アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年10月

イエスの愛情深い祈りに調和して行動する

イエスの愛情深い祈りに調和して行動する

「父 よ,……あなた    栄光  表わし  ください。子  あなた  栄光  表わす ため です」。―ヨハ 17:1

1,2. 西暦 33 年,イエス  過ぎ越し  祝い  後,忠実  使徒 たち  ため    行ない まし  か。

西暦 33  ニサン 14    遅く  こと です。イエス  仲間 たち は,過ぎ越し  祝い  終え  ところ です。神  父祖 たち  エジプト   奴隷 状態 から 救出   くださっ  こと  思い起こす ため  祝い です。と  いえ,イエス  忠実  弟子 たち は,はるか  壮大 な「永遠  救出」を 経験 する こと  なっ   まし た。翌日,罪  ない 指導  イエス   たち      処さ  ます。しかし,この 残酷  仕打ち  祝福  つながり ます。イエス  流し   は,人類     から 救出 する ため  基盤  なる  です。―ヘブ 9:12‐14

2 この  ある 備え  つい  忘れ ない よう,イエス  過ぎ越し  取って代わる  ごと  新た  式典  制定  まし た。パン種  入っ   ない パン  割き,11   忠実  使徒 たち  回し,こう 言い ます。「これ は,あなた方  ため  与え られる わたし    表わし   ます。わたし  記念    これ  行ない つづけ なさい」。赤 ぶどう     つい   同じ よう   て,こう 述べ ます。「この  は,わたし    よる 新しい 契約  表わし   ます。それ  あなた方  ため  注ぎ出さ れる こと  なっ   ます」。―ルカ 22:19,20

3. (イ)イエス  死後 に,どんな 大きな 変化  生じ まし  か。(ロ)ヨハネ 17   イエス  祈り  関し て,どんな   考える 必要  あり ます か。

3   生来  イスラエル      古い 律法 契約 は,間  なく 終わろ      まし た。それ  取って代わる  は,エホバ  イエス  油そそが   追随  たち  結ば れる 新しい 契約 です。イエス は,この 新しい 霊的 国民  福祉  深く 気遣っ   まし た。生来  イスラエル  宗教    社会    ひどく 分裂 し,神   なる み名  大きな そしり  もたらし   まし た。(ヨハ 7:45‐49。使徒 23:6‐9)しかし イエス は,追随  たち  完全  一致  保ち,調和 よく   働い    み名  栄光  もたらす こと  望ん   まし た。それで,神  祈り  ささげ ます。記録  残さ   いる 最も 美しい 祈り です。(ヨハ 17: 1‐26。冒頭  挿絵  参照。)その 祈り  振り返り,『イエス  祈り    聞き届け  くださっ  だろ  か』と 考え ましょ う。また,自分  調べ,『わたし  その 祈り  調和   行動   いる だろ  か』と 考える 必要  あり ます。

イエス  優先   事柄

4,5. (イ)イエス  祈り  最初  部分 から   学べ ます か。(ロ)イエス  自分 自身  つい  願い求め  事柄 を,エホバ  どの よう  聞き届け まし  か。

4 イエス  夜遅く まで   続け,神 から 与え られ  貴重  知識  弟子 たち  伝え ます。それ から,目    向け  こう 祈り ます。「父 よ,時   まし た。あなた    栄光  表わし  ください。子  あなた  栄光  表わす ため です。それ は,あなた  すべて   なる もの  対する 権威    与え,その お与え  なっ   すべて  つい て,子  それら    永遠    与える よう  され  こと  応じ  です。……わたし は,わたし  させる ため  与え  くださっ    なし 終え て,地上  あなた  栄光  表わし まし た。それで,父 よ,世  ある   わたし  みそば  持っ    栄光 で,わたし   ご自身  傍ら  あっ  栄光 ある     ください」。―ヨハ 17:1‐5

5 祈り  最初  部分   イエス  優先 順位  注目   ください。イエス    関心事 は,天    栄光  受ける こと です。模範   祈り     まず,「父 よ,あなた  お名前  神聖  もの  され ます よう に」と いう 願い  述べ まし た。(ルカ 11:2)イエス    関心  抱い     は,弟子 たち  必要  する 事柄 で,彼ら に「永遠    与える」こと です。その 後,イエス  自分 個人  願い  述べ,こう 祈り ます。「父 よ,世  ある   わたし  みそば  持っ    栄光 で,わたし   ご自身  傍ら  あっ  栄光 ある     ください」。エホバ  忠実  み子  報い  与え,イエス  求め  以上  もの,つまり すべて の「み使い たち より  優れ  名」を お与え  なり ます。―ヘブ 1:4

「唯一 まこと  神……に つい  知る」

6. 使徒 たち は,永遠    得る ため    する 必要  あり まし  か。彼ら  そう    言える   なぜ です か。

6 イエス は,罪人  ある わたしたち  過分  賜物  ある 永遠    得る ため  行なう べき 事柄  つい   祈っ   ます。ヨハネ 17:3  読む。  キリスト  つい  の「知識  取り入れ」つづける べき  ある,と 述べ   ます。その 一つ  方法 は,最大限  努力    エホバ  み子  つい  さらに 多く  学ぶ こと です。神  つい   知識  取り入れる ため    重要  方法 は,神  つい  学ん  事柄  当てはめる 喜び  経験 する こと です。使徒 たち は,命  得る ため  この 過程  踏ん   まし た。イエス  こう 祈っ   ます。「わたし  与え  くださっ  ことば  わたし  彼ら  与え……彼ら  それ  受け入れ……た  です」。(ヨハ 17:8)と  いえ,永遠    得る  は,引き続き   ことば  思い巡らし,その ことば  日々  生活  当てはめる 必要  あり まし た。忠実  使徒 たち は,地上   生涯  終わり まで そう  まし た。そう 言える  は,天  ある 新しい エルサレム  12  土台  に,彼ら  名前  消え ない よう  記さ   いる から です。―啓 21:14

7.   つい て「知る」と  どう いう 意味 です か。そう する こと  非常  重要    なぜ です か。

7 ギリシャ  学者 たち  よる と,「知識  取り入れる」と 訳さ れる ギリシャ  は,「知り つづける べき  ある」と  訳せ ます。この 二つ    原語  意味  補足  合う もの  あり,どちら  重要 です。「参照 資料 付き 聖書」の ヨハネ 17  3   脚注  は,「彼ら が……に つい  知る こと」と いう   挙げ られ   ます。ですから,「知識  取り入れる」こと  継続   過程  あり,その 過程    結果,神  つい て「知る」と いう 恵ま   状態  至る  です。と  いえ,宇宙  最も 偉大    つい  知る こと  は,神  特質  目的    理解 する より  ずっ  多く   事柄  関係  ます。エホバ と,さらに  信仰  仲間 と,愛  いう 堅い きずな  結ば   いる こと  含ま  ます。「愛さ ない     知る よう  なっ   ませ ん」と 聖書  述べ   ます。(ヨハ 一 4:8)それで,神  知る こと     従順  ある こと  含ま  ます。ヨハネ  一 2:3‐5  読む。エホバ  知っ  いる   みなさ れる  は,何  大きな 特権 でしょ う。しかし,ユダ  イスカリオテ   から  分かる よう に,この 貴重  関係  失わ れる 場合  あり ます。神   関係  保つ ため 懸命  努力  ましょ う。そうすれば,過分  賜物  ある 永遠    受ける  ふさわしい   なれる でしょ う。―マタ 24:13

「ご自身  み名  ため に」

8,9. 地上  おける 宣教 奉仕  期間 中,イエス  主要  関心事   でし  か。イエス  どんな 宗教   伝統  退け   違いあり ませ  か。

8 ヨハネ 17   祈り  読む と,イエス  その     使徒 たち だけ  なく,将来 弟子  なる  たち   深い   抱い    こと  分かり ます。(ヨハ 17:20)それ  とも に,わたしたち  救い  イエス  主要  関心事   なかっ  こと  理解 する 必要  あり ます。イエス  地上  おける 宣教 奉仕   期間  通じ    目的       は,父  お名前  神聖  もの,栄光 ある もの  される こと でし た。例えば,ナザレ  会堂  自分  任務  つい  知らせ  時,イザヤ  巻き物 から   言葉  読み上げ まし た。「エホバ    わたし    ある。貧しい   良い たより  宣明  せる ため わたし    そそ(い で)くださっ  から  ある」。イエス  この 言葉  読み上げ  時,神  み名  はっきり  発音    違いあり ませ ん。―ルカ 4:16‐21

9 ユダヤ   伝承  よれ ば,イエス  地上     より  かなり  から,宗教 指導  たち は,神  み名  使わ ない よう 人々  教え   まし た。イエス は,聖書  反する その よう  伝統  きっぱり 退け  こと でしょ う。反対  たち  こう 語っ   ます。「わたし      おい    いる  に,あなた方  わたし  迎え ませ ん。だれ  ほか    自ら    おい  到来 すれ ば,あなた方  その   迎える でしょ う」。(ヨハ 5:43)死      も,「父 よ,み名  栄光  お示し ください」と 祈り,何  自分    関心事  ある   明らか     ます。(ヨハ 12: 28ヨハネ 17   祈り  随所 で,イエス    お名前  対する 関心  言い表わし  いる   不思議   あり ませ ん。

10,11. (イ)イエス    み名  知らせる こと  は,どんな 事柄  関係    まし  か。(ロ)イエス  弟子 たち は,どんな 目的  意識   奉仕  ます か。

10 イエス  こう 祈っ   ます。「わたし は,あなた   から 与え  くださっ  人々  み名  明らか   まし た。彼ら  あなた  もの でし  が,わたし  与え  くださっ    あり,彼ら  あなた  み言葉  守り行ない まし た。そして また,わたし  もう   おり ませ  が,彼ら    おり,わたし  みもと  参り ます。聖 なる  よ,わたし  与え  くださっ  ご自身  み名  ため  彼ら  見守っ  ください。わたしたち  同じ よう に,彼ら  一つ  なる ため です」。―ヨハ 17:6,11

11   み名  弟子 たち  知らせる こと  は,その 名前    出し  発音 する 以上  こと  関係    まし た。イエス    み名  表わす もの,つまり   素晴らしい 特質 や,わたしたち 人間  扱わ れる 方法   知る よう  弟子 たち  助け まし た。(出 34:5‐7)今日,天  栄光 ある 立場  就い  いる イエス は,弟子 たち  全地  エホバ  み名  知らせる   助け   ます。その 目的 は,邪悪  事物  体制  終わり  来る  に,さらに 多く  弟子  集める こと です。終わり  来る 時,エホバ  ご自分  忠節  証人 たち  救出 する ため  行動 し,み名  大いに 揚げ られ ます。―エゼ 36:23

「世  信じる ため」

12.   救う   首尾 よく 行なう ため に,どんな 三つ    必要 です か。

12 イエス  地上    時,弟子 たち  弱さ  克服 する よう 懸命  助け まし た。彼ら  弱さ  克服 する こと は,イエス  始め    完遂 する ため  どうして  必要 でし た。イエス  こう 祈っ   ます。「あなた  わたし    お遣わし  なっ   同じ よう に,わたし  彼ら    遣わし まし た」。命  救う この   首尾 よく 行なう うえ  必要  三つ   を,イエス  祈り    強調  ます。第  に,弟子 たち  サタン  汚れ    もの  あっ   なり ませ ん。第  に,神  言葉  真理  当てはめる こと  より,神聖  もの  され,聖 なる 状態  保た なけれ  なり ませ ん。第  に,弟子 たち  イエス       存在 する   同じ   きずな  結ば れ,一致 する 必要  あり ます。これ  イエス  繰り返し 願い求め  いる こと です。わたしたち すべて  自分  調べ,『イエス  この 三つ  願い  調和   行動   いる だろ  か』と 自問 する 必要  あり ます。イエス は,弟子 たち  この 三つ  事柄  行なう なら,神  イエス を「お遣わし  なっ  こと    信じる」と 確信    まし た。―ヨハネ 17:15‐21  読む。

1 世紀  クリスチャン  聖霊  協働 し,一致  保っ た(13   参照)

13. 1 世紀  イエス  祈り  どの よう  聞き届け られ まし  か。

13 イエス  祈り  聞き届け られ  こと は,四 福音   続く「使徒 たち  活動」の   考察 する  分かり ます。初期 クリスチャン    は,分裂  生じ   不思議   あり ませ  でし た。その    ユダヤ   異邦 人,富ん    貧しい 人,奴隷  奴隷 所有    まし た。それでも,皆  緊密  結ば      で,イエス    する,体  各部  なぞらえる こと  でき まし た。(エフェ 4:15,16)サタン  分裂     あっ て,まさに 奇跡  言える 一致 です。その 誉れ  すべて エホバ  帰さ れる べき です。エホバ  強力  聖霊  よっ  成し遂げ  もの  から です。―コリ 一 3:5‐7

世界   エホバ    一致   いる(14   参照)

14.   時代,イエス  祈り  どの よう  聞き届け られ   ます か。

14 残念 ながら,この 奇跡   一致  使徒 たち  死後  失わ  まし た。予告 どおり  規模  背教  生じ,キリスト  世界  分派  形成   まし た。(使徒 20:29,30)しかし 1919 年,イエス  油そそが   追随  たち  偽り  宗教    捕らわれ から 解放 し,彼ら  集め て「完全  きずな」で 一致   まし た。(コロ 3:14)彼ら  宣べ伝える  は,どんな 成果  もたらし  いる でしょ  か。「すべて  国民  部族    国語」の  から  た,700万   超える「ほか  羊」が,神  油そそが    たち   に,一つ  一致   群れ    導き入れ られ   ます。(啓 7:9。ヨハ 10:16)イエス  祈り  聞き届け られ   です。「あなた  わたし  遣わさ   こと,そして,わたし  愛し  くださっ   同じ よう  彼ら  愛さ   こと    知る」よう に,と いう 祈り です。―ヨハ 17:23

 温まる 結び

15. イエス  油そそが   弟子 たち  ため に,どんな 特別  願い  述べ まし  か。

15 ニサン 14   この 晩,イエス  使徒 たち  栄光 もしくは 誉れ  与え   まし た。ご自分  王国  彼ら    支配 する  いう 契約  結ぶ こと  よっ  です。(ルカ 22:28‐30。ヨハ 17:22)それで,油そそが   追随   なる  すべて  関し  こう 祈り ます。「父 よ,わたし  与え  くださっ  もの  つい  は,わたし  いる   彼ら     て,わたし  与え  くださっ  栄光  見る よう   願い ます。あなた      置か れる   わたし  愛し  くださっ  から です」。(ヨハ 17:24)イエス  ほか   は,この こと  ねたむ    なく,喜び ます。それ は,今日 この 地上  いる   クリスチャン すべて  一致   いる 証拠   あり ます。

16,17. (イ)イエス  祈り  結び  部分  どんな 決意  述べ   ます か。(ロ)わたしたち    行なう こと  決意  べき です か。

16 この よう に,エホバ  ご自分  こと  本当  知る 一致     持っ  おら れる こと  明らか です。しかし,世  人々   多数  宗教  指導  たち  影響  れ,その 事実  無視    ます。イエス  時代  そう でし た。それ  イエス は,心 温まる   言葉  祈り  結ん   ます。「義 なる  よ,確か    あなた  知っ   ませ  が,わたし  あなた  知っ  おり,これら   たち も,あなた  わたし  お遣わし  なっ  こと  知っ  おり ます。そして わたし  み名  彼ら  知らせ まし た。また これ から  知らせ ます。それ は,わたし  愛し  くださっ    彼ら  うち  あり,わたし  彼ら  結びつい  いる ため です」。―ヨハ 17:25,26

17 イエス  まさに 自分  祈り  調和   行動    まし た。会衆     て,わたしたち    み名  目的  知らせる   助け  くださっ   ます。それで,宣べ伝え  人々  弟子  する よう   いう 命令  熱心  態度  守る こと  より,イエス      服し  ゆき ましょ う。(マタ 28:19,20。使徒 10:42)また,貴重  一致  守る ため 懸命  励み ましょ う。これら  こと  行なう なら,イエス  祈り  調和   行動   いる こと  なり ます。それ  エホバ  み名  栄光  なり,わたしたち  とこしえ  幸福  つながる  です。