内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年8月

エリシャは火の戦車を見た ― あなたはどうですか

エリシャは火の戦車を見た ― あなたはどうですか

シリア   は,神  預言  エリシャ  捕らえ よう  捜し   まし た。そして,丘    ある,城壁  囲ま   都市 ドタン  いる こと  突き止め ます。夜  うち に,王  ドタン    戦車  軍隊  送り ます。夜  明ける ころ  は,軍勢  都市  取り囲ん   まし た。― 二 6:13,14

エリシャ  従者   起き    出る と,預言   捕らえ    軍勢  見え まし た。「ああ,ご主人様! 私たち  どう  ましょ  か」と 言う 従者  対し,エリシャ  こう 言い ます。「恐れ   なら ない。わたしたち    いる  は,彼ら    いる  より  多い から だ」。それ から,「エホバ よ,どうぞ,彼    開い て,見える よう    ください」と 祈り ます。すると どう なっ  でしょ  か。「直ちに エホバ  その 従者    開か    で,彼  見る と,見よ,山地  エリシャ  周囲      戦車  一杯  あっ た」。( 二 6:15‐17)この 出来事 から   学べる でしょ  か。

エリシャ  シリア  軍勢  包囲     動じ ませ  でし た。エホバ  信頼   おり,神  保護 する   働い  いる   見え  から です。今日,わたしたち  奇跡  起きる こと  期待  ませ  が,エホバ  ご自分    グループ    保護   おら れる   知っ   ます。ある 意味 で,わたしたち      戦車  囲ま   いる  です。それ  信仰   で“見 て”,常    依り頼む なら,「安らか  住」み,エホバ  祝福  経験 でき ます。(詩 4:8)では,エリシャ  生涯     出来事 から  どんな    られる か,考え   ましょ う。

エリシャ  エリヤ  仕える よう  なる

ある 時,エリシャ    すき返し  いる と,預言  エリヤ  やっ    自分  職服  エリシャ    投げかけ まし た。エリシャ  それ    意味 する   理解    まし た。宴  設け,父    別れ  告げ,家      エリヤ  仕え 始め まし た。( 一 19:16,19‐21)エリシャ    できる 限り 仕える ため  進ん  自分  差し出し   で,エホバ      道具  よう  なり,後  エリヤ  代わり  預言     奉仕 する よう  なり ます。

エリシャ  6  ほど エリヤ  仕え   思わ  ます。その  期間,「エリヤ      注い だ」人 でし た。( 二 3:11)当時 は,ナイフ  フォーク など  道具  使わ ず,手  食べる   習慣 でし た。その ため,食後    主人      注ぎ,洗える よう   まし た。ですから,エリシャ  召使い  よう  仕事      こと  分かり ます。それでも,エリヤ  従者  ある こと  特権  みなし   まし た。

今日,エリシャ  同じ よう  多く  クリスチャン が,様々  種類   時間 奉仕  行なっ   ます。信仰 と,できる 限り エホバ  仕え たい  いう 願い  動かさ   そう    ます。場合  よっ       し,ベテル 奉仕  建設 奉仕 など,しばしば 召使い  よう   みなさ れる 仕事  割り当て られる こと  あり ます。そう   奉仕  エホバ  高く 評価    いる  で,クリスチャン  それ  取る  足り ない 卑しい もの  考える べき   あり ませ ん。―ヘブ 6:10

エリシャ  割り当て から 離れ なかっ 

 は,「風 あらし  よっ  エリヤ    上ら せ」る  に,エリヤ  ギルガル から ベテル  遣わし まし た。エリヤ  エリシャ   なく   よい  告げ まし  が,エリシャ は「私  あなた  離れ ませ ん」と 言い まし た。道中 エリヤ  さらに   とどまる よう 勧め ます が,エリシャ  聞き入れ ませ ん。( 二 2:1‐6)ルツ  ナオミ  付き従っ  よう に,エリシャ  エリヤ から 離れ なかっ   です。(ルツ 1:8,16,17)なぜ でしょ  か。エリヤ  仕える  いう,神 から 与え られ  特権  大切      から  違いあり ませ ん。

エリシャ  わたしたち  とっ  良い 模範 です。神  組織   何らか  奉仕  特権  与え られ  時,エホバ  仕え  いる こと  思い  留める なら,その 務め  大切  する はず です。エホバ  仕える 以上  誉れ  あり ませ ん。―詩 65:4; 84:10

「あなた  ため   べき こと  求め なさい」

  途中  エリヤ  エリシャ に,「わたし  あなた から 取ら れる  に,あなた  ため   べき こと  求め なさい」と 言い まし た。エリシャ は,何     ソロモン    よう に,霊的  事柄  願い求め まし た。「あなた    二つ      臨み ます よう に」と 述べ   です。( 一 3:5,9。 二 2:9)イスラエル  は,長子  2   相続   受ける こと  なっ   まし た。(申 21:15‐17)ですから,エリシャ  エリヤ  霊的  相続   みなさ れる こと  望ん     です。加え  エリシャ は,「エホバ  ため  徹底   ねたん で」き  エリヤ  同じ 勇気     たい  思っ    よう です。― 一 19:13,14

エリヤ  エリシャ  願い  どう 応じ  でしょ  か。こう 述べ   ます。「あなた  難しい こと  求め まし た。あなた から 取ら れる とき,もし あなた  わたし  見る なら,それ  その よう  あなた  起きる でしょ う。しかし,もし  ない なら,それ  起き ない でしょ う」。( 二 2:10)エリヤ  答え      意味  あっ  よう です。一つ は,エリシャ  求め  もの  与え られる  どう     お決め  なる,と いう こと です。二   は,エリシャ  それ  得る  は,何  あっ   エリヤ    いる  決意    なけれ  なら ない,と いう こと でし た。

エリシャ    もの

エリヤ    二つ    求め  エリシャ  願い を,神  どう ご覧  なっ  でしょ  か。こう 記さ    ます。「ふたり  歩い  行き,歩き ながら      ところ,何と,見よ,火  戦車      現われ,それ  彼ら      分け隔て    ある。そして,エリヤ   あらし  乗っ    上っ  行っ た。その  ずっ と,エリシャ  それ   て……い た」。 * これ が,エリシャ  願い  対する エホバ  答え でし た。エリシャ  エリヤ  自分 から 取ら れる   見,エリヤ    二つ    受け,エリヤ  霊的  相続   なり まし た。― 二 2:11‐14

エリシャ  エリヤ   から 落ち  職服  拾い上げ,身  着け まし た。その  は,エリシャ    預言   ある こと  示す もの  なり まし た。後  ヨルダン     分ける  いう 奇跡  行なっ  時,エリシャ  任命  受け  こと  一層 明らか  なり まし た。

エリヤ   あらし  乗っ  上っ  行っ    様子 は,エリシャ  とっ  忘れ られ ない 光景 だっ   違いあり ませ ん。火  戦車     は,なかなか  られる もの   ない から です。それ  エホバ  エリシャ  願い  聞き届け  こと  証拠 でし た。神  わたしたち  祈り  答え  くださる 時,わたしたち    戦車        見る こと  あり ませ ん。と  いえ,神  ご自分  意志  確実  成し遂げる ため  強大    お用い  なる   識別 する こと  でき  ます。また,エホバ  ご自分  組織  地的  部分  祝福   おら れる 様子    する 時,エホバ    兵車  動い  いる  を“見 て”いる こと  なり ます。―エゼ 10:9‐13

エリシャ  多く  経験  通し て,エホバ  驚く べき   確信  まし た。実際,神  聖霊  より 16   奇跡  行ない まし た。 * エリヤ  行なっ   され  いる 奇跡  2    です。そして,この 記事  冒頭  考え  よう に,エリシャ  ドタン  危機   状況  直面   時,二          戦車   まし た。

エリシャ  エホバ  信頼  

エリシャ  ドタン    取り囲ま    落ち着い   まし た。エホバ   強い 信仰  培っ    から です。わたしたち  その よう  信仰  必要     ます。ですから,信仰          表わせる よう,神  聖霊  祈り 求め ましょ う。―ルカ 11:13。ガラ 5:22,23

ドタン   出来事  より,エリシャ  エホバ と,目  見え ない エホバ  軍勢  よる 保護  信頼  べき こと  実感  まし た。都市  シリア   囲む よう    み使い  大軍  配置   こと  気づい   です。神    打っ  盲目  する こと  より,エリシャ  従者  奇跡   救出   まし た。( 二 6:17‐23)その 緊迫   局面 で,エリシャ      同じ よう  エホバ  信仰  働かせ,エホバ  全き 信頼  置き まし た。

わたしたち  エリシャ  よう に,エホバ   信頼  ましょ う。(箴 3:5,6)そうすれば,「神 ご自身  わたしたち  恵み  示し,祝福   ください ます」。(詩 67:1)もちろん,わたしたち  文字どおり   戦車      囲ま   いる わけ   あり ませ ん。しかし,来たる べき「大 患難」の 際,エホバ  世界   いる ご自分    グループ    保護   ください ます。(マタ 24:21。啓 7:9,14)それ まで  間,「神  わたしたち  ため  避難   ある」と いう こと  いつも 思い  留め  おき ましょ う。―詩 62:8

^ 16節 エリヤ は,エホバ  み使い たち  霊的  住まい  ある   上っ     あり ませ ん。「ものみの塔」1997  9  15   15 ページ  参照。

^ 19節 「ものみの塔」2005  8  1   10 ページ  参照。