アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年11月

神に仕えることが息子の薬です

神に仕えることが息子の薬です

ケニア     開拓  は,家  招じ入れ られ  時,驚き まし た。胴体  非常  小さく,腕  短い 男性  ベッド    なっ     です。兄弟 たち が,「足  なえ    雄鹿  よう  登っ  行(く)」と いう   約束  伝える と,男性  大きな 笑み  浮かべ まし た。―イザ 35:6

その 男性  オネシマス  いう  で,生ま    から,骨  もろく  折れ やすい  形成 不全   いう 病気  患っ   まし た。ちょっと     加え  だけ  折れ  しまう ほど,その   弱っ   まし た。オネシマス は,これ から  ずっ と,痛み  闘い ながら 車椅子 生活  送る もの  思っ   まし た。効果   治療     ない ため です。

オネシマス  聖書 研究  始め まし た。しかし 集会  出席 する こと は,母親 から 反対   まし た。けが    痛い 思い  する    ない か,と いう   理由 でし た。そこで オネシマス は,兄弟 たち  集会  内容  録音   もの    聴く こと   まし た。しかし 研究  始め  から 5 か月  過ぎ  ころ,思い切っ  集会  出席 する こと  決意  ます。

集会  出席   痛み  増し  でしょ  か。実際  は,その  でし た。オネシマス  当時  振り返っ  こう 言い ます。「ずっ  続い    痛み が,集会   和らぐ よう  感じ まし た」。それ  聖書  希望  知っ  ため  と,オネシマス  思い まし た。母親  息子  気質  変わっ      とても 喜び,聖書 研究  始め まし た。「神  仕える こと  息子   です」と いう   母親  口癖 でし た。

程なく   オネシマス  伝道   なり まし た。その  バプテスマ  受け,現在   奉仕      仕え   ます。両足  片方    使え ませ  が,エホバ  最善  奉仕  ささげる こと  願い でし た。それ  補助 開拓   たい  思い まし  が,申し込む   躊躇    まし た。なぜ でしょ  か。いつも   車椅子  押し  もらわ なけれ  なら なかっ  から です。この 悩み  仲間  クリスチャン たち  打ち明け  ところ,援助  約束   くれ まし た。その おかげ で,オネシマス  補助 開拓  行なう こと  でき まし た。

正規 開拓   よう  思っ    も,同じ 問題  直面  まし た。しかし ある 時,日々  聖句 から 励み   まし た。それ  詩編 34  8  の,「エホバ  善良  ある こと  味わい知れ」と いう 言葉 でし た。この 聖句  黙想   オネシマス は,正規 開拓   なる 決意  し,今      日,宣教  行ない,進歩   聖書 研究    司会    ます。2010    開拓 奉仕 学校  出席 でき まし た。その 学校  教訓  が,オネシマス  最初  訪問   兄弟 たち    だっ   で,喜び  ひとしお でし た。

オネシマス    なく 40   なり ます。両親  亡くなり まし  が,会衆  兄弟 姉妹 たち  オネシマス  世話  毎日 行なっ   ます。オネシマス  いま 与え られ  いる すべて  祝福  感謝  つつ,「『わたし  病気 だ』と 言う 居住    ない」時  来る こと  心待ち     ます。―イザ 33:24