アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年8月

どんな者となるべきかをよく考えましょう

どんな者となるべきかをよく考えましょう

「あなた方 は,聖 なる 行状  敬虔  専心[を 示す]者  なる べき   あり ませ  か」。―ペテ 二 3:11,12

1,2.   是認  得る  は,どんな   なる べき です か。

自分     から どう 思わ   いる     する   自然  こと です。しかし クリスチャン   て,エホバ から どう みなさ   いる     かける ほう  大切   ない でしょ  か。エホバ  宇宙  最も 偉大    あり,「命  源」で あら れる から です。―詩 36:9

2 使徒 ペテロ は,わたしたち  エホバ  観点 から   どんな   なる べき   強調 し,「聖 なる 行状  敬虔  専心」を 示す よう 促し   ます。ペテロ  二 3:11,12  読む。  是認  得る ため  は,「行状」が  なる もの,つまり 道徳    精神    霊的   清い もの  なけれ  なり ませ ん。さらに,神   畏敬    忠節  愛着  うち に「敬虔  専心」の 行ない  する 必要  あり ます。ですから,神  是認  求める こと  は,わたしたち  行動 だけ  なく 内面  関係    ます。エホバ は「心  調べ られる 方」な  で,わたしたち  行状  おい   なる もの  どう か,また    全き 専心  抱い  いる  どう   ご存じ です。― 一 29:17

3.    関係  関し て,どんな   考える  よい です か。

3 悪魔 サタン は,わたしたち    是認  求める こと  快く 思い ませ ん。できる 限り  こと   て,わたしたち  エホバ   関係  捨て させ よう   ます。ためらう こと なく 偽り  欺まん  用い  わたしたち  たぶらかし,神 から 引き離そ    ます。(ヨハ 8:44。コリ 二 11:13‐15)ですから,次    考える   賢明 です。「サタン  どの よう  人々  欺い  いる だろ  か。エホバ   関係  守る ため    できる だろ  か」。

サタン  どの よう  人々  欺い  いる 

4. サタン は,わたしたち     関係  損なお  と,何  狙い ます か。なぜ です か。

4 弟子 ヤコブ  こう 書い   ます。「おのおの 自分  欲望   引き出さ   誘わ れる こと  より 試練  受ける  です。次い  欲望 は,はらん  とき に,罪  産み ます。そして  は,遂げ られ  とき に,死  生み出す  です」。(ヤコ 1:14,15)サタン は,神   愛着  失わせ よう   て,わたしたち  欲望    ある   狙い ます。

5,6. (イ)サタン  どの よう  手段  使っ  わたしたち  狙い ます か。(ロ)サタン  わたしたち    悪い 欲望  抱く よう,どんな もの  用い  誘惑  ます か。それら  どれ ほど 巧み  用い ます か。

5 サタン  どの よう  手段  使っ  わたしたち    狙う  でしょ  か。聖書 は,「全 世界  邪悪    配下  ある」と 述べ   ます。(ヨハ 一 5:19)サタン  武器  は,「世  ある もの」が 含ま  ます。ヨハネ  一 2:15,16  読む。悪魔  幾千    わたり,わたしたち  周囲  環境  念入り  形作っ   まし た。この   生活   いる わたしたち は,悪魔  巧妙  策略 から   守る 必要  あり ます。―ヨハ 17:15

6 サタン は,わたしたち    悪い 欲望  抱く よう  仕向け ます。使徒 ヨハネ は,サタン  わたしたち  誘惑 する ため  用いる 三つ  もの  挙げ   ます。(1)「肉  欲望」,(2)「目  欲望」,(3)「自分  資力  見せびらかす こと」です。サタン  これら  用い  荒野  イエス  誘惑  よう   まし た。長い 年月  わたっ  そう   わな  使っ      熟達   おり,個々    持つ 傾向  応じ  わな  仕掛け   変え   ます。では,自分    守る ため  行なえる こと  考える  に,悪魔  首尾 よく エバ  誘惑    と,神  み子  誘惑  よう    失敗        ましょ う。

「肉  欲望」

エバ は「肉  欲望」に 負け  破滅    招い た(7   参照)

7. サタン  どの よう に「肉  欲望」を 用い  エバ  誘惑  まし  か。

7 人間 は,食物  取り入れる 必要  あり ます。それ    養う ため  欠か  ませ ん。創造  は,地球  食物  豊か  産出 する よう  造ら  まし た。サタン は,神  ご意志  行なう こと から わたしたち  そらせ よう   て,食物  対する 自然  欲求  訴えかける   しれ ませ ん。エバ  場合  どの よう  そう    考え   ましょ う。創世記 3:1‐6  読む。サタン  エバ に,「善悪  知識  木」の   食べ   死な ない  告げ まし た。そして,その  から 食べる     よう  なる  言い まし た。(創 2:9)その よう   て,生き 続ける ため    従順  ある 必要  ない  ほのめかし   です。なんと あからさま  うそ でしょ う。それ  聞い  エバ   二つ  選択   あり まし た。その 考え  退ける か,それ  つい  考え 続け    対する 欲望  募ら せる   どちら  です。園    すべて   から 自由  食べる こと  でき    かかわら ず,エバ  サタン    真ん中  ある   つい  述べ  こと  考え続け, 「その   取っ  食べ はじめ」まし た。サタン  こう   エバ   に,創造   禁じ  もの  対する 欲望  生じ させ まし た。

イエス  どんな 誘惑  面し   確固     た(8   参照)

8. サタン  どの よう に「肉  欲望」を 用い  イエス  誘惑  よう   まし  か。成功  なかっ    なぜ です か。

8 サタン  同じ 手法  用い  荒野  イエス  誘惑  よう   まし た。イエス  40  40  断食    後,サタン  食物  対する イエス  欲求  訴えかけ,「あなた      ある なら,この  に,パン  なる よう  命じ なさい」と 言い まし た。(ルカ 4:1‐3)イエス   二つ  選択   あり まし た。食物  取り入れる 必要  満たす ため  奇跡     使う か,使わ ない   どちら  です。イエス は,利己   目的  ため  そう     使う べき   ない  知っ   まし た。おなか  すい   まし  が,空腹  満たす より  エホバ   関係  保つ ほう  大事 でし た。それで,こう 答え ます。「『人  パン だけ  生きる    なく,エホバ  み口 から 出る すべて  もの  よる   ある』と 書い  あり ます」。―ルカ 4:4,脚注。

「目  欲望」

9. 「目  欲望」と いう 表現    示唆    ます か。エバ  場合,サタン  どの よう  この 欲望  訴えかけ まし  か。

9 ヨハネ は,誘惑  なる もの   て「目  欲望」も 挙げ   ます。この 表現 は,何     いる だけ  それ  対する 欲望  生じる こと  ある  いう こと  示唆    ます。エバ  場合,サタン  この 欲望  訴えかけ,「あなた方    必ず 開け」る よう  なる  言い まし た。禁じ られ    見れ  見る ほど,それ  エバ    魅力   映り まし た。エバ  とっ  その  は「目  慕わしい もの」に 見え まし た。

10. サタン  どの よう に「目  欲望」を 用い  イエス  誘惑  よう   まし  か。イエス  どう 応じ まし  か。

10 イエス  場合  どう だっ  でしょ  か。サタン  イエス に「またたく間    住む   すべて  王国  見せ」,「この 権威 すべて  これら  栄光  あなた  上げ ましょ う」と 言い まし た。(ルカ 4:5,6)イエス  肉眼  瞬時  すべて  王国    わけ   ない でしょ う。しかし サタン は,幻  よっ  それら  王国  栄光  見せれ  イエス  幾らか   魅了 できる  思っ   違いあり ませ ん。恥知らず  も,「あなた が,わたし    崇拝  行為  する なら,それ   あなた  もの  なる  です」と 持ちかけ まし た。(ルカ 4:7)イエス は,サタン  望む よう    なり たい   全く 思い ませ  でし た。即座  こう 答え ます。「『あなた   エホバ  あなた  崇拝  なけれ  なら ず,この  だけ  神聖  奉仕  ささげ なけれ  なら ない』と 書い  あり ます」。―ルカ 4:8

「自分  資力  見せびらかす こと」

11. エバ  サタン  どの よう  誘惑   まし  か。

11 ヨハネ    ある もの  挙げ  際,「自分   資力  見せびらかす こと」に 言及  まし た。地上  アダム  エバ 以外  人間   なかっ    は,当然 ながら       に「自分  資力  見せびらかす」こと  でき ませ  でし た。しかし,二   誇り  表わし まし た。サタン  エバ  誘惑   際,神    素晴らしい もの  与える こと  差し控え  いる  ほのめかし まし た。「善悪  知識  木」から 食べ  その  に,「必ず   よう  なっ  善悪  知る よう  なる」と 言っ   です。(創 2:17; 3:5)その よう    サタン は,エバ  エホバ から 独立 できる  示唆  まし た。エバ  その うそ  受け入れ  要因  一つ は,誇り  気持ち だっ   違いあり ませ ん。エバ は,自分  死ぬ こと  ない  信じ て,禁じ られ    食べ まし た。それ  大きな 間違い でし た。

12. サタン    どんな 方法  イエス  誘惑  よう   まし  か。イエス  どう 応じ まし  か。

12 エバ   対照  に,イエス  謙遜   素晴らしい 模範  示し まし た。サタン  また   方法  誘惑  仕掛け まし  が,イエス    華々しい こと      試みる   拒み まし た。その よう  誇り高ぶっ  行動  取る こと  考え よう    なかっ   です。イエス  端的  こう 返答  まし た。「『あなた   エホバ  試み   なら ない』と 言わ    ます」。―ルカ 4:9‐12  読む。

どう すれ  エホバ   関係  守れる 

13,14. 今日 サタン  どの よう  人々  誘惑  よう   ます か。

13 今日,サタン  エバ  イエス  用い    同様  手法  人々  誘惑  よう   ます。自分     道徳  暴飲 暴食  はびこら せ,「肉  欲望」に 訴えかけ ます。ポルノ(とりわけ インターネット   もの)に よっ   用心    注意  引き,「目  欲望」に 訴えかけ ます。また,物質 主義  権力  名声  使っ て,誇り  気持ち  抱く  や「自分  資力  見せびらかす」傾向  ある   強力  誘惑  仕掛け ます。

これら  場面 で,聖書  どんな 原則  思い起こす べき です か(13,14   参照)

14 「世  ある もの」は,釣り人  使う ルアー  よう です。魅力   見え ます が,“針”が 付い   ます。サタン は,人々  普段  生活  必要   考える もの  利用 し,神  律法  反する 事柄  行ない たい  思わ  ます。そう   巧妙  誘惑  は,人  欲望  刺激 し,心  腐敗  せる 影響  あり ます。神  ご意志  行なう こと より,個人   必要  満たし たり 楽しみ  追い求め たり する こと  優先  べき   信じ込ま  せる  です。わたしたち  その よう  誘惑  負け  しまう でしょ  か。

15. どう すれ  イエス  倣い,サタン  誘惑  退け られ ます か。

15 エバ  サタン  誘惑  屈し まし  が,イエス  首尾 よく 誘惑  退け まし た。毎回,「……と 書い  あり ます」と か「……と 言わ    ます」と 述べ て,聖書  基づい  返答  まし た。わたしたち  聖書  勤勉  研究   いる なら,その 内容  精通 し,誘惑  直面     確固    いる   役立つ 聖句  思い起こす こと  できる でしょ う。(詩 1:1,2)神   忠節  保っ た,聖書   忠実   たち    思い  留めれ ば,その 手本  倣う よう 促さ  ます。(ロマ 15:4)本当  エホバ   畏敬    あり,エホバ  愛する もの  愛し,エホバ  憎ま れる もの  憎ん  いる なら,身  守り  なり ます。―詩 97:10

16,17. わたしたち の「理性」は,自分  どんな   ある   影響  及ぼし ます。どの よう  でしょ  か。

16 使徒 パウロ  わたしたち に,「理性」を 働か せる よう 励まし   ます。世  考え   なく,神  お考え  よっ  形作ら れる   なる ため です。(ロマ 12:1,2)パウロ は,わたしたち    つい  考える   しっかり コントロール する 必要   強調 し,こう 述べ まし た。「わたしたち は,いろいろ  推論 や,神  知識  逆らっ  立て られ  一切  高大  もの  覆し  いる  です。そして,一切  考え  とりこ    キリスト  従順  ならせ   ます」。(コリ 二 10:5)わたしたち  考える 事柄 は,どんな   ある   大きな 影響  及ぼす  で,築き上げる こと を「考え続け」る 必要  あり ます。―フィリ 4:8

17 ふさわしく ない 考え  欲望      いる なら,聖 なる    なれ ませ ん。わたしたち は「清い 心」で エホバ  愛さ なけれ  なり ませ ん。(テモ 一 1:5)しかし,心  不実  あり,自分 が「世  ある もの」の 影響  どれ ほど 受け  いる   気づか ない こと さえ あり ます。(エレ 17:9)ですから,聖書 から 学ん  こと  照らし  正直  自分  見つめ,「自分  信仰  ある  どう   絶え  試し」,「自分 自身  どんな もの  ある   絶え  吟味」す べき   ない でしょ  か。―コリ 二 13:5

18,19. エホバ  望む よう    なる こと  決意  べき    なぜ です か。

18 「世  ある もの」を 退ける   役立つ    は,霊感  よる ヨハネ    言葉  思い  留める こと です。「世  過ぎ去り つつ あり,その 欲望  同じ です。しかし,神  ご意志  行なう   永久  とどまり ます」。(ヨハ 一 2:17)サタン  体制  恒久 不変  思え     も,やがて 必ず 終わり  迎え ます。サタン    提供 する もの  永続   もの    あり ませ ん。その こと  覚え  いる なら,サタン  誘惑  陥ら ない よう  守ら  ます。

19 使徒 ペテロ は,神  是認  れる   なる よう 促し,こう 述べ   ます。「エホバ    臨在  待ち,それ  しっかり  思い  留める   なる べき   あり ませ  か。その     燃え  溶解 し,諸 要素  極度  熱し  溶ける  です」。(ペテ 二 3:12)もう   なく その    て,エホバ  サタン    ことごとく 滅ぼさ  ます。その  まで,サタン  エバ  イエス  誘惑   よう に,「世  ある もの」を 使っ  わたしたち  誘惑  続ける でしょ う。わたしたち  エバ  よう  自分  欲望  満足   よう     なり ませ ん。そう する なら,サタン  自分      いる こと  なり ます。誘惑  どれ ほど 魅力   見える    も,イエス  よう  それ  退ける 必要  あり ます。では,一人一人 が,エホバ  望む よう    なる こと  固く 決意  ましょ う。