アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年12月

「この日はあなた方のための記念」となる

「この日はあなた方のための記念」となる

「この   あなた方  ため  記念  なり,あなた方  エホバ  対する 祭り    これ を……祝わ なけれ  なら ない」。―出 12:14

1,2. クリスチャン すべて  関心  持つ べき 記念     です か。なぜ 関心  持つ べき です か。

記念   聞い て,まず 思い浮かぶ   どの  でしょ  か。結婚   いる   あれ ば,結婚 記念    しれ ませ ん。国  独立 記念  など,歴史   有名  出来事  祝う   挙げる   いる でしょ う。では,3,500   わたっ  祝わ     国家  記念   ご存じ でしょ  か。

2 それ  過ぎ越し です。古代 イスラエル  エジプト   奴隷 状態 から 解放    こと  記念 する 祝い です。過ぎ越し は,あなた   重要  意味  持ち ます。あなた  生活  幾つ   大切    関係  ある から です。しかし,こう 思う   しれ ませ ん。『ユダヤ   過ぎ越し  祝う   分かる が,わたし  ユダヤ 教徒   ない。なぜ その 記念   関心  持つ べき   か』。その 答え  なる  は,「わたしたち  過ぎ越し  ある キリスト  犠牲  され た」と いう 意味深い 言葉 です。(コリ 一 5:7)この 真理  理解 する  は,ユダヤ   過ぎ越し  つい  知る 必要  あり ます。また,クリスチャン すべて  与え られ  命令  過ぎ越し   関連  つい  考える こと  必要 です。

過ぎ越し ― なぜ 祝わ   

3,4. 最初  過ぎ越し  行なわ     背景  どの よう  もの でし  か。

3 ユダヤ    ない 世界  多く   も,最初  過ぎ越し  行なわ     背景  幾らか 知っ  いる こと でしょ う。聖書  出エジプト   読ん だり,この   出来事  題材    映画   たり,その 物語  聞い たり     しれ ませ ん。

4 イスラエル   エジプト  長く 奴隷  され    時,エホバ  モーセ    アロン  ファラオ  もと  遣わし,ご自分    解放 する よう 求め まし た。しかし,ごう慢  ファラオ  応じ ませ  でし た。その ため,エホバ  エジプト  一連  壊滅   災厄  臨ま  まし た。10    災厄  よっ  エジプト  初子 たち  死ぬ と,ついに ファラオ  イスラエル   解放  まし た。―出 1:11; 3:9,10; 5:1,2; 11:1,5

5. イスラエル   自由  される  に,準備    どんな 事柄  行なう べき でし  か。(冒頭  挿絵  参照。)

 5   いえ,イスラエル   自由  される   行なう べき 事柄  あり まし た。時  西暦  1513   春分  ころ,ユダヤ   アビブ   です。その     ニサン  呼ば れる よう  なり ます。 *  イスラエル   対し,その   10   準備  始め,ニサン 14   指定    手順  踏む よう 指示 なさい まし た。ニサン 14   日没  始まり ます。ヘブライ   一日  日没  始まり,日没  終わる から です。ニサン 14 日,人々   ごと  1   雄羊(または 雄やぎ)を ほふり,その   幾らか    2   戸柱  戸口  上部  横木  掛け なけれ  なり ませ ん。(出 12:3‐7,22,23)そして 家族 で,焼い  子羊  肉,パン種  入れ ない パン,苦菜 から 成る 食事   ます。神  み使い  エジプト    通っ て,エジプト  初子 たち  殺し ます が,神  従順  イスラエル   保護  れ,その   自由  され ます。―出 12:8‐13,29‐32

6.     自由  され    過ぎ越し  毎年 祝う べき だっ   は,なぜ でし  か。

6 イスラエル  は,自分 たち  解放    こと  その   年月   思い起こす べき でし た。神  こう お告げ  なり まし た。「この   あなた方  ため  記念  なり,あなた方  エホバ  対する 祭り    これ  代々 祝わ なけれ  なら ない。定め  ない   至る 法令    これ  祝う よう に」。ニサン 14   祝い  続い て,7    祭り  行なわ  まし た。実際  過ぎ越し    ニサン 14  です が,過ぎ越し  いう 名称  祭り  8   全体  指す 場合  あり まし た。(出 12:14‐17。ルカ 22:1。ヨハ 18:28; 19:14)過ぎ越し は,ヘブライ   毎年 祝う よう 定め られ    祭り,もしくは「記念 日」の 一つ でし た。― 二 8:13,「生き  英語  よる 聖書」。

7. イエス は,有効  最後  過ぎ越し  機会    制定  まし  か。

7 イエス  使徒 たち は,モーセ  律法  もと  ある ユダヤ    て,毎年  過ぎ越し  祝い まし た。(マタ 26:17‐19)過ぎ越し  祝っ  最後  機会 に,イエス  追随  たち  毎年 行なう べき 新た    制定  まし た。それ    晩さん です。では,どの   行なう  でしょ  か。

  晩さん ― どの   行なう 

8. 過ぎ越し    晩さん  つい  考える 時,どんな 疑問  生じ ます か。

8 イエス は,有効  最後  過ぎ越し  直後    晩さん  制定  まし た。ですから,この 新た    過ぎ越し  同じ   行なわ  ます。ところが,現代  幾つ   カレンダー  ある ユダヤ   過ぎ越し  日付 は,エホバ  証人  キリスト    記念 する 日付  1     ずれる こと  あり ます。なぜ 違い  生じる  でしょ  か。神  イスラエル   お与え  なっ  命令  かぎ  なり ます。神 は,「イスラエル  集会   たち   会衆」が ニサン 14   いつ,子羊 を「ほふら   なら ない」か  明示 なさい まし た。―出エジプト 記 12:5,6  読む。

9. 出エジプト 記 12  6   よれ ば,過ぎ越し  子羊  いつ ほふら れる こと  なっ   まし  か。( 「その   いつ  ことか」 いう 囲み  参照。)

9 出エジプト 記 12  6   は,子羊 は「二つ  夕方   に」ほふら れる べき  ある,と 述べ られ   ます。他  日本  聖書  は,「夕暮れ に」(新 共同 訳),「日暮れ  に」(バルバロ 訳),「黄昏  に」(岩波  旧約 聖書)など  なっ   ます。したがって,子羊  日没   薄明るい  に,すなわち ニサン 14   初め に,ほふら れる こと  なっ   まし た。

10. 一部   たち は,子羊  いつ ほふら    考え   ます か。もし そう 考える なら,どんな 疑問  生じ ます か。

10 後代  一部  ユダヤ  は,神殿  携え   られ  子羊 すべて  ほふる    時間  かかっ  だろ う,と 考え まし た。それで,出エジプト  記 12  6   表現  ニサン 14   終わり  指す,と 解釈  まし た。つまり,太陽  傾き 始め  時(正午 すぎ)から,ニサン 14   終わる 日没 まで    指す,と 考え   です。しかし,もし そういう 意味 なら,過ぎ越し  食事  いつ 取る  でしょ  か。古代 ユダヤ   専門  する ジョナサン  クラワンス 教授 は,こう 述べ   ます。「新しい   日没  とも  始まる。したがって,犠牲  ささげ られる   14   が,実際  過ぎ越し  始まり 食事  する   15   ある。ただし,この 時間  流れ  出エジプト   明示      ない」。 教授  さらに こう 書い   ます。「ラビ  文献 は,[西暦 70  の]神殿  滅び 以前  セデル[過ぎ越し  食事]が どの よう  執り行なわ       述べ  さえ  ない」。―斜体  本誌。

11. (イ)西暦 33   過ぎ越し   に,イエス    行ない,どんな 経験   まし  か。(ロ)西暦 33   ニサン 15  が「大いなる」安息   呼ば     なぜ です か。(脚注  参照。)

11 では,西暦 33   過ぎ越し  いつ 行なわ    でしょ  か。「過ぎ越し  いけにえ  犠牲  され   なら ない」日  近づい    ニサン 13   こと,キリスト  ペテロ  ヨハネ に,「行っ て,わたしたち  食べる 過ぎ越し  用意  なさい」と 指示  まし た。(ルカ 22:7,8)そして 日没 後,ニサン 14 日,木曜    に,過ぎ越し  食事  する「時刻  来」ます。イエス  使徒 たち    過ぎ越し  食事    後,主  晩さん  制定  まし た。(ルカ 22:14,15)その 夜,イエス  捕縛  れ,裁判  かけ られ まし た。そして ニサン 14    近く    つけ られ,その 午後  亡くなり まし た。(ヨハ 19:14)こう  て「わたしたち  過ぎ越し  ある キリスト  犠牲  され   です」。それ は,過ぎ越し  子羊  ほふら     同じ  でし た。(コリ 一 5:7; 11:23。マタ 26:2)イエス は,ニサン 14   終わり  近づい    時 ― ニサン 15   始まる 前 ― に 葬ら  まし た。 *レビ 23:5‐7。ルカ 23:54

過ぎ越し から 学べる こと

12,13. ユダヤ   子ども たち  とっ て,過ぎ越し  どんな 機会  なり まし  か。

12 エジプト  過ぎ越し  行なわ     こと    戻し ましょ う。モーセ は,神    以後,過ぎ越し  守り行なわ なけれ  なら ない,と 述べ まし た。それ は「定め  ない   至る」規定  なり ます。年 ごと  その 祭り  祝う 時,子ども たち は,過ぎ越し  どんな 意味  ある   か,と   尋ねる こと でしょ う。(出エジプト 記 12:24‐27  読む。申 6:20‐23)こう   過ぎ越し は,子ども  とっ  も「記念」と    意味  持つ こと  なり ます。―出 12:14

13 新た  世代  成長 する  つれ,重要  教訓   から    伝え られ,強調  れる こと  なり ます。一つ  教訓 は,エホバ  ご自分  崇拝   保護 できる,と いう  です。子ども たち は,エホバ  漠然    抽象   存在   なく,現実  生き    ある こと  学び まし た。ご自分    関心  払い,その   ため  行動  さる    です。その 証拠 に,エホバ は「エジプト   災厄  下さ   際」,イスラエル   初子  保護 し,生き長らえ させ まし た。

14. クリスチャン   は,過ぎ越し  記述  用い  子ども  どんな 認識  持たせる こと  でき ます か。

14 クリスチャン  ある  は,過ぎ越し  意味  つい  毎年 子ども  説明 する わけ   あり ませ ん。それでも お子さん に,神  ご自分    保護 なさる  いう 教訓  教え   ます か。エホバ    ご自分    実際  保護 する   ある,と いう あなた  確信  お子さん  伝え   ます か。(詩 27:11。イザ 12:2)ただ 機械   説明  済ませる    なく,親子  楽しく 話し合う よう     ます か。この 教訓  伝える よう  心がけ,お子さん  霊的  成長 できる よう 助け  ください。

過ぎ越し から どんな 教訓  学ぶ よう お子さん  助け たい  思わ  ます か(14   参照)

15,16. 過ぎ越し  出エジプト   記述  用い て,エホバ  つい  どんな   強調 でき ます か。

15 過ぎ越し から 学べる  は,エホバ  ご自分    保護 なさる,と いう  だけ   あり ませ ん。エホバ  彼ら  救い出し,「エジプト から……携え 出」す こと  され まし た。どの よう  でしょ  か。神   は,雲        よっ  導か  まし た。紅海    左右  分かれ  そびえ立ち,彼ら  海底  歩い  渡り ます。対岸  無事  渡りきる と,とどめ られ      エジプト  軍勢    崩れ落ちる    まし た。救出    イスラエル  は,高らか  こう 歌い ます。「エホバ  向かっ  わたし  歌う。神 は……馬  その 乗り手       投げ入れ られ た。わたし  力,わたし  偉力  ヤハ。わたし  救い  なっ  くださる から だ」。―出 13:14,21,22; 15:1,2。詩 136:11‐15

16   皆さん は,救出   ある エホバ  信頼 する よう お子さん  助け   ます か。その よう  確信  あなた  言葉  決定  表われ   ます か。それ は,お子さん     明らか です か。家族  崇拝  出エジプト 記 12  から 15   取り上げ,エホバ  ご自分    どの よう  救い出さ   か,と いう   強調 でき ます。この   教える ため,別  機会  使徒 7  30‐36   ダニエル 3  16‐18 節,26‐28   取り上げる こと  でき ます。エホバ  単なる 過去  救出    あり ませ ん。モーセ  時代  ご自分    救い出し    同じ よう に,将来,わたしたち  必ず 救い出し  ください ます。大人  子ども  この こと  確信 する 必要  あり ます。―テサロニケ  一 1:9,10  読む。

 思い起こす べき 事柄

17,18. 最初  過ぎ越し  子羊    用い られ  こと は,どんな こと  連想   ます か。

17   クリスチャン は,ユダヤ   過ぎ越し  祝い ませ ん。年 ごと  過ぎ越し  モーセ  律法  一部  あり,わたしたち  その 律法  もと    ない から です。(ロマ 10:4。コロ 2:13‐16)むしろ,神  み子    いう 重要  出来事  記念  ます。と  いえ,昔 エジプト  制定    過ぎ越し  祝い  は,わたしたち  とっ   意味  ある 特色  含ま    ます。

18 戸柱  戸口  上部  振り掛け られ  子羊   は,命  保た せる 手段  なり まし た。今日,わたしたち  過ぎ越し    いずれ    も,神  動物  犠牲  ささげる こと   ませ ん。しかし,命  永遠  保た せる こと  できる 勝っ  犠牲  あり ます。使徒 パウロ は,「天  登録    いる 初子 たち  会衆」に つい  書き まし た。それら 油そそが   クリスチャン    保た せる  は,「振り注ぎ  血」すなわち イエス   です。(ヘブ 12:23,24)地上  永遠  生きる 希望  持つ クリスチャン も,イエス    依存    ます。彼ら    保証  言葉    触れ  思い起こす 必要  あり ます。「わたしたち  この   より,その   通し  なさ   贖い  よる 釈放,そう です,わたしたち  罪過  許し を,その 過分  ご親切    よっ    いる  です」。―エフェ 1:7

19. 過ぎ越し  いけにえ    折ら  なかっ  こと は,預言  対する わたしたち  確信  強め ます。なぜ そう 言え ます か。

19 イスラエル  は,過ぎ越し  食事  ため  子羊  ほふる 時,その   折っ   なり ませ  でし た。(出 12:46。民 9:11,12)贖い  なる ため   た「神  子羊」の 場合  どう でし  か。(ヨハ 1:29)イエス は,二   犯罪       つけ られ まし た。ユダヤ  たち は,杭  つけ   たち    折っ  ほしい  ピラト  頼み まし た。彼ら    早め,二   安息   ある ニサン 15   遺体    残さ   まま  なら ない ため です。兵士 たち     犯罪   両脚  折り まし た。「しかし,イエス  ところ    みる と,彼  すでに 死ん     で,彼    折」り ませ    た。(ヨハ 19:31‐34)過ぎ越し  子羊  同じ よう に,イエス    折ら  ませ  でし た。その 意味 で,過ぎ越し  子羊  西暦 33  ニサン 14   到来 する もの の「影」と なり まし た。(ヘブ 10:1詩編 34  20   言葉 どおり    運ん  こと は,預言  対する わたしたち  確信  強め ます。

20. 過ぎ越し    晩さん  は,どんな 際立っ  違い  あり ます か。

20   いえ,過ぎ越し    晩さん   種々  違い  あり ます。ですから,ユダヤ   祝っ  過ぎ越し は,キリスト  ご自分    記念    行なう よう 指示   事柄  予表 する もの   あり ませ ん。イスラエル   エジプト で,過ぎ越し  子羊    食べ まし  が,血   あずかり ませ  でし た。これ  イエス  弟子 たち  命じ  事柄   異なり ます。イエス は,「神  王国 で」治める こと  なる  たち に,パン  ぶどう   両方  あずかる よう 指示  まし た。パン  ぶどう   イエス      象徴 でし た。この     記事  詳しく 考察  ます。―マル 14:22‐25

21. 過ぎ越し  つい  知る こと  有益    なぜ です か。

21 過ぎ越し は,神  イスラエル  ため  行なわ   重要  出来事  祝う もの  あり,わたしたち 各人  大切  教訓  与え   ます。過ぎ越し は,クリスチャン  ため   なく ユダヤ 人「の ため  記念」と なり まし た。しかし,わたしたち  過ぎ越し  つい  知り,その 祝い から 学べる 印象深い 教訓    銘記 する 必要  あり ます。「聖書 全体    霊感  受け  もの」だから です。―テモ 二 3:16

^ 5節 ニサン  バビロン 捕囚   用い られ    名称 です が,この 記事   分かり やすく する ため,ユダヤ    1    ニサン  呼び ます。

^ 11節  沈む  ニサン 15   始まり まし た。その   は,週 ごと  通常  安息 日(土曜 日)が,無 酵母 パン  祭り  最初    重なり まし た。無 酵母 パン  祭り  最初   は,常  安息  でし た。二つ  安息   重なっ   で,「大いなる」安息   なり まし た。―ヨハネ 19:31,42  読む。