アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年11月

 アーカイブ から

「わたしは甲羅の中の亀のようでした」

「わたしは甲羅の中の亀のようでした」

1929   8  から 9   かけ て,9    およぶ 怒涛  よう  証言 活動  米国 全土  行なわ れ,参加   1万   超え まし た。配布   書籍  小冊子    25万   上り ます。それら 王国 宣明     1,000  ほど  聖書 文書 頒布 者<コルポーター>が 含ま    まし た。その 人数  驚く ほど 増加    まし た。1927  から 1929   かけ  3   なり,「会報」 * その 増加 を「奇跡 的」と 呼ん   ます。

1929   後半,金融 危機  起こり ます。10  29 日(暗黒  火曜 日)に ニューヨーク 証券 取引   株価   暴落 し,その 衝撃  広がっ  世界   恐慌 時代  突入  ます。幾千   銀行  破綻 し,農場  機能  停止 し,大きな 工場  閉鎖   て,膨大     たち    失い まし た。1933 年,米国  おける 住宅  差し押さえ 件数  ピーク  達し,1  平均 1,000   上り まし た。

その よう  危機   状況   で,全 時間 奉仕   どの よう  やっ  ゆけ   でしょ  か。一つ  解決   なっ   は,トレーラーハウス など  車輪 付き  住居 です。家賃  税金  かから ない こう     おかげ で,多く  開拓   出費  最小限  抑え  宣教  行なう こと  でき まし た。 * 移動  住居  大会 期間 中,無料  宿舎  なり まし た。1934 年,「会報」は,水道 設備,コンロ,折り畳み  ベッド,断熱  など  ある,実用   小型  快適  住まい  詳細  設計   掲載  まし た。

機転  利く 世界 各地  奉仕  が,車輪 付き  住宅  建て 始め まし た。ビクター  ブラックウェル  当時  振り返っ  こう 言い ます。「ノア    造っ  こと  あり ませ  でし た。わたし  トレーラーハウス  建て  こと  なく,その 知識  あり ませ  でし た」。それでも,ビクター  やってのけ まし た。

インド  モンスーン  時期,移動  住居  ボート  載せる

アベリー  ブリストー  ロビニア  ブリストー  移動  住居  所有    まし た。アベリー は,「わたし  甲羅      よう でし た。いつも   一緒  移動      です」と 述べ   ます。二   ハービー  コンロウ および アン  コンロウ  いう 夫婦  一緒   時間 奉仕  行ない まし た。コンロウ 夫妻  移動  住居 は,壁  タール   覆わ   おり,家  移動 する たび に,紙     剥が  落ち まし た。アベリー は,「あの よう  トレーラーハウス     は,それ 以前  それ 以後      ない  思い ます」と 述べ   ます。それでも,アベリー  よれ ば,コンロウ 夫妻     息子 は「一番 幸せ  家族」でし た。ハービー  コンロウ は,次  よう  書き まし た。「何   足り ない,と 思っ  こと  決して あり ませ ん。エホバ  仕え,愛情 深い 世話  もと で,本当  安心   いら  まし た」。後  コンロウ 家族  4    ギレアデ 学校  出席 し,ペルー  宣教     奉仕 する よう 割り当て られ まし た。

バッタイノ 夫妻  家族   時間 奉仕  行ない まし た。夫  ギュスト  バッタイノ    ビンセンツァ  バッタイノ は,子ども  産ま   くる こと  知り,1929   A  フォードトラック  住居  改造  まし た。それ まで 住ん    テント  比べる と「立派  ホテル  よう」でし た。夫妻  小さな    一緒  大好き  この 奉仕  続け,米国  住む イタリア   伝道  まし た。

多く    良い たより    傾け まし  が,貧しく 仕事  ない   聖書 文書  対し  お金  寄付 する こと  まれ でし た。代わり に,それ  見合う あらゆる 種類  品物  差し出し まし た。ある    開拓  が,関心  示す  たち から 受け取っ  品物  64 種類  あり まし た。それ  一覧     ところ,まるで「田舎  雑貨   在庫 リスト  よう」でし た。

フレッド  アンダーソン は,ある 農夫  会い,一式  書籍  眼鏡  交換  まし た。眼鏡 は,その   母親  使っ    もの でし た。次  農場  会っ  男性  文書  関心  示し まし  が,「眼鏡  なく  読め ない  だ」と 言い まし た。でも,隣      眼鏡  かける  きちんと 読む こと  でき   で,書籍  眼鏡  感謝   寄付   まし た。

ハーバート  アボット は,空   かご      置い   まし た。文書  交換     三,四   なる  市場  持っ  行き,売っ    お金  ガソリン  満タン   まし た。ハーバート  こう 述べ   ます。「お金  ほとんど ない   あり まし  が,くじけ ませ  でし た。ガソリン  残っ  いる 限り,エホバ  信頼   奉仕  続け  もの です」。

エホバ  頼り,固い 決意  抱い     たち  困難  時期  耐え抜き まし た。マクスウェル  ルイス  エミー  ルイス  暴風雨  見舞わ   こと  あり ます。二   トレーラーハウス    逃げ  途端,大木  倒れ      真っ二つ  なり まし た。マクスウェル  こう 書い   ます。「この こと  障害  なり ませ  でし た。あれ  単なる 事故 でし た。あきらめ よう  考え  こと  一度  あり ませ ん。なす べき   多く あり まし  し,それ  行なお   思い まし た」。この 夫婦  ひるみ ませ  でし た。親しい 友人 たち  助け    車輪 付き  住宅  建て直し まし た。

今日  難しい 時代  あっ  も,同様  自己 犠牲  精神  幾百万   熱心  エホバ  証人  特色  なっ   ます。わたしたち  初期  開拓  たち  よう に,エホバ    終える よう   告げる  まで,固い 決意  抱い  宣べ伝え 続け ます。

^ 3節 現在 の「わたしたち  王国 宣教」。

^ 5節 この 当時,大半  開拓   世俗  仕事  行ない ませ  でし た。比較  少額  聖書 文書  入手 し,文書  配布  受け取っ  寄付  質素  生活  費用  充て まし た。