内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2013年9月

あなたは自分を変革していますか

あなたは自分を変革していますか

「思い  作り直す こと  よっ  自分  変革  なさい」。―ロマ 12:2

1,2. わたしたち  どの よう  生い立ち  環境  影響  受け ます か。

わたしたち  皆,生い立ち  環境  影響  強く 受け ます。ある 服装  食べ物  好ん だり,特定  振る舞い方   たり する   なぜ でしょ  か。一つ  理由 は,周囲   たち  境遇  影響  受け  いる から です。

2 しかし,食べ物  服装  好み より  ずっ  重要  事柄  あり ます。例えば,わたしたち  どの よう  育て られ    よっ て,ある こと  正しく  好ましい   なし,別  こと  間違っ    好ましく ない  考え ます。それ  個人   問題  ある 場合  多く,見方   それぞれ です。良心    促さ   選択  行なう こと  ある でしょ う。聖書  認め  いる よう に,「律法  持た ない  国民   たち  生まれ ながら  律法  ある 事柄  行なう」こと  少なく あり ませ ん。(ロマ 2:14)と  いえ これ は,神 から  律法  明示     ない 事柄  関し  は,自分  慣れ親しん    方法  地域 社会  一般   され  いる 規準  従え  よい  いう こと でしょ  か。

3. クリスチャン      一般   され  いる 方法  規準  安易  従う べき   ない,どんな 二つ  理由  あり ます か。

3 クリスチャン  そう   あり ませ ん。そう 言える 重要  理由  少なく   二つ あり ます。一   に,聖書  こう 諭し  いる から です。「人     廉直    あっ  も,後  その 終わり      なる もの  ある」。(箴 16:25)人間   完全   で,自分  とっ    最善   見定める こと も,自分  歩み  完全  導く こと  でき ませ ん。(箴 28:26。エレ 10:23)二   に,聖書  示す ところ  よれ ば,この   流行  規準  操作   いる  は「この 事物  体制  神」で ある サタン  ほか なり ませ ん。(コリ 二 4:4。ヨハ 一 5:19)ですから,エホバ  祝福  是認   たい   あれ ば,ローマ 12  2   助言  留意 する 必要  あり ます。―読む。

4. この 記事   どんな こと  考え ます か。

 4 ローマ 12  2   含ま   いる,次  重要    注目 でき ます。(1)自分 を「変革」する 必要  ある   なぜか。(2)変革     関係   いる か。(3)どう すれ  自分  変革 できる か。これら  質問  考え ましょ う。

変革  必要    なぜか

5. ローマ 12  2   パウロ  言葉 は,だれ  とっ  特別  意味  あり まし  か。

5 ローマ    手紙  記さ   使徒 パウロ  言葉 は,未 信者  一般      なく,仲間  油そそが   クリスチャン  宛て られ  もの でし た。(ロマ 1:7)パウロ  その  たち に,自分  変革 し,「この 事物  体制  合わせ  形作ら れる   やめ なさい」と 諭し まし た。西暦 56  ごろ  ローマ    クリスチャン  とっ て「事物  体制」と は,ローマ 世界  特徴  なっ    規準,習慣,方法,様式  指し まし た。パウロ が「やめ なさい」と 述べ  こと から,その 事物  体制  影響  依然    受け    クリスチャン    こと  うかがえ ます。その 事物  体制 は,当時  兄弟 姉妹  どの よう  影響  及ぼし     でしょ  か。

6,7. パウロ  時代,ローマ  社会  宗教  どんな  が,クリスチャン    生活 する   難しく    まし  か。

6 今日,ローマ  訪れる 観光   大抵,神殿,墓,記念 碑,競技 場,劇場 など  遺跡   ます。1 世紀  造ら   もの  あり ます。そう   過去  遺物 から,古代 ローマ  社会  宗教  垣間見え ます。さらに,歴史   読む と,剣闘   闘い  戦車 競走,また 様々  テーマ  演劇  歌劇  つい  知る こと  でき ます。中   低俗  内容    あり まし た。ローマ  商業  中心      栄え     で,お金  稼ぐ 機会  たくさん あっ  こと でしょ う。―ロマ 6:21。ペテ 一 4:3,4

7 多く  神殿  あっ    かかわら ず,ローマ   崇拝     神々  個人   関係  築い    ませ  でし た。ローマ   とっ  宗教    に,社会 生活  一部  ある 行事 ― 誕生 祝い,結婚 式,葬式 など ― を 行なう こと でし た。ですから,ローマ  クリスチャン    生活 する   難しかっ   違いあり ませ ん。多く    その よう  環境  育っ   で,当然 ながら   クリスチャン  なる ため   自分  変革 する 必要  あり,バプテスマ  受けれ  変革  終わる  いう もの   あり ませ  でし た。

8. 今日    クリスチャン  とっ  危険    なぜ です か。

8 ローマ 世界  同様,今日    献身   クリスチャン  とっ  危険 です。なぜ でしょ  か。様々  仕方      表われ  いる から です。エフェソス 2:2,3; ヨハネ  一 2:16  読む。わたしたち    欲望,考え方,価値 観,道徳   日々 さらさ   いる  で,世  染まっ  しまう 危険    あり ます。ですから,「この 事物  体制  合わせ  形作ら れる    やめ」,「自分  変革」する よう   いう,霊感  もと  記さ   助言  留意 する   もっとも  こと です。何  行なう べき でしょ  か。

どんな 変革  必要 

9. 多く    バプテスマ  資格  得る   どの よう  変化  遂げ ます か。

9 聖書  真理  学ん  当てはめる  つれ,人  霊的  進歩  ます。そして,学ん  事柄  調和   変化  遂げ ます。偽り  宗教  慣行 や,以前  好ましく ない 生き方  捨て,キリスト  よう  人格  培い ます。(エフェ 4:22‐24)毎年 何十万     その よう  進歩 し,エホバ    献身  象徴    バプテスマ  受ける 資格  かなう   見る   うれしい こと です。エホバ   から 喜ん  おら れる  違いあり ませ ん。(箴 27:11)と  いえ,必要  変化  それ だけ だろ  か,と 考える   よい こと です。

多く    サタン   から   自分  変革 する 必要  ある(9   参照)

10. 変革  改善  どう 違い ます か。

10   ところ,自分  変革 する こと  は,進歩  改善 以上  こと  関係    ます。ある 製品 が“改善   た”と 宣伝  れる こと  あり ます が,基本    同じ 製品 です。新しい 原料  一つ 追加 され,包装  より 魅力   なっ  だけ   しれ ませ ん。「自分  変革」すると いう 表現  関し て,「バイン  旧新約 聖書 用語 解説 辞典」(英語)は こう 説明    ます。「ローマ 12  2   は,外面   この 時代[つまり 事物  体制]の 物事  適合 する こと と,聖霊    よっ  考え  新た  され  内面   自分  変革 する(もしくは 変貌 する)こと   対比    いる」。ですから,クリスチャン  変革  は,単に 有害  習慣  口汚い 言葉遣い   道徳  行ない  捨てる こと   あり ませ ん。聖書  知識  全く なく  も,そう   もの  避ける よう 努力   いる  たち   ます。では,クリスチャン  果たさ なけれ  なら ない 変革   どう いう もの   でしょ  か。

11. パウロ  よれ ば,自分  変革 する     必要 です か。

11 「思い  作り直す こと  よっ  自分  変革  なさい」と,パウロ  書き まし た。「思い」は 思考   関連  あり,聖書  用法   わたしたち  精神  傾向,態度,理性  含み ます。ローマ    手紙     で,パウロ は「非  され  精神 状態」を 表わし    人々  言及  まし た。彼ら は「不義  邪悪  強欲    満たさ れ,ねたみ  殺人  闘争  欺まん……に 満ち」,他  有害  事柄  ふけっ   まし た。(ロマ 1:28‐31)そう   人々  いる 環境  育ち,神    なっ   たち  対し,パウロ が「自分  変革」し て「思い  作り直す」よう 諭し    うなずけ ます。

「怒り,憤り,わめき,ののしり  ことば を,……あなた方 から 除き去り なさい」。―エフェ 4:31

12. 今日  人々  一般   どの よう  考え方   ます か。そう   態度  クリスチャン  とっ  危険    なぜ です か。

12 残念  こと に,わたしたち      パウロ  言及   よう  人々  囲ま     ます。そう いう  たち  大抵,規準  原則  固執 する   時代 後れ   か,堅苦しい  考え ます。多く  教師       大目   て,“自由 主義”的  考え方  推奨  ます。万事  相対  で,絶対   もの    ない  言う  です。信心深い  主張 する  たち  さえ,自分  正しい  思う こと  行なえ  いい,神  その 命令  従う 義務  ない,と 考える こと  少なく あり ませ ん。(詩 14:1)こう   態度 は,真  クリスチャン  とっ  危険 です。注意    ない と,神権   取り決め  対し  同じ 見方    しまう   しれ ませ ん。会衆  やり方  進ん  従わ ず,気  入ら ない こと  不平  述べる こと さえ あり得 ます。あるいは,娯楽,インターネット  使用,高等 教育  追い求める こと  関し て,聖書  基づく 助言  受け入れ にくく 思う   しれ ませ ん。

13. 自分  正直  吟味  べき    なぜ です か。

13 したがって,世  形作ら  ない よう  する ため  は,自分  内奥  考え,感情,目標,価値   正直  吟味 する 必要  あり ます。それら   から  見え にくい ため,周囲   から  よく やっ  いる  言わ れる   しれ ませ ん。しかし,そう   肝要   で,本当  聖書 から 学ん  事柄  当てはめ  自分  変革 でき   どう か,また これ から  変革   いく  どう  は,自分 自身  しか 分かり ませ ん。ヤコブ 1:23‐25  読む。

どう すれ  変革 できる 

14. 必要  変革  果たす     助け  なり ます か。

14 変革   内面  関係   いる  で,変革  果たす   表面  突き抜け  内奥  達する もの  必要 です。何  助け  なる でしょ  か。聖書  読む と,そこ  記さ   いる エホバ  目的  調和   わたしたち    求め られ  いる   分かり ます。その   わたしたち  反応  より,自分      ある か,また「神 の……完全  ご意志」に 沿っ  行動 する ため  どんな 調整  必要   明らか  なり ます。―ロマ 12:2。ヘブ 4:12

15. エホバ  形作ら れる と,どの よう  変革  もたらさ  ます か。

15 イザヤ 64:8  読む。預言  イザヤ  例え から,重要    学べ ます。陶器   あら れる エホバ は,粘土  ある わたしたち  どの よう  形作る  でしょ  か。当然 ながら,顔立ち  体形  もっと 魅力   なる よう  わたしたち  外見  変える わけ   あり ませ ん。エホバ  霊的  訓練  与え  くださる  です。エホバ  形作っ  いただく なら,結果    もたらさ れる 変革  内的  もの,つまり 霊的  もの です。わたしたち    影響   闘う ため に,まさに それ  必要     ます。では,どの よう  過程  よっ  形作ら れる  でしょ  か。

16,17. (イ)質  良い 陶器  作る ため に,陶器   粘土     ます か。(ロ)エホバ  とっ  貴重  もの  なる うえ で,神  言葉  どの よう  助け  なり ます か。

16 陶器     良い 陶器  作る ため に,上質  粘土  使い ます。と  いえ,ほか  二つ  こと  行なわ なけれ  なり ませ ん。まず,異物  不純   取り除く ため  粘土  洗い ます。それ から,成形  やすい よう に,ちょうど よい     混ぜ  粘土  こね ます。

17 粘土 から 不純   取り除く   も,繊細   さえ 作れる よう  粘土  ちょうど よい 固さ  する   も,水  使わ れる こと  注目   ください。神  言葉  わたしたち  同様  作用  及ぼし ます。神  知ら なかっ  ころ  古い 考え方  除き去り,神    貴重  もの   変革  れる   助け  くれる  です。 エフェ 5:26)わたしたち  聖書  毎日 読む よう,また   言葉  考慮  れる 集会  定期   出席 する よう,これ まで    促さ    まし た。そう   こと  行なう よう 勧め られ  いる   なぜ でしょ  か。それ  より,エホバ  形作ら  やすく なる から です。―詩 1:2。使徒 17:11。ヘブ 10:24,25

自分  変革 すれ ば,以前 より うまく 問題  対処 できる よう  なる(18   参照)

18. (イ)神  言葉  影響  受け  変革  れる ため に,黙想  不可欠    なぜ です か。(ロ)どんな 自問  役立ち ます か。

18   言葉  わたしたち  必要  変革  もたらす よう  する  は,定期   聖書  読ん  学ぶ だけ    十分 です。多く    時おり 聖書  読み,何  書か   いる   知っ   ます。あなた  野外 宣教  その よう    会っ  こと  ある   しれ ませ ん。聖句  暗唱 できる    ます。 * しかし,考え方  生き方  ほとんど 影響  あり ませ ん。何  足り ない  でしょ  か。神  言葉  影響  受け  変革  れる  は,それ を「下  響かせ」,心  達する よう   なけれ  なり ませ ん。(ガラ 6:6,脚注)ですから,時間  取り,学ん  いる 事柄  つい  考える 必要  あり ます。次  よう  自問 する   良い こと です。「これ  単なる 宗教   教え 以上  もの  ある こと  確信   いる だろ  か。真理   みなし  いる だろ  か。学ん  いる 事柄      教える だけ  なく,自分  生活  どう 当てはまる   考え  いる だろ  か。エホバ  自分 自身  話しかけ  くださっ  いる  感じ  いる だろ  か」。こう     考え  黙想 する なら,心    エホバ   気持ち  強まり,エホバ     深まり ます。その よう    動かさ れる と,良い 変化  遂げる こと  でき ます。―箴 4:23。ルカ 6:45

19,20. 聖書  どんな 助言  当てはめる なら     なり ます か。

19   言葉  定期   読ん  黙想 する なら,すでに ある 程度 行なっ     違いない   こと  続ける よう 促さ  ます。「古い 人格  その 習わし    脱ぎ捨て,新しい 人格    着け なさい。それ は,正確  知識  より,……新た  され  ゆく  です」。(コロ 3:9,10)そう です,神  言葉  意味  正しく 理解   影響  受ける よう  すれ ば,引き続き 新しい クリスチャン 人格  培う こと  でき ます。それ は,サタン  巧妙  策略 から わたしたち  保護   くれ ます。

20 使徒 ペテロ は,「あなた方  従順  子供   て,以前……抱い  欲望  そっ  形作ら れる   やめ,……すべて  行状  おい   なる   なり なさい」と 諭し   ます。(ペテ 一 1:14,15)以前  考え方  態度  捨て  自分  変革 する ため  できる 限り  こと  行なう なら,祝福  受け ます。その     記事  考え ましょ う。

^ 18節 「ものみの塔」1994  2  1   9 ページ 7     参照。