緒奉仕ます」。

奉仕拡大するに,年取りすぎいるいうことない(12,13参照)

できること楽しみながら行なう

14. 年配クリスチャンは,どんなこと喜べますか。パウロ手本どのよう励みなりますか。

14 50クリスチャンすべてが,エホバ 新た奉仕機会捉えることできるわけありません。健康問題,老齢子ども世話ため不可能ます。しかし,どんな奉仕エホバ高く評価くださること知るなら,幸福いらます。ですから,できないこといら立つなく,自分できること楽しんください。使徒パウロ手本つい考えましょう。パウロ軟禁状態あり,宣教旅行できませでした。しかし,人やっ来るたびに,聖書から話し,相手信仰強めました。―使徒 28:16,30,31

15. 高齢クリスチャン重んじられるは,なぜですか。

15 エホバまた,高齢皆さんご自分対する奉仕おい行なう事柄高く評価くださいます。ソロモンは,老齢災い日々最善ないこと指摘ましが,エホバは,高齢クリスチャンご自分賛美する成し遂げる事柄価値あるものくださいます。(ルカ 21:2‐4)会衆も,会衆交わる長い経験持つたち忠実模範尊びます。

16. アンナは,どんなこと経験なかっようですか。しかし,神崇拝するために,どんなことできましか。

16 聖書は,アンナいう高齢女性忠実エホバ賛美続けこと伝えます。イエス生まアンナ84で,やもめなっました。アンナその長く生き,イエス追随なっ聖霊油そそがか,王国良いたより宣べ伝えいうことないようです。それでもアンナは,自分できること楽しみながら行ないました。「この神殿から離れことなく,……夜昼神聖奉仕ささげた」と記さます。(ルカ 2:36,37)祭司夕方神殿ささげるは,集合群衆一緒中庭て,恐らく時間ほど黙っ祈りささげました。赤子イエスは,「エルサレム救出待つ人々すべてに,その子供つい語り」はじめました。―ルカ 2:38

17. 高齢クリスチャン病弱クリスチャン崇拝加われるように,どんな援助行なえますか。

17 わたしたちは,高齢クリスチャン病弱クリスチャンよく配る必要あります。集会大会たくたまらないに,なかなかられないいるしれません。そのようたちため親切取り決め設け,電話回線集会聴けるよういる会衆あります。しかし,それできない会衆あるでしょう。といえ,集会出席できないクリスチャンも,真崇拝支えることできます。例えば,そのよう兄弟姉妹ささげる祈りは,会衆繁栄貢献ます。―詩編 92:13,14読む。

18,19. (イ)高齢クリスチャンは,他とっどのよう励みなりますか。(ロ)「あなた偉大創造覚えよ」という諭し適用できるは,だれですか。

18 高齢クリスチャンは,自分どれほど励みなっいる気づかないしれません。例えば,アンナ忠実神殿通いましが,幾世紀その手本励みなる思わなかっでしょう。エホバ対するその聖書記録ました。神対するあなたも,仲間兄弟姉妹記さいる違いありません。神言葉が,「白髪は,義見いだされるとき,美ある」と述べいる当然です。―箴 16:31

19 だれしも,エホバ奉仕おい行なえる事柄限らます。しかし,幾らか活力持つ皆,霊感よる言葉とどめたいものです。「あなた偉大創造覚えよ。災い日々やっ来るに」。―伝 12:1