アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年12月

エホバは彼らを山々の影に隠された

エホバは彼らを山々の影に隠された

朝早く,女性  玄関  ドア  開け    出る と,包み  置い  あり ます。包み  取り上げ,辺り  見回し ます が,通り   だれ   ませ ん。だれ     置い  いっ   違いあり ませ ん。女性  包み  少し 開ける と,急い      入り ドア  閉め ます。それ  その はず です。中身 は,発禁 処分  なっ  聖書 文書 だっ   です。包み    抱きしめ ながら,女性  静か  祈り,その 貴重  霊的 食物  備え  くださっ  エホバ  感謝  ます。

1930 年代  ドイツ  は,こう   こと  よく あり まし た。1933   ナチス  政権  握る と,エホバ  証人    国内  多く  場所  禁止   まし た。現在 100   超える リヒャルト  ルドルフ は,「わたしたち は,そう   人間  布告  よっ て,エホバ  その み名  ふれ告げる   阻止  れる こと など ない,と 確信    まし た」と 述べ   ます。 * そして こう 続け ます。「聖書 文書  研究  宣教  大切  道具 でし  が,禁令  ため 入手  困難  なり まし た。それで,どの よう    続け られる だろ   と,あれこれ 考え   まし た」。リヒャルト    なく,非常  変わっ  方法  協力 できる こと  知り ます。山々    行なう  です。―裁 9:36

密輸    

エルベ 川(ラベ 川)を 遡っ  行く と,やがて 巨人 山脈(クルコノシェ)に 達し ます。そこ  現在,チェコ 共和   ポーランド  国境  なっ   ます。一番 高い    1,600  ほど しか あり ませ  が,クルコノシェ は,ヨーロッパ  真ん中  ある 北極    呼ば    まし た。山々  尾根  1   半分  3      覆わ    ます。また 天候  変わり やすく,突然,深い     覆い,身動き  取れ なく なる こと  あり ます。

この 山脈   世紀   わたっ て,州  王国  国家  分ける 自然  境界  なっ   まし た。地形  険しく パトロール  困難 だっ  ため,昔  この 地域  住む 多く    が,その 山脈    使っ  様々  品物  こっそり 運ん   まし た。巨人 山脈  チェコスロバキア  ドイツ  国境 だっ  1930 年代,証人 たち は,使わ  なく なっ  密輸     利用 する こと   ます。何  ため でしょ  か。貴重  聖書 文書  入手  やすい 場所 から ドイツ  運び入れる  です。若い リヒャルト  文書  運ん    でし た。

兄弟  姉妹 たち  ハイキング  行く 格好    巨人 山脈  越え,文書  ドイツ  運び入れ 

危険 な“ハイキング”

リヒャルト  こう 述べ ます。「週末  なる と,若い 兄弟 たち  7  ほど  グループ  なり,ハイキング  格好      向かい まし た。ドイツ  から   越え  スピンドレルフ  ムリン まで 3 時間 ほど かかり まし た」。スピンドレルフ  ムリン  リゾート  で,チェコ   17  ほど 入っ    あり まし た。当時,その 地域   大勢  ドイツ   住ん  おり,農業  営ん       ドイツ   兄弟 たち  協力   くれ まし た。その  は,ふだん 観光   乗せる 馬車  近く   まで 行き,プラハ から 鉄道  送ら     文書  入っ    受け取り,農場  持ち帰っ  干し草 置き場  隠し ます。それ  運び   兄弟 たち  ドイツ  運ぶ  です。

「わたしたち  その 農場  着く と,リュック  文書  詰め まし た。その リュック  重い 荷物  運ぶ ため  もの で,一  50  ほど 背負っ  運び まし た」と リヒャルト  言い ます。警察  見つから ない よう  する ため,暗い   移動  まし た。日  暮れ  から 出発 し,日  昇る     帰り着く  です。当時 ドイツ  巡回 監督    奉仕     エルンスト  ヴィースナー は,講じ られ    幾つ   安全   つい  この よう  話し ます。「二   兄弟    進み,だれ   出会う  すぐ  懐中 電灯  合図  送り ます。すると,重い リュックサック  背負っ  100 メートル ほど 後方 から つい    兄弟 たち  道端  木々  茂み    隠れ,先行 する    兄弟 たち  戻っ    合い言葉  述べる まで 待ち まし た。そして,その 合い言葉  毎週 変え られ まし た」。紺色  制服    まとっ  ドイツ  警察   危険  存在 でし  が,危険  それ だけ   あり ませ ん。

 リヒャルト  こう 述懐    ます。「ある 日,わたし  いつも より 遅く まで 働か なけれ  なら ず,兄弟 たち より 遅れ  チェコ  向かい まし た。冷たい   降る 暗い    を,震え ながら 歩い  いる と,はい       分から なく なり,何 時間  さ迷い まし た。この よう      落とし  ハイカー  少なく あり ませ ん。帰り道  歩い    兄弟 たち  ばったり 出会っ   は,早朝  なっ  から  こと です」。

この 勇敢  兄弟 たち  小さな グループ   3  間,毎週   行き まし た。冬 は,スキー  ソリ  貴重    運び まし た。時  は,20  ほど  兄弟 たち  昼間,普通  登山   使っ  国境  越え  こと  あり ます。その   は,一般  ハイキング  グループ   られる よう 姉妹 たち  同行  まし た。幾    姉妹 たち  先頭  歩い て,危険  察知 する  帽子    放り投げ まし た。

  覆わ   巨人 山脈 越え  危険  伴っ 

では,兄弟 たち    徹し  文書  ドイツ   運び込ん  後,文書  どう なり まし  か。すぐ 配ら れる よう  組織     まし た。出版   石けん  よう  包装  れ,ヒルシュベルク  鉄道   から ドイツ 各地  送ら  ます。次い で,荷物  受け取っ  兄弟 姉妹 たち が,記事  冒頭  あっ  よう に,密か  仲間  兄弟 姉妹 たち  届け   です。この 秘密  配達   大勢  兄弟 たち  関係      で,一   捕まる  大きな 影響  及ぶ 可能   あり まし た。実際,思い  寄ら ない ところ から   付い  しまっ  こと  あり ます。

1936  に,ベルリン  近く  文書 集積   発見    しまい まし た。見つかっ     に,ヒルシュベルク から  送り  不明  小包  三つ あり,警察  筆跡 鑑定   て“密輸 グループ”の 主要 メンバー  割り出し,逮捕  まし た。その    なく,もう    逮捕   ます が,その    リヒャルト  ルドルフ でし た。逮捕    兄弟 たち  全面     負っ   で,他  兄弟 たち は,文書 運搬  仕事  危険   増し    もの の,その 仕事  しばらく 続ける こと  でき まし た。

わたしたち  対する 教訓

巨人 山脈  越え  リュック  運ば   出版  は,ドイツ  エホバ  証人  とっ   貴重  蓄え  なり まし た。しかし,聖書 文書  運び入れる ルート は,巨人 山脈 だけ   あり ませ  でし た。ドイツ   チェコスロバキア  占領   1939  まで,国境 沿い  同様  ルート  幾つ  存在  まし た。また,ドイツ  国境  成す フランス,オランダ,スイス など  兄弟 たち も,大きな 危険  冒し て,迫害      仲間  兄弟 姉妹 たち  霊的  食物  備え まし た。

今日 わたしたち  大半 は,聖書 文書  様々    必要  だけ 入手 でき ます。新しい 出版   王国 会館  受け取る    も,jw.org から ダウンロード する    も,出版   どの よう    自分  もと  届く    考え  みる   いかが です か。真夜中    覆わ   山々  越え   た,と いっ  ドラマチック  もの   ない   しれ ませ ん。しかし,次  こと  確か です。出版   届く  は,無私  気持ち  仕える 大勢  仲間  兄弟 たち  勤勉  働き  必要   です。

^ 3節 兄弟 は,シュレジエン   ヒルシュベルク 会衆  奉仕    まし た。ヒルシュベルク   現在,ポーランド 南東  位置 する イェレニャ  グーラ   相当  ます。