アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2014年1月

「あなたの王国が来ますように」― その時はいつか

「あなたの王国が来ますように」― その時はいつか

「あなた方は,これらすべてことなら,彼近づい戸口いること知りなさい」。―マタ 24:33

1,2. (イ)一盲目状態引き起こす原因て,どんなこと考えられますか。(ロ)神王国ついどんなこと確信できますか。

出来事目撃たち記憶が,細かいしばしば大きく食い違うことご存じしれません。同様に,医師診断下し述べ言葉を,正確思い出せないいうます。さらに,実際すぐそばある眼鏡見つからないいうことあるでしょう。こうことすべて,専門言う盲目状態関係あるしれません。他こと取ら気づかない,あるいは忘れいる,という状態です。人間働きそのようある言わます。

2 多くは,今世界情勢意味つい同様盲目状態経験ます。1914以降世界大きく変わっこと認めも,その本当意味理解ないです。わたしたち聖書研究するて,ある意味王国1914いうこと知っます。そのイエス即位からです。しかし,わたしたち知るとおり,「あなた王国ますように。あなたご意志おける同じように,地上おいなさますように」という祈り答えは,それ以上こと関係ます。(マタ 6: 10)現在邪悪体制終わり含まいること明らかです。終わり到来初めて,神ご意志おける同じよう地上おいなされるです。

3. 言葉研究するなら,どんなこと理解できますか。

3 一般人々生活追わいるため,キリスト1914以来ずっ支配おり,間なく邪悪滅ぼすいう明確証拠見過ごします。それ対照に,わたしたち言葉定期研究いるで,様々預言成就いること理解できます。しかし,幾十仕えあれば,今時代意味以前同じほど鋭く意識いるか,自問する良いことです。最近エホバ証人なっあれば,今どんな事柄強い関心持っいるか,自問ください。その答えどのようものあるも,考えたいことあります。油そそがは,神ご意志地上十分行なわれるように,さらなる行動なく起こさます。そのこと確信できる3重要理由これから取り上げましょう。

騎手たち登場

4,5. (イ)イエス1914以降,何行なっましか。(冒頭挿絵参照。)(ロ)イエス続く3騎手は,何表わしますか。この預言どのよう成就ましか。

4 イエスキリスト1914年,天的与えられました。つまり王国なりました。啓示 6預言イエスを,白い乗り進める描います。イエスなっ後,サタン邪悪征服するため直ちに行きます。啓示 6:1,2読む。)啓示 6預言から,神王国設立後,世界情勢急速悪化すること見て取れます。戦争,食糧不足,疫病など,死因なる事柄増えるです。そう事態進展は,イエスキリストすぐ乗り進む3騎手よっ表わさます。―啓 6:3‐8

5 予告どおり,戦争が「地から平和取り去」りた。多く国際協力平和維持約束かかわらず,そうなっです。第世界大戦は,平和取り去っ数々破壊戦争始まりすぎませでした。1914以降,経済科学多く進展られましが,食糧不足依然世界安全脅かします。疫病,自然災害,その他の「死災厄」が毎年幾百万人々奪っいることを,だれ否定できるでしょか。こう出来事規模頻度深刻は,人類前例ないものです。あなたその意味理解ますか。

騎手たち乗り進むこと伴い,世界情勢いよいよ悪化する(4,5参照)

6. 聖書預言成就注意払っだれですか。預言成就て,彼らどうましか。

6 世界大戦勃発スペイン風邪奪わしまっ少なくありません。それでも,油そそがクリスチャンは,異邦つまり「諸国民定められ時」の終わるて,1914鋭く意識ました。(ルカ 21:24)何起こる完全分かっわけありません。それでも,1914支配おける転換なること理解ました。それらクリスチャン聖書預言成就明確理解するや,神支配始まっこと大胆告げ知らせました。王国宣明するその活動激しい迫害引き起こしました。しかし,多くそう出来事生じこと自体,預言成就でした。その数十わたり,王国たちは「布告よっ難儀仕組(む)」という方法訴えました。暴力行為投獄いう手段用いだけなく,絞首,銃殺,斬首などより兄弟たち処刑することさえ厭いませでした。―詩 94:20。啓 12:15

7. 多数人々が,世界出来事意味識別できないは,なぜですか。

 7 王国すでに設立証拠これほど多いに,どうして多数人々受け入れないでしょか。神長いふれ告げように,世界出来事聖書預言成就あるいうことを,なぜ理解できないでしょか。ほとんどたちは,目見えるものだけ注意払っいる,ということでしょか。(コリ二 5:7)人間事柄奪わて,神行なっいること盲目なっいるでしょか。(マタ 24:37‐39)サタン宣伝いう雑音散らさいるいるでしょか。(コリ二 4:4)霊領域起こっいる事柄理解するは,信仰霊的知覚必要です。実際生じいる事柄関し盲目ないいうは,本当喜ばしいことです。

邪悪いよいよ進む

8‐10. (イ)テモテ二 31‐5どのよう成就ますか。(ロ)邪悪いよいよ進んいると,なぜ言えますか。

8 王国程なく地上物事積極支配する言える2理由は,人間社会邪悪が,いよいよ進んいることです。テモテ二 31‐5予告いる状態は,ここ100ほどいっそう明確なっました。その聖句記さいる事柄は,世界各地広がっます。あなたそれいるないでしょか。幾つ取り上げましょう。―テモテ二 3:1,13読む。

9 1940年代あるいは1950年代衝撃だっ事柄と,今日職場状況や,娯楽スポーツファッション世界生じいる事柄比べください。甚だ暴力道徳行為普通なっます。暴力道徳かつ冷酷行動よっショック与えようするたちます。1950年代際どいされテレビ番組が,今家族向けされます。また,多くは,同性娯楽ファッション世界大きな影響与え,そのライフスタイル広めいること気づいます。わたしたちは,そう事柄関する見方知っいることに, 本当感謝できます。―ユダ 14,15読む。

10 また,1950年代若者いわゆる反抗行動と,今日状況比べることできます。昔は,子どもたち喫煙飲酒情欲かき立てるダンスない心配ものです。しかし今日は,衝撃ニュースごく当たり前なっます。例えば,15少年クラスメート発砲し,二死亡,13負傷ました。酒酔っ10若者グループ9少女惨殺し,その父親いとこ暴行加えました。アジアあるは,過去10生じ犯罪半数若者引き起こしもの言わます。状況いよいよ悪化いることだれ否定できるでしょか。

11. 状況いよいよ悪化いること多く気づかないは,なぜですか。

11 使徒ペテロ言葉正確成就ます。「終わりあざけるたちあざけり抱いやっ来るからです。そのたち自分欲望まま進み,『この約束臨在どうなっいるか。わたしたち父祖眠りついから,すべてもの創造初め以来全く同じ状態保っいるないか』と言うでしょう」。(ペテ二 3:3,4)そのよう反応示すいるなぜですか。ある状況慣れくると,人その状況注意払わなくなるようです。例えば,親しい友人行動突然変化するショック受けますが,社会一般態度道徳徐々変化ゆくことは,気づかないものです。そのよう変化からショック受けることないでしょう。しかし,道徳徐々腐敗ゆくこの傾向は,危険です。

12,13. (イ)世界事態進展失望する必要ないは,なぜですか。(ロ)何理解することは,「対処にくい」時代立ち向かう助けなりますか。

12 使徒パウロは,「終わりは,対処にくい」時代来る,と警告ました。(テモ二 3:1)といえ,対処できないわけありません。どんな失望恐れ気持ち生じるも,エホバ,聖霊,クリスチャン会衆助けよっ克服することできます。忠実保てます。「普通超えその力」はものあり,わたしたち自身ものないからです。―コリ二 4:7‐10

13 パウロ終わり関する預言を,「このこと知っおきなさい」という言葉始めます。この言葉は,それ次ぐ事柄必ず生じること確証ます。エホバ終わりもたらすまで,不敬虔社会いよいよ進んゆく違いありません。歴史たち証言よると,これまで道徳急速低下ため崩壊社会国家少なくないいうことです。しかし,今日ほど世界道徳全面退廃ことは,いまだかつてありません。多くその意味悟らないしれませが,わたしたち1914以降先例ないこの進展より,神王国なくすべて終わらせること確信できるはずです。

この世代過ぎ去らない

14‐16. 王国なく『来る』,と考え3理由ですか。

14 終わり近いこと確信できる3理由あります。それは,神歴史進展関係あります。1挙げましょう。天王国設立れる前,忠実油そそがたち一団は,活発仕えました。1914生じる期待事柄一部実現なかっ時,彼らどうでしょか。そのほとんどは,試練迫害もと忠誠証明し,エホバ仕え続けました。それら油そそがたちすべてない も,その大半は,死至るまで長年わたっ忠実保ちました。

15 イエスは,この事物体制終結関する預言で,「これらすべて起こるまで,この世代決して過ぎ去りません」と述べました。マタイ 24:33‐35読む。)わたしたち理解よれば,イエス言及た「この世代」には,油そそがクリスチャン2グループ含まます。第グループ1914生存たちで,そのおけるキリスト臨在しるしすぐ識別ました。このグループ構成いるたちは,1914生きいうだけなく,そのに,あるいはそれよりよっ油そそがました。―ロマ 8:14‐17

16 「この世代」に含まれるグループ構成するたち皆,第グループ属するたち一部まだ地上いる生きて,その期間聖霊よっ油そそがたちです。ですから,今日油そそがたちすべてが,イエス述べた「この世代」に含まれるわけありません。今日,このグループ構成するたち自身高齢なっます。それでも,マタイ 2434イエス言葉は,「この世代」の少なく一部が,大患難始まり見るまでは「決して過ぎ去(らない)」こと確証ます。このことから,神王国邪悪たち滅ぼし宿る新しいもたらすまでは,あまり時間ないいうことも,いっそう確信できるはずです。―ペテ二 3:13

キリストなく征服完了する

17. これまで考慮3証拠から,どんな結論下せますか。

17 これまで考え3証拠から,どんな結論下せるでしょか。イエスは,あなた方その正確時刻知らない,と言わました。実際その通りです。(マタ 24:36; 25:13)しかしパウロ述べように,わたしたちは「時節」つまり終わりつい知っます。ローマ 13:11読む。)わたしたちその時節生きます。聖書預言や,エホバイエスキリスト行なっおられること十分注意払うなら,この事物体制終わり近いこと示す強力証拠見失うことありません。

18. イエスキリスト受け入れようないたちは,どうなりますか。

18 白い乗り進めおられるイエスキリストは,畏怖べき権威付与ました。その権威拒むたちは,間なく自分たち誤り認めざるなくなります。逃れありません。その時,多くたち恐れおののき,「だれ立ちようか」と叫ぶことでしょう。(啓 6:15‐17「啓示」の7その問い対する答えあります。油そそがたちと,地的希望抱くたちは,神是認れるゆえに,『立つ』ことできます。それらほかの「大群衆」は,大患難生き残ります。―啓 7:9,13‐15

19. 終わり近いこと確信するて,あなたどんな期待抱いますか。

19 成就いる聖書預言注意払い続けるなら,サタン雑音奪われることありません。世界出来事意味対し盲目なることありません。キリスト程なくて,最終戦い行なって,この敬虔社会対する征服完了ます。(啓 19:11,19‐21)想像ください。そのわたしたちは,本当幸福生活送ることなるです。―啓 20:1‐3,6; 21:3,4