アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年8月

互いのことをよく考え,励まし合いましょう

互いのことをよく考え,励まし合いましょう

『互い  こと  よく 考え    りっぱ     鼓舞  合い ましょ う』。―ヘブ 10:24

1,2. 230   エホバ  証人     世界 大戦 末期    行進  生き延びる うえ で,何  助け  なり まし  か。

   世界 大戦 末期,ナチ 政権  崩壊  つつ あっ  時,強制 収容   残っ  いる 何万    囚人  抹殺 する ため  命令  出さ  まし た。ザクセンハウゼン 収容   囚人 たち は,港 まで 連れ  行か れ,船  乗せ  沈め られる こと  なっ   まし た。これ は,後    行進    知ら れる 計画  一部 です。

2 ザクセンハウゼン 収容   3万3,000   囚人 は,ドイツ  港湾 都市 リューベック まで  250   道のり  行進 する こと  なり まし た。囚人   に,六つ    230   エホバ  証人   て,一団  なっ  行進 する よう 命じ られ まし た。皆  飢え  病気  弱っ  いる 中,兄弟 たち  どの よう  行進  生き延びる こと  でき   でしょ  か。「歩き 続ける よう  終始 励まし合い まし た」と,一   兄弟  述べ   ます。神 から の「普通  超え た」力  加え,互い  対する  が,苦難  耐え抜く 助け  なっ   です。―コリ 二 4:7

3. 互い  励まし合う 必要  ある   なぜ です か。

3 今日,わたしたち    行進      ませ  が,多く  問題  直面  ます。1914     王国  設立    後,サタン   から 追放      近辺  とどめ られ  おり,「自分    短い こと  知り,大きな 怒り  抱い て」い ます。(啓 12:7‐9,12)この   ハルマゲドン  向かっ  いる 今,サタン  様々  試練  圧力  用い  わたしたち  霊的  弱め よう     ます。それ  加え て,日々  生活  ストレス  あり ます。(ヨブ 14:1。伝 2:23)そう   苦難  積み重なっ  疲れ果て  しまい,気力  霊的    奮い起こそ      落胆  うまく 対処 でき ない こと  ある   しれ ませ ん。ある 兄弟    考え   ましょ う。その 兄弟  何十     わたり,大勢   たち  霊的  援助  まし た。しかし,高齢  なっ  自分    病気  なり,とても 気落ち   しまい まし た。この 兄弟  よう に,わたしたち  エホバ から の「普通  超え た」力 と,仲間 から  励まし  必要     ます。

4.     励ます  は,使徒 パウロ  どんな 助言  銘記  なけれ  なり ませ  か。

4     励ます  は,使徒 パウロ  ヘブライ   クリスチャン  与え  諭し  銘記  なけれ  なり ませ ん。パウロ  こう 述べ   ます。「互い  こと  よく 考え    りっぱ     鼓舞  合い,ある 人々  習慣    いる よう に,集まり合う こと  やめ たり  ず,むしろ 互い  励まし合い,その   近づく     ますます そう  よう では あり ませ  か」。(ヘブ 10:24,25)この 意味深い 助言  どの よう  当てはめ られる でしょ  か。

「互い  こと  よく 考え」なさい

5. 「互い  こと  よく 考え」る   どういう 意味   か。そう する ため   どんな 努力  求め られ ます か。

5 「互い  こと  よく 考え」る  は,「他   たち  必要  考慮  入れ,その  たち  こと  思う」と いう 意味 です。もし 王国 会館  軽く あいさつ  たり,たわい  ない    たり する だけ  あれ ば,他    必要  つい  深く 考える こと  でき ない でしょ う。もちろん,わたしたち は「自分  務め  励み」,「人    手出し」し ない よう  注意  なけれ  なり ませ ん。(テサ 一 4:11。テモ 一 5:13)と  いえ,兄弟 たち  励まし たい  なら,相手  状況,特質,霊性,長所  短所 など  よく 知る 必要  あり ます。友  みなし  もらい,愛  確信   もらう 必要  ある  です。その ため  は,兄弟 たち  問題  抱え  落胆   いる  だけ  なく,それ 以外     一緒  時間  過ごさ なけれ  なり ませ ん。―ロマ 12:13

6. 長老  自分  ゆだね られ   たち  こと を「よく 考え」る うえ で,何  役立ち ます か。

6 会衆  年長  は,「ゆだね られ      群れ」を 進ん  真剣  態度  牧する よう 促さ    ます。(ペテ 一 5:1‐3)ゆだね られ    こと  よく 知ら なけれ ば,牧羊    効果   行なう こと  でき ない でしょ う。箴言 27:23  読む。長老 たち  仲間  クリスチャン  時間  過ごし,一緒  いる こと  楽しむ なら,羊  援助  必要    頼み やすく なり ます。また,兄弟 姉妹 たち  本心  悩み  打ち明け やすく なる  で,長老  自分  ゆだね られ   たち  こと を「よく 考え」,必要  助け  差し伸べる こと  でき ます。

7. 落胆   いる  の「乱暴  話」を どう 見る べき です か。

7 パウロ  テサロニケ  会衆  対し,「弱い   支え」なさい  述べ まし た。テサロニケ  一 5:14  読む。「憂い  沈ん  魂」は ある 意味  弱い   あり,気落ち   いる  たち  そう です。箴言 24  10   こう 述べ   ます。「あなた  苦難    自分  失望   いる こと  明らか    か。あなた    乏しく なる」。ひどく 落胆   いる   言葉 は,「乱暴  話」に なる 場合  あり ます。(ヨブ 6:2,3)その よう   たち  こと を「よく 考え」る   は,その   言葉  本当  人となり  表われ  いる   限ら ない,と いう こと  思い  留める べき です。母親  重度  うつ病  なっ  ラシェル は,経験  通し  その こと  学び まし た。こう 語っ   ます。「母  非常    こと     言い まし た。そういう     大抵,母  本当    あり,親切 で,心  広い    だ,と 自分  言い聞かせ まし た。そして,うつ病  かかっ       ない   たくさん   する  いう こと  学び まし た。意地悪  言葉  行動  仕返し する こと は,絶対  避ける べき です」。箴言 19  11    こう あり ます。 「人  洞察   確か  その 怒り  遅く する。違犯  ゆるす   その   美しさ  ある」。

8. とりわけ どんな   対し   を「確証 する」必要  あり ます か。なぜ です か。

8 過去  過ち  犯し,すでに 物事  正し    かかわら ず,今   恥ずかしさ  失意  感じ  落胆   いる   こと を,どの よう に「よく 考え」る こと  できる でしょ  か。コリント  悔い改め  悪行   つい て,パウロ  こう 書き まし た。「親切  許し  慰め,その よう    過度  悲しみ  呑み込ま   しまう こと  ない よう   べき です。それで,あなた方    対する   確証 する よう  勧め ます」。(コリ 二 2:7,8)ある 辞典  よる と,「確証 する」と 訳さ   いる 表現  は,「承認 する,実証 する,法的  拘束   持つ よう  する」と いう 意味  あり ます。その   わたしたち    気遣い  分かっ  いる はず だ,と 決めてかかる べき   あり ませ ん。わたしたち  態度  行動  より,その     気遣い  実感 できる よう  する 必要  あり ます。

「愛  りっぱ     鼓舞」し なさい

9. 「愛  りっぱ     鼓舞」する   どう いう 意味 です か。

9 「互い  こと  よく 考え    りっぱ     鼓舞」する よう に,と パウロ  書い   ます。わたしたち は,仲間  クリスチャン    表わし  りっぱ    行なう   なる よう 助ける 必要  あり ます。火  消えかけ  いる   は,炭  つつき,火  かき立てる こと でしょ う。(テモ 二 1:6)同じ よう に,兄弟 たち    隣人     示す よう,愛情 深く 鼓舞 する こと  でき ます。りっぱ    行なう よう 鼓舞 する  に,適切  褒め言葉  欠か  ませ ん。

一緒  野外 奉仕  行なう

10,11. (イ)だれ  褒め言葉  必要     ます か。(ロ)誤っ  歩み      褒め言葉  助け られ  どんな   あり ます か。

10 気落ち   いる  どう   かかわり なく,わたしたち  みな 褒め言葉  必要     ます。ある 長老  こう 書い   ます。「私      も,父 から よく やっ   言わ   こと  一度  あり ませ  でし た。ですから,大人  なっ   自分  自信  持て ませ  でし た。……50    いう この   なっ   まだ,あなた  長老    よく やっ  いる,と 友人 たち から 言っ  もらう こと  必要   感じ   ます。……私  自分 自身  経験 から,他    励ます こと  いかに 大切   よく 分かる  で,努めて   励ます よう     ます」。開拓   あれ,年配   あれ,落胆   いる   あれ,褒め言葉  だれ   元気づけ ます。―ロマ 12:10

11 霊的  資格  ある  たち が,誤っ  歩み       調整  施す こと  努める 時,悪行   愛情 深い 助言  適切  褒め言葉  より,再び りっぱ    行なう よう 動かさ れる   しれ ませ ん。(ガラ 6:1)ミリアム  いう 姉妹  場合  そう でし た。こう 書い   ます。「幾    親しい   会衆  捨て去っ  こと  加え,父   出血  倒れ   は,わたし  人生   ひどく つらい 時期 でし た。わたし  とても 落ち込み,なんとか 憂うつ  気持ち から 脱し たい  思い,世  男性  付き合い 始め まし た」。結果    ミリアム は,エホバ  愛さ れる 価値  ない  感じ,真理 から 離れる こと  考え まし た。しかし,ある 長老 から,以前  忠実  奉仕  つい  思い起こさ   もらい,感情  かき立て られ まし た。エホバ    もう 一度 確信 できる よう 長老 たち  助け  もらう こと  し,自分 自身    再び 燃え立た せる こと  でき まし た。不 信者   関係  絶ち,エホバ  仕え 続け   ます。

  りっぱ     鼓舞 する

12. やる気  起こさ  よう   て,恥ずかしさ  罪悪   訴え たり 批判  たり する こと  つい     言え ます か。

12     不当  比較   恥ずかしい 気持ち  させ たり,厳しい 規準  設け  批判  たり,十分  でき   ない  いう 罪悪   持たせ たり する なら,当人  一時   がんばる   しれ ませ  が,長続き  ない でしょ う。一方,仲間  クリスチャン  褒め,当人       訴えかける なら,永続 する 効果  及び ます。―フィリピ 2:1‐4  読む。

「互い  励まし合い」なさい

13.     励ます こと     関係    ます か。(記事  冒頭  写真  参照。)

13 わたしたち は「互い  励まし合い,その   近づく     ますます」そう する 必要  あり ます。他    励ます こと  は,神   奉仕  おい  前進  続ける 気持ち  起こさ せる こと  関係    ます。愛  りっぱ     鼓舞 する こと が,消え そう    かき立てる こと  ある なら,人  励ます こと は,火  勢い よく 燃え 続ける よう  燃料  加える よう  もの です。他    励ます こと  は,落胆   いる   力づけ  慰める こと  含ま  ます。その よう    励ます 場合,温かく 穏やか  話す 必要  あり ます。(箴 12:18)また,「聞く こと  速く,語る こと  遅く」あり ましょ う。(ヤコ 1:19)感情 移入  ながら   傾ける なら,仲間  クリスチャン  気落ち    いる 状況  見極め,対処 する   役立つ こと  言っ  あげ られる   しれ ませ ん。

健全  交わり  楽しむ

14. 落胆     ある 兄弟 は,どの よう  助け られ まし  か。

 14 ある 思いやり 深い 長老 が,数    活発 だっ  兄弟  援助     考え   ましょ う。長老    聞い  ところ,その 兄弟  まだ エホバ  深く 愛し  いる こと  分かり まし た。毎号 の「ものみの塔」誌  勤勉  研究 し,集会  定期   出席  よう  努力      です。しかし,会衆   ある  たち  行動  がっかり し,幾らか 苦々しく 思っ   まし た。長老  感情 移入  つつ,批判      傾け,その 兄弟  家族  愛情 深い 気遣い  示し まし た。兄弟 は,過去  よく ない 経験  こだわっ  愛する   仕え ない   間違っ  いる,と いう こと  気づく よう  なり まし た。長老 は,一緒  宣べ伝える よう 兄弟  誘い まし た。長老  助け  より,兄弟  伝道  再開 し,やがて 再び 長老    仕える 資格   まし た。

励まし  必要    辛抱強く   傾ける(14,15   参照)

15. 落胆   いる   励ます  で,エホバ から   学べ ます か。

15 落胆   いる   すぐ  気分  晴れ ない   しれ ず,助け  差し伸べ   なかなか 応じ ない こと  ある でしょ う。ずっ  支える 必要  ある   しれ ませ ん。パウロ は,「弱い   しっかり つかみ,だれ  対し   辛抱強く あり なさい」と 述べ まし た。(テサ 一 5:14,「アメリカ 訳」[英語])弱い   こと  すぐ  あきらめる    なく,いわば「しっかり つかみ」,支え 続け ましょ う。過去  エホバ は,僕 たち  落胆    に,辛抱強く 接し まし た。例えば,エリヤ  気持ち  考え,慈しみ  示し まし た。奉仕  続ける ため  必要  もの  備え   です。( 一 19:1‐18)また,ダビデ  真に 悔い改め   で,快く 許し まし た。(詩 51:7,17)ご自分  仕える   やめ そう  なっ  詩編 作者   助け まし た。(詩 73:13,16,17)エホバ  慈しみ  親切  示し  ください ます。わたしたち  落胆   いる    特に そう です。(出 34:6)エホバ  憐れみ は「朝 ごと  新しく なり」,「決して 終わり  至る こと  ない」の です。(哀 3:22,23)その 手本  倣っ  わたしたち  落胆   いる   優しく 扱う こと を,エホバ  期待   おら  ます。

  至る   とどまる よう 励まし合う

16,17. この 事物  体制  終わり  近づい  いる 今,わたしたち  どう する こと  決意  べき です か。なぜ です か。

16 ザクセンハウゼン 強制 収容       3万3,000   囚人  うち,大勢    落とし まし た。しかし,230   エホバ  証人  全員  生き延び まし た。互い  励まし合い,支え合っ  こと  大きな 助け  なり,死  行進     行進  変わっ   です。

17 今日,わたしたち は「命  至る……道」を 歩ん   ます。(マタ 7:14)間  なく,エホバ  崇拝 する すべて   が,一致    なる 新しい   入り ます。(ペテ 二 3:13)ですから,永遠    至る  を,互い  助け合い ながら 進み 続ける こと  決意  ましょ う。