内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年11月

「祈りのために目をさましていなさい」

「祈りのために目をさましていなさい」

「健全  思い  もち,祈り  ため    さまし   なさい」。―ペテ 一 4:7

1,2. (イ)「祈り  ため    さまし て」いる  は,なぜ 重要  こと です か。(ロ)祈り  つい て,心  探る どんな 自問  する  は,良い こと です か。

夜勤   経験  は,「最も 眠気  催す  は,夜  明ける 直前 です」と 言い まし た。一   起き   なけれ  なら ない  は,この 言葉  同意 する でしょ う。今日  クリスチャン も,似  問題  直面    ます。長く 続い  サタン  邪悪  事物  体制  いう  が,いま 最も 暗い 時期  ある から です。(ロマ 13:12)この 時期  眠り込ん  しまう  は,本当  危険  こと です。「健全  思い  もち,祈り  ため    さまし   なさい」と いう 聖書  訓戒  注意  払う こと  絶対  必要 です。―ペテ 一 4:7

2 サタン    終わり  非常  近い  で,次  よう  自問 する   賢明  こと です。「自分  どれ ほど 祈り  ため    さまし  いる だろ  か。あらゆる 祈り  ささげ  いる だろ  か。絶え  祈っ  いる だろ  か。他    ため  祈る 習慣  ある だろ  か。それとも,いつも 自分  必要  こと  望ん  いる こと だけ  祈り 求め  いる だろ  か。自分  救わ れる ため に,祈り  どれ ほど 重要 だろ  か」。

あらゆる 祈り  ささげ なさい

3. 祈り   どんな   あり ます か。

3 使徒 パウロ  エフェソス    手紙   で,「あらゆる 祈り」に 言及  まし た。(エフェ 6:18)わたしたち  しばしば 祈り   で,自分  必要  満たし たり 障害  克服  たり する ため  助け  エホバ  請願 する   しれ ませ ん。もちろん,「祈り  聞か れる 方」エホバ は,そう   訴え  愛情 深く   傾け  ください ます。(詩 65:2)しかし わたしたち は,別    祈り   関心  向け なけれ  なり ませ ん。賛美  祈り,感謝  祈り,祈願 など です。

4. 祈り    エホバ  頻繁  賛美  べき   は,なぜ です か。

4 エホバ   祈り  賛美  言葉  含める べき 理由  たくさん  あり ます。例えば,「その 力強い み業」,「その 満ちあふれる 偉大 さ」を 考える と,エホバ  賛美  たく なり ます。詩編 150:1‐6  読む。ここ  挙げ  詩編 150   六つ    は,エホバ  賛美 する よう 勧める 言葉  13      ます。別  詩編 作者 は,神   深い 畏敬    込め て,「あなた    かなっ  司法   定め  ゆえに,わたし      あなた  賛美  まし た」と 歌い まし た。(詩 119:164)エホバ  確か  賛美  値する  です。ですから わたしたち は,祈り   で「日   度」,つまり    頻繁  エホバ  賛美  べき   ない でしょ  か。

5. 祈り    感謝  述べる こと  保護  なる  は,なぜ です か。

5 感謝  祈り  大切 です。パウロ  フィリピ   クリスチャン に,「何事  思い煩っ   なり ませ ん。ただ,事 ごと  祈り  祈願  し,感謝  ささげ つつ あなた方  請願    知っ  いただく よう   なさい」と 勧め まし た。(フィリ 4:6)祈り     から  感謝  述べる こと  保護  なり ます。今  終わり    あり,人々 が「感謝  ない 者」に なっ  いる  で,特に そう 言え ます。(テモ 二 3:1,2)感謝  気持ち  欠如 は,世界   風潮 です。わたしたち  注意  ない と,容易  そう   風潮  影響  受け  しまう でしょ う。しかし,神   感謝  言い表わす なら 満足   深まり,「つぶやく 者,自分  境遇  つい  不平  言う 者」と なる   避ける こと  でき ます。(ユダ 16)さらに,家族    家族   祈り    感謝  含める なら,妻  子ども たち  感謝  気持ち  深まっ  ゆく でしょ う。

6,7. 祈願    です か。どんな こと  つい  エホバ  祈願 でき ます か。

6 祈願 は,非常  強い 気持ち  こもっ  真剣  祈り です。では,どんな とき  エホバ  祈願 できる でしょ  か。迫害 や,命  かかわる 病気  経験   いる なら,もちろん できる でしょ う。その よう    当然 ながら,祈り  祈願  なり ます。しかし,そういう 場合 だけ でしょ  か。

7 イエス  模範   祈り  熟考 し,イエス    み名,王国,神  ご意志  つい  述べ  事柄     ましょ う。マタイ 6:9,10  読む。この     まみれ  おり,人間  政府  国民  基本   必要 さえ 満たす こと  でき ませ ん。そう いう わけ で,天    み名  神聖  もの  され,神  王国  サタン  支配   から 除き去る こと  祈り 求める  は,全く 正しい こと です。今 は,エホバ  ご意志    同じ よう     なさ れる こと  祈願  べき    ある  です。ですから,あらゆる   祈り  用い て,目  さまし  いる よう   ましょ う。

「絶え  祈り」なさい

8,9. ゲッセマネ    眠り込ん  しまっ  ペテロ    使徒 たち  批判  べき  ない  は,なぜ です か。

8 使徒 ペテロ  クリスチャン に,「祈り  ため    さまし て」いる こと  勧め   ます。しかし ペテロ 自身,少なく   一度,その   失敗   こと  あり まし た。イエス  ゲッセマネ    祈っ    眠り込ん  弟子 たち    が,ペテロ だっ   です。弟子 たち  イエス から,「ずっ  見張っ    絶え  祈り」なさい,と 言わ      に,そう  ませ  でし た。―マタイ 26:40‐45  読む。

9 わたしたち は,目覚め   られ なかっ  ペテロ    使徒 たち  厳しく 批判 する    なく,その   弟子 たち  弱い 肉体  かなり 疲労     こと  考慮  入れる 必要  あり ます。弟子 たち  過ぎ越し  準備  し,その   過ぎ越し  祝い まし た。それ から イエス    晩さん  制定 し,ご自分    記念   どの よう  行なう   示さ  まし た。(コリ  11:23‐25)その  彼ら は,「賛美  歌っ  から……オリーブ     行」き まし た。そこ  行く  は,エルサレム  狭い   通り,幾らか 歩か なけれ  なり ませ ん。(マタ 26:30,36)目的   着い   は,真夜中  かなり 過ぎ  ころ でしょ う。その  わたしたち  ゲッセマネ        たら,同じ よう  眠り込ん  しまっ     ない でしょ  か。イエス  どう   まし  か。疲れ  使徒 たち  批判 する    なく,愛  こめ て,「霊  はやっ  も,肉体  弱い  です」と 言わ  まし た。

ペテロ  つまずい  が,「祈り  ため    さまし て」いる こと  学ん だ(10,11   参照)

10,11. (イ)ペテロ  ゲッセマネ     経験 から,どんな 教訓  学び まし  か。(ロ)あなた  ペテロ  経験 から,どんな こと  学べ ます か。

10 ペテロ  とっ て,ゲッセマネ     経験  無駄   なり ませ  でし た。目覚め   られ なかっ    辛い こと でし  が,そこ から 教訓   まし た。少し   戻し ます が,イエス は,「今夜,あなた方   わたし  関し  つまずく でしょ う」と 述べ  こと  あり ます。その  ペテロ は,「ほか  みんな  あなた  関し  つまずい  も,わたし  決して つまずき ませ ん!」と 豪語  ます。それ  対し イエス は,ペテロ  3  イエス  否認 する こと  予告  ます。すると ペテロ  自信 満々 に,「たとえ   死な   なら ない    も,わたし  決して あなた  こと  否認  たり   ませ ん」と 言い ます。(マタ 26:31‐35)ところ  ペテロ は,イエス  言葉 どおり,つまずい  しまい ます。ペテロ  イエス  3  否認   後,自分  あまり  ふがいなさ に,「激しく 泣」き ます。―ルカ 22:60‐62

11 ペテロ  この 経験 から  教訓  学び,自己 過信  いう 傾向  克服    違いあり ませ ん。祈り  その 助け  なっ  よう です。実際,「祈り  ため    さまし   なさい」と ペテロ  諭し  いる   興味深い こと です。わたしたち は,霊感  受け  この 諭し  注意  払っ  いる でしょ  か。さらに,「絶え  祈り」,そう する こと  エホバ  頼っ  いる こと  示し  いる でしょ  か。(詩 85:8)使徒 パウロ  述べ た,「立っ  いる  思う  は,倒れる こと  ない よう    つけ なさい」と いう 訓戒  忘れ ない よう   ましょ う。―コリ 一 10:12

ネヘミヤ  祈り  聞き届け られ 

12. ネヘミヤ  良い 手本  ある  言える  は,なぜ です か。

12   ネヘミヤ  つい  考え ましょ う。西暦  5 世紀  ペルシャ   アルタクセルクセス  献酌     仕え     です。ネヘミヤ  熱心  祈り  関する りっぱ  手本  なっ   ます。実際,エルサレム  ユダヤ   窮状  ため に,何   も「断食  て,……神    祈り 続け」 まし た。(ネヘ 1:4)王 から,顔色  優れ ない 理由      ほしい   尋ね られ て,「直ちに,[ネヘミヤ]は     祈」り   た。(ネヘ 2:2‐4)その 結果 どう なり まし  か。エホバ  その 祈り  聞き届け,ご自分      なる よう  物事  導か  まし た。(ネヘ 2:5,6)ネヘミヤ  この こと から 信仰  大いに 強め られ   違いあり ませ ん。

13,14. 強い 信仰  保ち,落胆   よう  する サタン  働きかけ  抵抗 する ため に,どう  べき です か。

13 ネヘミヤ  よう  絶え  祈る なら,強い 信仰  保て ます。サタン  情け 容赦  なく,しばしば わたしたち  弱い とき  攻撃    ます。例えば,病気  対処  たり,うつ   気持ち  闘っ たり   いる  は,自分  毎月  奉仕 など わずか  から   とっ   ほとんど 価値  ない,と 考える   しれ ませ ん。中  は,過去  経験 など    痛める   いる でしょ う。自分   価値  ない,と 思わ せる  が,サタン   です。信仰  弱める ため  感情  働きかけ,攻撃   くる こと  多い  です。しかし,「祈り  ため    さまし て」いる なら,強い 信仰  保つ こと  でき ます。実際,「信仰  大盾」が あれ ば,「邪悪    火矢  みな 消す こと  でき ます」。―エフェ 6:16

「祈り  ため    さまし て」いる なら,様々  問題  立ち向かう こと  できる(13,14   参照)

14 「祈り  ため    さまし て」いる なら,予期     信仰  試練  臨ん  も,不意  突か   妥協   しまう こと  ない でしょ う。試練  試み  直面   なら,ネヘミヤ  模範  思い出し,祈り  よっ  すぐ     向け ましょ う。エホバ  助け  あっ  初めて,誘惑  抵抗 し,信仰  試練  耐える こと  できる  です。

    ため  祈り なさい

15.     ため  祈る こと  関し て,どんな 自問   べき です か。

15 イエス  ペテロ  信仰  尽き ない よう に,ペテロ  ため  祈願  まし た。(ルカ 22:32 エパフラス  いう 忠実  1 世紀  クリスチャン は,その   イエス  倣い,コロサイ  兄弟 たち  ため  祈り  励み まし た。パウロ  エパフラス  つい て,こう 書い   ます。「彼  いつも,祈  うち  あなたがた  覚え,あなたがた  全き   なり,神  御旨  ことごとく 確信   立つ よう  と,熱心  祈っ  いる」。(コロ 4:12,「口語 訳」,日本 聖書 協会)ですから,こう 自問 する   良い こと です。「自分  世界   兄弟 たち  ため 熱心  祈る だろ  か。自然 災害  苦しん  いる 兄弟 姉妹  ため に,どれ ほど 頻繁  祈る だろ  か。最近,エホバ  組織  重い 責任  担っ  いる   ため  熱心  祈っ  だろ  か。会衆    難しい 問題  直面   いる  たち  こと は,どう だろ  か」。

16.     ため  祈る こと  本当  大切 です か。説明   ください。

16     ため  祈る なら,その   本当  助ける こと  でき ます。コリント  二 1:11  読む。もちろん,大勢  崇拝  たち  頻繁  祈り 求め  いる 事柄  あれ ば,エホバ  それ  聞き入れる 義務  ある,と いう わけ   あり ませ ん。それでも エホバ は,ご自分  仕える 多く   たち  抱く 関心事  注目 し,彼ら  純粋  深い 思い  考慮  入れ,祈り  こたえ  行動   ください ます。ですから わたしたち は,他    ため  祈る  いう 特権  責任  つい  真剣  考える べき です。エパフラス  よう に,仲間  クリスチャン  ため  祈り  励む こと  より,心 から    気遣い  示さ なけれ  なり ませ ん。その よう  すれ ば,わたしたち  いっそう 幸福  なり ます。「受ける より 与える ほう  幸福」だから です。―使徒 20:35

「わたしたち  救い は……近づい  いる」

17,18. 「祈り  ため    さまし て」いる こと は,どの よう  助け  なり ます か。

17 パウロ は,「夜  更け,昼  近づき まし た」と 述べ まし  が,その すぐ    で,「あなた方  時節 を,すなわち   すでに 眠り から 覚める べき   ある こと  知っ  い(ます)。今や,わたしたち  救い は,わたしたち  信者  なっ   より  近づい  いる  です」と  書い   ます。(ロマ 13:11,12)神  約束    新しい   近づい   ます。救い は,わたしたち  考える 以上  近づい   ます。ですから,霊的  眠り込ん   なり ませ ん。世  事柄    奪わ れ,エホバ  個人   祈る 時間  なくなる よう  事態 は,何     避け  ください。むしろ,「祈り  ため    さまし て」い ましょ う。そう する なら,エホバ    待つ 間,「聖 なる 行状  敬虔  専心」を 保つ こと  でき ます。(ペテ 二 3:11,12)その よう  生き方 は,自分  霊的  目覚め,この 邪悪  事物  体制  終わり  迫っ  いる   から 信じ  いる こと  示す もの です。ですから,「絶え  祈り」ましょ う。(テサ 一 5:17)また,イエス  倣い,独り だけ  祈る 機会  探し求め ましょ う。個人   じっくり 祈る なら,エホバ  いっそう 近づく こと  でき ます。(ヤコ 4:7,8)それ  素晴らしい 祝福  つながり ます。

18 聖書  こう 述べ   ます。「キリスト は,肉体  おら   間,自分   から 救い出す こと  できる  に,強い 叫び    もっ て,祈願 を,そして 請願  ささげ,その 敬虔  恐れ  ゆえに 聞き入れ られ まし た」。(ヘブ 5:7)イエス  祈願  請願  ささげ,地上  おける 最後  瞬間  至る まで,神   忠実  保ち まし た。その ため エホバ は,ご自分  愛する み子   から 救い出し,報い       不滅    お与え  なり まし た。わたしたち も,これ から どんな 誘惑  試練  降りかかろ  と,天    忠実  保ち,永遠    いう   得る こと  でき ます。その ため  は,そう です,「祈り  ため    さまし て」いる こと  どうして  必要   です。