アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年1月

子どもの時に決めました

子どもの時に決めました

子どもころ

1985年,わたしまだ10だっことです。わたし通っ米国オハイオコロンバス学校に,カンボジア子どもたち転校ました。その英語ほんの少し知っました。その描いて,怖ろしい出来事ついくれるようなりました。それは,拷問,虐殺,逃亡関する出来事です。わたし夜,カンボジアから子どもたちこと思い出すたび泣いました。楽園復活希望つい伝えたかっですが,そのたち英語分かりません。そこで,わたし子どもながらに,カンボジア学ぶこと決めました。同級なっカンボジアたちエホバつい教えるためです。この選択が,自分将来形作ることなるは,思っませでした。

カンボジア学ぶ簡単ありませでした。もうやめよう,と思っことあります。でも,エホバ両親通し励ましくださいました。学年進むつれ,先生友達から収入多い仕事目指すよう強く勧められるようなります。しかし,開拓なりたかっわたしは,高校で,パートタイム仕事見つける役立つ科目選択ました。放課後は,開拓たち落ち合っ一緒奉仕ものです。また,英語言語学ん生徒たち家庭教師ました。これなっ非常役立ちました。

16時,カリフォルニアロングビーチカンボジア群れある知りました。その群れ交わる機会設け,カンボジア読み書き学びました。卒業すぐ開拓なり,近隣住むカンボジア宣べ伝え続けました。カンボジア移動考えるようなっ18ころです。そこ依然危険でした。しかし,カンボジア住む1,000万ほとんど王国良いたより聞いことないです。当時,この13奉仕から成る会衆1あるだけでした。19初めてカンボジア行き,その2後,移動決めました。カンボジア宣教続けるために,英語翻訳たり教えたりするパートタイム仕事見つけました。やがて,同じ目標持つ出会い,わたしたちこれまで,神献身するよう大勢カンボジアたち援助する喜びました。

エホバわたしの「心願い」をかなえくださいました。(詩 37:4)弟子作るは,あらゆる仕事最高満足もたらします。わたしカンボジア移動ころ,エホバ証人わずか13でした。しかしこの16で,カンボジア大きな成長遂げました。今このは,12会衆4孤立群れあるです。―ジェーソンブラックウェル語っ経験。