アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年10月

「エホバに奴隷として仕えなさい」

「エホバに奴隷として仕えなさい」

「自分  務め  怠っ   なり ませ ん。……エホバ  奴隷    仕え なさい」。―ロマ 12:11

1. 奴隷  関する 一般  見方 と,ローマ 12  11   勧め られ  いる,奴隷    仕える こと は,どの よう  異なり ます か。

クリスチャン     奴隷  立場 は,多く    奴隷  つい  考える こと  大きく 異なっ   ます。人々  奴隷  聞い  連想 する  は,残酷  支配  受け,圧迫  れ,不当  扱わ れる   こと です。しかし,霊感  よる   言葉 は,愛  富む 主人 エホバ  喜ん  仕える 奴隷  こと  述べ   ます。使徒 パウロ  1 世紀  クリスチャン に,「エホバ  奴隷    仕え(る)」よう 勧め まし た。その 言葉 は,神     促さ   神聖  奉仕  行なう よう 励ます もの でし た。(ロマ 12:11)そう   奴隷     立場     関係 する  でしょ  か。どう すれ ば,サタン  その   奴隷  なる こと  避け られ ます か。エホバ  奴隷     忠実  奉仕  は,どんな 報い  あり ます か。

「わたし  主人 を……本当  愛し  いる」

2. (イ)イスラエル   奴隷  どんな 場合 に,自由  なる 機会  放棄  よう   まし  か。(ロ)奴隷    突き通さ れる こと  願う 場合,それ   どんな 意味  あり まし  か。

2 エホバ  求め  おら れる 奴隷 状態  つい  は,神  イスラエル  与え  律法 から 学べ ます。ヘブライ   奴隷 は,奴隷  なっ  7    自由  与え られ まし た。(出 21:2)しかし,心 から 主人  愛し,その もと  留まり たい  願う 奴隷  ため,エホバ  注目  べき 取り決め  設け られ まし た。主人  奴隷   または 戸柱  向かわ せ,その   突きぎり  突き通す こと  なっ     です。(出 21:5,6)耳  関係       意味深い こと です。ヘブライ   場合,従順  いう 考え は,聞く こと,耳  傾ける こと  関係  あり ます。それで,奴隷    突き通さ れる こと  より,引き続き 主人  従順  仕え たい  いう 願い  表わし まし た。この  は,エホバ   献身  関係 する 事柄,つまり      動機  する 自発   従順  認識 する 助け  なり ます。

3. わたしたち  献身  基盤  なっ  いる  は,何 です か。

 3 バプテスマ  受ける 前,わたしたち  エホバ  仕え エホバ  奴隷  なる こと  決め まし た。わたしたち  献身 は,エホバ  従い,ご意志  行ない たい  いう 願い から 生じ   ます。だれ  強制    わけ   あり ませ ん。若い   同じ です。バプテスマ  受ける  は,単に   喜ばせる ため   なく,自ら エホバ  献身   ため です。クリスチャン  献身  基盤  なっ  いる  は,天  主人  ある エホバ    です。「その おきて  守り行なう こと,これ  すなわち      から です」と 使徒 ヨハネ  書き まし た。―ヨハ 一 5:3

自由  あっ   奴隷

4. 「義  対する 奴隷」と なる  は,何  必要 です か。

4 ご自分  奴隷  なる こと  可能    くださる エホバ    感謝 できる  でしょ う。キリスト  贖い  犠牲  対する 信仰  より,罪  くびき  もと から 出る こと  でき ます。わたしたち  依然     完全 です が,自発   エホバ  イエス  権威  もと  入り まし た。パウロ  霊感  よる 手紙    上記    明確  し,「自分 を,罪  関し   まさしく 死ん  もの,しかし,神  関し   キリスト  イエス  よっ  生き  いる もの  みなし なさい」と 述べ   ます。それ から こう 警告  ます。「あなた方 は,自分  奴隷    だれ   差し出し  それ  従っ  ゆく なら,その   従う  ゆえに その 奴隷  なり,死  見込み  伴う   奴隷  も,あるいは   見込み  伴う 従順  奴隷   なる こと  知ら ない  です か。しかし,神  感謝  べき こと に,あなた方    奴隷  あっ   に,その 導き渡さ   教え  様式   から 従順  なり まし た。そう です,あなた方   から 自由  され,その ゆえに   対する 奴隷  なっ   です」。(ロマ 6:11,16‐18)パウロ が「心 から(の)従順」に 言及   こと  注目   ください。エホバ  献身 する なら,わたしたち  まさに「義  対する 奴隷」と なる  です。

5. わたしたち  皆,内面   どんな 闘い  直面  ます か。なぜ です か。

5 それでも,献身  ふさわしく 生きる  は,障害  克服  なけれ  なり ませ ん。わたしたち  二つ  闘い  直面  ます。一つ  自分 自身   完全    闘い です。パウロ  こう 書い   ます。「わたし は,内 なる          律法  ほんとう  喜ん   ます が,自分  肢体       律法  わたし  思い  律法  戦い,わたし  とりこ    肢体    ある   律法   引い  行く    ます」。(ロマ 7:22,23)わたしたち   完全   で,自分 自身  肉的  傾向  闘い 続け なけれ  なり ませ ん。使徒 ペテロ  こう 勧め まし た。「自由   らしく あり なさい。ですが,あなた方  自由 を,悪  覆い      なく,神  奴隷    保ち なさい」。―ペテ 一 2:16

6,7. サタン  どの よう に,この   魅力   見せ   ます か。

6 もう 一つ は,悪霊  影響   ある この    闘い です。世  支配  サタン は,エホバ  イエス  対する 忠節  砕こ    て,わたしたち  火矢  放ち ます。腐敗   影響  屈する よう わたしたち  誘惑  て,自分  奴隷   よう   ます。エフェソス 6:11,12  読む。サタン  用いる 方法  一つ は,この   魅力   見せる こと です。使徒 ヨハネ  こう 警告  まし た。「世  愛する   いれ ば,父    その   うち  あり ませ ん。すべて   ある もの ― 肉  欲望    欲望,そして 自分  資力  見せびらかす こと ― は  から 出る    なく,世 から 出る から です」。―ヨハ 一 2:15,16

7 この   は,裕福  なり たい  いう 願望  浸透    ます。サタン は,お金  あれ  幸福  なれる,と いう 見方  助長  ます。大型 スーパーマーケット  どんどん 建っ   ます。持ち物   レジャー  中心    生活  しきり  宣伝   ます。旅行 会社 は,外国  珍しい 場所   旅行  勧め ます。そういう ツアー  多く は,世    一緒  団体 旅行 です。そう です,わたしたち  周囲  は,「もっと 良い」生活 を,と いう メッセージ  渦巻い   ます。しかし,良い  言っ  も,それ    基準  基づい  もの   です。

8,9. 非常  大きな どんな 危険  あり ます か。それ  危険    なぜ です か。

8 ペテロ は,世  見方  取り入れ  1 世紀  会衆   たち  言及 し,こう 警告  まし た。「彼ら  昼間  ぜいたく  生活  楽しみ   ます。彼ら  汚点 また きず  あり,気まま  喜び  抱い  自分 たち  欺き  教え  ふけり ます が,一方  は,あなた方  宴席     ます。何     なら ない 大言  吐き,また,誤り    暮らし  いる 人々 から かろうじて 逃れ よう    いる  たち を,肉  欲望  みだら  習慣  よっ  唆す から です。それら    自由  約束  ながら,彼ら 自身  腐敗  奴隷  なっ  いる  です。だれ   ほか    打ち負かさ れる  は,その   奴隷  される から です」。―ペテ 二 2:13,18,19

9 「目  欲望」を 満たし  も,人  自由  なり ませ ん。むしろ,この     見え ない 主人  ある 悪魔 サタン  奴隷  なっ  しまい ます。(ヨハ 一 5:19)物質 主義  奴隷  なる   非常  危険  こと です。いったん 奴隷  なる と,そこ から  なかなか 抜け出せ ない から です。

  目的  持っ  生き方

10,11. 今日,サタン  特別  標的  なっ  いる  は,だれ です か。世  教育  どの よう  難しい 問題  引き起こし ます か。

10 サタン  エデン    同じ よう に,今日  経験  ない  たち  標的   ます。若い  たち  格好  標的 です。若い  だけ   あり ませ ん。だれ   進ん  エホバ  奴隷    仕える こと を,サタン  快く 思わ ない  です。エホバ  献身    すべて  専心  忠節    失敗 する こと  願っ   ます。

11   突きぎり  突き通さ   奴隷    戻り ましょ う。この 奴隷  一時   痛み  感じ   違いあり ませ ん。しかし,やがて 痛み  収まり,奴隷     立場  示す 永続   しるし  残り ます。それ  同じ よう に,同 年代  若者 たち  異なる 歩み方  する   難しい こと です。痛み  伴う こと  あり ます。サタン は,世   成功  満足  もたらす  いう 考え  奨励  ます が,クリスチャン  霊的  必要  満たす こと  大切   考慮  入れる べき です。「自分  霊的   必要  自覚   いる  たち  幸い です」と イエス  教え まし た。(マタ 5:3)献身   クリスチャン は,サタン   なく   ご意志  ため  生き ます。その 喜び  エホバ  律法  あり,それ  つい      黙想  ます。詩編 1:1‐3  読む。しかし,今日  高等 教育  受ける なら,大抵  場合,エホバ    霊的  必要  つい  黙想 し,その 必要  満たす ため  時間  ほとんど 残り ませ ん。

12. 多く  若い  たち  今日,どんな 選択  迫ら  ます か。

12   主人 は,クリスチャン  ある 奴隷  生活  難しく する こと  あり まし た。パウロ  コリント       手紙   で,「あなた  奴隷    召さ  まし  か」と 問いかけ,こう 諭し まし た。「その こと  思い悩む こと  あり ませ ん。ですが,自由  なる こと  できる なら,むしろ その 機会  とらえ なさい」。(コリ 一 7:21)奴隷 状態 から  自由  好ましい こと でし た。今日,多く    は,特定  年齢 まで 学校 教育  義務づけ られ  おり,その   自分  進路  選択 する よう  なっ   ます。しかし,この    成功  押し進める ため  さらに 教育  受ける なら,全 時間 奉仕  追い求める 自由  制限 する こと  なる でしょ う。―コリント  一 7:23  読む。

どちら  主人  奴隷  なり ます 

高等 教育? それ   最高  教育?

13. エホバ   たち は,どんな 教育 から 最大     ます か。

13 パウロ  コロサイ  クリスチャン  こう 警告  まし た。「気  つけ なさい。もしか する と,人間  伝統  したがい,また   基礎   事柄  したがって キリスト  したがわ ない 哲学  むなしい 欺き  より,あなた方  えじき    連れ去る   いる   しれ ませ ん」。(コロ 2:8)今日,多く  知識   奨励 する   考え  は,「人間  伝統    が(っ た)哲学  むなしい 欺き」が  られ ます。高等 教育   学問   研究  強調  れる ため,実用   技術  持た ず,現実  生活  対処 する 準備  でき ない まま 卒業 する   少なく あり ませ ん。それ   対照  に,エホバ   たち  選ぶ 教育 は,神  仕える 簡素  生活  送る ため  必要  技術    着ける   役立ち ます。エホバ   たち は,パウロ  テモテ  与え    諭し  銘記  ます。「確か に,自ら 足り  敬虔  専心  守る こと,これ  大きな 利得  手段 です。ですから,命  支える     覆う    あれ ば,わたしたち  それ  満足 する  です」。(テモ 一 6:6,8)真  クリスチャン  世俗  称号  肩書き  得る こと   なく,できる 限り 十分  野外 宣教  参加   て「推薦  手紙」を 得る こと  注意  払い ます。―コリント  二 3:1‐3  読む。

14. フィリピ 3  8,9   よる と,パウロ   および キリスト  奴隷    仕える 特権  つい  どう 思い まし  か。

14 使徒 パウロ    考え   ましょ う。パウロ  ユダヤ   律法 教師 ガマリエル  もと  教育   まし た。パウロ  受け  教育  今日  大学 教育  匹敵 する  考え  よい でしょ う。しかし パウロ は,その 教育 を,神 および キリスト  奴隷    仕える 特権  比較  て,どう 思っ  でしょ  か。こう 書い   ます。「わたし は……わたし   キリスト  イエス  関する 知識  優れ  価値  ゆえに,一切  こと    さえ 考え   ます。キリスト  ゆえに わたし  すべて  もの  損失  まし  が,それら  多く  くず  よう  考え   ます。それ は,自分  キリスト  かち得(る)ため です」。(フィリ 3:8,9)この 価値 判断 は,若い クリスチャン や,神  恐れる  が,教育  問題  つい  賢明  選択  する   役立ち ます。(挿絵  参照。)

最高  教育 から  られる 

15,16. エホバ  組織  どんな 教育  施し   ます か。その 教育    目的     ます か。

15 この   高等 教育  現場   どんな 状況   られ ます か。学生 たち   道徳 行為  大量 飲酒  普通  なっ   ない でしょ  か。また,学校  進化   擁護    ない でしょ  か。(エフェ 2:2)一方,エホバ  組織 は,会衆  いう 平和  環境    最高  教育  施し ます。わたしたち  みな,毎週  神権 宣教 学校 から      ます。それ だけ   あり ませ ん。「独身  兄弟  ため  聖書 学校」と 呼ば れる 独身  開拓   兄弟  ため  学校  あり,開拓   夫婦  ため  は,「クリスチャン  夫婦  ため  聖書 学校」が あり ます。そう   神権   教育  より わたしたち は,天  主人  ある エホバ  従う よう 助け られ ます。

16 「ものみの塔 出版  索引」や,CD-ROM  Watchtower Library<ワッチタワー ライブラリー>から も,価値 ある 霊的    堀り出す こと  でき ます。こう   聖書 教育  目的    いる  は,エホバ   崇拝 です。わたしたち  この 教育  より,神  和解 する よう 人々  助ける 方法  学べ ます。(コリ 二 5:20)次い で,助け られ  その  たち は,さらに    たち  教え  ゆく  です。―テモ 二 2:2

奴隷  受ける 報い

17. 最高  教育  選ぶ なら,どんな 報い  与え られ ます か。

17 タラント  関する イエス  たとえ   登場 する    忠実  奴隷 は,主人 から 褒め られ,さらに 仕事  託さ れる こと  よっ  主人  喜び  入り まし た。マタイ 25:21,23  読む。今日,最高  教育  選ぶ なら,喜び  報い   られ ます。マイケル    考え   ましょ う。この 兄弟  成績  良かっ  ため,大学 進学  つい  教師 たち  面談 する こと  なり まし た。ところ  教師 たち  予想  反し て,マイケル  大学   なく,短期  職業 訓練 課程  選択  まし た。そして,ま  なく 正規 開拓     自活 できる よう  なり まし た。マイケル     失っ   考え  いる でしょ  か。こう 述べ   ます。「開拓    て,そして その   長老    受け  神権   教育 は,非常  貴重  もの です。高等 教育  受け   たら 多く  お金   られ    しれ ませ  が,そういう もの は,今   いる 数々  祝福  特権   到底 比べもの   なり ませ ん。高等 教育     選ば なく て,本当  よかっ  です」。

18. わたしたち  最高  教育  選ぶ  は,なぜ です か。

18 最高  教育  受ける なら   ご意志  教え られ,エホバ  奴隷    仕える こと  でき ます。将来 は,「腐朽   奴隷 状態 から 自由  され」,やがて は「神  子供  栄光 ある 自由」を 持つ こと  でき ます。(ロマ 8:21)最も 重要  こと   て,天  主人  ある エホバ  本当  愛し  いる こと  示す  に,これ より 良い 方法  ない  です。―出 21:5