アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年1月

とこしえの王エホバを崇拝しなさい

とこしえの王エホバを崇拝しなさい

「とこしえ王……に,誉れ栄光限りなく永久ありますように」。―テモ一 1:17

1,2. (イ)「とこしえ王」とだれことですか。その称号適切なぜですか。(冒頭挿絵参照。)(ロ)わたしたちエホバ王権どんな特色ゆえに,エホバ引き寄せられますか。

スワジランド国王ソブーザ2よる支配61近く続きました。現代君主記録です。確かこの長さ注目値しますが,統治期間人間寿命限定ないおらます。実際,聖書そのを「とこしえ王」と呼んます。(テモ一 1:17)詩編作者この主権固有明らかし,「エホバ定めない至るまで,まさに永久です」と歌っます。―詩 10:16

2 エホバよる統治長き及び,どんな人間よる支配比べものなりません。しかし,わたしたち引き寄せられるは,長さよりエホバ支配仕方です。古代イスラエル40支配あるは,次よう賛美ました。「エホバ憐れみ慈しみ富み,怒ること遅く,愛ある親切満ちおられる。エホバ自らその王座堅く立てられた。その王権すべてもの支配行なった」。(詩 103:8,19)エホバわたしたちあるだけなく,愛富むあります。このことから2質問生じます。エホバどのよう行動こらましか。また,エデン反逆以来,どのよう王権行使こらましか。これら 質問答え知れば,エホバいっそう引き寄せられ,心こめエホバ崇拝できるでしょう。

とこしえ宇宙家族生み出される

3. エホバ宇宙家族最初成員なっは,だれですか。ほかだれが,神の「子たち」と創造ましか。

3 エホバご自分独り子生み出さ時,大きな喜び感じ違いありません。神ご自分初子劣っよう扱いませでした。むしろ,特別存在み子愛し,他完全あらゆるもの創造する喜びあずかるよう招かました。(コロ 1:15‐17)その完全もの無数み使いたち含まます。み使いたちの「ご意志行なって,神仕えるたち」と説明おり,喜びもっ奉仕ます。神それらみ使いを「子たち」と呼び,尊厳付しおらます。み使いたちエホバ宇宙組織一部です。―詩 103:20‐22。ヨブ 38:7

4. 人間は,どのようて,神宇宙家族含まれるようなりましか。

4 エホバ物質創造後,ご自分宇宙家族拡大ました。地球生命自存できる美しい住まい整えから,エホバ地上おける最高潮て,ご自分最初人間アダム創造です。(創 1:26‐28)エホバ創造て,アダム従順求めることできました。また,父て,すべて指示親切もっ伝えました。そう指示は,決して人間自由過度制限するものありませでした。―創世記 2:15‐17読む。

5. 人間満たすために,どんな取り決め設けられましか。

5 エホバ多く人間君主違い,ご自分従うたちを,信頼する家族成員扱い,喜ん責任委ねくださいます。例えばアダムは,他生き物対する権威与え,動物名前付けさせるいう,やりがいある楽しい仕事割り当てました。(創 1:26; 2:19,20)神満たすために,膨大完全人間創造することされませでした。むしろ,アダム完全補い手女性エバ創造するいう方法取りました。(創 2:21,22)次いエホバそのに,自分たち子孫満たす機会お与えなります。人間欠陥ない状態もと楽園徐々広げ,ついに全地楽園するです。宇宙家族一部て,天み使いたちエホバ永久崇拝するです。何輝かしい見込みでしょう。父エホバ素晴らしい表明でしょう。

反逆たち王権退ける

6. (イ)神家族で,どのよう反逆始まりましか。(ロ)その反逆よっ支配する失っわけないは,なぜですか。

6 残念ことに,アダムエバエホバ主権すること満足ず,神反逆サタン従う選びました。(創 3:1‐6)神支配から離れ生活は,アダムエバおよびその子孫たちに,痛み,苦しみ,死もたらしました。(創 3:16‐19。ロマ 5:12)地上は,神従順なくなりました。では,神支配する失っか,地その住人対する主権放棄いうことなりますか。決してそうありません。エホバアダムエバエデンから追い出すことよっ権威行使し,二エデン戻る防ぐため,ケルブたち入口立たました。(創 3:23,24)同時は,父示さました。忠実霊者たち地上人間からなる宇宙家族持ついうご自身目的確か保証です。神は,ご自分の「胤」が,サタンと,アダム影響取り除く こと約束ました。―創世記 3:15読む。

7,8. (イ)ノア時代までに,状況どれほど悪化ましか。(ロ)エホバ清め,人間家族保護するために,どんな取り決め設けられましか。

7 その時代に,エホバ忠節選んます。アベルエノクそうでした。しかし多数は,父ありあるエホバ退けました。ノア時代までは「暴虐満ちる」ようなりました。(創 6:11)では,エホバ地上事柄支配する失っしまっですか。歴史示しますか。

8 ノア関する記述取り上げましょう。エホバは,巨大箱船詳細建造計画ノア伝えました。ノア家族救う箱船です。エホバまた,「義伝道者」となるようノア命じ,人類全体大きな示しました。(ペテ二 2:5)ノア音信は,悔い改め勧める言葉と,来たるべき滅び関する警告含ま違いありません。しかし人々傾けませでした。ノア家族何十も,暴虐甚だしい道徳特色する生活ました。愛富むエホバは,それら8忠節守り,祝福ました。大洪水もたらし,反逆人間邪悪み使いたち主権行使ました。そうです,エホバ確か支配おらです。―創 7:17‐24

エホバご自分王権行使こらた(6,8,10,12,17参照)

洪水エホバ王権

9. 洪水後,エホバ人類どんな機会お与えなりましか。

9 ノア家族は,清められ最初一歩踏み出し新鮮空気吸い込ん時,エホバご配慮保護対する感謝気持ちあふれことでしょう。そのすぐ後,ノア祭壇築き,エホバ崇拝するため犠牲ささげました。神ノア家族祝福し,「子生ん多くなり,地満ちよ」と命じました。(創 8:20–9:1)人類再び,崇拝おい一つ結ばれ,地満たす機会開かです。

10. (イ)大洪水後,エホバ対する反逆は,どこどのよう燃え上がりましか。(ロ)エホバ確実ご意志行なわれるようするため,どんな行動取りましか。

10 しかし,大洪水人間完全拭い去っありません。また人間は,目見えないサタン反逆み使いたち影響対処なけれなりませでした。ほどなくて,またもやエホバ有益支配対する反逆燃え上がります。ノアひ孫ニムロデは,エホバ支配対する反対エスカレートさせました。「エホバ敵対するある狩人」と呼ばニムロデは,バベルなど大きな都市幾つ建設し,自分を「シナル地」における高めました。(創 10:8‐12)とこしえエホバは,反逆このと,人が「地満ち(る)」というご自身目的阻止する企て対して,どんな行動取りましか。人間言語混乱せ,ニムロデ配下意気消沈たちを「地全面」に散らさました。その彼らは,偽り崇拝と,人間よる支配形態携えゆきました。―創 11:1‐9

11. エホバご自分アブラハムに,どのよう忠節示さましか。

11 洪水後,多く偽り神々崇拝ましが,エホバ忠実保ったちました。アブラハムそうです。アブラハム従順示し,郷里ウル快適生活て,何十天幕住みました。(創 11:31。ヘブ 11:8,9)アブラハム遊牧生活送っ大抵,城壁ある都市住むたち囲まました。しかし,エホバアブラハム家族安全守らました。詩編作者は,エホバよう差し伸べくださる保護関して,こう歌っます。「神だれ彼らからだまし取ること許さず,かえって彼らためたち戒め(た)」。 詩 105:13,14)エホバご自分アブラハム対する忠節ゆえに,「王たちあなたから出るあろう」と約束ました。―創 17:6。ヤコ 2:23

12. エホバどのようエジプト対しご自分主権表明ましか。そのことイスラエルどんな影響与えましか。

12 アブラハム息子イサクヤコブも,祝福与える約束ました。彼ら子孫からたち生まれるいうことも,その祝福含まました。(創 26:3‐5; 35:11)しかし,ヤコブ子孫たち生み出すに,エジプト奴隷なります。では,エホバ約束果たさないことか,地対する主権放棄いうことですか。決してそうありません。エホバしかるべき実証し,かたくなファラオ対し主権表明ました。奴隷状態あっイスラエルエホバ信仰置き,エホバ紅海おい壮大救出行なわました。明らかエホバ宇宙主権あられ,愛富むて,民保護するためご自分偉大用いられです。―出エジプト記 14:13,14読む。

エホバイスラエルなる

13,14. (イ)イスラエルで,エホバ王権つい宣言ましか。(ロ)神ダビデに,王権関するどんな約束されましか。

13 エジプトから奇跡救出直後,イスラエルエホバ賛美する勝利歌いました。その一部ある出エジプト記 1518は,「エホバ定めなく,まさに永久支配れる」という宣言あります。エホバは,新しい国民ならです。(申 33:5)しかしは,目見えないエホバ支配あること満足ず,出エジプト400後,近隣異教国民よう人間立てほしい,と頼みます。(サム一 8:5)それでもエホバあらました。この事実は,イスラエルおける2人間ダビデ治世明らかなりました。

14 ダビデ神聖契約エルサレム運び込みます。喜ばしいその機会レビ歌っ賛美に,注目べき表現あります。歴代一 1631ある,「諸国民言え,『エホバならた!』」という言葉です。しかしこう思ういるしれません。「エホバとこしえあるに,どうして その時,王なっ言えるか」。エホバどんな場合なるでしょか。それは,ご自分支配表明するとき,あるいは特定時期ご自分代表たり特定状況扱ったりする機関設立するときです。その理解すること非常重要です。エホバダビデ生前,ダビデ王権定めなく存続すること約束ました。こう述べおらます。「わたし必ずあなた内部から出るあなたあなた起こす。わたし本当王国堅く立てる」。(サム二 7:12,13)このダビデの「胤」は結局1,000余り経っから現われました。それだれことですか。その「胤」はいつなるですか。

エホバ新しい任命する

15,16. イエスいつ,将来油そそがましか。地上おら時,ご自分支配ためどんな取り決め設けましか。

15 西暦29年,バプテスマ施すヨハネは,「天王国近づいた」と宣べ伝え始めました。(マタ 3:2)ヨハネイエスバプテスマ施し時,エホバイエス約束メシアて,また王国将来油そそぎました。そして,イエス愛情示し,「これわたし子,わたし愛するある。このわたし是認た」と言わました。―マタ 3:17

16 イエス宣教期間中,み父栄光表わしました。(ヨハ 17:4)神王国つい宣べ伝えることよっです。(ルカ 4:43)イエスは,王国来ること祈り求めるよう追随たち教えることされました。(マタ 6:10)さらに,指名受けて,反対するたちに,「神王国あなた方ただ中ある」と宣言することできました。(ルカ 17:21)そのイエスは,死ぬに,追随たちと「王国ため契約」を結ばました。それよって,一部忠実弟子たちに,神王国なる見込み与えました。―ルカ 22:28‐30読む。

17. 1世紀イエス行使始め王権は,どのよう意味限らものでしか。イエス待たなけれなりませでしか。

17 イエスいつ,神王国支配始めるでしょか。すぐそうすることできませでした。イエス弟子たち王国ため契約結ん午後処刑れ,追随たち散らさからです。(ヨハ 16:32)しかし,そのエホバ支配おらました。イエス目,エホバみ子復活せ,西暦33ペンテコステに,イエス油そそが兄弟たちクリスチャン会衆治める霊的王国設立ました。(コロ 1:13)それでもイエスは,約束の「胤」と対する王権十分行使できるまで,待たなけれなりませでした。エホバみ子に,「わたしあなたあなた足台置くまでは,わたし座しいよ」と告げおらからです。―詩 110:1

とこしえ崇拝なさい

18,19. わたしたちエホバ対して,どうたいいう気持ちなりますか。次記事学びますか。

18 過去数千間,天エホバ王権対する異議唱えられました。しかしエホバ決してご自分主権放棄ず,支配続けこらました。愛富むて,ノアアブラハムダビデいっ忠節たち守り,顧みられました。そうあれわたしたちは,王あるエホバ従い,いっそう近づきたいいう気持ちなるないでしょか。

19 ここで,こう自問するよいことです。「エホバ今日,どのようなっおられるだろか。どうすれば,エホバ王国忠節臣民あること示し,エホバ宇宙家族完全なれるだろか。神王国来ること祈り求めるどういう意味だろか」。これら質問記事扱います。