アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年8月

親の皆さん ― お子さんを幼い時から訓練してください

親の皆さん ― お子さんを幼い時から訓練してください

「見よ,子   エホバ から  相続   あり,腹    報い  ある」と 聖書  述べ   ます。(詩 127:3)ですから,クリスチャン        誕生  大いに 喜ぶ  は,不思議  こと   あり ませ ん。

子ども  生ま れる と,喜び    重い 責任  生じ ます。もし 健康  大人  成長   ほしい なら,定期   栄養  ある 食事  与える 必要  あり ます。子ども    崇拝    しっかり 立場  定める ため  は,霊的 滋養   必要 です。また,親  敬虔  原則  子ども  教え込む よう 努め,子ども  導く こと  必要 です。(箴 1:8)では,こう   訓練  いつ から 始め ます か。それ  は,どんな こと  含ま  ます か。

    導き  必要

古代 イスラエル  ツォルア  いう   住ん    ダン  マノア  つい  考え   ましょ う。うまずめ だっ  マノア    エホバ  み使い から,男    産む  伝え られ ます。(裁 13:2,3)忠実  マノア   は,子ども  生ま れる こと  知っ  非常  喜ん   違いあり ませ ん。と  いえ,二    大きな 不安  あり まし た。その ため マノア  こう 祈り ます。「失礼 です が,エホバ,あなた  いま 遣わし  くださっ  まこと    人,その   どうか もう 一度 わたしたち  ところ   て,生ま   来る その     行なっ たら よい   わたしたち  教える よう    ください」。(裁 13:8)マノア   は,子ども  どう 育て     心配 だっ   です。二   息子 サムソン    律法  教え  はず です。そして その 努力    結ん  よう です。聖書  こう 述べ  いる から です。「やがて,……エホバ   は[サムソン]を 駆り立てる よう  なっ た」。その 結果,サムソン  裁き人    多く  強力    行ない まし た。―裁 13:25; 14:5,6; 15:14,15

マノア は,生ま   くる   育て方  関し  導き  祈り 求め 

子ども  訓練  どれ ほど 早く から 行なう べき でしょ  か。テモテ は「幼い  から」母 ユニケ  祖母 ロイス  より,「聖 なる 書物」を 通し  訓練   まし た。(テモ 二 1:5; 3:15)そう です,テモテ  対する 聖書   訓練  幼児  から 始まっ   です。

子ども を「幼い  から」訓練 できる よう,導き  祈り 求め,前もって 計画   おく   良い こと です。「勤勉    計画  必ず   もたらし,性急    みな 必ず 窮乏  向かう」と,箴言 21  5   述べ   ます。親  子ども  誕生  備え  入念  準備  し,必要  なる   チェックリスト  作る こと  ある でしょ う。霊的  活動  計画  立てる こと  大切 です。目標   べき   は,聖書   訓練  赤子   から 始める こと です。

「幼児   重要 ― 幼児 開発  ため  ケア 計画 ガイド」(英語)と いう     よう  述べ   ます。「脳  成熟  関し  言え ば,生後  か月  非常  重要  時期  ある。この 期間  シナプス ― 学習  可能  する 接合 部 ― の   20   増加 する」。知的   発達  遂げる この 短い 期間 に,霊的  考え  価値   子ども    教え込む   本当  大切 です。

開拓   ある 母親 は,幼い   つい  こう 語っ   ます。「生後 1 か月 から,娘  奉仕  連れ  行っ   ます。娘     行なわ   いる  分から なかっ   思い ます が,幼い  から 奉仕  連れ  行っ  こと  良い 影響  及ぼし まし た。娘  2   なる ころ  は,野外 奉仕  会う  たち  堂々  パンフレット  渡し   まし た」。

幼い  から 子ども  訓練 する なら,良い 結果   られ ます。と  いえ,子ども  霊的  事柄  教える こと  は,必ず 難しい 問題  伴い ます。

「よい   買い取り なさい」

子ども  じっ    いら  なかっ たり,集中 できる 時間  短かっ たり  ます。それ  大きな 問題  なる   しれ ませ ん。幼い 子ども  注意 は,ある こと から   こと   すぐ  それ  しまい ます。子ども  好奇   旺盛 で,自分  周り  世界  知り たい  思っ  いる  です。では,教え られ  いる こと  子ども  注意  集中 できる よう,どの よう  助ける こと  でき ます か。

申命記 6  6,7   モーセ  言葉  考え  ください。こう あり ます。「わたし  今日 命じ  いる これら  言葉  あなた    置か   なら ない。あなた  それ  自分    教え込み,家  座る とき も,道  歩く とき も,寝る とき も,起きる とき  それ  つい  話さ   なら ない」。「教え込(む)」と いう 言葉 は,何   反復 する こと  よっ  教える  いう 考え  伝え   ます。幼い 子ども は,水  定期   与える 必要  ある 苗木  よう です。反復  助け  なる  です。大人  大切  こと  覚える   反復  助け  なる   同じ です。

子ども    真理  教える  は,子ども  時間  過ごす 必要  あり ます。今日  慌ただしい   あっ て,そう   時間  取る   確か  容易  こと   あり ませ ん。しかし,使徒 パウロ  重要  クリスチャン  活動  ため に,「よい   買い取(る)」よう 勧め   ます。(エフェ 5:15,16)どの よう  できる でしょ  か。ある クリスチャン  監督 は,子ども  訓練  神権   責任,世俗   仕事     平衡  保つ  いう 問題  直面  まし た。開拓     忙しい 予定  詰まっ   まし た。子ども  訓練 する ため  時間  どう 作り出し  でしょ  か。兄弟  こう 語っ   ます。「毎朝,出勤    と,『わたし  聖書 物語  本』か『日 ごと  聖書  調べる』を   読ん  あげ まし た。晩 は,娘  寝る   必ず    読み聞かせ まし た。奉仕  参加 する     連れ  行き まし た。幼い  から 訓練 する 機会  逃し たく あり ませ  でし た」。

「子  は……矢  よう だ」

 は,子ども  責任   ある 大人  育っ  ほしい  願い ます。と  いえ,子ども  訓練 する   理由 は,子ども         育てる こと です。―マル 12:28‐30

詩編 127  4  は,「若い     は,力 ある     ある   よう だ」と 述べ   ます。ここ   子ども は,的  正確  狙い  定め    例え られ   ます。弓 から   射っ  なら,矢  戻す こと  でき ませ ん。親 は,「矢」つまり 子ども  比較  短い 時間 しか 手元  置く こと  でき ませ ん。ですから,その 時間  用い て,敬虔  原則  子ども  思い    教え込む 必要  あり ます。

使徒 ヨハネ は,自分  霊的  子ども たち  つい て,「わたし  子供 たち  真理  うち  歩み つづけ  いる  聞く こと,わたし  とっ  これ ほど 感謝  べき こと  あり ませ ん」と 書き まし た。(ヨハ 三 4)クリスチャン   も,自分  子ども が「真理  うち  歩み つづけ  いる」の  見る とき,同様  感謝  気持ち  抱ける でしょ う。